2018年12月 4日 火曜日

暖かい日

 朝から暖かい風が吹いて、とても12月とは思えない気温。高円寺は24度まで上がり、日が落ちてもまだ20度前後。いやはや驚きました。で、虫もこの暖かさを楽しんでいたようで、通勤途中の道で見つけたキマダラカメムシ。陽だまりの道をスルスルと横切って行きました。
 
 このキマダラカメムシは越冬組かな。
 
 
 181204_1_1683.jpg
 
 181204_2_1688.jpg
 (C) 石塚善雄・キマダラカメムシ

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:05 |

2018年12月 3日 月曜日

虫撮りカメラ

 店主、虫撮りカメラを新しくしようと、最近アレコレとカメラを見て回っている。今使っているのがキャノンのPowerShot SX160 IS。2012年9月頃に発売された。光学16倍ズームで画素数は1600万画素。

 今は2,000万画素を超え、光学ズームが40倍とか65倍とかが当たり前のように売っている。そろそろ新しいカメラに買い換えてもいいかと思いつつ、カメラ屋さんでアレコレとカメラを触ってみた。

 カメラは毎日持って歩くので、大型のカメラや交換レンズを必要とするカメラは現実的に持って歩けなので、基本はコンパクトデジタルカメラになる。そしてマニアルで撮れることが絶対条件となる。

 最近のカメラを触ってわかった事が、光学ズームを40倍とか65倍でピントを合わせると、被写体から距離が2メートル以上も離れてしまう。今使ってるカメラなら光学16倍ズームで1メートル前後でピントが合う。ここでハタときがついた。店主の目では2メートル以上先の5ミリぐらいの虫はまず見つけられない。1メートルぐらいが限界。それに見つけられたとしても、虫がいる環境でカメラを2メートル以上引けるか?今のSX160 ISでもカメラを引ける場所を探すのは苦労する。

 ならば接写で近づけばいいのではと思う方もいるとは思いますが、虫は生きているので巨大なカメラが鼻先に近づいてくれば危険と思って逃げます。だからズームが必要なのです。

 ならば20倍程度に抑えればピントの合う距離が短くなるハズであると考えた。ここで問題になるのがプログレッシブファインズーム。簡単言えばデジタルズーム。今使っているSX160 ISのカメラにもプログレッシブファインズームがついていて、光学ズーム16倍にプログレッシブファインズームを合わせて、合計で32倍まで迫れる。これは結構使える。今のカメラは実は64倍まで大きくできるが、32倍以上は画像が荒れて使えない。

 結論として今のカメラだと32倍まで迫れるが、最近のカメラではズームを32倍にしてしまうと、どうしても虫から距離が離れてしまうので、虫の姿が小さくなってしまう。致命的なのはズームを20倍程度にして使えたとしても、20倍からのプログレッシブファインズームは使えない。40倍までズームアップしてからプログレッシブファインズームが使えるようになるようなのだ。

 で、アレコレと考えてこの希望を適えてくれそうなカメラは今のところとPowerShot SX620 HSとなる。光学ズームが25倍でプログレッシブファインズームを入れて50倍まで行くはずである。ところが問題なのはこのカメラの心臓部の映像エンジンがDIGIC4+と古い。今年の冬に発売される新製品の映像エンジンはDIGIC8。店主の今使っているカメラのSX160 ISの映像エンジンはDIGIC4。SX620 HSは今の店主のカメラと比べても映像エンジンは、ほぼ同じで処理速度が早くなっただけということになる。

 少し形が大きくなるが、PowerShot G3 Xという手もあるけど、これはお値段が高過ぎて店主には買えない。(T-T)

 SX160 ISの発売からもう6年以上立っているのに、進歩が遅いキヤノンさん。なんとも悩ましい選択になってしまった・・・

 誰か安価で使い勝手のいい虫撮りカメラを教えてくれませんかネ・・・(^_^;
 
 で、今年の五月に虫撮りへ行った高尾森林学園と八国山緑地の虫たちをようやくまとめたので、その中から幾つかご紹介。
 
 
 181203_1_6766.jpg
 (C) 石塚善雄・高尾森林学園 アオハムシダマシ
 
 
 181203_2_6779.jpg
 (C) 石塚善雄・高尾森林学園 サトキマダラヒカゲ
 
 
 181203_3_6833.jpg
 (C) 石塚善雄・高尾森林学園 ジョウカイボン
 
 
 181203_4_6948.jpg
 (C) 石塚善雄・八国山 エゴシギゾウムシ
 
 
 181203_5_6969.jpg
 (C) 石塚善雄・八国山 オサムシの仲間
 
 
 181203_6_6931.jpg
 (C) 石塚善雄・八国山 イチモンジカメノコハムシ

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 15:37 |

2018年11月26日 月曜日

カマキリ三昧

 窓を誰かが叩いているような気がして窓を開けると、窓辺に何をそんなにシケたツラをしているのかと、カマキリ君が遊びに来てくれました!外に出てこない店主を心配?して見に来てくれたのかナ・・・で、その気持ちを有難く頂いてカマキリ撮影会。虫は優しいな・・・(^_^;
 
 
 181126_2_1578.jpg
 
 181126_3_1596.jpg
 
 181126_4_1585.jpg
 
 181126_5_1630.jpg
 
 181126_6_1618.jpg
 
 181126_7_1612.jpg
 (C) 石塚善雄・カマキリ六連発!

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:11 |

2018年11月25日 日曜日

性的二型(せいてきにけい)

 穏やかな初冬の雑木林。飽きもせずフラフラといつも行くX山を徘徊。
 
 181125_1_1562.jpg
 
 
 人の言葉に所変われば品変わるとあるが、虫の場合は季節が変われば虫も変わる。で、今日見つけた虫はフユシャクの仲間。この蛾は雄は羽があり飛べるが雌には羽がない。噂は知っていたが実物は初めて見た。あまりの違いにびっくり!

 最初、見つけた時は変わったシジミ蝶がいるナと思って見たら、上に別の虫がいる。よくよく見ると体勢が交尾のように見える。しばらく見ていたら下の蝶が羽を広げ、蛾とわかった。これほど形の違う性的二型(せいてきにけい)が交尾する姿を初めて見た。で、種類の特定は難しそうなので諦めました。
 
 181125_2_1499.jpg
 
 181125_3_1519.jpg
 
 
 <フユシャク図鑑>(忘れたくないので相模国の自然スケッチさんからコピペです。フユシャクの写真が色々と載っています。)

 冬に成虫が発生するシャクガ科の総称をフユシャク(冬尺蛾)という。
 ■特徴
 ① 年1化で、冬季(晩秋~早春)に成虫が発生し、生殖行動を行い、産卵する。冬に成虫になるという戦略に至った理由は、冬は天敵が少ない為と推定できる。
 ② 雌は翅が欠けるか縮小していて飛べない。
  雄は普通の蛾として翅を持ち飛ぶことができるが、雌は翅を欠くか縮小していて飛ぶことはできない。フユシャクの雌は冬の寒さに対して、体温を奪う翅を縮めるという進化を経てきたのではないかと推定される。
  ※ 雌雄で形状が異なることを「性的二型(せいてきにけい)」という。
  フユシャクの雌は蛹の段階で一度は長翅が構成されるにもかかわらず、その後翅が縮まるという。この現象はフユシャクだけでなく、ドクガ科の一部(アカモンドクガ雌やヒメシロモンドクガ秋型雌)にもみられる。(ミノムシの親であるミノガも性的二型で、雌には翅が無いが、ミノガの雌の場合は蛹の段階から翅が無い。)
 ③ 口吻が欠けるか縮小していて食餌を摂らない場合が多い。
  フユシャクの成虫の環境は氷点下になる場合も多く、凍結の原因となる食餌を摂らないと推定される。ヤママユやカイコの仲間も口を欠く。必然的にこれらの種の成虫は比較的短命で生殖・産卵に費やされる。
 日本のフユシャクは35種が知られている(2015年1月現在)
 
 注・フユシャクの解説はこれが正解と言うのでありません。あくまでも説です。念のため。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:41 |

2018年11月23日 金曜日

日向ぼっこ虫

 穏やかな初冬に高尾の森林学園へ虫撮りに行ってきました。ここは自然が濃いのか、日向ぼっこ虫がのんびりお日様の光を浴びておりました。この時季は越冬するらしい虫が目立ちました。それから今年の台風の爪痕が今も残っていました。で、日向ぼっこ虫七連発です。
 
 
 181123_1_1363.jpg
 アサギマダラ 長い旅から帰ってきたのか、それとも遠くから高尾にたどりついたのか?この高尾のお山にはキジョランがたくさん自生していて、春にはアサギマダラの幼虫が生まれます。
 
 
 181123_2_1391.jpg
 ツマグロオオヨコバイ 3月から11月まで虫がいる時期ならどこでも見かけるタフなヤツ。多分、この成虫は来年の春まで越冬するらしい。
 
 
 181123_3_1369.jpg
 テングチョウ 店主は知らなかったけど、テングチョウは盛夏には休眠するらしい。で、秋に再び活動してそのまま成虫越冬するらしい。何だかとてもすごい生き方をする。
 
 
 181123_4_1420.jpg
 ヒメアカネ こいつも結構寒くなっても姿を見せる。寒さには比較的強く、遅いところでは12月まで観ることができます。トンボって寒さに強いのかな・・・
 
 
 181123_5_1367.jpg
 ヒラタアブの仲間 陽だまり残っていたアザミに止まるヒラタアブ。アブの仲間も冬になっても見かける虫です。
 
 
 181123_6_1406.jpg
 ムラサキシジミ この虫も成虫で越冬するらしい。陽だまりの葉っぱでジッとしておりました。綺麗な蝶です。
 
 
 181123_7_1400.jpg
 最後がバッタ。目の前を飛び抜けて茂みに逃げ込んだところで姿が見えなくなりました。悔しかったので、その近くを撮影して見たら枝の後ろに姿を発見!


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:01 |

2018年11月18日 日曜日

庭園虫

 日立中央研究所の庭園が開放日だったので、そこで晩秋の虫を探していたら、土があって日当たりの良いドングリの実が落ちているところに虫がいるということに気がついた。でもみんなすばしっこくて、虫撮りできたのはチビアメバチ亜科の仲間?だけ。
 
 
 181118_1_1254.jpg
 
 181118_2_1255.jpg
 (C) 石塚善雄・ドングリの上のチビアメバチ亜科の仲間?
 
 
 それでもしつこく探すとカゲロウの幼虫やハエの姿を発見。
 
 
 181118_3_1326.jpg
 (C) 石塚善雄・ゴミを背負うカゲロウの幼虫
 
 
 181118_4_1316.jpg
 (C) 石塚善雄・枯葉の上のハエ

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:09 |

2018年11月11日 日曜日

晩秋虫

 秋の穏やかな日差しの中、買い物&散歩&虫撮りな今日。虫の姿はめっきりと少なくなって、ヒラヒラと飛んでいるのはシジミ蝶ばかり。そのシジミ蝶も羽がボロボロ。蛾も葉っぱの上でジッとしている。もうすぐ冬がくるを予感しているような姿にほんの少し寂しさを覚える今日この頃です。
 
 
 181111_1_1102.jpg
 (C) 石塚善雄・女郎蜘蛛とアキアカネ。しばらくして見たらアキアカネは脱出しておりました。
 
 
 181111_2_1106.jpg
 (C) 石塚善雄・切り株の上で今年、発芽した紅葉が赤く色づいておりました。
 
 
 181111_3_1133.jpg
 (C) 石塚善雄・白いトリバガが葉っぱの上でジッとしておりました。
 
 
 181111_4_1150.jpg
 (C) 石塚善雄・ベニシジミかと思ったのですが、羽の斑点が違うような・・・

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:49 |

2018年11月 5日 月曜日

サンクチュアリー壊滅

 ここなら冬になっても虫撮りができるかもと思っていた原っぱがあっという間に壊滅。いつものことだけど人間の破壊能力はすざましい。
 
 181105_1_0987.jpg
 
 かなり気分は凹んだけど、まだ他にも場所はあると移動。数は少ないけど茂みの奥にいるカメムシ、ミノウスバを発見。
 
 
 181105_2_1000.jpg
 (C) 石塚善雄・幼虫なのでアオクサカメムシかミナミアオカメムシか迷う
 
 
 181105_3_1010.jpg
 (C) 石塚善雄・店主の住んでいるところでは秋の終わりに姿を見せる蛾の仲間のミノウスバ
 
 
 181105_4_1014.jpg
 (C) 石塚善雄・枯れたセンダングサに止まるヤマトシジミ
 
 
 181105_5_0994.jpg
 (C) 石塚善雄・いつもオニドコロかヤマノイモかで悩む。たぶんオニドコロのムカゴかな

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:24 |

2018年10月30日 火曜日

虫&鳥七連発!

 当たり前の事だけど虫や鳥は人がいない方がよく見つけられる。人がいると彼らも警戒をする。店主も人がいない場所が好きである。だから平日の昼間は虫撮りがしやすいし、人の目も気にしないですむ。別に悪い事をしているワケではないが、人がいない方が平和なのは確か。
 
 で、虫&鳥七連発です。w(゜o゜)w
 
 
 181030_1_0923.jpg
 (C) 石塚善雄・センダングサにとまるヤマトシジミ
 
 
 181030_2_0927.jpg
 (C) 石塚善雄・ノギクの花?とヒメハラナガツチバチ
 
 
 181030_3_0933.jpg
 (C) 石塚善雄・柿の実をついばむスズメ
 
 
 181030_4_0955.jpg
 (C) 石塚善雄・ジッとしている枯れ葉にまぎれるキタキチョウ
 
 
 181030_5_0960.jpg
 (C) 石塚善雄・樹液に夢中なオオスズメバチ
 
 
 181030_6_0968.jpg
 (C) 石塚善雄・久しぶりの毛虫・蛾の仲間のナシケンモンの幼虫
 
 
 181030_7_0974.jpg
 (C) 石塚善雄・お食事中のアオサギ

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:46 |

2018年10月29日 月曜日

少しだけ

 まだにゃんこエイドの疲れが残っておりましたが、虫の姿を見たくて、近くの日当りの良い野っ原まで行ってまいりました。ほんの小一時間ほど、日溜まりの中で虫と戯れて帰ってきて昼寝。秋のお天道様は優しくていいな・・・(⌒-⌒)
 
 
 181029_1_0893.jpg
 (C) 石塚善雄・アカホシカスミカメ
 
 
 181029_2_0890.jpg
 (C) 石塚善雄・キゴシハナアブ
 
 
 181029_3_0909.jpg
 (C) 石塚善雄・ウラナミシジミ
 
 
 181029_4_0889.jpg
 (C) 石塚善雄・ツマグロキンバエ?

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:35 |

2018年10月21日 日曜日

虫と花

 昆虫図鑑の蚊を見ていると、手っ取り早いのか人の皮膚に止まったところの写真が多い。店主も虫好きですが蚊にはほぼ毎日刺されるので苦手。で、昨日、秘密基地の縁側で一服していたら、ヤツデの花に蚊が止まっているのを発見。蚊も花に止まるかと思っていたら、今日も自宅でノコンギクの花にとまる蚊を発見。寒くなって動きが鈍くなったのかナ・・・
 
 
 181021_1_0856.jpg
 (C) 石塚善雄・ヒトスジシマカとヤツデの花
 
 
 181021_2_0866.jpg
 (C) 石塚善雄・ヒトスジシマカとノコンギクの花
 
 
 181021_3_0836.jpg
 (C) 石塚善雄・オマケはキマダラカメムシと秋明菊

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 14:01 |

2018年10月15日 月曜日

セイタカアワダチソウ

 いつの頃からかセイタカアワダチソウが好きになっていた。もう何十年も前のことだけど、今でも好きである。この植物、群生して他の植物を駆逐するが、土壌の肥料成分を使い果たしやがて消えて行く。そして新たな土壌を見つけるとまたそこで増える。

 虫もこのセイタカアワダチソウの黄色い花が好きなようです。
 
 
 181015_1_0764.jpg
 
 181015_2_0614.jpg
 
 181015_3_0767.jpg
 
 181015_4_0762.jpg
 
 181015_5_0630.jpg
 (C) 石塚善雄・セイタカアワダチソウ五連発

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:28 |

2018年10月14日 日曜日

秋の虫

 めっきり虫の姿が少なくなりましたが、探せばまだまだいます。ヒメジュウジナガカメムシ、ハラヒシバッタ、ヒラタアブの仲間、チビアメバチ亜科の仲間?、ヒカゲチョウ、蛾の仲間でホシホウジャクの秋の虫六連発。
 
 
 181014_1_0609.jpg
 (C) 石塚善雄・ニラ花とヒメジュウジナガカメムシ・遠目で見た時はニラ花に止まるハチかと思ったのですが、撮ってみたらカメムシでした。
 
 
 181014_2_0628.jpg
 (C) 石塚善雄・ハラヒシバッタ・草っ原に行くと足元でジャンプするバッタ。小さくて1センチもありません。
 
 
 181014_3_0720.jpg
 (C) 石塚善雄・ヒラタアブの仲間・花はママコノシリヌグイかと思って調べたらアキノウナギツカミ。こちらにも茎に小さな棘があります。
 
 
 181014_4_0665.jpg
 (C) 石塚善雄・チビアメバチ亜科の仲間?・産卵管があるのですぐに判るかと思ったのですが、ハチはいつも種類の特定に悩みます。これもあまり自信はありません。
 
 
 181014_5_0700.jpg
 (C) 石塚善雄・ヒカゲチョウ・いつも同じ雑木林の同じに樹のまわりにいます。他の雑木林では見たことがありません。不思議な蝶です。
 
 
 181014_6_0737.jpg
 (C) 石塚善雄・蛾の仲間でホシホウジャク・素早くてうまく撮れたのはこの1枚だけ!止まっている姿を見てみたい。花はサルビアかな・・・

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 20:48 |

2018年10月 8日 月曜日

折れた樹

 久しぶりに高尾へ行きました。もう台風24号のことなんかすっかり忘れていたら、高尾の森の中の樹はかなり折れていてビックリしました。被災地はもっと凄いことになっているはず。人間ってすぐに忘れるのですネ。でも、蝶やハエ、カエルたちは元気に生きておりました。
 
 
 181008_1_0541.jpg
 (C) 石塚善雄・森の中の折れた樹
 
 
 181008_2_0518.jpg
 (C) 石塚善雄・口器が長く突き出るツマグロキンバエ
 
 
 181008_3_0530.jpg
 (C) 石塚善雄・小さなアマガエル
 
 
 181008_4_0513.jpg
 (C) 石塚善雄・羽がボロボロなツバメシジミ

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:32 |

2018年9月30日 日曜日

暴風が来るらしい?

 台風が来ると言うのに、何故かのんびりした日曜日。午前中なら雨も大丈夫だろうと近くの農園へ。虫たちもこの時間はのんびりしておりました。で、台風前の静けさの中の虫六連発!

 今は生温い風が吹き始めています。
 
 
 180930_1_0408.jpg
 (C) 石塚善雄・クモヘリカメムシ
 
 
 180930_2_0416.jpg
 (C) 石塚善雄・キマダラセセリ
 
 
 180930_3_0404.jpg
 (C) 石塚善雄・セスジスズメの幼虫
 
 
 180930_4_0435.jpg
 (C) 石塚善雄・ホソヘリカメムシの幼虫
 
 
 180930_5_0386.jpg
 (C) 石塚善雄・ツマグロヒョウモン
 
 
 180930_6_0375.jpg
 (C) 石塚善雄・ナガメ(カメムシ)

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:17 |

2018年9月24日 月曜日

久しぶりに植物散歩

 最近、雑木林へ虫撮りに行って帰ってくると昼寝をする。適当に身体が疲れているから、とても気持ちよく寝られる。子どもに戻ったような感覚を楽しんでいる。虫撮りの半分は昼寝の為にあるという今日この頃です。
 
 で、本日は思いのほかいい植物が撮れたので六連発でご紹介!
 
 
 180924_1_0292.jpg
 (C) 石塚善雄・ハキダメギクの花とテントウムシの蛹
 
 
 180924_2_0306.jpg
 (C) 石塚善雄・名も知らぬキノコ
 
 
 180924_3_0325.jpg
 (C) 石塚善雄・センニンソウの種
 
 
 180924_4_0327.jpg
 (C) 石塚善雄・ヒヨドリジョウゴの花
 
 
 180924_5_0353.jpg
 (C) 石塚善雄・萩の花
 
 
 180924_6_0345.jpg
 (C) 石塚善雄・キンミズヒキの花

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:58 |

2018年9月21日 金曜日

寒い?暑い?

 本日の高円寺の気温は十月下旬の寒さだそうです。夏が暑かった分、秋冬と寒くなるのではと寒がりの店主は心配しております。で、明日22日土曜日は秘密基地の開放日。少し暖かくなりそうなので、ホッとしております。茶柱立太さんの新作ポストカードも明日から発売!
 
 
 180920_4.jpg
 (C) 茶柱立太・三人家族
 
 
 180920_5.jpg
 (C) 茶柱立太・柿
 
 
 
 高円寺ビタミンTee秘密基地、九月から毎週土曜日が開放日になります!

 オンライアートショップの作品が手に取ってご覧になれます。未発表の作品も多数あります。開放時間は12時から18時まで。もしお時間があれば、秘密基地に是非、遊びに来て下さい。

 秘密基地のある場所は古いアパートの一階の角部屋。お店ではありませんが、道路に面した窓にTeeシャツマークにTeeと描いた目印があります。ドアには小さな名刺が貼ってあるだけなので、入るのに少し勇気がいります。(*^^)//


 この日は、税ヌキに価格で販売します。無論、ひやかしも大歓迎!(^_^; 皆さんと少しでもお会して、お話でもできれば幸いです。

 180831_2.jpg
 場所:杉並区高円寺南2-51-11-101 TEL03-3313-1613

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:44 |

2018年9月17日 月曜日

形を残す場所

 今日は東京大学総合研究博物館で『珠玉の昆虫標本----江戸から平成の昆虫研究を支えた東京大学秘蔵コレクション』を見てまいりました。そんな広いスペースではありませんが、じっくりと見てしまいました。
 
 180917_0.jpg

 でも、写真を撮ろうとすると昆虫より別のものが気になってしまいました。ここは別の見方をするなら死霊の館。死して尚、形を残す場所。なかなか楽しい場所でした。(^_^;
 
 
 180917_1.jpg
 セミの冬虫夏草!初めて現物を見ました。
 
 
 180917_2.jpg
 ユーラシアカワウソの骨格標本。
 
 
 180917_3.jpg
 巨大ナナフシの標本。大きさは40cmぐらい。w(゜o゜)w
 
 
 180917_4.jpg
 キリンの骨格標本。頭蓋骨は案外小さかったです。


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:53 |

2018年9月16日 日曜日

ちょいと徘徊

 何もやる気がなくても、ここだけは時間があると出かけます。今日も元気に蚊に追いかけられながら雑木林を徘徊。すれ違う人もいない平和な空間。で、アレコレと六連発!
 
 
 180916_1_0177.jpg
 (C) 石塚善雄・今年は暖かいのかまだ元気なヒメクロオトシブミ
 
 
 180916_2_0148.jpg
 (C) 石塚善雄・いたるところで飛び回るイチモンジセセリ
 
 
 180916_3_0207.jpg
 (C) 石塚善雄・いつも仲良しオンブバッタ夫婦
 
 
 180916_4_0227.jpg
 (C) 石塚善雄・最近目が悪くなり、接写して拡大してようやく足八本と確認したアリグモ
 
 
 180916_5_0168.jpg
 (C) 石塚善雄・葉っぱの陰からのぞくカマキリ
 
 
 180916_6_0196.jpg
 (C) 石塚善雄・いつも見かけるけどオスが食事しているところは見たことがないジョロウグモ夫婦
 
 
 180916_7_0266.jpg
 (C) 石塚善雄・オマケはシュウメイギク

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:10 |

2018年9月10日 月曜日

定休日虫

 午前中、洗濯をすませてから久しぶりの虫撮り。裏磐梯から帰ってきてからバタバタとして出かけることができなかった。虫撮りなんかすぐに行けそう感じだけど、現実に三時間の時間をひねり出すのは大変。だからこの時間は大切。黙々と虫の姿を追っていると、我を忘れる。で、帰ってきて昼寝。充実した一日です。
 
 
 180910_1_0044.jpg
 (C) 石塚善雄・モンキチョウ
 
 
 180910_2_0075.jpg
 (C) 石塚善雄・オオトビサシガメ
 
 
 180910_3_0051.jpg
 (C) 石塚善雄・トリバガ科の仲間
 
 
 180910_4_0115.jpg
 (C) 石塚善雄・オオカマキリ
 
 
 180910_5_0028.jpg
 (C) 石塚善雄・ツマグロヒョウモン
 
 
 180910_6_0124.jpg
 (C) 石塚善雄・イオウイロハシリグモ?
 
 
 180910_7_0060.jpg
 (C) 石塚善雄・オマケはセンニンソウ

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:35 |

2018年9月 2日 日曜日

雨の日の虫

 買い物の途中、少しだけ栗林に寄ってみた。この雨では虫もいないだろうと思ったら、しっかりいた。身体に穴が空いているように見えたので死んだアリかと思ったが、触ると動いた。写真を撮って調べてみたらホソヘリカメムシの幼虫。何だかとても得をしたような気分。(⌒-⌒)
 
 
 180902_1_9981.jpg
 (C) 石塚善雄・ホソヘリカメムシの幼虫
 
 
 180902_2_9982.jpg
 (C) 石塚善雄・ヤマトシジミ
 
 
 180902_3_9971.jpg
 (C) 石塚善雄・アブの仲間

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 20:42 |

2018年8月26日 日曜日

夏休み自由研究 (^_^;

 昆虫探検図鑑1600を買ってから四年近くがたった。この図鑑には身近な昆虫が1600種あまりが載っている。虫撮り初心者になってから、この図鑑で確認できたのが250種ぐらい。今、世界で昆虫綱全体では80万種以上が確認されているらしい。死ぬまで幾つの虫と出会えるかナ。で、虫、十連発です。
 
 
 180826_2_9543.jpg
 (C) 石塚善雄・イトトンボの仲間。イトトンボはほぼ店主には識別がつかない。
 
 
 180826_3_9738.jpg
 (C) 石塚善雄・とても獰猛な感じがするハラビロマキバサシガメ。
 
 
 180826_4_9514.jpg
 (C) 石塚善雄・クモやムカデは昆虫とは別の種類だけど、虫の仲間に思える店主。ガザミグモ。
 
 
 180826_5_9671.jpg
 (C) 石塚善雄・かなり疲れた感じのトラカミキリ。
 
 
 180826_6_9896.jpg
 (C) 石塚善雄・今年はなかなか出会えなかったオトシブミ。
 
 
 180826_7_9798.jpg
 (C) 石塚善雄・簡単に出会えそうだけど、これが虫撮り最初のモンキチョウ。
 
 
 180826_8_9780.jpg
 (C) 石塚善雄・雌は以前に見つけたが、雄は初めてのミヤマアカネ。
 
 
 180826_9_9940.jpg
 (C) 石塚善雄・金緑色がきれいなアカガネサルハムシ。ちゃんとヤマブドウの木にいました。
 
 
 180826_10_9925.jpg
 (C) 石塚善雄・一枚だけ撮れた蝶。調べたらアサマイチモンジ。ちょっとビックリしました。
 
 
 180826_11_9921.jpg
 (C) 石塚善雄・あまりに小さくて特定に自信がないヒシバッタ?。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:35 |

2018年8月25日 土曜日

夏休み終了!

 上げ膳据え膳、風呂は入り放題、わがまま放題でほぼ貸し切りのペンション。そして、虫撮り放題の夏休みがついに終わりました。"o(><)o"

 裏磐梯から猪苗代に降りたら、猛暑にビックリ・・・で、東京駅についたらあまりの酷暑に唖然!
 
 
 180825_1_9948.jpg
 (C) 石塚善雄・東京の雲

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:58 |

2018年8月23日 木曜日

夏休み二日目!

 今日もあっちこっちと虫取り三昧。どれも初めて見る虫ばかり。
 
 
 180823_1_9647.jpg
 (C) 石塚善雄・オオツノトンボ。名前にトンボとつきますが、ウスバカゲロウに近い仲間です。
 
 
 180823_2_9710.jpg
 (C) 石塚善雄・カイコの祖先と言われるクワコの幼虫。面白い顔もどき。ちゃんと蛾になって飛んで行きます。
 
 
 180823_3_9699.jpg
 (C) 石塚善雄・ハヤシノウマオイ・雌。
 
 
 180823_4_9691.jpg
 (C) 石塚善雄・アリを食べるザトウムシ。いつもながら妙な生き物です。
 
 
 180823_5_9724.jpg
 (C) 石塚善雄・オマケは多年草のつる植物のツルリンドウ。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:59 |

2018年8月22日 水曜日

夏休み一日目!

 今、裏磐梯の山奥にいます。裏磐梯も暑いです。でも、虫もいます。で、スズメバチに擬態したと言われる蛾、セスジスカシバを見つけました。噂には聞いていましたが、実物は初めてです。
 
 
 180822_1_9561.jpg
 (C) 石塚善雄・トリカブトの花
 
 
 180822_2_9526.jpg
 (C) 石塚善雄・蜂のような蛾、セスジスカシバ

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:34 |

2018年8月19日 日曜日

雑木林散策

 昨日の庭仕事でかなり疲れていのですが、虫撮りの誘惑には勝てずにのそのそ雑木林を徘徊。

 虫撮り初心者の店主ですが、最近は雑木林での遊び方もいろいろとわきまえてきて、本日の一枚目はまだその姿は見た事がないのですが、チョッキリというゾウムシの痕跡を見てきました。

 今だとコナラが実と青い葉を付けたままよく落ちています。実がついた枝先を拾ってよく見ると小さな穴が空いています。これはチョッキリがたまごを産みつけたあと。これを持って返って観察するとチョッキリの幼虫が中から出てくるらしい。

 それにしてもこんな堅いものたまごを産みつけ、枝を切り落とすチョッキリの剛力に感心します。
 
 
 180819_2_9461.jpg
 
 180819_3_9461.jpg
 (C) 石塚善雄・コナラの実とチョッキリの痕跡
 
 
 180819_4_9456.jpg
 (C) 石塚善雄・頭上で鳴くミンミンゼミ。背中の赤い点はダニかな。
 
 
 180819_7_9426.jpg
 (C) 石塚善雄・初めて見ました!テングスケバ。どこが目なのか不思議な虫です。
 
 
 180819_5_9452.jpg
 (C) 石塚善雄・これも自然界では初めて遭遇しました。カブトムシの幼虫。
 
 
 180819_6_9447.jpg
 (C) 石塚善雄・枝打ちされた木の下のムネアカトゲコマユバチ。橙色がきれいでした。
 
 
 180819_8_9434.jpg
 (C) 石塚善雄・最後は正真正銘のコガネムシ。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:30 |

2018年8月12日 日曜日

今日も虫七連発!

 今日も虫撮りで雑木林を徘徊。蒸し暑さも虫撮りの為なら何のそのと虫七連発!

 で、久しぶりにカガイモの花を見つけた。この花を見るのは何年ぶりだろうか。昔はいくらでも生えていたのに、実ができる前に刈られてしまうので激減した。

 花をよく見ると花の下のほうに花びらの形を真似たクモがいた。アズチグモだろうか、こんなの初めて見た。
 
 
 180812_1_9303.jpg
 (C) 石塚善雄・久しぶりに見たガガイモの花。
 
 
 180812_2_9306.jpg
 (C) 石塚善雄・カガイモの花の下のほうにアズチグモ?
 
 
 180812_3_9364.jpg
 (C) 石塚善雄・黒光りするクロカナブン。必死に樹液を吸っていた。
 
 
 180812_5_9332.jpg
 (C) 石塚善雄・ヤマキマダラヒカゲ。オスとメスかな仲良く木の根元にとまっていた。
 
 
 180812_6_9272.jpg
 (C) 石塚善雄・コガネムシのアオドウガネ。濃い緑色がきれいです。
 
 
 180812_7_9238.jpg
 (C) 石塚善雄・イチモンジセセリとアカツメクサ。
 
 
 180812_8_9286.jpg
 (C) 石塚善雄・コイツも初めて見ました。エノコログサにクモヘリカメムシ。
 
 
 180812_9_9344.jpg
 (C) 石塚善雄・枯れ木の中に見つけました!ナガゴマフカミキリ。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 20:44 |

2018年8月11日 土曜日

別体力

 甘いものは別腹という言葉がありますが、店主にとって虫撮りは別体力!

 最近、体力が弱ってきていると自覚しておりますが、虫撮りは別のようで、今日も午前中、汗まみれになりながら近くの雑木林を徘徊。そして午後はガッツリと昼寝。ほぼ子どもの夏休み。好きな事はやっぱり別体力のようです。
 
 
 180811_1_9178.jpg
 (C) 石塚善雄・久しぶりに会いました!トリバガの仲間
 
 
 180811_2_9183.jpg
 (C) 石塚善雄・サルビアの青いで蜜を吸うクマバチ
 
 
 180811_3_9201.jpg
 (C) 石塚善雄・今年初のスケバハゴロモ
 
 
 180811_4_9230.jpg
 (C) 石塚善雄・土の上を這うと別の生き物に見えるキバラカメムシの幼虫
 
 
 180811_5_9227.jpg
 (C) 石塚善雄・あまり好かれない交尾中のニクバエの仲間
 
 
 180811_6_9212.jpg
 (C) 石塚善雄・暑い暑いと言っても夏の終わりを予感させるアブラゼミ
 
 
 180811_7_9167.jpg
 (C) 石塚善雄・オマケは原っぱで見つけたスズメ

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:58 |

2018年8月10日 金曜日

残暑見舞い&夏休みの予定

 いつまで続くんだ!この暑さ・・・と、いたすらぼやく店主。今年に入って年齢の問題もあると思うけど、暑さ寒さにはめっきりと弱くなりました。最近の唯一の楽しみは茶柱さんからいただいたガリガリを食べる事。それでも一日一時間以上歩くようにしているけど、この暑さの前では気持ちが折れそうになります。

 まぁ、気持ちは別として、身体の方は年相応に変化してきたと言うことのようです。

 で、まだまだ暑い日が続きそうですが、残暑お見舞い申し上げます。m(__)m
 
 
 180810_1221-2.jpg
 (C) 石塚善雄・虫ポストカード「イチジクキンウワバ・蛾」


 ※ 夏休みの予定 ※

 ビタミンTee高円寺秘密基地の夏休みは8月22日水曜日から26日日曜日までとなります。オンラインアートショップの方の発送は21日から26日までの間、お休みになります。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 15:28 |

2018年7月30日 月曜日

何もしない・・

 秘密基地で一人でいると、誰にも文句を言われないし、人知れず涼しい所でウトウトできたりする。気楽だけど、フッと気がつくと自分が暑さを避けて木陰でたたずむ虫になったような気がする。こんな日は早めに帰ろう・・・
 
 
 180716_1_3265.jpg
 (C) 石塚善雄・オオトビサシガメ?

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:16 |

2018年7月23日 月曜日

酷暑の蓮

 連日信じられないような酷暑が続く東京。噂では青梅と練馬で気温が40度を超えたとか・・・そうなると代休で自宅にいる店主もその温度を体感したくなり、日なたで5分ほど立って日光浴。腕がヒリヒリと焦げる感じがとても不気味でした。確かに今年の夏は「危険な夏」です。

 で、そんな酷暑でも今を逃すと写真が撮れなくなるかもと、昨日、上野の不忍池に遠征。汗だらけになって蓮の写真を撮っておりました。写真だと涼しげですが、現場はムンムンの夏。救いは不忍池を渡ってくる風。緑と水がある所は真夏でも気分は穏やかになります。
 
 
 180723_1_9098.jpg
 (C) 石塚善雄・ビルディングと蓮の華
 
 
 180723_3_9009.jpg
 (C) 石塚善雄・蓮の葉っぱで涼むカメ
 
 
 180723_2_9001.jpg
 (C) 石塚善雄・蓮の華

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:51 |

2018年7月15日 日曜日

猛暑虫

 この猛暑でも虫撮りに行きたいと思いつつ、虫もこの暑さは危険と判っているので、真昼はほとんど日の射すところにはいません。ならば午前中の日陰ならどうかと、早起きして雑木林にいったら、子供たちの野外イベントで雑木林は占領。虫たちはワイワイガヤガヤが嫌い。はぁ、やれやれ・・・

 それでも、アレコレとねばって猛暑虫を撮ってみました。
 
 
 180715_1_8797.jpg
 とてもきれいなアカスジキンカメムシですが、死ぬと緑色が暗緑色に変わるそうです。
 
 
 180715_2_8859.jpg
 アカボシゴマダラも木陰で一服です。
 
 
 180715_3_8822.jpg
 ヒゲナガカメムシは8mm前後の小さな虫。エノコログサ(ねこじゃらし)にいました。
 
 
 180715_4_8808.jpg
 マドガは昼行性で日中に飛び回って吸蜜吸水するので探しやすい蛾です。
 
 
 180715_5_8773.jpg
 どこか漫画チックなササキリの幼虫。
 
 
 180715_5_8843.jpg
 オマケはニホントカゲ。まだ小さいヤツが何匹もいました。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:55 |

2018年6月30日 土曜日

虫が集まる特異点

 いつも通勤に使う道の途中に、虫が集まる特異点みたいな場所がある。毎日、入れ替わりでいろんな虫が現れる不思議な場所。見た目には道に雑草が多めに生えているだけの道ですが、毎日みると凄いんです。店主、こんな場所を他には知らない。


 ゾウムシは敵に見つかると、枝からポロリと落ちて逃げるもんだと勝手に思い込んでいた。この思い込みを破壊したのがこのトホシオサゾウムシは羽を広げて飛んで逃げやがった。

 180630_8194.jpg
 
 
 
 ゴミがごそごそと動いている。もしやクサカゲロウの幼虫か!と、写真を撮ってみると、見事にクサカゲロウのするどい大きな顎(あご)写っていた。この顎でアブラムシやハダニなどを捕食します。

 180930_8218.jpg
 
 
 
 ヒゲコメツキはコメツキにしてはかなり大きく三センチほどある。写真はメス。オスだとひげ状の大きな触角があるらしい。一度は見てみたいナ。

 180630_8236.jpg
 
 
 
 ちょっと暑く苦しいモモブトスカシバ。秋の方が似合いそうだけど、夏の間しか生きられないらしい。たぶんハチに擬態したかったけど、結果はイマイチだったと思うは店主だけ?

 180630_8243.jpg
 
 
 
 ムラサキシラホシカメムシ。五ミリぐらいの小さなカメムシ。タンポポ、ハルジオン、オオバコ、ツユクサなど、いろいろな植物を食べると、昆虫エクスプローラさんに書いてあった。

 180630_8325.jpg
 
 

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 22:13 |

2018年6月27日 水曜日

南風

 今日の正午頃の南風、暑かったけど、とても気持ちが良かったです。あまりの気持ちよさに阿佐ヶ谷けやき公園で南風に吹かれる木をしばし眺めておりました。

 野外イベントの時は困りますが、何もなければ、こんなに気持ちいい風は大歓迎。で、少しその時の気分が伝わるかと動画を撮ってみましたが、やっぱり公園で眺めていた気持ち良さはなかなか伝わらないようです・・・(^_^;
 
 
 
 (C) ビタミンTeeチャンネルこれは特別な動画ではありません。木々が南風に吹かれて揺れているだけです。ちなみに左の木はポフラ。右の木はユーカリ。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:20 |

2018年6月25日 月曜日

カミキリムシ&ゾウムシ五連発!

 虫撮りが何が楽しいって、どんな虫と出会えるのか行ってみないとまったく判らないと言うのが楽しい。次にまたアノ虫と会いたいと思っても、ほぼ出会えない。数秒、目を離しただけで姿を消すのが虫と言う生き物。完全な一期一会。だから見つけるととても愛おしい。

 で、店主はカミキリムシとは相性が悪いのか、なかなか出会えないと思っていたけど、本日はカミキリムシの当たり日。こんな日が突然とやってくるから、虫撮りは止められない。(⌒-⌒)

 それから今回から虫写真に名前を入れる事にしました。今までは面倒なので放置していましたが、世の中、善意の人ばかりではないようなので・・・でも、面倒なったら止めるかも。
 
 
 180625_8128.jpg
 (C) 石塚善雄・ラミーカミキリ・見つけた時は青白く見えたのですが、葉っぱの裏に隠れてしまったので、色がイマイチです。
 
 
 180625_8131.jpg
 (C) 石塚善雄・ナガゴマフカミキリ・サクラ、イチジク、フジ、柑橘類など、いろいろな樹木の枯れ木や伐採木に集まる。
 
 
 180625_8154.jpg
 (C) 石塚善雄・マダラカミキリ・食樹はヤナギ、クリ、クワ、イチジクなど。写真の木は柳だったと思います。それにしてもきれいだな。
 
 
 180625_8185.jpg
 (C) 石塚善雄・オジロアシナガゾウムシ・ウィキペディアには普通に見られるゾウムシ科の昆虫の一つと書いてありますが、店主は初めての出会いです。
 
 
 180625_8176.jpg
 (C) 石塚善雄・コフキゾウムシ・クズ、ハギなど、マメ科植物の葉を食べる。ヌスビトハギで見つけました。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:36 |

2018年6月24日 日曜日

納品観光

 中村景児さんの個展用のポストカード&2Lカード&トートバッグ&子供用Teeシャツ、無事納品完了!

 で、山下公園へフナムシを探しに行きました。横浜は午後からは晴れて絶好の徘徊日和。日本郵船氷川丸を横目に見ながら、岸壁に目を凝らすと、少しすすけた石積みにフナムシがいました!
 
 このフナムシは虫ではなく、甲殻類の仲間。ウィキペディアによると海老、蟹の仲間なのに水中に長い時間いると溺れてしまうらしい。つまり、海を避けつつ、陸には上がる事なく、波のくる岩場や石積みの狭い範囲で生きているらしい。
  180624_7994.jpg
 
 
 
 フナムシがいた岩場の先の波間に、クラゲがプカプカと人生を投げたように浮かんでおりました。こんな生き方もいいかもネ。
 180624_8001.jpg
 
 
 
 山下公園には虫はいないので、緑の多い港の見える丘公園周辺へ移動。するとオオスカシバを発見。人があまりいない場所だったのでゆっくりと撮影ができました。
 180624_8036.jpg
 


 木の間を歩いていたら樹液を吸うクロヒカゲがいました。だいぶ羽が痛んでいましたが、しばしの休憩とカメラを近づけてもジッとしておりました。
 180624_8051.jpg
 
 
 
 で、今日のハイライトは港の見える丘公園の展望広場で風景写真を取ってたら、手にフワッと舞い降りたプラタナスグンバイ。大きさは3ミリぐらい。指先に移動してもらって、真横から一枚取らせいただきました。横から見るとこんな形をしているか・・・。
 180624_8102.jpg
 
 
 お天気もよく楽しい一日でした。港の見える丘公園の虫もなかなかモノでした。(⌒-⌒)

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:55 |

2018年6月17日 日曜日

タマムシの時間

 天気予報によると次の日曜までは傘マークの行列・・・虫と会える時間も当然少なくなるので、それではと近くの池へ。

 で、アレコレと散策していたら、連れ合いが草むらに何か光っている!と教えてくれた。見ると何とあのヤマトタマムシがいるではないか!草むらで緑色の金属光沢に輝いている。

 ヤマトタマムシの生きている姿を見たのはいつの頃だったか?ほとんど忘却の彼方に消え去り、思い出す事もできない。それが今、目の前にいる。死んだヤマトタマムシは何度か見ているが・・・・・やっぱり生きているヤツは凄い!これだから虫撮りがやめられない。(⌒-⌒)
 
 
 180617_7896.jpg
 
 180617_7902.jpg
 
 180617_7906.jpg
 (C) 石塚善雄・ヤマトタマムシ三連発!
 
 
 180617_7880.jpg
 (C) 石塚善雄・オマケはカルガモの雛!


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:19 |

2018年6月13日 水曜日

植物多様センター

 本日は深大寺周辺を徘徊。目的は深津 真也さんが参加するギボウシ展を見る事。で、ついでに虫・・・(^_^;

 それにしてもいつもこの界隈を徘徊すると思うのですが、緑が多いにも関わらず虫がいない。不思議なぐらい虫がいない。

 神代植物公園に入っても、ちょろちょろと見かけはするものの、オッと思う虫はほとんど見かけない。今日も散々歩き回って、カマキリぐらいしかいない。

 やっぱりここはダメだと思った時、神代植物公園の外に植物多様センターと言う看板を見つけた。

 神代植物公園は入場料を500円取られるが植物多様センターは無料。ならばとダメもとでと行ってみると、何とここは虫の宝庫。この界隈は虫がいないワケではなさそう・・・と、言う事は神代植物公園の方は、殺虫剤をまきまくっていると言うことか・・・?

 植物多様センターはその名の通り実に植物の種類が豊富。植物の名前もすぐわかるようにしてある。池やなどもうまく配置してあって、虫が棲みやすそうにできている。センターの人に聞いたら、よほどの事がない限り殺虫剤はまかないらしい。

 虫好きの人はこの植物多様センターはおススメです。しかも無料です。で、今日の一枚は虫ではなくカエル。今年最初のカエル写真です。
 
 180613_7797.jpg
 
 
 
 [ぎぼうし展]神代植物公園 
 
  180606_1.jpg
 深津 真也 作出 交配品種「金平糖 」

 開催日: 2018年6月12日(火)~6月17日(日)
 会場:  神代植物公園 特設展示 調布市深大寺元町 5-31-1 
 展示時間:午前9:30~午後4:30(入園は午後4:00まで)
 入園料: 一般・大人500円(65歳以上250円)中学生200

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:42 |

2018年6月10日 日曜日

雨の日

 折角の休みなのに、朝から雨・・・これでは雑木林にも行けない。しかたがないので何でこんなに虫の事が気になるのか?と、考えながら虫撮り写真の整理。

 で、いろいろと考えてみると虫の世界って知っているようで何も知らない。知らないから気になる。確かにネット調べればいろいろと情報はわかるけど、それは情報であって虫ではない。虫は見てナンボの世界だと店主は思っている。

 例えば雑木林でよく見るシロシタホタルガ。幼虫の時は見ているけど、蛹は見た事がない。

 成虫は知っていると思っていたが、先日そのシロシタホタルガの飛ぶところを見ていたら、羽を広げた身体がもの凄くきれいな青色をしているのに気がついた。何年も見ているのにこの事には全く気がつかなかった。この時はかなり興奮して、シロシタホタルガを見つけると突っついて飛ばして、青い身体を見せてもらった。

 ネットでもシロシタホタルガが飛んでいるところを探したけどほとんど見かけない。店主も何とか撮影しようとしたが、思った以上に素早くて店主の技術では無理でした。
 
 
 180610_6139.jpg
 4月22日にエックス山で見つけたシロシタホタルガの幼虫
 
 
 180610_7653.jpg
 6月5日にエックス山で見つけたシロシタホタルガの成虫


 それからヒメクロオトシブミの揺籃(ようらん)作り。コイツも実際に作っているところを見た事がない。何とか今年は実際に作っているところを見てみたいと思っている。
 
 
 180610_7646.jpg
 ヒメクロオトシブミの揺籃
 
 
 180610_7613.jpg
 ヒメクロオトシブミ
 
 
 180610_7605.jpg
 おまけはムラサキシジミ。コイツも初めてです。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:08 |

2018年6月 5日 火曜日

ぎぼうし展

 絵描きの深津真也さんから神代植物公園で開催される恒例の[ぎぼうし展]のお知らせが来ました。店主的には虫撮りもしながら、ギボウシの鑑賞もできるので、とても有り難いイベントです。無論、深津さんが交配したギボウシも展示されます。
 
 
 180606_1.jpg
 深津 真也 作出 交配品種「金平糖 」
 
 
 131817936.jpg
 ついでに深津さんの絵の方の「金平糖 」もご紹介。
 (C) 深津 真也・ポストカード「金花糖」
 
 
 [ぎぼうし展]神代植物公園 

 開催日: 2018年6月12日(火)~6月17日(日)
 会場:  神代植物公園 特設展示 調布市深大寺元町 5-31-1 
 展示時間:午前9:30~午後4:30(入園は午後4:00まで)
 入園料: 一般・大人500円(65歳以上250円)中学生200

 交通:  京王バス   調布駅北口~深大寺
             つつじヶ丘~深大寺
      小田急バス  三鷹駅南口~調布駅
             吉祥寺駅~調布駅北口
      ※各路線とも「神代植物公園前」下車

 展示内容:ギボウシ愛好家にとって必見の原種選抜品種、国内海外の人気交配品種、受賞品
      種、鉢植えとして中心的存在の中型、小型の新品種、希少種に重点を置き展示。
      また一般来訪者にとっては馴染みのない特大品種も展示予定。 
     
 販売:  会員が増殖した珍しい品種苗多数。「ぎぼうしニュースレター」バックナンバー 

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 10:20 |

2018年6月 2日 土曜日

繋がる日々

 今、奥本 大三郎氏の『博物学の巨人アンリ・ファーブル』を読んでいる。ついにファーブルに触手を伸ばしだした店主。で、この本の最初部分にファーブル昆虫記の最初の翻訳者として、大杉栄の名前が出でいた。ファーブルと大杉栄とは実に妙な組み合わせである。

 実は去年、この復刻版と思われる本を学芸大にある古書店「流浪堂」さんで見た。大杉栄が前書きを書いているのを見てビッリした。あの日本の代表的なアナキストが何故こんなところに思いつつ、『博物学の巨人アンリ・ファーブル』を読んで何となく大杉栄が虫の世界に入り込んだのがわかるような気がした。

 この流浪堂さんでは今年の八月に茶柱立太さんの個展が開かれる。店主も流浪堂さんを知ったのは茶柱さんの個展のおかげ。

 今になって思えば、大杉栄訳のファーブル昆虫記が流浪堂さんの本棚に在ったのは必然。そのおかげで一見無関係と思っていた日常が、あるとき突然次々と繋がりだすのが何とも面白い。

 そんな中、明日六月三日の武蔵国分寺公園(こもれび広場)のイベント「てのわ市」に参加しないかという知らせをいただいた。本当の事を言えば、アート雑貨を売る事よりも、武蔵国分寺公園で日がな一日過ごすことに興味をひかれた。(本当は虫撮りをしたい!)

 店主にとっては、国分寺のX山、姿見の池、武蔵国分寺公園、万葉植物園は虫撮りの拠点でもある。そんなところで開催される「てのわ市」に出店できたのは、これからの先の事を考えると実に興味深い出来事なのである。
 

 こんな事を書いていたら、渡辺 せつ子(set)さんの壜入りバッタも武蔵国分寺公園へ連れて行きたくなりました!
 
 
 180602_1.jpg
 (C) 渡辺 せつ子(set)・壜入りバッタ
 
 
 ついでに武蔵国分寺公園で見つけたクロハネシロヒゲナガ
 
 180422_2.jpg
 
 
 
 六月三日の武蔵国分寺公園(こもれび広場)のイベント「てのわ市」

 180420_2.jpg
 
 この「てのわ市」は国分寺崖線上にある武蔵国分寺公園(こもれび広場)で開催されます。クラフト、ショップ、飲食、ワークショップ、そしてライブと一日こもれび広場で遊ぼうという企画です。

 場所は国分寺と西国分寺の中央線をはさんで南側。西国分寺から徒歩7分、国分寺からだと徒歩10分ぐらい。東京都国分寺市泉町2丁目1。

 時間は10 : 30から16 : 00 まで。お時間のある方は是非遊びに来てください。(雨天中止)
 
 180520_1.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 14:07 |

2018年5月26日 土曜日

虫眼の時間

 突発性働き者症を直すにはこれが一番と本日は久しぶりに雑木林に行ってきました。今の季節はちょっと歩き回るだけで沢山の虫に出会えるので、時間があっという間に過ぎてしまいます。(^_^;
 
 
 180526__7383.jpg
 (C)石塚善雄「オオキンケイギクとモンシロチョウ」花はオオキンケイギク。国外から輸入された「外来植物」として嫌われていますが、蝶はそんなことを忖度しません。
 
 
 180526__7435.jpg
 (C)石塚善雄「ヒメクロオトシブミ」いつも探すに苦労するオトシブミですが、今日は沢山見つけられました。
 
 
 180526__7482.jpg
 (C)石塚善雄「クロイトトンボ」少し濁った池の浮き藻の上でジッとしておりました。
 
 
 180526__7498.jpg
 (C)石塚善雄「カオマダラクサカゲロウ」似た種類でクモンクサカゲロウの違いは頭部の黒紋で見分けると本日学習。
 
 
 180526_7460.jpg
 (C)石塚善雄「ミズイロオナガシジミ」コナラやクヌギの多い雑木林で見られます。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 20:57 |

2018年5月13日 日曜日

大乱舞!

 四月の末ぐらいからイモ君姿で現れたキアシドクガ。毎日、成長する姿を見ているうちに動画まで撮り始めてしまった。

 一時は低温と雨でどうなる事かと心配しておりましたが、一昨日ぐらいから集団で飛ぶ姿が見られるようになりました。一体全体この森には何匹のキアシドクガがいるのか?驚くような数が木々の間を舞っております。

 こんな動画を誰が見るのかわかりませんが、個人的には今は虫を追いかけているのが楽してたまりません・・・(^_^;


 キアシドクガ(黄脚毒蛾)はチョウ目ドクガ科の昆虫。北海道,本州,四国,九州,朝鮮半島, シベリア,中国に分布する。 年1回発生、卵越冬。
 名称は成虫の脚が黄色いことに由来する。 幼虫には毒のあるドクガ特有の毒針毛は無く、一生を通じて毒は無いとされる。 日の高い内に成虫の飛ぶ姿を見て、多くの人は「白い蝶」と誤認する。(ウィキペディアより)



 (C)石塚善雄「キアシドクガの大乱舞」
 
 
 180513_2_7144.jpg
 (C)石塚善雄「羽化直後のキアシドクガ」
 
 
 180513_3_7211.jpg
 (C)石塚善雄「交尾(黒っぽい方が♂)」

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 15:11 |

2018年5月 7日 月曜日

憂鬱な雨

 本日の朝、キアシドクガたちが一斉に羽化を始めましたが、夕方からの雨にちょっと心配をしております。まぁ、葉っぱの下にうまく隠れているとは思いますが、雨脚が強いと大丈夫かなととても気になります。明日も雨が降って寒いので、新緑の中の大乱舞は明後日かな・・・(^_^;
 
 
 170507_2_7115.jpg
 
 170507_1_7133.jpg
 羽化したてのキアシドクガ(毒はありません)
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:52 |

2018年5月 5日 土曜日

長〜〜〜〜い!

 虫って時々何でこんな形をしているのか不思議になります。

 本日、トトロの森で見つけた長いしっぽをもつウマノオバチもその一つ。

 このしっぽ、調べてみると産卵管らしい。これだけ長いと移動するのに邪魔じゃないのかと余計な心配をする店主。噂では長い産卵管の先端をカミキリムシの幼虫が作った穴に差し込み産卵するらしいが、それって本当か?と突っ込みを入れたくなるほど長い。実際にその瞬間を見たい人はいるのかな・・・

 店主的にはこれはウマノオバチが趣味で産卵管を長くしていると思っている。
 
 
 180505_1_7111.jpg
 ウマノオバチの長〜〜〜い産卵管!
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:28 |

2018年5月 4日 金曜日

335枚!

 本日の虫撮りは高尾の多摩森林科学園へ行ってきました。中に入る前から虫たちがお出迎え。やっぱりここは濃いです。で、アレもコレもと気がつけば335枚も写真を撮っておりました。そのな虫たちを七連発でご紹介。一発目は初めて見ましたアカガネサルハムシ!
 
 
 180504_1_6618.jpg
 初めて見ました。小さいのにきれいでした!アカガネサルハムシ
 
 
 180504_2_6629.jpg
 虫の事はまだあまり判りませんが、クモはもっと判りません!妙なアオオニグモ
 
 
 180504_3_6688.jpg
 トンボ音痴の店主でも赤の目印があるのですぐに判りました!アサヒナカワトンボ(オス)
 
 
 180504_4_6704.jpg
 なかなかお目にかかれなかったウスアカオトシブミ!
 
 
 180504_5_6788.jpg
 背中の盛り上がり印象的なセダカコガシラアブ!口吻が異様に長いです。
 
 
 180504_6_6795.jpg
 どこにでもいるらしいのですが、意識したのは初めてかも・・・ヒメジャノメ!
 
 
 180504_7_6888.jpg
 アジサイで交尾をしておりました。少しピンボケのシロオビアカアシナガゾウムシ!
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:57 |

2018年5月 3日 木曜日

虫の合間の花たち

 昔は植物ばかりを撮っておりましたが、ここ三年ぐらいは花から虫に対象が変わっておりますが、虫を追いかけていれば、やっぱり自然に花にも目が向きます。

 と、言う事で、本日は虫の合間にとった花写真を五連発でアップ。
 
 
 180503_1_6543.jpg
 線路脇の斜面にひそりと咲くムラサキハナナ(紫花菜)
 
 
 180503_2_6416.jpg
 普通は白からピンクの花。青が鮮やかなニワゼキショウ(庭石菖)
 
 
 180503_3_6554.jpg
 道の横の空き地で咲くハハコグサ(母子草)とヒゲブトハナムグリ
 
 
 180503_4_6315.jpg
 目黒の自然教育園で見つけたチョウジソウ(丁字草)
 
 
 180503_5_6114.jpg
 近くの雑木林で見つけたキンラン(金蘭)

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:32 |

2018年4月30日 月曜日

姿見の池虫

 ごめんなさい!今日も虫撮りブログです。しかもアレコレと八連発!m(__)m

 ゴールデンウィーク前半の最終日は後半の体力温存で、近くにある姿見の池で虫撮り三昧。ここはよく行くので、虫のいる場所もかなり熟知しております。

 で、前から狙っていたトビイロツノゼミをゲット。コイツも5ミリぐらいと小さいので、油断するとゴミと間違えてしまいますが、今日は見逃す事はなく発見!
 
 
 180430_2_6471.jpg
 今年初登場のシマサシガメの勇姿。
 
 
 180430_3_6473.jpg
 イタドリやスイバを好むイタドリハムシ。
 
 
 180430_4_6499.jpg
 本日のハイライト、トビイロツノゼミ!
 
 
 180430_5_6523.jpg
 よほど美味しい樹液がでるのか、オオスズメバチが張り付いておりました。
 
 
 180430_6_6546.jpg
 ナミテントウの蛹・バラ科の植物にわんさかとおりました。
 
 
 180430_7_6573.jpg
 すぐに撮れそうで撮れなかったキアゲハ!
 
 
 180430_8_6533.jpg
 カツオゾウムシ・イタドリやミゾソバなどのタデ科植物の葉を食べるそうです。
 
 
 180430_9_6563.jpg
 カシオオアブラムシ?クリオオアブラムシ?店主には判別ができない。"o(><)o"

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:02 |

2018年4月29日 日曜日

白金虫!

 本日も懲りもせずに虫三昧。港区白金台にある国立科学博物館附属自然教育園に行ってきました。隣りにある庭園美術館には行列がありましたが、こちらはスルスルと入れました。

 それにしてもここの虫はかなり手強くて、店主にはなかなか特定できない虫がわんさかとおりました。まさしく都心の虫の孤島という感じがする場所です。
 
 
 180429_2_6443.jpg
 タイアザミの葉っぱで遊ぶアオカメノコハムシ(大きさは五ミリぐらい)
 
 
 180429_4_6341.jpg
 アリグモ!久しぶりのご対面です。
 
 
 180429_5_6392.jpg
 ぶら下がり腹筋をするオカモトトゲエダシャク(幼虫)
 
 
 180429_3_6361.jpg
 キアシドクガの蛹(まだ脱皮した刺刺の皮が残っています)ちなみにこの蛾には毒はありせん!
 
 
 180429_1_6335.jpg
 生まれて初めてニホンカナヘビが水を飲むところを見ました!思いの外、舌が長いですネ。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:00 |

2018年4月28日 土曜日

都会の田んぼ

 こんなにいい天気なので人混みは避けて徘徊したいと、本日は目黒区駒場野公園に行ってきました。ここは今から20年ぐらい前に京王井の頭線駒場東大前駅から池尻大橋まで、毎日歩いた思い出の場所でもあります。

 で、目黒区駒場野公園に入ってみると、予想通りにほとんど人はいない。やっぱり公園はこうでなくてはいけない!

 この目黒区駒場野公園には田んぼがあって、もう少しする田植えをするらしい。たぶん目黒区で本格的な田植えをするのはここぐらいかも。渋谷まで歩いて30分ぐらいで行ける場所です。
 
 180428_1_6241.jpg

 
 その田んぼへ行ってみると、子供たちが虫取り網を持って入っている。どこから入るのか知りたくて、虫取り網を持った子どものお母さんに聞くと、管理事務所に届け出をすると入れますよ!と教えて頂き、店主も中に入ってみました。そんなコトができるなんて今までまったく知らなかったナ・・・"o(><)o"

 まだ水が少ししか入っていないので、子どもでも長靴があれば中に入れます。みんな思い思いに虫を取ったり、オタマジャクシやザリガニを取っておりました。まるで田舎にいるような気分。

 その中の一人の女の子とが蝶を必死に狙って追いかけていたので、蝶はむやみに追いかけずに、最初に止まった場所で待てば、また戻ってくるとヨと教えて上げたら、見事にヒョウモン蝶をゲット!得意げな顔がよかったな・・・これで虫好きが一人増えたかも。

 で、店主もその女の子に負けるものかと撮った本日の駒場虫六連発です。
 
 
 180428_2_6210.jpg
 春型のトラフシジミ
 
 
 180428_3_6226.jpg
 蛾の仲間でヤマトカギバ
 
 
 180428_4_6245.jpg
 チョウ目タテハチョウ科のコミスジ
 
 
 180428_5_6253.jpg
 キイロホソガガンボの仲間
 
 
 180428_6_6261.jpg
 クロムネハバチの仲間
 
 
 180428_7_6284.jpg
 素早くて絶対に店主のカメラでは撮れないと思っていたアオスジアゲハ!うれしいです。
 
 
 180428_8_6298.jpg
 オマケは目が合ってしましたニホンカナヘビ!

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:49 |

2018年4月22日 日曜日

近場の虫たち

 近頃、店主の見つける虫たちが段々と小さくなってきている。小さくなると今のカメラではうまく撮る事ができない・・・と、言いつつ次のカメラを物色し始めているが、貧乏な店主にはなかなか手が届かない。はぁ、やれやれ。
 
 で、近場で撮った虫たち、七連発です。
 
 
 180422_1.jpg
 クロウリハムシ(阿佐ヶ谷ケヤキ公園)
 
 
 180422_2.jpg
 クロハネシロヒゲナガ(武蔵国分寺公園)
 
 
 180422_3.jpg
 ヤシボシハムシ(武蔵国分寺公園)
 
 
 180422_4.jpg
 アカホシテントウの幼虫(西恋ヶ窪緑地・エックス山)
 
 
 180422_5.jpg
 ダイミョウセセリ(西恋ヶ窪緑地・エックス山)
 
 
 180422_6.jpg
 セグロアシナガバチ(西恋ヶ窪緑地・エックス山)
 
 
 180422_7.jpg
 花を食べるシロシタホタルガの幼虫(西恋ヶ窪緑地・エックス山)
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:08 |

2018年4月15日 日曜日

ナナフシ四変化

 店主が虫で一番好きなのはナナフシ。どこが好きかと言えば何もしない生き方。敵が来てもジッとして動かない。木の枝のフリをして去って行くのを待っている。無抵抗主義的?なところが好きです。

 10年ぐらい前までは自宅の庭にもいましたが、最近はほとんど見ない。残念!

 で、本日は鳩の巣渓谷で出会ったナナフシモドキ(ナナフシ) の幼虫をご紹介。
 
 
 180415_1.jpg
 まずは葉っぱにぶら下がるナナフシモドキ。
 
 
 180415_2.jpg
 疾走するナナフシモドキ。のんびり屋だと思って思っていたのですが、小さい時はこんなに素早く動くとはビックリ。
 
 
 180415_3.jpg
 空中に浮いてるのではありません。蜘蛛の巣を器用に渡るナナフシモドキ。蜘蛛の糸が見えるかな?これにもビックリです。
 
 
 180415_4.jpg
 で、これが今回一番のお気に入りナナフシモドキ。
 
 
 180415_5986.jpg
 オマケはシモフリシマバエの仲間。危うく見逃すところでした。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:11 |

2018年4月14日 土曜日

鳩の巣渓谷

 溜まった澱を洗い流す為に、昨日、今日と奥多摩の鳩の巣渓谷とその周辺を徘徊してきました。マジに新緑がきれいでした。
 
 
 180414_1.jpg
 昨日はこの写真の鳩の巣渓谷を徘徊。水際まで降りるのに吊り橋をわたり、川沿いの凸凹散策路をフラフラと歩き回って楽しんできました。
 
 
 180414_2.jpg
 岩の上に座って川の流れをぼんやり見ていたら、キセキレイかな・・・日向ぼっこをしておりました。
 
 
 180414_3.jpg
 イワギボウシという名前は知ってしましたが、本当に岩の隙間に自生するギボウシを初めて見ました。面白いな。(⌒-⌒)
 
 
 180414_4.jpg
 荒ぶるヤマフジ。どれが元の木なのかほとんど判別が付きませんでした。
 
 
 180414_6.jpg
 オマケは岩の上に転がる大小の日本刀!見つけた時はギョッとしましたが、川下で時代劇の撮影中。岩の上に忘れたようです。(・・)/"

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:26 |

2018年4月 9日 月曜日

再開、徒歩通勤!

 え〜と、四月に入り通勤定期も切れたところで、阿佐ヶ谷からの徒歩通勤を再開。自宅から高円寺までと、阿佐ヶ谷では金額にして一ヶ月2,590円も違う。経費削減と健康増進作戦です。

 で、久しぶりに桃園川緑道を歩いたら、蝶がヒラヒラしておりました。蝶三連発!春はいいな・・・
 
 
 180409_1.jpg
 モンシロチョウ
 
 
 180409_2.jpg
 アゲハチョウ
 
 
 180409_3.jpg
 ヤマトシジミ(雌?)
 
 
 180409_4.jpg
 オマケは満開のモッコウバラ

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:15 |

2018年4月 8日 日曜日

自宅の花々

 ちょっと寒い一日でしたが、狭い庭にも確実に春が舞い降りております。外に出なくても花が楽しめるのはうれしいです。まずは五連発でご紹介。(⌒-⌒)
 
 
 180408_2.jpg
 ユキヤナギ(雪柳)
 
 
 180408_3.jpg
 セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)
 
 
 180408_4.jpg
 ミヤマオダマキ(深山苧環)
 
 
 180408_5.jpg
 ホウチャクソウ(宝鐸草)
 
 
 180408_6.jpg
 ハナニラ(花韮)

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:27 |

2018年4月 6日 金曜日

禍々しい虫?

 図書館に行く手前に栗林があって、新芽が芽吹いてきたので、枝先を覗き込んでみると、黒いものがモソモソと動いている。よく見ると何だか物の怪のような感じの禍々しい虫。名前をクリオオアブラムシと言って、クリとかクヌギに付く虫らしい。

 180406_3.jpg
 
 180406_2.jpg
 クリオオアブラムシ
 
  
 
 高円寺ビタミンTee秘密基地の四月の解放日は4月7日(土曜)です!

 オンライアートショップの作品が手に取ってご覧になれます。未発表の作品も多数あります。開放時間は12時から18時まで。もしお時間があれば、秘密基地に是非、遊びに来て下さい。

 秘密基地のある場所は古いアパートの一階の角部屋。お店ではありませんが、道路に面した窓にTeeシャツマークにTeeと描いた目印があります。ドアには小さな名刺が貼ってあるだけなので、入るのに少し勇気がいります。(*^^)//

 無論、作品は販売します。

 この日は、税ヌキに価格で販売します。無論、ひやかしも大歓迎!(^_^; 皆さんと少しでもお会して、お話でもできれば幸いです。

 170511_2.jpg
 場所:杉並区高円寺南2-51-11-101 TEL03-3313-1613


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:08 |

2018年4月 1日 日曜日

少しサクラに飽きた人へ

 二日連続で近場を徘徊。本日は日立中央研究所の開放日だったので、縁日気分で研究所の庭園の中を花探ししてきました。無論、サクラは満開でしたが、サクラはもう十分に楽しんだので、他の花をアレコレと物色。スズメノヤリ、アオキの花、カエデの花などが満開でした。
 
 
 180401_1.jpg
 スズメノヤリ
 
 
 180401_2.jpg
 アオキの花
 
 
 180401_3.jpg
 シャガの花
 
 
 180401_4.jpg
 カエデの花
 
 
 180401_5.jpg
 ウグイスカズラの花
 
 
 180401_6.jpg
 クサイチゴの花
 
 
 180401_7.jpg
 オマケはサクラの花びらと鯉
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 20:52 |

2018年3月31日 土曜日

春爛漫

 本日は春の陽気に誘われて、八国山緑地周辺を徘徊。一週間前に行った武蔵国分寺ではあまり虫はいなかったけど、八国山緑地ではいろんな蝶たちを見る事ができました。その他にもオタマジャクシ、メダカと生き物が楽しげに日の光をあびておりました。で、アレコレと七連発!
 
 
 180331_1.jpg
 冬越しをしたのかな・・・キタテハ
 
 
 180331_2.jpg
 日向ぼっこをするオタマジャクシ (^_^;
 
 
 180331_3.jpg
 ルリタテハも冬越ししたのかな。
 
 
 180331_4.jpg
 ドングリの発芽(コナラ?)
 
 
 180331_5.jpg
 ミヤマセセリは幼虫のまま越冬するらしい。
 
 
 180331_6.jpg
 メダカ?
 
 
 180331_7.jpg
 春型のベニシジミは赤橙色が鮮やかだそうです。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:36 |

2018年3月25日 日曜日

なんちゃって京都風

 花見は楽しいけど、人混みは避けたい。花見に行って人疲れをおこすようでは何の花見か判らなくなる・・・と、言いつつ、自宅から歩いて30分ぐらいのところをフラフラと徘徊。風景はうまく切り取れば、気分はほぼ京都・・・って感じになる。しかも人の姿は京都の千分の一もいない。なんちゃって京都風と言いつつ、武蔵国分寺を楽しんできました。
 
 
 180325_1.jpg
 七重塔?
 
 
 180325_2.jpg
 万葉植物園のにわざくら
 
 
 180325_3.jpg
 国分寺仁王門の吽
 
 
 180325_4.jpg
 お鷹の道の桜

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:17 |

2018年3月17日 土曜日

サクラ七連発!

 本日、千代田区の靖国神社の標本木「染井吉野」が開花して、気象庁が東京都心の桜の開花宣言を発表したそうですが、そんな中、店主は多摩森林科学園へ桜を見に行ってきました。

 都心の染井吉野は咲き始めましたが、高尾の染井吉野はまだ咲いてはおりません。でも、ここにはいろんな桜があり、少し早くてもいろんな桜が楽しめます。

 で、多摩森林科学園のサクラを七連発でご紹介!
 
 
 180317_1.jpg
 子福桜
 
 
 180317_2.jpg
 雛桜
 
 
 180317_3.jpg
 マメザクラ
 
 
 180317_4.jpg
 寒 桜
 
 
 180317_5.jpg
 サトザクラ
 
 
 180317_6.jpg
 カワヅザクラ
 
 
 180317_7.jpg
 ヤブザクラ


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:11 |

2018年3月11日 日曜日

白花蒲公英

 買い物に行く途中で見つけたタンポポ。やけに白いタンポポだなと思って調べてみたら、シロバナタンポポという種類。西の方に多いタンポポらしい。温暖化で北上してきたのかナ・・・
 
 
 180311_1.jpg
 
 
 で、その白花蒲公英に付いていた虫。
 
 180311_2.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 22:16 |

2018年2月27日 火曜日

文政7年

 本日、仕事をさぼって春の日溜まりを求めて、殿ヶ谷戸庭園へ行ってきました。

 中をぐるぐると歩き回っていたら、真ん中へんに馬頭観音という石碑がありました。そこにはその石碑の建立年代が文政7年(1824年)7月23日と書かれ、その当時の国分寺村には、男157人、女149人、馬が22頭がいたと書かれていました。

 今の国分寺市の人口は約12万人ぐらいだから、文政7年から人口が400倍ぐらいに増えた事になります。そして馬はたぶん一頭もいないような気がします。

 人口の増加を考えると、近くに雑木林が残っているのは奇跡的に思えました。で、少しだけ春らしくなった殿ヶ谷戸庭園の植物たちです。
 
 
 180227_1.jpg
 殿ヶ谷戸庭園の馬頭観音
 
 
 180227_2.jpg
 マンサク(満作)
 
 
 180227_3.jpg
 紅梅
 
 
 180227_4.jpg
 キブシ(木五倍子)の花芽。漢字が読めません・・・
 
 
 180227_5.jpg
 わらぼっち(雪囲い)初めて名前を知りました。


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:57 |

2018年2月20日 火曜日

 昨日完成させた「蟲」という作品、本日の夕方から搬入と言うに作り直し。ギンバエの位置がどうにも気になって、アレコレといじくってしまいました。

 店主の作品の作り方は、基本「見る」こと。風景を見て、虫を見て、重ね合わせて見て、時間をおいて見て、頭がグチャグチャになるまで見て、飽きるまで見倒します。すると不意に何かが降りてきます・・・そして「蟲」ができました。(^_^;

 で、いよいよ本日の夕方からたまごの工房さんで-mozo mozo- 虫・蟲 展の搬入。明日21日(水) スタートです。\(^o^)/
 
 
 180220_2.jpg
 (C) 石塚善雄・蟲
 
 
 180220_1.jpg
 (C) 石塚善雄・ミヤマカラスアゲハ(部分)
 
 
 
 店主も参加!たまごの工房企画 -mozo mozo- 虫・蟲 展
 
 180123_3.jpg
 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-60-6 TEL 03-3313-8829
 日時:2018年2月21日(水)~3月4日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりません。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 15:54 |

2018年2月17日 土曜日

散歩日和?

 昼間は暖かくて、早咲きの桜にもちらほらと咲き始め、今日は散歩日和と思っておりましたが、天気予報通りに夕方からは急に冷えてまいりました。

 来週の水曜日からは虫・蟲 展が始まると言うにこの寒さはしばらく続きそうです。はぁ、やれやれ・・・
 
 
 180217_2.jpg
 
 180217_3.jpg
 
 180217_4.jpg
 
 180217_5.jpg
 (C) 石塚善雄

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:01 |

2018年2月16日 金曜日

Dream

 なんやかんやと悩みつつも、ようやく蟲展に飾る作品ができてきました。とりあえず20日に納品する作品はこれでほぼ決まり。今回はあまり作品は多くないけど、濃い作品ができました。できれば来週は追加する作品を作る予定。まだまだ蟲三昧は続きます。

 で、本日はその中から「Dream」という作品の部分をご紹介。セミの抜殻は、好きなところにおいて眺める事ができます。

 全体は-mozo mozo- 虫・蟲 展でご覧になって下さい。
 
 
 180216_2.jpg
 (C) 石塚善雄・Dream(部分-1)
 
 
 180216_3.jpg
 (C) 石塚善雄・Dream(部分-2)
 
 
 
 店主も参加!たまごの工房企画 -mozo mozo- 虫・蟲 展
 
 180123_3.jpg
 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-60-6 TEL 03-3313-8829
 日時:2018年2月21日(水)~3月4日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりません。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:06 |

2018年2月14日 水曜日

お客さん!

 モゾモゾと本日も蟲展三昧。あれこれと自作の虫を見ながら身悶えするちょっと変態的店主。ひたすら自己満足を求めてひた走る。これも悪くないナと呟きつつふと見ると、小さなお客さんが机の上を小走りに走り回っている。

 そうか!お前も参加したいのかと、ニンマリと笑う店主。やっぱり少しのめり込み過ぎかな。

 で、これがそのお客さん・・・w(゜o゜)w
 
 
 180214_2.jpg
 (C) 石塚善雄
 
 
 180214_1.jpg
 (C) 石塚善雄
 
 
 
 店主も参加!たまごの工房企画 -mozo mozo- 虫・蟲 展
 
 180123_3.jpg
 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-60-6 TEL 03-3313-8829
 日時:2018年2月21日(水)~3月4日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりません。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:29 |

2018年2月12日 月曜日

それでも季節は巡る

 寒い!寒い!と、今日も冷たい風にぼやきながらも少し散歩をすれば、少しずつ春が顔を出し始めているのが見て取れる。植物はいつも正直に季節を刻みながらやってくる。それを見つけるのが楽しい。

 アトもう少しすれば、春は必ずやってくる。(⌒-⌒)
 
 
 180212_3.jpg

 180212_4.jpg

 180212_5.jpg
 (C) 石塚善雄

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:37 |

2018年2月10日 土曜日

冬の庭

 自分はたぶん変わっていると思う。人と接するのも苦手・・・って言うと、嘘つきと言われそうだが本当である。知っている人なら滅多に噛みついてこないが、知らない人は前触れも無く噛みついてくるのでコワい。

 ただし人嫌いではない。好きな人はいっぱいいる。相手はどう思っているか知らないが、話していて楽しい人はたくさんいる。まぁ、これも相手はどう思っているかはわからないが・・・。

 だからと言うワケではないが、時間があると虫や植物とばかり付き合っている。彼らはこちらが手を出さない限り平和に共存できる・・・何って、妙な事を考えるから、自分は変わっていると思う。

 で、自宅の狭い庭をうろうろして撮った枯れた植物五連発!┗(・o・)┛
 
 
 180210_2.jpg

 180210_3.jpg

 180210_4.jpg

 180210_5.jpg

 180210_6.jpg
 (C) 石塚善雄

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:34 |

2018年2月 5日 月曜日

降りてきたかな・・・

 モゾモゾ、モゾモゾと、降りてきた・・・・・かな。
 
 
 180205_1.jpg
 (C) 石塚善雄
 
 
 
 店主も参加!たまごの工房企画 -mozo mozo- 虫・蟲 展

 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-60-6 TEL 03-3313-8829
 日時:2018年2月21日(水)~3月4日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりません。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:06 |

2018年2月 4日 日曜日

枯れ姿

 今、冬の雑木林は眠っている。見るモノが何も無いように思えるけど、枯れたからと言ってその存在が消えた訳ではない。実はいろいろと枯れた植物の姿を見ることができる。寒風に吹かれながら、ゆらゆらと揺れる姿は、何とも言えず店主は好きである。

 植物は枯れるとこんな姿になるのかと、店主の目を楽しましてくれる。だから、枯れた植物をむやみやたらと刈ってしまうのではなく、土に落ちるまでそっとしてほしいと思う今日この頃です。
 
 
 180204_2.jpg
 
 180204_3.jpg
 
 180204_4.jpg
 
 180204_5.jpg
 (C) 石塚善雄
 
 
 オマケは日向ぼっこをするスズメ。
 
 180204_6.jpg

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:56 |

2018年1月28日 日曜日

明日から暖かくなるの?

 今日は風もおさまったので、まだまだ雪だらけの自宅付近を散策。と、言っても、外はかなり寒い。明日からは少し暖かくなるようですが、週の半ばには雪マークがまた現れている。まだ、春は遠いかな・・・
 
 
 180128_2.jpg
 
 
 屋根には氷柱が下がり、近くの池に行ってみると、半分は氷でおおわれ、鯉たちが少しでも温かい水を求めて水の流れる込むところに集まっていた。
 
 
 180128_3.jpg
 
 
 近くの雑木林では、樹にはさすがに雪は残っていなかったが、前の原っぱはほぼ雪で覆われている。眺めるには気持ちのいい風景だが、抜ける風は冷たい。
 
 
 180128_4.jpg
 
 

 畑もまだ雪に覆われ、植物の生えているまわりが少しずとけだしている。雪の中の菜の花は、寒そうだけど冬と春が同居しているようで不思議な感じがした。
 
 
 180128_5.jpg

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:53 |

2018年1月22日 月曜日

本当に大雪!

 昨日の晴天が嘘のような大雪・・・困ったナと思う前に、久しぶりの雪の中を長靴をはいて外で遊んでおりました。

 まぁ、明日になれば、何でこんなに降ったんだ!と、邪魔な雪だと文句を言いそうですが、とりあえず今日は初雪を楽しませていただいたので、雪の神様に感謝です。┗(・o・)┛
 
 
 180122_0.jpg
 
 180122_1.jpg
 
 
 
 神社の赤い鳥居の写真がヘタクソな合成写真のようになったのにはビックリ。雪が降ると色が無くなるのを再認識です。
 
 180122_2.jpg
 
 180122_3.jpg


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:59 |

2018年1月21日 日曜日

明日は大雪?

 穏やかな日射しに包まれた日曜日。これで明日は大雪になると言われても、どうもピンとこない。で、買い物のついでにフラフラとしていたら、白梅、菜の花、オオイヌノフグリを見つけた。春が近いなと思いつつも、こんな天気の後に大雪が来るとはやっぱり思えない・・・ナ。
 
 
 180121_1.jpg
 
 180121_2.jpg
 
 180121_3.jpg

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:48 |

2018年1月17日 水曜日

カメムシ&アゲハ

 いよいよたまごの工房さんの-mozo mozo- 虫・蟲 展( 2018年2月21日(水)~3月4日(日))に向けて、店主、制作を開始しまた。ビタミンTeeの仕事が同時並行で進むのであまり余裕がないのですが、それでも今から楽しみです。

 まだ、案内状はできていなのですが、気持ちはすでに虫モード。今はひたすら素材を作り続ける日々が続きます。で、本日、作った虫たちをご紹介。これからどんな風になるかは、まだまったく判りません・・・(^_^;
 
 
 180117_1.jpg
 (C) 石塚善雄【カメムシ】
 
 
 180117_2.jpg
 (C) 石塚善雄【カラスアゲハ】

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:47 |

2018年1月 2日 火曜日

今日もフラフラと・・・

 何だかやたらと枯れた実や植物が気になって、昨日とは別の雑木林を、落ち葉を踏みながら徘徊する店主。葉っぱがあれば見えなかったものが、今は突き抜けるように姿を現す。枯れてはいるけど、冬の植物は独特のぬくみを持っているから好きです。
 
 
 180102_6.jpg
 今日もお気に入りの雑木林へ
 
 
 180102_1.jpg
 一月になって花のようになって残っています。マユミ(真弓)の実
 
 
 180102_2.jpg
 種だけが残るムラサキシキブ(紫式部)
 
 
 180102_3.jpg
 葉っぱが落ちて青空にセンダン(栴檀)の白い実がきれい
 
 
 180102_4.jpg
 ヘクソカズラ(屁糞葛)とは酷い名ですが、冬の実は好きです
 
 
 180102_5.jpg
 オマケは、群れから離れてしまって日向ぼっこをするテントウムシ?

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 20:35 |

2018年1月 1日 月曜日

元日早々

 新年明けましておめでとうございます・・・と、言っても特に何かをする事もないし、初詣で人混みの中を並ぶのも面倒なので、例によって人のいない場所を、元旦からウロウロする店主。お天気もいいし、雑木林は散歩するにはうってつけ。今年もこのぐらい穏やかな日々が続くとうれしいのですが。(^_^;

 初詣は明後日ぐらいだと静かにお参りできるかな・・・で、枯れ系植物四連発です。
 
 
 180101_2.jpg
 お気に入りの雑木林!
 
 
 180101_3.jpg
 アサガオ(朝顔)の種
 
 
 180101_4.jpg
 風に舞うガマ(蒲)の穂の種
 
 
 180101_5.jpg
 枯れたアジサイ(紫陽花)の花
 
 
 180101_6.jpg
 オマケはソシンロウバイ(素心蝋梅)の花

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 20:36 |