2015年12月26日 土曜日

庭掃除

 10月ぐらいから、やらねばやらねばと思い続けていた庭掃除。お天気が悪かったり、洗濯物があったりして、なかなか実行できなかったけど、本日、ようやく重い腰を上げました。

 思い切って始めると、この庭掃除、実は結構楽しい。枯れた植物の姿も楽しいし、刈り取った植物の下から、来年の春を待つ様にいろんな植物が顔を出している。
 迫力だったのが、ツタの根っこ。掘り出し見たら途中で切れたにも関わらず、太い根っこが3メートルほどありました。
 モミジの紅葉した葉っぱの下からは、ユリの新芽がもうかなり大きくなっています。庭掃除は新しい仲間も見つけたりするので、狭い庭でもかなり楽しめます。(⌒-⌒)


 151226_1.jpg
 ツタの根っこ


 151226_2.jpg
 シランの実


 151226_3.jpg
 ユリの新芽


 151226_4.jpg
 ノコンギクの種


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:35 |

2015年12月20日 日曜日

猛者たち

 関東空っ風が吹き始めた東京地方、朝晩の悪寒い風には往生しますが、それでも寒ければ厚着という方法で防衛できます。店主は試したことはないけど、最近はヒートテックなんていう下着もあるらしい。
 それより寒くなったら、暖房器具やホッカイロって方法もある。

 この寒さで虫たちはどうしているのかと気になります。悪寒い風が吹くと店主も外に出るのは控える様になりますが、お天道様が顔を出しているとフラフラと出かけることもある。

 図鑑によると見られる期間はだいたい11月までとなっていますが、それでも、お天道様の暖かさにひかれて、ひなたぼっこをするその姿を見せるくれる。

 で、買い物の途中で見つけた猛者虫をご紹介。よく頑張っているネ、偉いね・・・

 151220_1.jpg
 アシブトハナアブ


 151220_2.jpg
 ヒアカタテハ


 151220_3.jpg
 ヤドリバエの仲間?


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:49 |

2015年12月13日 日曜日

凄い奴ら

 植物は春に芽吹き、冬には枯れていく運命。これは普通のことだけど、人間と暮らすと時として、とても不思議な変化が起こる。

 去年の暮れの大掃除の時に出窓で見つけた干涸びたサツマイモ、実はまだ元気に青い葉っぱを出し続けている。この調子だと何と年を越しそうな感じ。一年以上も延々と生き続けていることになる。
 発見した時は奇妙な葉っぱとも茎ともつかない物をのばしていたが、今は植物らしい葉っぱをのばしている。
 イモの形は残っているが、形だけで押すとへっこみ、中身のイモはほとんど使い果たした感じ。それでも、まだ青い葉っぱをのばしている。凄い生命力。

 これと似たようなことで、今年のはじめに飾る植物がなかったので、庭の「十両」ヤブコウジを切り、壺に挿しておいた。そしたら三ヶ月過ぎても枯れなかったので、ならばと鉢植えにして外に出したら、何とそれから根を張り、今も元気に増え続けている。呆れるばかりの生命力。

 なんて凄い奴らだと思ってしまう。

 こうなったらいつまで保つのか、最後までこのサツマイモに付き合ってみたいと思う今日この頃です。(^_^;


 141230_1.jpg
 去年12月30日に見つけたサツマイモ


 151213_1.jpg
 昨日のサツマイモ(12月12日)


 151213_2.jpg
 オマケはボケの花


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:29 |

2015年12月12日 土曜日

何でもない日

 休日の昼下がり、ラーメンが食べたくなって、散歩がてらに出かける。場所は西国分寺にあるラーメン屋とんとん。この味でラーメン一杯550円とは有難い。

 しかも、この近くには大きな雑木林があるので、食後の腹ごなしに歩きまわるにもってこいの場所でもある。冬休憩に入り始めた雑木林は静かでいい。

 今日みたいな何でもない日に、旨いラーメンを食べ、何でもない風景をめでると、アレ、ここってこんな風に見えていたっけと思う事がままある。柔らかいお日様の光がいつもとは違う風景を出現させる。だから散歩は止められない。


 151212_1.jpg


 151212_2.jpg


 151212_3.jpg


 151212_4.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:45 |

2015年11月28日 土曜日

植物と色と形

 特に書くこともない一日・・・と言うか、掃除三昧で、疲れたのでちょっと植物で遊んでみました。(^_^;


 151128_1.jpg

 151128_2.jpg
 (C) 石塚善雄


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 22:53 |

2015年11月23日 月曜日

 このところ秋が深まるにつれて、自分の執着がどんどんと薄れていくような感覚がある。何を見聞きしても、感動が薄くなっていく今日この頃。これは歳をとり、ボケが進行していると考えるべきなのか、自分でもわからない。
 片付けが苦手になると言うのも、ボケが進行している証しとも聞いた事がある。日常的に面倒だなと思うことも確実に増えている。

 特に人混みに出るのは苦手になっている。例えば電車で若い人が近くにいるとその場から離れる癖も、ここのところ多くなっている。爺婆の結界を張る行為のそばにいるのもダメになってきた。
 これはボケと言うよりも、人嫌いが強くなっているのかもしれない。もしかしたら自分が生きるのに特に必要のない物を、排除仕始めているのかもしれない。

 だからと言って、今の仕事がイヤだなと思うことはない。作ると言う仕事をするのは楽しい。

 きっとこうした感情の上下は、植物や虫たちの姿を見る事ができなくなるこの季節特有の寂しさなのかもしれない。黄昏の秋が、自分の感情に大きく作用しているような気がする。

 きっと、春になれば、また虫だ!花だ!と騒ぎだすに決まっている・・・と、思いたい。

 で、庭の菊を三連発でご紹介。菊の花は長く眺めていられので好きである。


 151123_1.jpg

 151123_2.jpg

 151123_3.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:58 |

2015年11月15日 日曜日

日立中央研究所・庭園の秋

 昨日から降り続いた雨もお昼前には上がり、お天道様も顔を出し、絶好のお散歩日和。

 で、本日は日立中央研究所の年に二回の庭園開放日。いつもなら朝に雨が降っていると中止になるのですが、午後には晴れるとの予報のためか、庭園は開放されました。

 店主はツイッターで確認をしておりましたが、多くの人が中止と思ったのか、人出はいつもの三分の一ぐらい。暖かい日ざしをあびて、昔の開放日に戻ったような感じで、のんびりと散歩ができました。


 151115_1.jpg

 151115_2.jpg

 151115_4.jpg

 151115_3.jpg


 余計なことかもしれませんが、出店される方が、もう少し早めにツイッターとかで、つぶやいていれば、お客さんが増えたかもしれません。まぁ、個人的にはこれ以上、人が増えない方が嬉しいのですが・・・(^_^;


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:56 |

2015年11月 3日 火曜日

秋の赤い実とアブ

 天気がいいのでフラフラと散歩。虫は少なくなったけど、その代わりに赤い実が目立ちはじめましたネ。


 151103_1.jpg
 1枚目はヒヨドリジョウゴ。Wikipediaによると【ヒヨドリジョウゴの名は、ヒヨドリがこの実を好んで食べることから名付けられたとされるが、実際にはとくに好んで食べるわけではなく、冬になっても残っていることが多い】と、書いてありました。


 151103_2.jpg
 2枚目はカラスウリ。カラスも食べないカラスウリです。【別名:玉章(たまずさ)・ツチウリ・キツネノマクラ・ヤマウリ】


 151103_3.jpg
 3枚目はゴンズイだと思ったらクサギの実でした。


 151103_4.jpg
 オマケはひなたぼっこをするアブ。フタホシヒラタアブかな・・・。


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:42 |

2015年10月24日 土曜日

五本足

 クモ(蜘蛛)、クモ類は、節足動物門鋏角亜門クモ綱クモ目に属する動物の総称である。網を張り、虫を捕食することで、一般によく知られている。・・・日常的に「虫」と言われる生物群の一つであるが、節足動物門六脚亜門に属する昆虫とは全く別のグループに属する。昆虫との主な区別点は、脚の数が八本であること、頭部と胸部の境界が明確でないこと、触角を欠くことなどがある。と、Wikipediaに書いてある。誰でも知っていると思うけどちなみに昆虫は六本足。

 で、散歩を兼ねた買い物の途中で見つけたジョロウグモ(女郎蜘蛛)は、八本足のヤツ、六本足のヤツ、五本足ヤツがいた。
 生き延びる事の大変さをこの足の数が物語っている。それでもどの蜘蛛もお腹も大きく奇麗な色をしていた。みんなお食事中というが、楽しいかった。
 五本足のジョロウグモは器用に足を使ってご飯を動かしていた。足を三本もなくしているが、まったくへこたれている様子はない。
 この五本足のジョロウグモ、実は先週も見ている。何だか可哀想でアップしなかったけど、そんな同情なんて関係無しと、元気の様子を見せてくれた。いつまで、この元気な姿を見られるのかな・・・


 151024_1.jpg
 八本足のジョロウグモ


 151024_2.jpg
 六本足のジョロウグモ


 151024_3.jpg
 五本足のジョロウグモ


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:30 |

2015年10月18日 日曜日

最後の蝉

 買い物に行く途中にある店主のお気に入りの虫ポイントで、ジッとしている虫たちを見る。
 ここは雑木林の中から這い出てくる場所なのか、不思議にいろんな虫を見かける。でも、虫の季節も終りなのか、ほとんどがジッとして動かない。

 最初が蝉面のアミガサハゴロモ。普通なら羽を広げているのだが、コイツは三角形に羽をたたんでジッといる。夜の寒さを予感しているのだろうか。
 次がエサキモンキツノカメムシ。コイツはワリと元気で、11月ぐらいまで頑張れるらしい。
 最後がアブラゼミ。歩道に転がっていた。死んでいるのかと触ると、のそのそと歩き出した。このままでは自転車にひかれるので、雑木林に戻そうとつかむと、最後の力をふりしぼるようにして、飛び、雑木林に消えた。ここまでよく頑張ったな・・・

 もうすぐ紅葉の季節がやってくる。


 151018_1.jpg
 アミガサハゴロモ


 151018_2.jpg
 エサキモンキツノカメムシ


 151018_3.jpg
 アブラゼミ


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:35 |

2015年10月12日 月曜日

虫と言う現実

 何で虫に惹かれるのか時々不思議に思う。直接日常生活には何の関わりがないにも関わらず、時間ができるとフラフラと彼らに会いたくなって、雑木林に行ってしまう。
 たぶん、関わりがないから惹かれるのかナ。植物にしても何の利害関係がないのが、気持ちを楽にしてくれるのかもしれない。盗って食べる訳でもなく、標本にする訳でもない。ただ、写真を撮るだけ。撮ったところで何かに役立つ訳でもない。

 でもよくよく考えてみれば、人間のやる事なんてろくでもない事の方が多い。そこに利害関係なんてもモノがあれば、話はますます厄介になる。騙したり、搾取したり、挙げ句の果てには平和の為にと、殺しあいなんて事を大真面目にはじめるのが人間。

 そんなうんざりするような世界から虫たちはほんのつかの間、連れ出してくれる。そんな存在が店主にとっての虫なのかもしれない。

 これを人は現実逃避と言うかもしないが、ほんの少し虫と感じあってみて、現実社会と言う風景を逆さまに眺めると、どちらが現実逃避しているのかと思ってしまう今日この頃です。


 151012_1.jpg


 151012_3.jpg


 151012_2.jpg


 151012_4.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 22:02 |

2015年10月10日 土曜日

秋の植物と虫

 今日の昼間はちょっと動き回ると薄らと汗をかく、散歩にはちょうど良い気温でした。植物はまだまだ元気でしたが、その間で見つける虫たちはかなりお疲れの様子。
 羽がぼろぼろになったバネセセリ。足が一歩なくなっているバッタ。そろそろ虫たちの季節も終わり。それでも歩き回っていると楽しい。
 コウヤボウキははじめて見る植物。小さい花ですがよくよく見るととても華麗な花にビックリ。ハスの果托は枯れかけた葉っぱと絶妙な色具合。そこにちょこんと座るバッタの姿に、季節の移ろいを感じておりました。


 151010_1.jpg
 ママコノシリヌグイとバネセセリ


 151010_2.jpg
 コウヤボウキとガガンボ


 151010_3.jpg

 151010_4.jpg
 ハスの果托とヤブギリ


 で、さすがに二日間も歩き回って疲れました。明日はゆっくりと休みます。(^_^;


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 20:34 |

2015年10月 9日 金曜日

奥武蔵

 今日はお休みして奥武蔵まで来てみました。何をするでもなく、フラフラと山道を歩き回っておりました。
 見た事もない蛾と出会ったり、どんないわれがあるのか判らない小さな祠を眺めたら、マムシグサかな、テンナンショウの赤い実に見とれたりしておりました。
 そして、谷川沿いの道を小さな滝を見たりしているうちに、平和な一日がゆっくりと暮れていきました。世の中の事は忘れて、ゆったりと流れる時間に身を任せられる自分を神様に感謝です。

 151009_1.jpg

 151009_2.jpg

 151009_3.jpg

 151009_4.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 20:08 |

2015年10月 4日 日曜日

広い空と変な奴

 休日、洗濯をしてから、買い物のついでに散歩。空が高くて気持ちがいい。いつもと違う道、知らない道が楽しい。植物、虫も好きだけど、知らない道も好きだ。
 長年、住んでいても知らない道を見つけると、通らずにいられない妙な性格の店主。お寺とか神社の入口は知っていても、裏側は知らない事が多いので、そんなところに迷い込むと、思わぬ風景に出会う。
 今日はそんなところで、気持ちのいい広い空を発見。これはいいナと写真撮影。


 151004_1.jpg


 で、そんな散歩の返り道に奇妙な黄色い破片のようなモノを発見。遠目には一センチぐらいの鮮やかな人工物にしか見ない。近づくて、よく見ると細かな襞がある。黄色の先には黒い頭もあり、毛虫と判ったが、これも初めて見る虫。
 帰って調べてみたら、チャイロハバチという虫の幼虫らしい。自然の神様の想像力に脱帽です。これがあるから散歩は止められない。


 151004_2.jpg

 151004_3.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:42 |

2015年9月26日 土曜日

武蔵国分寺公園

 振替え休日を利用して、武蔵国分寺公園からお鷹の道をフラフラしました。場所的には自宅から歩いて30分ぐらいのところにあるのですか、何故か足が遠のいておりました。
 この武蔵国分寺公園ができた頃は、だだっ広い芝生の公園と言う感じだったのが、二三年ぶりに行ってみると、樹が大きくなってうっそうとしておりました。
 きっとあと五年もすると、徘徊老人になって、カメラ片手に歩きまわる自分の姿を想像しながら、木々の間を散策しておりました。それも、悪くはないかも・・・

 150926_1.jpg

 150926_5.jpg

 150926_4.jpg

 150926_3.jpg

 150926_2.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:46 |

2015年9月21日 月曜日

ムーミン谷

 本日は晴れたり曇ったりの絶好の散歩日和。で、前から行ってみたかった飯能のあけぼの子どもの森公園のムーミン谷に行ってきました。
 でも、ここにはムーミンはいません。ムーミン谷の世界の建物があるだけ。ムーミンはいないけど、沢山の子どもたちがいました。池のまわりを走り回る子どもを見ていると、可愛いナと柄にもないことを思ってしまいました。
 アミューズメント施設で見る子どもは、ほとんど可愛いと思った事がなかったけど、ムーミン谷を走り回る子どもは、不思議に可愛らしく見えました。何故なんだろう。姿は見えないけど、ここにはもしかしたらムーミンがいるのかな・・・

 
 150921_2.jpg

 150921_3.jpg

 150921_4.jpg

 150921_5.jpg


 ところで、噂ではこの近くの宮沢湖周辺に「ムーミン」をテーマにしたテーマパークができるらしい。たぶんそこには行かないだろう。そこでは無心で走り回る子どもはいないような気がするから・・・
 

  

投稿者: 店主 日時: 21:46 |

2015年9月12日 土曜日

青い空と白い曼珠沙華

 九月に入って、スカッと晴れた日。青い空が夏のようだけど、お天道様がつくる影はもう秋の長さになっています。
 あの鬱々としていた灰色の雲も、今日は白くなって、青い空にモコモコと伸び上がると、何だかとても幸せになります。こんな日は仕事をちょっとサボって散歩。
 こんな日は特に遠くに行くワケでもなく、近くをゆっくりと歩くだけでも楽しいですネ。


 150912_1.jpg


 150912_2.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 22:06 |

2015年9月 6日 日曜日

雨間をぬって虫撮り

 いつ雨が降り出すのか判らない日々の連続。とても九月とは思えませんネ。昨日、無理して洗濯をしておいて良かったと思う休日です。

 で、空を眺めつつ、そろそろ虫撮り散歩に出る機会を狙っておりましたが、やっぱり雨に降られました。
 それでも、虫も去りゆく夏を惜しんでか、いろいろと姿を見せてくれました。しかし、虫の種類を見分けるのは難しいな・・・"o(><)o"


 150906_1.jpg
 ハナアブの仲間?


 150906_2.jpg
 シルビアシジミ?


 150906_3.jpg
 キバラヘリカメムシ


 150906_4.jpg
 キバラヘリカメムシ 幼虫


 150906_5.jpg
 コアオハナムグリ?


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:23 |

2015年8月23日 日曜日

裏磐梯イモ君たち五連発!

 裏磐梯、たぶんもう一週間ぐらいすると、秋の気配が忍び寄ってきます。そろそろ虫撮りもお仕舞いかな?と言う気分になりますが、実はこれから大きくなるイモ君達がまだまだ健在。新幹線みたいな奴とか、ヒラヒラが大好きイモさんとか、個性的なイモ君五連発です。

 で、イモ君撮りは成功したのですが、店主の能力では大きなるとどんな虫になるのかまでは判りません。
 それでも、眺めているだけでも、楽しいのがイモ君たち。どんな虫になるのかはご自由に想像して下さい。


 150823_1.jpg


 150823_2.jpg


 150823_3.jpg


 150823_4.jpg


 150823_5.jpg

 

投稿者: 店主 日時: 23:24 |

2015年8月22日 土曜日

裏磐梯虫

 今日は雨にもあわずに、ゆっくりと虫撮りができました。(⌒-⌒)

 で、あんた誰?・・・って感じのまったく判らないトゲトゲ虫も登場。と、思えば人面を背負った虫もおりました。
 それから下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるって感じで、生まれてはじめて蜂が花に止まろうとする瞬間の撮影にも成功。薮の中から睨む仮面ライダーって感じのバッタも発見。花に止まるオトシブミにも出会いました。
 そんな感じで、あっという間に時間が過ぎてしまいました。楽しかったな。
 それから手もとに図鑑がないので、おおよその名前でご勘弁。

 150822_1.jpg
 アザミと蜂


 150822_2.jpg
 人面虫・・・カメムシの仲間?


 150822_3.jpg
 ちょっと中国人ヒゲをもつナナフシ


 150822_4.jpg
 仮面ライダー風バッタ


 150822_5.jpg
 アンタ、誰?


 150822_6.jpg
 いつ見ても可愛いオトシブミ


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:06 |

2015年8月21日 金曜日

雨の夏休み

 ただ今、夜になると半袖Teeシャツだけではちょっと厳しいところにおります。昼間は心地よかったのですが、夜になると長袖がないと寒いです。
 昼間のお天気は雨模様でしたが、それでも近場を散策。さすがに虫は少ないのですが、植物を眺めているだけでも楽しい夏休み。


 まず、一発目はヤマトリカブト(山鳥兜)。雑草のようにあちらこちらと生えておりました。

 150821-1.jpg


 ツリフネソウ(釣船草)も沢山ありました。雨に濡れた姿もなかなかです。

 150821-2.jpg


 最後は個人的に好きなのがウバユリ(姥百合)。スッと伸び上がるように咲いている姿はいつ見てもいいな。

 150821-4.jpg

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:38 |

2015年8月16日 日曜日

別宅

 スズメバチに襲われ全滅したと思っていたアシナガバチが、別の場所で繁殖しているのを発見。元のアシナガバチの巣から2メートルほど離れた鉢植えのユキヤナギの木にちゃっかりと巣をつくり、かなり大きくなっていました。
 人間のそばの方が安全と思っているのかは不明ですが、毎日にシャワーホースで水をかけられるのを我慢すれば、案外住みやすいのかもしれません。
 毎日、植木に水をやっていて不思議に思うのは、水をまくと、どこからかアシナガバチが飛んできて、濡れた葉っぱの上にとまろうとすること。あまり水を嫌がっている感じはしません。

 で、1枚目の写真は全滅した巣。2枚目は本日発見したアシナガバチの巣。3枚目はおまけでニホントカゲの子供。すばしっこくてまともに撮れたのはこの1枚だけ。

 150816_1.jpg

 150816_2.jpg

 150816_3.jpg


 

投稿者: 店主 日時: 18:14 |

2015年8月10日 月曜日

重層階的増築!

 秘密基地にあるアシナガバチの巣、しばらく見ないうちにとんでもない形になっております。壁と門柱の狭いところに作ったので、こんな妙な巣になってしまいました。
 ここら辺は天敵のスズメバチも少ないようで、スクスクと異形な巣を増築中。秋にはどんな形になるのかとても楽しみです。蜂たちがいなくなったら、この巣は是非、店主に払い下げて頂きたいな・・・((((((( (^_^;


 これが最初にできたアシナガバチの巣。(5/14撮影)

 150514_1.jpg

 で、これが現在のアシナガバチの巣。(本日撮影)

 150810_1.jpg


 ちなみに自宅のアシナガバチの巣は、ことごとくスズメバチに喰われてしまいました。


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:46 |

2015年8月 9日 日曜日

トリノフンダマシ

 ちょっと涼しくなったとは言え、さすがに虫撮りで外に出る気力はない。若い時はどれほどの暑さでも迷うことなく遊びに出かけたのが、今になってみると嘘の様に思える今日この頃。お若い方、遊ぶのは今のうちと心得て遊びなされ・・・(^_^;

 それでも虫を眺めたいと、ここ一週間で秘密基地への行き帰りに見つけた虫をご紹介。
 で、はじめて見たのが蜘蛛の仲間でトリノフンダマシ。バタバタとしている時に、ん?虫?かと思いつつ二枚ほど撮影。見た目は本当に鳥の糞ような感じ。後日、思い出して拡大したら何やら足があるので、調べたらトリノフンダマシとわかった。何とも凄まじい擬態?イヤ、人がつけたネーミングが凄いと言った方が正確か。


 150809_4.jpg
 トリノフンダマシ(蜘蛛)


 150809_1.jpg
 アカハナカミキリ


 150809_2.jpg
 キイロスズメ


 150809_3.jpg
 チャバネアオカメムシ


 

投稿者: 店主 日時: 19:04 |

2015年8月 2日 日曜日

猛暑見舞い

 い〜や暑いです!こんなに暑いと外に出るのは危険と、本日は自宅で映画三昧。ちょっとだけで庭の草取りをしようとしたのですが、10分ほどでギブアップ。
 で、少しだけ猛暑見舞いで花の写真を処理してみました。花はヤブカンゾウ。

 猛暑お見舞い申し上げます。


 150802_3119.jpg
 (C) 石塚善雄


 

投稿者: 店主 日時: 18:49 |

2015年7月26日 日曜日

雨蛙三昧

 店主、好きなのは虫撮りだけではありません。アマガエルも大好きです!
 で、魚沼産アマガエルのお姿八連発!アマガエルの大股開きも最後にアップしました。こんなにアマガエルが濃い所へははじめて。間違って踏んでしまう事が怖かったです。昔は東京にもこんな所が幾らでもあったのですが・・・(⌒-⌒)

 150726_1.jpg

 150726_2.jpg

 150726_3.jpg

 150726_4.jpg

 150726_5.jpg

 150726_6.jpg

 150726_7.jpg

 150726_8.jpg


 口直しにママコノシリヌグイという植物の花をご紹介。これも魚沼産。トゲトゲがハッキリとわかります。

 150726_9.jpg


 

投稿者: 店主 日時: 18:43 |

2015年7月20日 月曜日

魚沼産虫

 昨日、今日と新潟県の魚沼の方へ行っておりました。店主はひたすら外で虫撮り。犬も歩けば棒に当たる式に山里を歩き回っておりました。
 かなりクタクタになりましたが、虫撮りは楽しい。
 今回ははじめてコハンミョウの交尾に出会いました。アノ凄い口鎌?を使って相手を抑える姿にはビックリしました。このコハンミョウ、実は肉眼では何が起こっていたのかはほとんど判りません。コハンミョウは動きが素早くて、何かいるぞ!って感じで、シャッターを切ったうちの一枚にこの姿が写っておりました。(^_^;


 150720_1.jpg
 ヒガシキリギリス


 150720_2.jpg
 正面から見ると可愛いシオヤアブ・噂ではスズメバチの天敵らしい


 150720_3.jpg
 ミヤマアカネのメス・奇麗です!


 150720_4.jpg
 交尾中?のコハンミョウ


 150720_5.jpg
 サビヒョウタンゾウムシ?イマイチ自信がありません。


 150720_6.jpg
 カマキリって、実は種類の見分け方が難しい。たぶんハラビロカマキリ?


 

投稿者: 店主 日時: 22:46 |

2015年7月12日 日曜日

夕暮れの庭虫

 久しぶりにお天道様が顔を出した日曜日。これは散歩に行けるかなと思ったのですが、昼過ぎには気温が30度をこえてしまったので、お散歩は取りやめ。おとなしく自宅で映画を見ておりました。
 それでも夕方近くなって、庭で少しだけ虫撮り。しかし、暗くなりすぎてどれも少しピンボケ。店主のカメラでは、これが限界・・・残念。"o(><)o"


 150712_1.jpg
 アシナガバエの仲間


 150712_2.jpg
 スグリゾウムシ?


 150712_3.jpg
 トウキョウヒメハンミョウ


 150712_4.jpg
 かなり大きくなったショウリョウバッタ


 150712_5.jpg
 おまけはヤブミョウガとミズヒキのコラボ


 

投稿者: 店主 日時: 17:59 |

2015年7月 5日 日曜日

虫、蜥蜴、花、蜂

 雨が続く中、生き物はたちは文句も言わず与えられた場所で淡々と生きています。当たり前のことですが、そんな姿を見ると、ちょっとホッとする店主。


 150705_1.jpg
 アワダチソウグンバイ、大きさは3ミリぐらい


 150705_2.jpg
 久しぶり見ました。ご存知!ニホンカナヘビ


 150705_3.jpg
 案外と知らないフウセンカズラの花


 150705_4.jpg
 コアシナガバチ、狭い場所に巣を作った為、巣がせり上がって裏返り、巣の中のたまごが丸見え。


 

投稿者: 店主 日時: 21:55 |

2015年6月28日 日曜日

30mの虫の目の時間

 いつもならバラの葉っぱが小さな毛虫さんに食べられてしまうのに、今年はほとんど無傷で伸びているのが不思議だったのですが、今日の朝、その理由が判明。
 バラが三鉢置いてある下にシモツケが一鉢あって、その中にコアシナガバチが巣をつくり、かなり大きさになっておりました。
 たぶん、彼らがバラにつく毛虫さんを取り除いてくれたのだと思います。それにしても、このシモツケは毎朝、ドバ〜ッと水をかけるのですが、それにも耐えて増えたようです。

 で、また蜂だと飽きるので、今日は買い物に行く途中にある30メートルほどの雑草が生い茂る場所で見つけた虫をご紹介。その場所の奥は雑木林なので、虫密度はかなり高い。店主にはお宝発見場所です。


 150628_1.jpg
 生まれたばかり?まだ1cmぐらいのカマキリです


 150628_2.jpg
 セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシって異様に名前が長い小さな虫


 150628_3.jpg
 自分より大きなハエを押さえ込むクサグモの仲間


 150628_4.jpg
 2〜3ミリしかないショウジョウバエの仲間。


 150628_5.jpg
 やっぱり可愛いベッコウハゴロモの幼虫


 150628_6.jpg
 ちょっと地味なホオズキカメムシ


 

投稿者: 店主 日時: 18:02 |

2015年6月21日 日曜日

24時間

 また、蜂ネタで申し訳ありません。

 昨日の朝、あたふたと洗濯をして外に出たら、少し大きめの蜂がいて、見ていたら窓枠の下に小さな巣を作っておりました。
 アシナガバチならいいかと思ったのですが、どうも雰囲気が違うので、昆虫図鑑で調べたら、どうもキイロスズメバチに似ている。女王蜂はかなり大きい。図鑑には攻撃性が強く危険とあったので、水攻撃で巣を破壊。これで一安心と思っておりました。

 で、今日の朝、その場所を見ると、また、同じ場所に巣を作っていました。何と24時間で見事に巣を修復。これには驚きました。生存本能って凄い。しかも、四匹で巣を守っている。
 でも、店主も刺されるのはイヤなので、再度、水攻撃をするつまりでおります。殺虫剤は他の虫も殺すので避けたいのですが、これでダメだったら殺虫剤を使うつもり。うまく共存できるといいのですが、その巣の下を通らないと洗濯干しができないので、これは仕方ないかナ・・・申し訳ない。


 150621_1.jpg

 150621_2.jpg


 

投稿者: 店主 日時: 15:42 |

2015年6月20日 土曜日

雨上がり

 ようやく溜まりに溜まった雑務を片付けました。あんまり長く放置すると、店主の場合、雑務の内容が一週間ほどで記憶の彼方に消えてしまいます。そして、これ何だっけ!!!って、泣きます。だから、忘れる前に書き止めないと、バニラさんにイヤな顔をされます。

 で、雨が続いて、飛び回る事ができなかった秘密基地縁側の蜂さんたち、今日は元気に飛び回っておりました。巣も日増しに大きくなり、蜂も増えて、だんだんと縁側の端っこに追いつめられる店主。
 それでも、蜂さんたちがいると、何となく落着く店主。明日からはまた天気が悪くなるので、今日のうちに頑張って下さいナ。それにしても大きくなったナ・・・(^_^;


 150514_1.jpg
 蜂の巣・5/14


 150529_8.jpg
 蜂の巣・5/29


 150620_2.jpg
 蜂の巣・6/2


 150620_3.jpg
 蜂の巣・6/20


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 15:49 |

2015年6月14日 日曜日

駒場虫?

 今日はお休みだったのですが、どうしても見たい展覧会があったので、渋谷まで遠征。「平賀敬と平賀太郎 二代展」が、本日最終日だったので、何とか時間を作って行ってきました。
 平賀敬さんのエスキースも展示してあって、作品が緻密に構成されているのには、やっぱりここまでやっていたのかと、感心させられました。
 それと平賀太郎さんの金魚にも久しぶりに再会。新作のボールペン画もこれからの展開を太郎さんにお聞きして、興味津々。
 いつも小さい作品を見る事が多い店主にとっては、広い会場で大きい絵を見られたのは幸運でした。

 で、「平賀敬と平賀太郎 二代展」は楽しかったのですが、渋谷の人混みをかき分けて帰るのにはかなり抵抗があって、文化村を出てから神泉駅の方へ向かいました。
 歩いてうちに、駒場公園が近いことを思い出し、気温も散歩にはもってこいだったので、フラフラと行ってみました。
 
 公園に行けば、やっぱりこれ!そこで見つけた昆虫2種類とナメクジ。
 ナメクジっていつも植え鉢のしたに居たりして、マジマジ見た事がなかったのですが、逆光で見ると半透明で身体の中が見える生き物なんですネ。(^_^;


 150614_1.jpg
 ベッコウハゴロモの幼虫


 150614_2.jpg
 ゾウムシの仲間


 150614_3.jpg
 透き通るナメクジ


 

投稿者: 店主 日時: 22:46 |

2015年6月 7日 日曜日

庭虫

 天気が良いので虫撮りに行こうかと思ったのですが、先週、かなり体力を使ったので、本日は自宅で少し庭の手入れをしながらゴロゴロしておりました。
 それでも、伸び切った枝や、これ以上増えると困るトケイソウの実を取っていると、やっぱり虫が気になるので、見つけるとカシャカシャと撮影。
 狭い庭でも結構、虫は居るもんですネ。


 150607_1.jpg
 足のトゲトゲが痛そうなササグモ


 150607_2.jpg
 木蔭で休憩中のキイロホソガガンボ


 150607_3.jpg
 ショウリョウバッタの赤ちゃん


 150607_4.jpg
 コアシナガバチ


 150607_5.jpg
 これがトケイソウの実。赤く熟すときれいなのですが、いったん実が落ちて種がバラまかれると、大変なので、実を見つけるとすぐに取ってしまいます。(^_^;


 150607_7.jpg
 おまけは八重咲きのドクダミ。去年はほとんど出てこなかったので、消滅したかと思ったのですが、しっかり回復してきれいな花をつけてくれました。(⌒-⌒)


 

投稿者: 店主 日時: 18:16 |

2015年5月31日 日曜日

人工知能と虫

 ここのところ、人工知能とうまく付き合ってくために・・・という記事を読んで気分を悪くしている店主。人工知能なんかとうまく付き合う気なんてまったくない。もし、人工知能が人の上で何かを言いだしたら、世の中お仕舞い。
 道具としての人工知能は否定しないが、人工知能を使って人を選り分けようとするなら、それは完全に人の差別化を生む。とてもじゃないがそんな存在を許せるワケがない。幾ら正しそうに見ても、人工知能なんぞに人を理解できるワケがない。理由は簡単。奴らには肉体がない。肉体がないのに、人のことなんぞ判るワケがない。
 そんな簡単なことに気が付かないほど、今の若い人たちは馬鹿なのかと思うと絶望的な気分になる。

 そんな気分に落ち込んだ時は、生き物の中を歩きまわるに限る。今日も暑い室内にいるよりは、涼しい風が吹く雑木林の中を虫を求めてフラフラ。
 どんな虫に出会うのかは予測できないところが虫撮りの楽しいところ。一見、涼しげな風景も、実は無茶苦茶に複雑に出来ている。そこがたまらなく楽しい。アホな人間が考えた人工知能なんか知ったこっちゃない。

 で、これが今日見つけた虫達。お姿を撮らせていただきました。(⌒-⌒)


 150531_1.jpg
 キマダラカミキリ


 150531_2.jpg
 食事中のオオヒラタシデムシ


 150531_3.jpg
 ちょっと珍しいキマダラカメムシ

 このキマダラカメムシ、結構、珍しい虫のようなので、同じアングルのアップを載せておきます。

 150531_4.jpg


 

投稿者: 店主 日時: 20:08 |

2015年5月29日 金曜日

仲間が増えた!

 以前、紹介した秘密基地の縁側の蜂さんに仲間が増えました。ちょっと前までは一人でこの巣をひたすら守っていたのですが、今日見ると一匹、増えておりました。新しい家族だと良いのですが・・・巣も大きくなって、まだまだ増えそうな気配。
 高円寺あたりだと、天敵のスズメバチも少ないと思うので、みんな元気に生まれてほしいな。(⌒-⌒)
 

 150514_1.jpg
 5月14日の巣の写真

 150529_8.jpg
 これが今日5月29日の巣


 で、秘密基地の入口にあるアジサイも満開。季節はどんどんとめぐります。

 150529_9.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:42 |

2015年5月17日 日曜日

止められない・・・

 本日は少し暑かったけど爽やかな風が吹いておりました。こんな天気だと、雑木林の虫たちが店主を、おいでおいでと呼んでいるような気がします・・・(^_^;

 昨日、少し歩きすぎたのでお休みしたかったのですが、洗濯をして昼食を食べると、お尻がムズムズ。カメラを握りしめてイソイソと虫撮りに出発。
 歩いて10分ぐらいのところにある池のまわりを虫を求めて徘徊。植物の間を行ったり来たりと、怪しいクソ爺をやっておりました。
 ここの池には人口の小川もあったりして、子供がザリガニ釣りをしている中をかき分けつつ、無心の時を過ごしてまいりました。

 で、これが本日の収穫。一番驚いたのがヒメシロモンドクガの幼虫。何しろ派手。高円寺にもこんな感じの人が時々います。
 それから小川にクチボソらしき小魚を発見。これにもビックリ。昔はこの小川はドブ小川でした。
 

 150517_1.jpg
 お友達?ツマグロオオヨコバイ&ヒメアカホシテントウ

 150517_2.jpg
 食事中?ヨコズナサシガメ


 150517_3.jpg
 派手!ヒメシロモンドクガの幼虫

 150517_4.jpg
 マガリケムシヒキ


 150517_5.jpg
 クチボソ(モツゴ)?


 

投稿者: 店主 日時: 18:47 |

2015年5月10日 日曜日

西洋オダマキ

 お休みなので虫撮りに行こうかと思ったのですが、明日からの仕事の事を考えると、今日はおとなしくしていようと、静かに庭の花を眺めつつ、自宅でのんびりしておりました。
 今は西洋オダマキが盛り。で、当たり前のことですが、花って一年に一度しか咲きません。このオダマキも花が終わると、ひたすら水をやって、また一年待つことになります。
 それからどうでもいいことですが、アメリカ合衆国の国花は、バラとセイヨウオダマキです。
 おまけはやっと咲き始めたユキノシタ。今年の花は小さいな・・・


 150510_1.jpg


 150510_2.jpg


 150510_3.jpg


 150510_4.jpg


 

投稿者: 店主 日時: 19:21 |

2015年5月 6日 水曜日

初心者

 虫の初心者が困るのは成虫と幼虫の違い。ナナフシのように小さくても大きくても形が似ていれば判断がつくが、まったく違う形となるとなかなか特定ができない。
 毛虫を見て、これはナニナニと判るなんて遠い夢の世界の話。今はひたすら虫撮りをして、形を覚える意外に方法はない。コガネ虫の仲間は成虫になっても色彩変異があるから厄介。何でこんなに形や色が変化するのかな・・・でも、楽しい。
 で、今日は虫六連発です。


 150505_1.jpg
 イオウイロハシリグモ


 150505_2.jpg
 初バッタ


 150506_1.jpg
 ベニシジミ


 150506_2.jpg
 マドカ


 150506_3.jpg
 コガネ虫の仲間


 150506_4.jpg
 シマサシガメ(幼虫?)


 

投稿者: 店主 日時: 18:26 |

2015年5月 4日 月曜日

高尾、虫目の時間

 連休二日目は高尾のお山(高尾山ではありません)に潜り込んでおりました。なんと、お山に昼頃に付いたら、今日は緑の日で、入園料はタダ。\(^o^)/
 しかも、ほとんど人がいない。こんな場所は他には知らない。で、ひたすらお山の中を散策。歩きすぎて、足はヘロヘロになりましたが、楽しく虫撮りができました。
 その一部をご紹介。虫嫌いさんには申し訳ありません。m(__)m


 150504_1.jpg
 ヤマトシリアゲ(顔がほとんど宇宙人)


 150504_2.jpg
 ヨコズナサシガメ(もう一匹、横にいるのですが名前は判らず)


 150504_3.jpg
 ナナフシ(初ナナフシ、ナナフシモドキとも言う)


 150504_4.jpg 
 セダカコガシラアブ?(背中の曲がり具合が凄い)


 150504_5.jpg
 イモ君と尺取り虫(親子に見えるから不思議)


 

投稿者: 店主 日時: 22:54 |

2015年4月29日 水曜日

虫目の時間

 あんまりいい天気なので、近くの雑木林へ目の保養に行ってきました。
 この季節と言えば虫!ムシ!むし!還暦を過ぎた爺が、雑木林の植物の間をウロウロ。端から見たらかなり怪しい姿だと思うけど、そんなコトは知ったこっちゃない・・・だって、虫を見ていると楽しくてしょうがない。


 150529_1.jpg
 ゾウムシの仲間(今年の初ゾウムシ)


 150529_2.jpg
 尺取り虫の仲間 (^_^;


 150529_3.jpg
 キイロテントウ


 150529_4.jpg
 ベニキジラミ(コイツの体長は2ミリぐらい)


 150529_5.jpg
 カメノコハムシの仲間(こんな姿なのに素早く飛びます)


 150529_6.jpg
 オナガアゲハ?(かなりネバって撮れたのがこの一枚)


 150529_7.jpg
 チャバネアオカメムシ


 虫撮りをした時間は二時間ぐらい。まだまだいろんな虫がいたのですが、今日はこのくらいでお仕舞い。ア〜ッ、楽しかったな。(⌒-⌒)


 

投稿者: 店主 日時: 18:42 |

2015年4月26日 日曜日

花開く

 ビタミンTeeのギャラリーを閉じた理由の一つに、作家さんが個展を嫌がる傾向が強くなった事がある。
 グールプ展も悪い事ではないが、ギャラリーにとってグールプ展とは、苦肉に策に過ぎないではないのかという疑念が、最後まで自分の中でつきまとい続けていた。
 みんなでワイワイと創作したものを持ち寄るのは楽しいと理解していても、そこでは企画の趣旨のなかで、作家さんが流されていくような不安感があった。
 ギャラリーを閉じてからもいろいろと繰返されるグループ展を見ていると、別々の人々でありながらそうした流れの中で展示される作品が、どこか似通ってくるような感じが見てとれるような気がする。
 これが今の流れですよと言われれば、そうですか・・・と答えるしかない。でも、去年、今年と個展をお手伝いを続けていて、やっぱり個展の方のが、作品も作家さんも生き生きとしていると感じる。これは自分の思い込みから生まれた幻影なのか・・・自分は時代の流れから取り残されているのかなと、思う今日この頃です。

 で、ほんの少し散歩した時に見つけた花。ひとくくりに花と言っても、みんな個性を持っています。しかしこの個性は自分で意識して作ったものではないと言うところに植物の楽しさ、豊かさがあります。


 150426_1.jpg
 リンゴの花


 150426_2.jpg
 ブルーベリーの花


 150426_3.jpg
 ネギの花


 

投稿者: 店主 日時: 19:30 |

2015年4月19日 日曜日

狭い庭だけど・・・

 昔、池袋辺りに住んでいた絵描きさんが自宅の庭で蟻を日がな見ていたという話を思い出しつつ、店主も洗濯物を干しながら、狭い、本当に狭い庭を散策。
 で、今の季節、狭い庭でも次ぎから次ぎへと生き物が溢れきます。専有庭の付いた狭いマンションだけど、この季節なると偶然にもこんなところに住めた事を神様に感謝したい気分になります。(^_^;


 150419_1.jpg
 アジサイの葉に止まるニホンチュウレンジ?


 150419_2.jpg
 菊の若葉に止まる尺取り虫。


 150419_3.jpg
 ガラス窓に巣を作るアシナガバチ。そんなところに巣を作るとまたスズメバチにやられるてしまうゾ・・・


 150419_4.jpg
 これは虫ではなく、ナンテンの若葉


 150419_5.jpg
 最近のお気に入り、風鈴オダマキ


 

投稿者: 店主 日時: 20:30 |

2015年4月14日 火曜日

高田さんの家の桜

 実はお休みを利用して日光に行ってきました。噂には聞いていたのですが、お客さんの半分がマジに外国の方。ちょっとビックリです。
 もちろん家康さんのお墓も見てきましたが、現地で偶然、桜が街に中に点在しているのを知って、ぶらりと町歩きをしてきました。
 で、高田さんの家の桜には驚きました。細い路地の中にこつ然とその姿を見た時は、ホ〜ッとため息が出ました。隣の家にも道路にもおおいかぶさるように花を咲かせておりました。
 さすがにこの町中桜巡りで、外国の方と出くわす事はありませんでした。


 150414_1.jpg
 高田さんの家の桜


 150414_2.jpg
 後藤さんの家の桜かな?


 150414_3.jpg
 龍蔵寺墓地の桜

 で、この旅、実はJR日光駅の駅舎を見に行こうかという話からはじまりました。JR日光駅の二階の広間はなかなかでした。


 150414_4.jpg


 

投稿者: 店主 日時: 21:23 |

2015年4月 5日 日曜日

雨の日の花見

 せっかくの休日なのに朝から一日雨。これは散歩にも行けないかと思ったのですが、イヤイヤ違う!雨の日だから人は少ないかもと、厚着をして近くの花見スポットに行ってみました。
 で、やっぱり人は少ない。しかも雨に濡れた雑木林はとても気持ちがいい。写真も撮り放題。雨の日のサクラもなかなか捨てたものではありませんでした。こんな日も心持ち一つで見えてくるものが変わるもんなのですネ。
 アッ、それから今日の植物の名前は適当です・・・(^_^;


 150405_1.jpg
 シダレザクラ


 150405_2.jpg
 イヌシデの雄花


 150405_3.jpg
 ウコン(鬱金)


 150405_4.jpg
 モミジの花


 150405_5.jpg
 ヤエザクラ


 

投稿者: 店主 日時: 20:14 |

2015年3月29日 日曜日

庭の手入れ

 この陽気になると、庭で作業するのが楽しくなってくる。手入れと言っても大した事はしない。鉢植えの植物に生えている余分な雑草をとり、新しく芽を出した植物を植え替えるぐらい。最後に肥料をやってお仕舞い。
 これで六月ぐらいまでは放ったらかしで大丈夫。あとは時々眺めて、珍しい顔が地面から出てくると鉢に植え替えるぐらい。何とも手間のかからない植物達だ。
 で、手入れの合間をぬって、少しだけ撮影・・・(⌒-⌒)


 150329_1.jpg
 ヤマブキ


 150329_2.jpg
 スミレ


 150329_3.jpg
 ツマグロオオヨコバイ


 

投稿者: 店主 日時: 20:33 |

2015年3月22日 日曜日

花の次ぎは虫?

 花曇りの休日、昨日の植物に気を良くして、よし!今日は虫だと散歩に出かけましたが、さすがに三月の半ばでは少し早いようで、テントウムシとオサムシ、カマキリ未満ぐらいしか発見できませんでした。(^_^;


 150322_1.jpg
 ナナホシテントウムシ


 150322_2.jpg
 アオオサムシ


 150322_3.jpg
 カマキリのたまご


 おまけはアンズの花のメジロ。何回もシャッターを切ったのですが、まともに撮れたのはこの一枚。鳥は難しいですネ。

 150322_4.jpg
 アンズと花とメジロ

 

投稿者: 店主 日時: 19:00 |

2015年3月21日 土曜日

お花見日和

 今日は少し曇って気温も14度前後と寒い一日でした。でも、三月を半ばを過ぎると、あちらこちらでいろんな花が次ぎから次ぎへと咲き始めます。
 こんな日はちょっと寒さ対策をして、近くを小一時間ほど散歩するだけで、とてもいい目の保養ができます。
 しかも薄曇り。絶好の撮影日和。体力がなくなった店主にはもってこいのお花見日和。と、言う事で本日はお花九連発です。\(^o^)/


 150321_1.jpg
 ボケ(木瓜)


 150321_2.jpg
 ヒマラヤユキノシタ


 150321_3.jpg
 アンズ(杏)


 150321_4.jpg
 ヒュウガミズキ(日向水木)


 150321_5.jpg
 サトザクラ(里桜)


 150321_6.jpg
 モミジイチゴ(紅葉苺)


 150321_7.jpg
 ユキヤナギ(雪柳)珍しいピンク系


 150321_8.jpg
 タンポポ(蒲公英)?


 150321_9.jpg
 ウグイスカグラ(鶯かぐら)


 花の名前、間違っていたらごめんなさい。(^_^;


 

投稿者: 店主 日時: 19:50 |

2015年3月15日 日曜日

春はまだですか?

 去年の東京三月後半の気温を調べると、20度前後の日が結構あります。この20度という気温、今の秘密基地では暖房を入れてもなかなかここまでは上がらない温度。
 そろそろ本格的な春になっても良さそうなものですが、今週もグスグスした天気になりそうな感じ。近くの雑木林ではウグイスの鳴き声が聞こえ始めています。まだかな・・・
 で、庭の植物達は今にも爆発しそうなところまで、新しい芽を膨らせませております。早く花が見たいな・・・(^_^;


 150315_1.jpg
 レンギョウ(連翹)


 150315_2.jpg
 ヤマブキ(山吹)


 150315_3.jpg
 サンショウ(山椒)


 

投稿者: 店主 日時: 20:03 |

2015年3月 8日 日曜日

ゼンタングル描いてみませんか?

 Facebookで「ゼンタングル描いてみませんか?」という掲示板に誘われたので、たまには課題があるのも楽しいかなと、画像処理したものを載せてみました。
 ゼンタングルってネットで調べると、【「ゼンタングル」とは、デッサンが必要なく、手先が器用でなくても美しい模様や絵が描ける新しいタイプのアート。】とあります。
 店主ができるのは画像処理なので、パターンアート的な解釈で作ってしまいました。
 でも、調べたら【ゼンタングルでパターンを描く時に、消しゴムや消せる道具を使いません。それは人生のごとく、やり直しをせずに、いかに活かしていくかの発想があるからです。失敗だと思った事もそれを生かした方向にもっていくのが、ポジティブな人生観です。ゼンタングルも描いている時の失敗は、活かして創りあげていく考えがあるので、消す作業はしません。】とあります。
 この意味では店主の作ったものは、ゼンタングルではないのかもしれません。PCの画像処理は、道筋が無限にあって、あっちにフラフラ、こっちでブラブラ、色の組み合わせでも感覚の趣くままに進んで行きます。
 ゼンタングルはコンピュータ的に言うと、フラクタルに近いのかなと思ってしまう。拡大すれば次から次へといろんな形が生まれてきます。そこには失敗も成功もありません。
 店主の写真も、どんどんと自分の変化して行きます。見えなかったものが色と一つを変えるだけで浮き上がってきたりします。(⌒-⌒)
 で、Facebookがご覧になれない方もいらっしゃると思いますので、ブログの方にもアップしておきます。


 150308-s420.jpg
 (C) 石塚 善雄


 150308-c420.jpg
 (C) 石塚 善雄


 150308-sa420.jpg
 (C) 石塚 善雄


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:58 |

2015年2月23日 月曜日

病院にGO!

 ニャンニャンニャン in 小杉湯がおわり、これで去年から続いていたバタバタ状態からようやく解放されました。
 今日は朝からバカ陽気。最高気温が18度ぐらいまで上がった様子。
 で、着ているモノも2枚ほど減らし、病院へ行く事にしました。早く行きたかったのですが、なかなか時間がとれなかったので、のびのびになっておりました。
 年を重ねるといろいろと弱ってくるので、あまり酷くならないうちにお医者さんに見てもらった方が安心と、内科の病院へ行ってきました。お医者さんの見立ては、ストレスと疲れでウイルスが悪さをしているとの事でした。そのウイルスに効くというビタミン剤をもらって帰ってきました。
 それからお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、明日は耳の下のこぶを見てもらいに行くつもり。かなり大きくなってきたので、放置するとこいつも面倒になりそうな予感がするので、行く事にしました。
 寒いと病院に行くのも面倒になりますが、こう暖かいと散歩がてらに行ってみようと気になっております。それにしても病院行くのは五年ぶりぐらいかな・・・

 で、行く途中の道ばたでは、ホトケノザ(仏の座)やオオイヌノフグリ(大犬のふぐり)が咲いておりました。いよいよ春ですネ。(⌒-⌒)

 150223_1.jpg

 150223_2.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:44 |

2015年2月11日 水曜日

めぐる春

 あと一ヶ月もすると吉祥寺を引っ越して一年になる。無店になってみて、いろいろと試行錯誤を繰返してきた。そして、もう一年試行錯誤を繰返す気になっている。
 めばちこさんやたまごさんを利用させていただいたり、猫の額さんからいろいろんなイベントをご紹介していただいたり、U-hAさんのところで絵を飾らしてもらっている。そして大きなイベントに参加したりして、漂流ギャラリーを繰返してきた。
 まだ、ヤリたらない気分も少しあるが、何となく今年一年の絵が頭の中の浮かんでいる。たぶん今年は大きなイベントに参加する事はないと思う。努力のワリに儲からないことがハッキリとした。それから繋がり方も嘘くさい。
 ひとつだけ正解だと思ったのは、高円寺に移ってきた事。これが一番のポイントかも。この街が持つ独特の暗黙知的つながりが、パワーを生む事が判ってきた。
 一見、皆が勝手に動いている見えながら、不思議なぐらいに蜘蛛の巣のように複雑に繋がっている。何も無理して、大きなイベントに出かけるよりも、小さな連携で多くの人が粛々とつながるこの街で、ワイワイとやっている方が楽しいような予感がする。
 さて、明日は何がおこるのか、とても楽しみな今日この頃です。

 写真は自宅の近くで撮った春を予感させる植物たちです。


 150211_1.jpg
 フキノトウ


 150211_2.jpg
 白梅


 150211_3.jpg
 ワロウバイ(和蝋梅)


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:46 |

2015年1月18日 日曜日

空っぽにする

 長く同じモノを見ていると、それがいいモノなのか、楽しいモノなのか、くだらないモノなのか判断がつかなくなる。
 人間の脳みその記憶はなかなか消えない。だいたいの場合は、いいモノは一瞬で判るが、それだって見続けると印象が弱くなって消えてしまう。
 だから、いろいろな作業のあとは、意識して、頭を空っぽにするようにしている。ところがこれが歳をとると、思うようにいかなくなる。いつまでもネチネチと覚えている。夢の中まで出てくる。
 そんな時は散歩に出るのが一番。お日様の下で自分のまわりをゆっくりと見直す。すると、人間以外の生き物も寒い冬の中で、いろいろと頑張っている事がわかります。だから何と言う事もありませんが・・・
 休みの日ぐらい、意味のない事をしたいナ。(^_^;

 150118_1.jpg

 150118_2.jpg

 150118_3.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:10 |

2015年1月12日 月曜日

初虫&オナガ

 今年の初虫は冬眠?中のナナホシテントウムシ。
 千両の枯れた茎でジッとしていた。触ってみようかと思ったが、本当に冬眠中なら、おこしては可哀想とそのままにしておいた。
 Wikipediaによると成虫は集団で冬眠するとあるので、もしかしたら死んでいるのかもしれない。

 150112_1.jpg


 次ぎはオナガ。散歩に出た時に見つけた。最初、ウソかと思ったが、ほほが赤くないので、オナガだと判る。調べたらオナガはカラスの仲間らしい。ここら辺ではかなり大きな鳥なので納得。カラスほど警戒心が強くないので、近くから写真が撮れた。

 150112_2.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:09 |

2015年1月11日 日曜日

枯れる

 今日を逃すと庭の片付けができなくなると、気合いを入れて大掃除。お天気にも恵まれて、かなり進みました。
 ナマった身体にはかなりキツかったけど、枯れ葉の下には、春を待つ植物がいろいろと顔を出していました。水仙、ユリ、ジュウニヒトエ、クリスマスローズなどが、あちらこちらに顔をだしておりました。春が楽しみです。
 で、本日は枯れた植物を三点アップ。枯れても植物はよくよく見ると、なかなか味があります。ヘタにつまむと壊れしまうところが、はかなくていい。(⌒-⌒)

 150111_1.jpg

 150111_2.jpg

 150111_3.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:28 |