2010年12月31日 金曜日

大晦日の鵯上戸

 いよいよ2010年ももう少しで終わる。この一年、いい年か悪い年かと問われれば、この時間に植物日記が書けているのだから、悪い年ではなかったと言うことでしょうか・・・(^_^;

 で、今日の植物日記はヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)の赤い実。

 ウィキペディアによると、「ヒヨドリがこの実を好んで食べることから名付けられたとされるが、実際にはとくに好んで食べるわけではなく、冬になっても残っていることが多い。鮮やかな赤色の実は、冬枯れの野によく映える。」とある。

 このヒヨドリジョウゴ、数年前から庭に出没していたが、なかなか実をつけなかった。実際に実を付けると、ウィキペディアに書いてある通りに、枯れた庭では、この小さな赤みはなかなか風情があって素敵である。

 101231_1.jpg
 (C) 石塚善雄


 **************************
 2011年 山椒は小粒展
 Pica☆Fish(ぴかぴか動物)/松本 冴里(マスコット・消しゴムハンコ)/白石佳子(イラスト)/きゃす(おゆまるアート)/set-渡辺せつ子(手作り生き物)/茶柱 立太(ミニチュア・豆本)/ 杉原 裕梨(イラスト)/海の森(ミニチュア・ビーズ)/ hiro(切り絵)
 期間 : 2011年1月5日[水]〜1月17日[月]12:00〜19:00(火曜日定休日・最終日は〜17:00)

投稿者: 店主 日時: 21:53 |

2010年12月30日 木曜日

正月飾り

 今日は掃除、洗濯、買い物と慌ただしい一日。お正月なんて面倒なだけと思いつつ、アレコレと片付けておりました。

 楽しかったのは、庭のナンテンの実で正月のお飾りを作ったことぐらい。

 今年は猛暑の為か、千両がまったく実を付けず、弱ったなと思っていたら、今まで一度も実を付けたことのないナンテンが何と実を付けました。
 うまい具合に白い実のナンテンも実を付けたので、この二つを組み合わせて作ってみました。
 水引きのお飾りは、去年の鏡餅についていたものを再利用。シンプルだけど、気に入っております。

 101230_1.jpg
 (C) 石塚善雄

 冬休みに入って気が緩んだのか、文章がメチャクチャ・・・( ̄ー ̄) 


 **************************
 2011年 山椒は小粒展
 Pica☆Fish(ぴかぴか動物)/松本 冴里(マスコット・消しゴムハンコ)/白石佳子(イラスト)/きゃす(おゆまるアート)/set-渡辺せつ子(手作り生き物)/茶柱 立太(ミニチュア・豆本)/ 杉原 裕梨(イラスト)/海の森(ミニチュア・ビーズ)/ hiro(切り絵)
 期間 : 2011年1月5日[水]〜1月17日[月]12:00〜19:00(火曜日定休日・最終日は〜17:00)

投稿者: 店主 日時: 20:35 |

2010年12月22日 水曜日

小春日和

 あまりに暖かいので、フラリと散歩に出た。
 最近はほとんど散歩に出ないので、高い空と暖かい風が心地よかった。
 雑木林とそれに連なる農家の間をフラフラと歩きまわった。
 日当りのよいところにオレンジ色に熟した柿の木を見つけると、ホッとため息が出た。

 101222_1.jpg

 店主の住んでいるまわりでも、こんな風景はほとんど残っていない。心落ち着く風景をしばし眺めた。
 そして、例によって空き地の枯れ草の中に踏み込んだ。空き地と見ると中に入らずには入れない店主。
 そこには枯れた草しかないのだが、土と植物があれば、必ず何かがいる。
 で、見つけました!カマキリの卵。日当りの良い場所で、枯れ草が折り重なる中に発見。何やらとても暖かそうです。

 101222_2.jpg

 フッと横を見ると、何とカマキリさんが、こちらを睨んでおりました。
 この卵の親なのかどうなのかはわかりませんが、最後のひなたぼっこを楽しんで?おりました。
 このカマキリ、カメラを近づけても、ほとんど動きませんでした。また、北風が吹くと、このカマキリも寿命もきっと終わるのでしょうネ。

 101222_3.jpg
 (C) 石塚善雄


 **************************
 2010年 ★Christmas Art Collection★
 ガラス アート★森 恵美/ガラス アート★押野 広美/パワーストーン アクセサリー★神崎 詞音/ミニチュア木工★細川 堯 (たかし)/立体シルクスクリーン★ジェイミー ラブズ アマンダ/セラミック アート★MAJO/セラミック アート★北原 裕子/プリザーブド フラワー★KAZU/ハリガネ アート★渡辺 のぶえ
 期間 : 12月4日[土]〜 12月27日[月]・12:00〜19:00(最終日17:00)水曜定休

投稿者: 店主 日時: 18:18 |

2010年11月18日 木曜日

白いホトトギス

 久しぶり植物日記。
 晴れた朝の庭は気持ちがいい。ハナミズキの枯れ葉がそこここに舞落ちている。
 ホトトギスは、もうすぐ終わる。今は菊とツワブキが見頃。
 ジュウリョウやヒヨドリジョウゴが赤い実を付けている。
 ヤブミョウガの青い実がきれいだ。
 秋の柔らかい日差しが心地よい・・・(⌒-⌒)
 
 101118_4878.jpg
 (C) 石塚善雄

 **************************
 土曜日スタート!!!
 総天然色・「ゴゴゴ展」空想怪獣展示会・小怪獣東中野に現る!人類が勝つか?怪獣が勝つか?
 天野行雄・茶柱立太・山下昇平 (上条プロダクション配給)
 期間 : 11月20日[土]〜 11月30日[火]・12:00〜19:00(最終日17:00)水曜定休

投稿者: 店主 日時: 12:08 |

2010年10月 5日 火曜日

ゴッホ風曼珠沙華

 本当に久しぶりに散歩にでる。でも、まだ暖かいので蚊に食われまくった。
 それでも途中で白い曼珠沙華を見つけた。シロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)のようだ。

 で、自宅に帰り、ゴッホ風曼珠沙華に画像処理をしてみた。

 101005.jpg
 (C) 石塚善雄


 ********************

 10月7日[木]からスタート!
 杉原 裕梨 第二回個展「ねこの仕業」
 今回はベーシスト村上聖さんのご厚意により、「ねこの仕業」の中の一点から、一つの音楽を生み出していただく事が叶いました。
 期間 : 10月7日[木]〜 10月12日[火]・12:00〜19:00(最終日17:00)

投稿者: 店主 日時: 17:10 |

2010年9月29日 水曜日

イモ?

 今日は定休日。で、草ぼうぼうになった自宅の庭を少しだけ手入れ。夏の夜を和ませてくれたカラスウリを撤去。
 残しておきたいけど、店主の庭はマンションの占有庭なので、あまり無茶はできない。
 まぁ、取ったところで無くなるわけではない。来年、また生えて来る。

 100714_1.jpg
 (C) 石塚善雄(カラスウリの花)

 で、刈っているとカラスウリの一本が根っこから抜けてしまった。見ると小さなジャガイモほどのイモが現れた。
 このイモ、ネットで調べるとどうやらベビーパウダーのもとらしい。
 ウィキペディアによると・・・ベビーパウダー・主たる原料は、滑石(タルク)などの鉱物と、コーンスターチなど植物のデンプンである。日本古来の天花粉(天瓜粉、てんかふん)も、同じ目的のものであり、これはキカラスウリのデンプンを用いる。・・・とある。
 カラスウリもキカラスウリの代用品として用いられるらしい。これは店主も知らなかった。(^_^;
 で、これがそのイモ・・・?と、呼んでいいのかな。

 100929_4778.jpg
 (C) 石塚善雄

 このイモ?ふかしたら食べられるのか・・・w(゜o゜)w


********************

 佐藤史恵個展(Sato Fumie) NATU NO OWARI NO NIJI TEN
 Specisl Collaboration by やまうちせいこ
 期間 : 9月25日[土]〜 10月2日[土]・12:00〜19:00(最終日17:00)水曜定休

投稿者: 店主 日時: 18:45 |

2010年9月16日 木曜日

三台目になるのかな?

 最初に買ったデジタルカメラはPowerShot S40
 400万画素(有効画素) 形式-1/1.8型CCD レンズ 焦点距離 35mm〜105mm F値 F2.8〜F4.9 光学ズーム-3.6倍 デジタルズーム-4倍 シャッタースピード 15〜1/1500 秒 撮影感度 ISO50〜400 重量-260 g

 次に買ったデジタルカメラがPowerShot S80
 800万画素(有効画素) 形式-1/1.8型CCD レンズ 焦点距離-28mm〜100mm F値-F2.8〜F5.3 光学ズーム-3.6倍 デジタルズーム-4 倍 シャッタースピード-15〜1/2000 秒 撮影感度-ISO50〜400 重量-225 g

 で、ついに憧れの1450万画素(有効画素)のPowerShot SX30 ISが10月7日から発売になるらしい。

 PowerShot SX30 IS
 1,450万画素(有効画素) 形式-1/2.3型CCD レンズ 焦点距離-24mm-840mm相当 F値-F2.7〜F5.8 光学ズーム-35倍 デジタルズーム-4倍 シャッタースピード-15〜1/3200秒 撮影感度-ISO80〜1600 重量-601g

 数字だけを見ると凄いの一言。今、作っている植物イメージはPowerShot S80で撮影している。これが800万画素。ピクセル数で言うと3264×2448となる。で、画像処理するためにこれを4000×3000に目のばしして使っている。
 PowerShot SX30 ISだと1,450万画素となり、ピクセル数は4320×3240となる。目のばしの必要がなくなることになる。
 問題は撮影感度。PowerShot S80だとISO200が限界で、これ以上だと荒れてしまうので、ISO200でダメな時は撮影をあきらめしまう。いくら感度が良くなっても、荒れてしまえば使えない。
 それから、光学ズームが35倍というのは、全く未知の世界。ズームが3.6倍の時はほとんど使わなかった。これは接写しなくても三脚があれば撮れる言うことなのか・・・これも画像が荒れてしまうのであれば、あまり意味はないが・・・
 一番の問題は重量である。毎日持ち歩くので601gと言うのはかなり重い。S80は225 gで、大きさは104x57x38.8 mmと小さいが、SX30 ISは123×92.4×108mmとかなりおデブ。

 で、今日の一枚はPowerShot S80で本日、撮影したバラ。

 100916_4654.jpg
 (C) 石塚善雄

 さて、しばらくはこのカメラで悶々とする日々が続くかも。


 高垣真理個展「ジノジノのお話」
 期間 : 9月18日[土]〜 9月24日[金]・12:00〜19:00(最終日17:00)水曜定休

投稿者: 店主 日時: 19:13 |

2010年9月 1日 水曜日

酷暑見舞い

 九月に入ったと言うのに本当に暑いですネ、
 今日はあまりの暑さに引きこもっておりました。
 で、思い出せば夏休みは雨三昧。懐かしくなって雨にぬれたオオカメノキをアップ。

 酷暑お見舞い申し上げます。m(__)m

 100901_4358.jpg
 (C) 石塚善雄


 明日からは手作り魂・9人9色のハンドワーク展の後半戦がはじまります。
 〈メンバー〉編みぐるみ和菓子店(kozue)/沢村 睦子(さわ)/しっぽ/茶柱 立太/ちろはむ/根守 一実(ねずっち)/ポテトYA/やの/渡辺 せつ子(set) 
 期間 : 8月26日[木]〜 9月7日[火]・12:00〜19:00(最終日17:00)水曜定休

投稿者: 店主 日時: 21:43 |

2010年8月17日 火曜日

朽ち果てる形

 山奥で見つけた形。
 自然は何でこんな形を作るのか、それが不思議でならない。
 そして、誰にの目にもふれず、そっと朽ち果てる。
 
 なのに店主を強烈に引きつける。何故かナ・・・

 100817_1.jpg
 (C) 石塚善雄


 「LOTUS」萩原哲夫個展・蓮の花の連作を展示します。
 期間 : 8月19日[木]〜 8月24日[火]・12:00〜19:00(最終日17:00)

投稿者: 店主 日時: 21:44 |

2010年8月16日 月曜日

風の樹

 今日、最後に立ち寄った場所は、風の強い山の裾野。
 風が強いと、虫はどこかに隠れ、植物は激しくゆれるので、ほとんど撮影はできない。
 でも、そんな場所は思いがけない風景をくれることがある。
 山の裾野を覆うクズの真ん中に、直角に曲がる樹を発見。どうしてこんな姿になったのか不思議である。
 店主には決して想像ができない自然の力がこの樹を育んだのだろう。

 100816_1.jpg
 (C) 石塚善雄


 「LOTUS」萩原哲夫個展・蓮の花の連作を展示します。
 期間 : 8月19日[木]〜 8月24日[火]・12:00〜19:00(最終日17:00)

投稿者: 店主 日時: 20:53 |

2010年8月15日 日曜日

山奥なう-3

 今日は植物、動物、昆虫。

 森の奥で一本だけ生えていたトリカブト。
 ・・・(鳥兜・学名Aconitum)は、キンポウゲ科トリカブト属の総称。日本には約30種自生している。 花の色は紫色の他、白、黄色、ピンク色など。多くは多年草である。沢筋などの比較的湿気の多い場所を好む。・・・ウィキペディアより

 100815_3.jpg


 ニホンマムシ・こんな近くで見たのは初めて。
 いったん逃げようとして、振り返って尾をふり、鎌首をこちらに向けた。どことなく威嚇行為のように見えたので、その場から離れた。後で調べたらマムシだった。

 100815_2.jpg


 ザトウムシ(座頭虫)・真ん中の身体は五ミリほど。食事中のザトウムシを見たのは店主も初めて。細長いモノは毛虫の仲間と思われる。
 ・・・節足動物門鋏角亜門クモ綱ザトウムシ目に属する動物の総称である。非常に足の長いものがあり、豆に針金の足をつけたような独特の姿をしている。長い足で前を探りながら歩く様子から、座頭虫の名がある。・・・ウィキペディアより

 100815_1.jpg
 (C) 石塚善雄


 「LOTUS」萩原哲夫個展・蓮の花の連作を展示します。
 期間 : 8月19日[木]〜 8月24日[火]・12:00〜19:00(最終日17:00)

投稿者: 店主 日時: 20:25 |

2010年8月14日 土曜日

山奥なう-2

 今日はほとんど雨。でも、三時間ほど止んだスキを見つけて散策。
 そんな短時間でも、自然が濃いと色々な場面に出くわす。

 まずはエゾイトトンボ。撮影している時は気が付かなかったが、拡大してみたら何とお食事中。こんなところを見たのは初めてでした。

 100814_2.jpg


 次が多分、カラスアゲハ。雨が続いている為か羽がボロボロ。こんなになっても、飛び回っていた。ところで、カラスアゲハって蝶になってからどのくらい生きるのかな・・・

 100814_3.jpg


 最後はキレイな植物、ゲンノショウコ(現の証拠)。
 ・・・ゲンノショウコはドクダミ、センブリなどと共に、日本の民間薬の代表格である。江戸時代から民間薬として用いられるようになり、『本草綱目啓蒙』(1803年)にも取り上げられた。・・・ウィキペディアより

 100814_1.jpg
 (C) 石塚善雄

 「LOTUS」萩原哲夫個展・蓮の花の連作を展示します。
 期間 : 8月19日[木]〜 8月24日[火]・12:00〜19:00(最終日17:00)

投稿者: 店主 日時: 21:04 |

2010年8月13日 金曜日

山奥なう-1

 山奥で深呼吸。
 植物、昆虫がいっぱい・・・

 ゾウムシ
 100813_3.jpg

 マルバハギ
 100813_2.jpg

 アキアカネとキンミズヒキ
 100813_1.jpg
 (C) 石塚善雄


 「LOTUS」萩原哲夫個展・蓮の花の連作を展示します。
 期間 : 8月19日[木]〜 8月24日[火]・12:00〜19:00(最終日17:00)

投稿者: 店主 日時: 20:21 |

2010年8月12日 木曜日

久しぶりの散歩

 久しぶりに散歩に出かけた。散歩に行くと思って出かけたのは、本当に久しぶりの事。
 自分がいかにここ最近、余裕がなかったのか、今頃になって気が付く店主。情けないが、自分の事が一番わからないと言うのは、本当だなと感じている。

 で、その散歩で、妙な毛虫を見つけた。今までにあまり見たような記憶がない。そいつは妙な角を持っている。鹿の角にも似ている。ズングリとした体型も記憶にはない。
 自宅に戻ってからネットで調べると、名前はアカボシゴマダラと言うらしい。在来種のゴマダラチョウにも似ていたが、背中の突起が違っている。ウィキペディアによると、もともとは奄美大島とその周辺の島々だけにいたらしい。

 ・・・しかし1995年に埼玉県秋ヶ瀬公園などで突如として確認された。この埼玉での発生は一時的なもので終わったが、これに続く数年間には神奈川県を中心とする関東地方南部でも本種が多数発生・定着するようになり、毎年分布を拡大していることが報告されている。2006年には東京都内でも発生している。・・・中略・・・自然の分布域から飛び離れていることや、突如出現したことなどから昆虫マニアによる人為的な放蝶(ゲリラ放虫)の可能性が高いといわれている。気候風土が好適であったために急激に個体数が増加したと考えられており、市街地の公園などの人工的な環境に適応しているので、今後も分布が拡大していくと予想される。このように、典型的な外来生物であるために、もともと類似環境に生息するゴマダラチョウと生態的に競合するのではないかという危惧もある。・・・(ウィキペディアより)

 やっぱり、環境を破壊するのは人間のようですネ。アカボシゴマダラにとっても迷惑な話だが、せっかく生まれてきたのだから、頑張って生き延びて下さいナ。

 100812_4272.jpg
 (C) 石塚善雄


 「LOTUS」萩原哲夫個展・蓮の花の連作を展示します。
 期間 : 8月19日[木]〜 8月24日[火]・12:00〜19:00(最終日17:00)

投稿者: 店主 日時: 18:37 |

2010年8月 7日 土曜日

暑中お見舞い申し上げます

 今日の朝、自宅の近くで虫を何匹か見かけました。
 ここのところ、虫も目に入らない程に余裕がなかったのですが、何気なく虫が目に入ると言うコトは、だいぶ体調が戻ってきたようです。

 で、遅くなりましたが、暑中お見舞い申し上げます。虫嫌いの人はごめんなさい。

 100807.jpg
 (C) ビタミンTee


  "A Very Merry unbirthday For You! " erock erichin 写真展
 不思議の国のアリス、ティーパーティーのシーンより、タイトルをつけました。"なんでもないひばんざい!!"という意味です。
 期間 : 8月5日[木]〜 8月10日[日]・12:00〜19:00(最終日17:00)

投稿者: 店主 日時: 18:27 |

2010年7月14日 水曜日

夜な夜な・・・

 今日の夜の楽しみは庭のカラスウリ。この花、夜にならないと咲かない。
 で、朝には閉じてそれでお仕舞い。あまり人の目にはふれることは少ない。
 前は仕事の帰りにいろいろなところへ行っては撮影していたが、今は自宅の庭で撮影。
 このカラスウリを自宅の庭に植えるのはきっと少数派だと思う。店主的にはかなり贅沢なことしていると思っている。
 これでカラスウリの実がなれば、万々歳なのだが、この夢はまだかなえられてはいない。

 100714_1.jpg

 100714_2.jpg
 (C) 石塚善雄


 ギャラリーは・・・
 細川 堯(たかし)ミニチュア木工展「人生の座り心地」
 期間 : 7月10日[土]〜 7月17日[土]・12:00〜19:00(最終日17:00)水曜定休

 ビタミンTeeオンラインアートショップはこちらです。

投稿者: 店主 日時: 21:13 |

2010年6月30日 水曜日

哲学の小道の怪虫

 お休みと言うのに、あれやこれやとやっていたら、ぼやき日記を書くのを忘れておりました。

 で、今日はお店のウラにある哲学の小道に現れた怪虫。
 最初はランの葉っぱのウラにいたのですが、ツツジの木にうつり、若い芽をハグハグと食べておりました。
 いつもなら退散をお願いするのですが、どうにも愛嬌のあるヤツで憎めない。
 よくよく見ると、どこか元村山首相に似ている。どこが似ているのかと聞かれると困ってしまうのですが・・・((((((^_^;)

 100630.jpg

 で、最近この怪虫、姿が見えなくなりました。サナギにでもなったのか、こつ然と姿を消しました。
 次はどんな姿になるのか、見てみたいな。

投稿者: 店主 日時: 22:42 |

2010年6月20日 日曜日

適応・・・?

 東京の自然はネジ曲がっている。植物もそのいびつな環境に適応しないと生き残れない。
 とてもこんなところでは生き残れないと思うような場所でも、植物はひたむきに生き残る為の努力をする。その姿にはいつも頭が下がる。
 で、今日の朝、とても奇妙なところにネジバナ(モジズリとも呼ぶ)という植物を見つけた。

 このネジバナは、芝生とか日当りの良い環境を好み、螺旋階段状に小さな花がつく。根が球根になっていて、うまく世話をしてやれば何年も楽しめる。

 しかし、このネジバナには驚いた。生えた場所がマンホールの蓋である。まわりはアスファルト。
 多分、マンホールの蓋の穴の空いている部分に腐葉土が詰まり、そこに生えてしまったようだ。
 それでも、捩じれながら花をつけている。人があまり立ち入らない場所であったことが、このネジバナには幸いしたようだ。
 ネジバナさん、頑張って仲間を増やして下さいナ・・・(⌒-⌒)

 100620.jpg

 (C) 石塚善雄

投稿者: 店主 日時: 14:53 |

2010年6月16日 水曜日

八重毒痛み

 この花、漢字で書き、字面を見ると七転八倒のような感じをうけます。

 黙っていれば、何の花かははかりません。

 八重毒痛み・・・なんかとても痛そうですが、ヤエのドクダミが今日の一枚。
 去年は一輪しか花をつけなかったのですが、今年はかなり元気になって幾つも花をつけました。

 今年はうまい具合に花芽も撮れました。花芽も普通のドクダミとはだいぶ違うようです。
 花芽を取り巻く葉っぱは、ドクダミ特有のスペードの形の葉っぱとはかなり違っていますが、この下の葉っぱはまぎれもなくドクダミの葉っぱの形をしています。
 で、これが八重毒痛みの花です。(白いのは花ではなく,総苞片です。念のために)

 ヤエドクダミ(八重毒痛み)の花-10.06.16

投稿者: 店主 日時: 19:38 |

2010年6月11日 金曜日

植木鉢レーサー

 ここ最近、哲学の小道に出ると、植え込みに置いてある植木鉢の縁をかなりのスピードで、小さな赤いものが走りまわっている。
 店主、老眼だからどんな形をしているのか、さっぱり判らない。大きさは0.5ミリぐらいか。大きさのわりにはかなり早いスピードで走る。
 見ていると、飽きもせず、グルグルと植木鉢の縁を回っている。あの小さい体のどこにそんなエネルギーがあるのか不思議でならない。
 で、カメラで何とか撮ろうとしたが、そのスピードに悩まされ、シャッターを切ってもほとんどピンボケかブレてしまう。感度をいっぱいまで上げて1/500で接写して撮影すること15分。ようやく、形が判る一枚の撮影に成功。案外、可愛い形をしている。

 100611_2.jpg

 100611_1.jpg

 ネットで調べてみるとどうもダニの仲間らしい。たぶんタカラダニではないのかと思うのですが、あまり自信はありません。このタカラダニ、5月から7月ぐらいに発生して消えてしまうそうです。


 ところで、野原薫さんがテーマにしている物語「サランドバディ」にも、こんな虫はいるのかな・・・

 で、野原薫作品展 Vol.2−サランドバディ〜なつのかわ、あきのゆめ〜、残り二日となりました。
 期間 : 6月7日[月]〜 6月13日[日]・12:00〜19:00(最終日17:00)水曜定休

 「ビタミンTee」オンラインアートショップ

投稿者: 店主 日時: 17:49 |

2010年6月 9日 水曜日

山紫陽花

 久しぶりの植物日記。疲れた休日はこれが一番いい。
 このヤマアジサイは園芸種。今は薄いピンクだが、もう三、四日もすれば赤く色がつく。とても強い植物で、枝を切って土にさしておくだけで、根がつく。
 今は増えすぎて困っているが、この季節になるとそんな事も忘れて、朝、庭にでては毎日眺めている。
 で、これがその山紫陽花。漢字もきれいな字面ですが、本物もかなりきれいです。

 ヤマアジサイ(山紫陽花)の花-10.06.09

 野原薫作品展 Vol.2−サランドバディ〜なつのかわ、あきのゆめ〜
 期間 : 6月7日[月]〜 6月13日[日]・12:00〜19:00(最終日17:00)水曜定休

 「ビタミンTee」オンラインアートショップ

投稿者: 店主 日時: 21:06 |

2010年6月 6日 日曜日

イチゴ摘みとギボウシ

 今日の朝、今年最後のイチゴ摘み。だいぶ小振りになりましたが、立派なイチゴ。
 かなりダンゴムシにも食べられましたが、それはこのイチゴが美味しいと言うコト。

 100606_1_3906.jpg

 このイチゴは人からもらった鉢について来たおまけ。それが勝手に庭で増えました。
 イチゴは蔓で伸びて、どんどんと日当りの良いところへと移動します。
 最初は日影にいたのですが、今は一番日当りの良いところへ来ております。
 で、これがそのイチゴです。どこにイチゴがいるのか判りますか?この葉っぱの下で、実を付けます。

 100606_2_3907.jpg

 ところで、深津真也さんから「ギボウシ展」のお知らせ。
 深津さんも秘蔵のギボウシを10鉢ほどだすそうです。
 日時: 6月8日(火)〜6月13日(日)
 場所: 神代植物公園 特設展示場第3区
 交通: 京王バス:つつじヶ丘駅→深大寺
     小田急バス:三鷹駅南口(調布駅行き)→神代植物園前下車
         :吉祥寺駅南口(調布駅北口行き)→神代植物園前下車

投稿者: 店主 日時: 16:37 |

2010年6月 5日 土曜日

哲学の小道?

 小道と言っても全長4メートルほど。場所は、お店の裏口を出たところ。
 毎朝、お店に来るとまずコーヒーを飲みながら、この小道を眺めている。
 植物の数は細かいものを入れると15種類ほど。今は、ドクダミとトキワツユクサが花盛り。
 この小道、ここまでになるのに三年かかった。

 100605.jpg
 (C) 石塚善雄

投稿者: 店主 日時: 15:53 |

2010年5月 3日 月曜日

筆竜胆

 久しぶりに高尾の多摩森林学園に行く。
 三時間ほどの散策で、くたくたになる。
 で、見つけたフデリンドウの花。

 フデリンドウ(筆竜胆)の花-10.05.02

投稿者: 店主 日時: 23:33 |

2010年4月21日 水曜日

山吹の花&お天気

 今日、水中スケッチ画家の近藤ちひろさんツイッターを見ていたら、こんな文章が載っていた。
 ・・・ヤマブキ(山吹)・・・色名にもなっているし、「山振り」が訛ったという語源を聞いたら、なんだか今、とても気になる花のひとつ。・・・(近藤ちひろ・ツイッターより)

 chihiro_art・近藤ちひろ*水中スケッチ画家

 このつぶやきを読んだら猛烈に、ヤマブキの花をアップしたくなった。で、店主がイメージしたヤマブキはこんな感じになりました。

 ヤマブキ(山吹)の花-10.04.21

 水中スケッチ画家の近藤ちひろさんのカードはこちらで販売しております。(^_^;

 ところで明日から「かずのこ展 -vol.2」がはじまりますが、何とも妙なお天気になりそうです。
 今日の東京地方は25.5度と夏日なのに、明日は雨が降って、気温は12度ぐらいになるらしい。そして明後日は10度を切るとの予報。
 やっぱり去年、太陽の黒点が消えたことが影響しているのかな・・・ちょっと心配になる今日この頃です。

投稿者: 店主 日時: 20:06 |

2010年4月14日 水曜日

花梨

 ハチガメ園に影響を受けたのか、久しぶりに散歩にでる。しかし、30分も歩くと足腰がだるくなってきてしまった。
 店主の散歩はかなりハード。早く歩くのではなく、植物を撮影するので、腰を屈めたり伸び上がったりの繰り返し。これを一時間もやると、かなりの運動量になる。
 しかも、今は植物が芽吹き、花をつけるもっとも楽しい季節。撮影する対象には困らない。2〜3メートル歩いては、かがみ込み、植物を探す。
 気がつけば足がつりそうになっていた。少し無理をしたら脇腹も痛くなってしまった。
 いかに今の生活が運動不足になっているか身をもって知った。

 で、今日の収穫はカリンの花。三月に見つけたカリンの新芽が、今は満開の花をつけていた。
 このカリンの花、よくよく眺めたのは今回がはじめてのような気がする。花が開ききる直前の形は、かなりの美人。疲れたけど、楽しい散歩でした。

 カリン(花梨)の花-10.04.14

 カリン(花梨)の新芽-10.03.10

投稿者: 店主 日時: 18:51 |

2010年4月 7日 水曜日

スイセン

 ウィキペディアより・・・
 Narcissusという学名は、ギリシャ神話に登場する美少年ナルキッソスに由来する。神話によると、ナルキッソスは、その美しさにさまざまな相手から言い寄られたものの、高慢にはねつけ恨みを買った。ついには、そんな彼への呪いを聞き入れた復讐の女神ネメシスにより、水鏡に映った自分自身に恋してしまった。水面の中の像は、ナルキッソスの想いに決して応えることはなく、彼はそのまま憔悴して死ぬ。そして、その体は水辺でうつむきがちに咲くスイセンに変わった・・・

スイセン(水仙)の花-10.04.07

投稿者: 店主 日時: 23:23 |

2010年3月24日 水曜日

神田川のサクラ

 今日は一日、自宅でビタミンTeeのオンラインショップのデータを作っていた。
 これはかなり面倒。悪戦苦闘が続いております。それにしても寒い一日。

 で、オンラインショップのデータ作りで脳みそを使い過ぎ。気がつけば言葉が書けない状態に。
 それでも何とかサクラの画像処理する。これは神田川のソメイヨシノ。昨日撮影したものである。
 今日がこんなに寒くなるとは思ってもいなかったので、画像処理していても、どこか妙な気分。
 今はサクラの季節だよネ・・・変な気候になったものだ。
 
 神田川のソメイヨシノ-10.03.24

投稿者: 店主 日時: 22:27 |

2010年3月21日 日曜日

ツクシ誰の子、アスファルトの子

 店主の子どもの頃は、ツクシは土があればそれこそどこにでも生えていた。
 ツクシを調べると浅い地下に地下茎を伸ばしてよく繁茂するとある。
 で、春の嵐の去った後、通勤途中の道ばたでツクシを見つけた。
 このツクシ、アスファルトで覆われた歩道に生えていた。最近のアスファルトは水を吸い込みやすくしてあるのか、かなり荒く作られている。と、言っても土はまるで見えない。
 そんな劣悪な環境でも、人間の目には見えない隙間を探し出して、ツクシは出てくるから不思議である。
 店主の自宅のまわりでは、市長が土が嫌いらしく、土を見つけるとすぐにアスファルトで埋めてしまう。
 このツクシは、店主の暮らしている環境を端的に表現してくれている。
 ヤッパリ、この姿は悲しいナ・・・

 100321.jpg

投稿者: 店主 日時: 17:52 |

2010年3月16日 火曜日

雪柳

 今日は春を通り越して、妙に暖かい一日。今まで眠っていた植物も段々と花をつけ始めております。
 雪柳も少しずつ咲き始めました。店主、この雪柳が好きです。特に咲き始めが大好きです。とても小さな花が一つまた一つと咲き出すと、何となくうれしくなってきます。

 ユキヤナギ(雪柳)の花-10.03.16

投稿者: 店主 日時: 21:43 |

2010年3月10日 水曜日

久しぶり植物日記

 冬将軍が去った今日の午後、久しぶりに散歩に出た。ほんの30分ぐらいだったが、春はそこここに柔らかな形を見せている。

 今日の植物の名はカリン。そのカリンの木にはまだ小さな新芽しか出ていない。店主もその新芽をマジマジと見るのは初めて。
 この新芽、何と芽吹く姿はまるでバラの花のような形をしている。カリンはバラ科のボケ属の仲間と知っていたが、見つけた時はちょっとびっくりした。
 バラ科だから新芽がバラの花に似ていても不思議ではないような気がするが、これは花ではなく新芽である。やっぱり自然は不思議だな・・・。
 百聞は一見にしかず。カリンの新芽がバラの花に化けた姿です。

 カリン(花梨)の新芽-10.03.10

投稿者: 店主 日時: 20:41 |