« 2005年7月 | メイン | 2005年9月 »

2005年8月31日 水曜日

八月の植物-ススキ

 店主、オギとススキの区別がつかない。オギは昔、荻窪駅のホームから見えるところに植わってたような記憶があるが、店主のは記憶はかなりいい加減なので、信用しないでほしい。
 八月最後の植物はそのススキの方。たぶんススキだと思う。自信がないナ・・・このススキ今まで何度も撮影しては画像処理をしてみたが、ほとんど失敗。西日に輝くような画像はほとんどうまくいかない。今回、裏磐梯の山道でひっそりとのびるススキを見つけた。もしかしたらこれはうまく行くのではと撮影。さて、こんな画像になりましたが、如何なモノでしようか・・・やっぱりススキは難しい。

 それから、今日はSOFAの日。今回は変な虫が胸元で光っています。

ススキ-05.08.31

投稿者: 店主 日時: 17:56 |

2005年8月30日 火曜日

引きずり込まれ・・・

 店主、ついにmixiに引きずり込まれてしまいました。ここ最近、mixiからのアクセスが増えているに気が付いていたのですが、どうしたものかなと悩んでおりました。それでもやって見ると結構面白い。今日はじめて入ってみたら、偶然、中野の無国籍料理店「カルマ」の人に出会ってしまいました。このカルマで昔、料理をしていたのが、料理研究家?の枝元なほみさんや高山なおみさん。みんな元気でいるのかな?と思いつつ、mixiの中をふらふらしておりました。

投稿者: 店主 日時: 18:02 |

八月の植物-ツルニンジン

 このツルニンジンは山の中で探すとなかなか見つからない。画像のツルニンジンは金沢峠から雄国沼湿原に下りる道で見つけました。この山道にはかなり面白い植物がありました。このぐらい高くて、山に囲まれていると外の世界のモノはなかなか入ってこないようです。でも、人間というヤツはとても厄介な生き物。店主達が、雄国沼湿原をひと回りしてこの道に戻ると、このツルニンジンは無くなっていました。蔓が引きちぎられ、誰かが持ち去ったようです。何でそんな事をするのか、居合わせた仲間は悲しい気分になりました。
 ツルニンジンは薬草としていろいろと活用されているので、探せば売っています。自然に生えているものは、できるだけそのままにしてほしいなと、店主は思っております。また来年、雄国沼湿原で会えれば楽しみも倍増するはずです。

ツルニンジン-05.08.30

投稿者: 店主 日時: 15:12 |

2005年8月29日 月曜日

アクセスログ

 サーバーを持ってネットを運営しているといろいろと面白い事がわかります。今日、リンクに加えた北信州のライダーハウス『粒麗荘・つぶれそう』は、アクセスログの検索文字列という中に最近はトップ5に必ず入ってきます。以前、日記に書いた『粒麗荘』の言葉が検索マシーンに引っ掛かってくるようです。
 ちなみに、今月のベスト10は、はんみょう・ネコ Teeシャツ・ネコ つまみ・粒麗荘・だるしゃな・易筋経・常磐ハワイヤンセンター・デカビタミン・ビタミンTee・深津真也です。常磐ハワイヤンセンターは、ぼやき日記の 2004年8月8月に書いたものが今でも引っ掛かるのは面白いなと思っております。それから、ネコつまみという言葉で検索する人もいるんですネ・・・

投稿者: 店主 日時: 17:42 |

2005年8月27日 土曜日

八月の植物-コバノカモメヅル

 今回も裏磐梯で見つけた、手裏剣型の変わった花を持つ植物。コバノカモメヅルに葉っぱや花の形は似ているのですが、花の色が本来は濃い赤紫なのにこいつは薄い緑色。まだ若い花なのか?ちょっと自信がありませんが、形はまさしくコバノカモメヅル。店主も初めて見る植物。何でそんな形しているのと聞きたくなるような形に店主、興味津々でした。

コバノカモメヅル-05.08.27

投稿者: 店主 日時: 17:18 |

2005年8月26日 金曜日

八月の植物-ママコノシリヌグイ

 今日からしばらく間、裏磐梯の植物になります。と言っても、特に珍しい植物をアップするわけではありません。目についた植物を適当に撮りまくった中からランダムにアップしていきます。
 まず一発目はママコノシリヌグイ。漢字で書くと[継子の尻拭]。名前がすごい恐いので、形より先にこの名前が先に頭にインプットされた植物。花は何でこんな名前が付いたのか、信じられないほど可愛いピンクの花です。問題は刺だらけの茎。この茎で尻を拭ってしまうのかとワケのわからない想像をしてしまいます。昔、紙が貴重品だった時代に植物の葉っぱを落とし紙の代わりに使った時代の事で、実際は茎ではなく葉っぱの方をいじめの道具に使ったようです。どちらにしてもやっぱりすごいネーミングです。

ママコノシリヌグイ-05.08.26

投稿者: 店主 日時: 17:16 |

2005年8月25日 木曜日

夏休み-3

 東京に戻ってきました。戻ったら台風が来ていました。国分寺は土砂降りの雨。やれやれ・・・これで夏休みは終り。明日から工房で頑張ります。

投稿者: 店主 日時: 18:52 |

2005年8月24日 水曜日

夏休み-2

 今日は朝、7時半から散歩。朝の空気は最高です。それでもって、朝食をとって雄国沼(おぐにぬま)に行ってきました。雄国沼は周囲-4.62キロメートル・面積-45ヘクタール・湖面標高-1089メートル・水深-約7メートル、沼の周囲約180ヘクタールの湿原。細い山道の道路をくねくねと車で登って頂上に付くと、眼下に雄国沼が広がります。なんとも雄大な景色です。植物も豊富で散策してい飽きる事がありません。ここ雄国沼は初夏のニッコーキスゲが有名。しかし今の時期でも、ツルニンジン・ウメバチソウ・白のワレモコウ等々、撮る被写体には困りません。帰ったらアップしますのでお待ち下さい。夏休みもあと一日。明日はどこに行きますかネ。

追伸・今週のSOFAはお休みです。すいません。来週頑張ります。

投稿者: 店主 日時: 17:41 |

2005年8月23日 火曜日

夏休み-1

 今、裏磐梯におります。しかし無情の雨!と思ったのですが、雨の音しかしない木々の風景もなかなかです。深い緑が雨に濡れてとてもきれいです。その中に、黄色や薄い桃色の小さな花が静かに光っています。しかも、雨のためか外には誰もいません。とても静かです。明日は少し早起きをして植物の写真を撮りに行きます。さて、お酒でも呑みますか・・・

投稿者: 店主 日時: 19:14 |

2005年8月22日 月曜日

夏休みです。

  店主、明日から夏休みにしま〜す。遊ぶ相手は草木だけ。一日、散歩三昧をしてぶよぶよの脳みそと身体をリフレッシュしてきます。ちなみに行くところは裏磐梯の山奥。クマに注意しながら遊んできます。

投稿者: 店主 日時: 17:35 |

2005年8月20日 土曜日

八月の植物-アップルミント

 今日の一枚はアップルミント。ハーブ系植物の土着化したモノを撮影。このハーブ系の植物は最近、空き地とかにどんどんこぼれ落ちて、自生をはじめているようです。このアップルミントも去年はまでは、この空き地にはありませんでした。ブームで人工的に増やされ、飽きて捨てられ、それでも土を見つけるとちゃんと花を咲かせるたくましいヤツ。その内、植物も外来種で溢れかえるかもしれませんが、それもこれも、私達人間がやった事。やれやれですが、頑張って花を咲かせて下さい。

アップルミント-05.08.20

投稿者: 店主 日時: 17:52 |

2005年8月19日 金曜日

雑草が苅られた!

 やっとこさ、切り絵Teeをアップ。散々悩んだあげくに今日のスタイルに落ち着きました。本当は作品も売るような体制にもっていきたかったのですが、時間がかかりそうだったので作品の販売は次のステップの宿題としました。Hamanoさん遅れて申し訳ありません。

 話が変わります。店主が毎朝、覗きに行く雑草の空間が見事に苅られてしまった。朝の秘かな楽しみがあっさり終わってしまった。誰にも迷惑にならない空間なのだからほっておけばいいのにと、その朝、独りブツブツと文句を言っておりました。本当は、誰が文句を言うんだ!と内心は怒りの嵐、悲しみ涙。
 この空しさを忘れる為に、気が付くと【三人寄れば虫の知恵】を読んでおりました。虫の論客が、虫、自然、都市、人間について語っております。論客は養老孟司、奥本大三郎、池田清彦。独り読みながら、異議無しの連発。店主もこのぐらい知恵があればなとぼやいております。やれやれ・・・

投稿者: 店主 日時: 18:07 |

2005年8月18日 木曜日

煮詰まる-2

 ぼやき日記の植物のイメージは400×400の色の点でつくられている。平たく言うと160,000個の色の点の集まりである。これだと表現できる内容がモノすごく限られる。店主が持ち歩いているデジカメは400万画素。一番大きなデータは2272×1704。点の数は3,871,488。ぼやきのイメージの約24倍の色数となる。面積で言うと解像度200dpiの時、400×400は5.08cm×5.08cm、2272×1704は28.85cm×21.64cmとなる。
 何でこんな事を書いているかというと400×400の色の点では、雰囲気しか伝える事ができない。400×400に落とすと細かなディテールはほとんど消えてしまう。ここに欲求不満が生じてくる。これはネットの限界であり、デジタルの限界である。なのでデジタルは実物の世界に引き出さないと、本当のイメージはなかなか伝わらない。やっぱり現物はA2サイズ(42cm×59.4cm)ぐらいの大きさはほしい。
 やっぱり、こんなにぼやくのは、かなり煮詰まって来ている証拠かな?Teeシャツにしても現物をお見せできないのが悔しい。それからカットシリーズのゴールドとかシルバーの色はネットでは、ほとんど再現ができない。光モンはほんまに難しい。やりたいが再現できない。煮詰まるなこの状況は・・・の今日この頃でした。やれやれ・・・

投稿者: 店主 日時: 20:02 |

八月の植物-アシグロツユムシ

 今日のイメージは十日前ぐらいに撮影したものである。名をアシグロツユムシという。アップに手間取ったのは、このエイリアン面の虫の名前が特定できなかったからである。虫はいろんな形に変化して成虫になるので、幼虫の段階だとなかなか調べても判らない。たぶんこいつも幼虫だと思ったのだなかなか手がかりがなく困り果てていた。しかし、ネットはすごい。【不明幼虫の問い合わせのための画像掲示板】というものがあるのです。たまたま、同じ虫が載っていたので、教えて下さいとお願いしたら、即座に【アシグロツユムシ】とお答えをいただきました。助かりました。でも、ここは虫嫌いの人は絶対に見ない方がいいですよ。毛虫がわんさかいますから・・・なので、リンクは貼りませんが興味のある人は【不明幼虫の問い合わせのための画像掲示板】で検索すれば一発で出ます。
 それから、手前の白くクターとなっているがカラスウリの花。咲き終わって縮んだ状態の花です。

アシグロツユムシ-05.08.18

投稿者: 店主 日時: 17:15 |

2005年8月17日 水曜日

煮詰まる

 今日、サーバーのアクセスログを見ていたらブログから来たページあったので早速、見にいきました。そのブログはDARSANA(だるしゃな)萩原さんのモノでした。何気なく読むと、“CULTURE DRONE展覧会”山手線のパフォーマンスの様子が載っておりました。真剣な顔付きの萩原氏が何処か孤独そうでカッコよかった。
 しかし、彼の言葉はどこまで届いたのか。『私は仕事のしすぎて死にたくありません。』と背広とネクタイをして、身体の前後にプラカードを下げた萩原氏の視線が見つめるものは何なのか?店主、考え込んでしまいました。表現は先鋭化すればするほど孤独になり共有は難しくなる。でも妥協すると陳腐になる。そして、自分が自分である事の証明を外に求めれば苦悩する。
 ほとんど毎日、店主はパソコンの前で仕事をしている。まるでネクタイの代わりパソコンをつけているようなものである。そして煮詰まると狭い工房のなかをうろうろとしはじめる。まるで動物園の腹の出たクマである。やれやれである。こんな事を考えはじめるの疲れている証拠かな?そろそろ、夏休みにした方がいいのかな・・・

萩原さんのブロク
萩原さんのTeeシャツのページ

投稿者: 店主 日時: 15:42 |

2005年8月16日 火曜日

やっぱり恐い地震

 店主、台風とかカミナリは好きなのですが、地震は苦手かな。地震は心の準備ができないのが困りますネ。今日の地震もスタッフはすぐに外に避難。これが一番にとる行動。揺れが長くて、スタッフも店主も一時的に船酔い状態になりました。それから、工房にはラジオもテレビもないので、情報源はネットになります。最近はネットの情報もかなり早く流れるので助かります。一番早かったのが、Yahoo! JAPANかな?ニュースのサイトは案外遅かったです。それとニュースサイトは後追いの情報がほとんど無いのも残念。仕方が無いので電車の運行情報もYahooで見ています。ニュースサイトももう少し頑張ってほしいな。

投稿者: 店主 日時: 17:50 |

2005年8月15日 月曜日

八月の植物-ツユクサ

 夏の花というこのツユクサを思い浮かべます。どこにでもあって地味。朝、庭に出ると隅っこでひっそり咲いています。自己主張がなくまわりの植物ともうまく共存しています。このツユクサは実は3年ほど前にTea Roseの深津氏からもらったもの。斑入りが珍しいネとひと株もらい受け、今年も無事に花をつけました。
 このツユクサは古く万葉時代から親しまれ、染め物に使われたり薬草にされたりして日本人にはとても馴染み深い花。洋花もいいけど、店主はやっぱりツユクサのような渋い花が好きです。

ツユクサ-05.08.15

投稿者: 店主 日時: 18:21 |

2005年8月13日 土曜日

八月の植物-スケバハゴロモ

 この植物日記のイメージはここ一週間ぐらいの間に撮ったものを随時、画像処理してアップしている。以前に撮ったモノからアップするという方法もあったのだか、日々続けるという事の意味が知りたくてこの作業を続けている。でも、そろそろ身の回りだけではネタが少なくなってきてちょっと困っております。
 さて、今日の一枚はスケバハゴロモ。朝の通勤途中に大きなオオブタクサがあって、そこに何故かこのスケバハゴロモがいる。この場所は店主の自宅から50メートルも離れていないのだか、ここ以外では見かけない。もともと1センチもないぐらいの昆虫なので、見つけにくいという事もあるのかもしれない。それからこのスケバハゴロモの幼虫はかなり変わった形をしているらしい。幼虫の形はネットで見て知ってはいるが、本物は見た事がない。というか、白い綿毛のようなモノをつけた奇妙な生き物はこのオオブタクサで目撃している。しかし、これがスケバハゴロモの幼虫だという確信が持てない。また、店主の持っているカメラではこれ以上の接写はムリ。それに老眼が追い討ちをかける。やれやれである。しかし、いつかあの奇妙な生き物も撮ってみたいものです。でも、絵にはならないかもネ。

オオブタクサとスケバハゴロモ-05.08.13

投稿者: 店主 日時: 15:35 |

2005年8月12日 金曜日

八月の植物-ワルナスビ

 店主は朝、通勤する道をいろいろと変えます。今日は国分寺の駅まで遠回りをしてこのワルナスビを見つけました。そこにワルナスビがあるのは知っていたのですが、前に何度か撮っていたので足が遠のいていました。ワルナスビは花は綺麗なのですが、葉っぱや茎に鋭い刺があって人間には好かれないようです。イメージにも鋭い刺が見えます。花は盛りを過ぎていたのであまり期待はしていなかったのですが、見つけました。
 これがワルナスビの実です。店主も初めて見ます。何とも可愛らしい1センチぐらいの実が、コロコロとぶら下がっております。(実の上に絡み付いているのはヤブガラシ)こういう時は何か知らんけど、妙にうれしい。お初にお目にかかりますと挨拶して、撮影を開始。そして、また見つけました。
 ワルナスビの茎に無数のカメムシ。ムシ嫌いの人は実のところでやめて下さいネ。最初、グワッと何かが動いたので、びっくりしましたがよく見るとカメムシの大軍。スゲーと店主、また興奮。茎の刺をうまく避けて折り重なるようにしていました。(イメージでは葉っぱを動かしたのでカメムシは逃げて、数は減っています)イヤーこれだから植物観察はやめられないです。

ワルナスビの花-05.08.12
ワルナスビの実-05.08.12
ワルナスビとカメムシ-05.08.12

 ワルナスビの事を調べていたら面白い事を見つけました。アメリカの帰化植物というのは知っていたのですが、今回載せたワルナスビの実をアメリカでは(Apple of Sodom-ソドムのリンゴ)・(Devil's tomato-悪魔のトマト)と呼ばれているそうです。とてもそんな感じには見えませんが、植物全体には毒素が含まれているので気をつけて下さいネ。そう言えばトマトも昔、ヨーロッパでは毒のある植物と思われていたようですネ。

投稿者: 店主 日時: 15:07 |

親子

 今日の朝、気持ちの悪い親子にあった。店主、国分寺から新宿まで中央線で通っている。今日は運よく国分寺で座れた。その親子は三鷹あたりから乗って来てた。そこそこお金のありそうな小奇麗な格好を二人ともしている。母親とその娘という感じで、娘の方が店主の横に座った。母親はその前に飲み物が入ったカップとストローをもって立っていた。娘は座ると同時にサンドイッチを食べ出した。これが、肉系のサンドイッチなのか凄く臭う。はじめ小さい子供なのかと思ったが、娘はどう見ても高校生以上に見える。母親は店主と同世代と思われた。
 店主は驚いてこの親子の顔をまじまじと見たが、まるで感情の無い顔をしている(二人とも顔はそこそこ美人)。最初、娘が病んでいるのかと思ったがそれらしき行動はとらない。サンドイッチを食べ終わると今度は、母親からジュースをもらい受け飲み出した。いったいこの二人の人間?はどんなマナーを学んできたのか?親の因果が子に報いというコトを公衆の面前でやっていて恥じると言う事がまったく無い。呆れるよりというより、気持ち悪くなった。これが今どきの母親と娘の関係性なのかと思ったが、イヤイヤこれは特別な人なのだと思って、店主は新宿で降りた。母親と娘も新宿で降りた。やれやれ・・・

投稿者: 店主 日時: 14:20 |

2005年8月11日 木曜日

八月の植物-ムラサキツユクサ

 ムラサキツユクサは春に咲く植物である。それが突然、四日前ぐらいから咲き出した。原因は株分けと思われる。一ヶ月前ぐらいにムラサキツユクサがほしいという人がいたので、掘り返して二つに割った。植物も驚くらしい。ショックで花を咲かせたと、店主は思っている。すいませんネ、辛い思いをさせて・・・でも、ムラサキツユクサはいつ見てもきれいです。

ムラサキツユクサ-05.08.11

投稿者: 店主 日時: 16:40 |

2005年8月10日 水曜日

戦争犯罪人の子供達

 終戦記念日が近いので戦争の事を少し書く。日本の最後の戦争は60年前に終わった。店主は51歳である。戦後生まれであるから当然、戦争体験はない。これは日本では普通の事である。
 今日、東京新聞の「隣人たちの視線・韓国編」という記事を読んだ。そこに書かれた元従軍慰安婦を支えるNGOの事務局員(韓国の人)の人の言葉が妙に引っ掛かった。長くなるが引用する。
 ・・・「強制動員や慰安婦問題の根本的な原因は日本にあるので、日本政府が責任を取るべきです。私たちが闘う相手は日本の指導層であって、日本の国民ではありません。市民交流を通じて、日本にも良心的な人々が多いことはよく分かっています」・・・(東京新聞2005年8月10日から)
 この人の言っている日本政府とはいったいどこの政府を指しているのか?現在の日本政府なのか。悪いのは日本の指導層であって国民ではないという。だが、現在の日本政府は国民が選挙で選んだ政府である。店主は選挙で自民党に投票した事がないが、今の政府を悪い政府とは考えていないし、自分達を代表する政府と思っている。最近はいろいろと問題をおこしているが、悪い政府・悪い指導者とは思っていない。
 つまり、日本政府が責任を取るべきと言う事は、どこまでいっても国民が責任をとると言う事である。誤解を恐れずに言えば、日本の良心的な人々が責任を負わされるのである。この戦争(60年前)犯罪で判らないのは、今責任を取らされようとしている多くの人々が、前の戦争(60年前)の事を体験としてほとんど知らないという事である。だが、知らないから赦されるとは思っていない。だから、戦争は絶対悪として教育を受けた。だが被害者から、お前の親からひどい事をされたと言われれば、その通りだと答えるだろう。で、私の責任はどこにあるのか?。答えは、国の責任は国民の責任であると言う事になる。
 問題はこの問題がいつまで続くのか?この事である。
 店主の場合、前の戦争(60年前)について日本がおこなった行為から逃げる気はないが、店主の次の世代、またその次の世代の人達が理不尽に戦争犯罪人の子供にならない事を祈っている。

投稿者: 店主 日時: 17:55 |

2005年8月 9日 火曜日

八月の植物-マメコガネとヤブガラシ

 植物と昆虫は基本的に共存している。これは誰でも知っている。そのバランスを壊すのはほとんどの場合、人間。これも誰でも知っている。今日の虫さんはマメコガネ。これは一応、害虫。でも、誰が害虫と決めたのか?人間である。だからマメコガネの一番の天敵は人間と言う事になる。つまり、店主はマメコガネの天敵なワケだ。でもこのマメコガネ、その天敵がそばにいても無視して繁殖にいそしむ。店主いつも思うけど、自然にとって人間の存在はどんな意味をもっているのか知りたい。百害あって一利もなしなのか・・・

マメコガネとヤブガラシ-05.08.09

投稿者: 店主 日時: 18:25 |

2005年8月 8日 月曜日

衆院解散、総選挙!

 ついに郵政法案が参院で否決。衆院解散、総選挙が9月11日になるとネットのニュースに載っておりました。やっぱり政治家には行政改革は無理なのかな?結局、国民に責任を投げてしまった事になる。今度はきちんと考えて投票しないといけませんネ。ちなみに店主は基本的に郵政法案は賛成です。でも、自民党も民主党も今のままではダメですネ。

投稿者: 店主 日時: 18:33 |

2005年8月 6日 土曜日

営業と前口上

 最近、営業で廻ってくる人や電話を使って営業を仕掛けてくる人の内容の多くがネット関連か通信関連が多い。でも、いきなり工房に入って来て、ほとんど前口上なしでお宅の電話はどうなってるのかと聞かれると、反射的にムカッとする。詐欺まがいの証明書なるものをつくってくるやからもいた。これが昔なら言葉でボコボコにしている。今は少し大人になったので、もう少し丁寧にお断りする。ネットに関しては、ヒマがあるととりあえず話を聞いてみるが、ほとんどこちらの質問に答えられない場合が多い。これは相手が無知なのではなくて、ネットを使って仕事をする場合の効果と費用の関係が、まだほとんど判っていないと言う事に尽きる。
 現状の関係性が判らないまま、営業をやらされる若者も大変だな、と最近思うようになって、あまり厳しい事は言わない事にしているが、もう少し営業の前口上の練習をした方がいいのでは・・・ご苦労さんです。

投稿者: 店主 日時: 16:45 |

八月の植物-オニドコロとミズヒキ

 今日の植物はオニドコロとミズヒキ。オニドコロは二度目、ミズヒキは三度目。今回のオニドコロとミズヒキは気に入っております。当初見た時のイメージが旨く再現できたなと満足(誰も誉めてくれないので、自画自賛の店主)しております。この光景も次の日に別のモノに変わってしまいます。

オニドコロとミズヒキ-05.08.06

投稿者: 店主 日時: 16:22 |

2005年8月 5日 金曜日

八月の植物-ギボウシ(擬宝珠)

 最近、植物日記が昆虫日記になりそうな感じですが、昆虫はあくまでも植物のプレゼント、と考えております。昆虫の写真を撮る為にはもっと外に出る事が必要。昆虫写真家はたぶん365日の内、360日外にいるのではないのでしょうか。植物も本当はもっとこまめに歩かないとイケないのですが、店主の場合、撮影はあくまでも素材集め。イメージの素を集めているに過ぎません。それでも今日の今、撮らないと、植物でも1時間もするとその姿を変えます。当たり前のようですが、やっぱりタイミングは重要。
 今日はギボウシ(擬宝珠)。これはTea Roseの深津氏からもらったもの。このギボウシはいつも庭にある。なので撮影はいつでもできるとタカをくくってしまうと、これが不思議な事になかなかイイ絵がとれない。何でかな?何でだろう?と考える。例がよくないかもしれないが、これは美人のかみさんをなかなか美人に撮れないのと似ている。やっぱりこれは例が悪いか・・・そんな中でも、今日のギボウシはそこそこかなと思っております。

ギボウシ(擬宝珠)-05.08.05

投稿者: 店主 日時: 17:18 |

2005年8月 4日 木曜日

八月の植物-カマキリと紫式部

 本当に今日は暑い一日でした。これだけ暑いと蝉も樹から落ちますネ。店主、通勤途中に何匹か救助しました。それでも、朝の水やりは気持ちがいいです。庭は草ボウボウ状態なのですが、水撒きをすると樹や植物からファファと独特の香りが浮き上がってきます。
 でもムシはどうも水が嫌いらしく、水撒きが始まるとそこら中で跳ね回ります。今日のカマキリ君も一週間ほど前から紫式部の枝を、自分の縄張りと決めたらしく、目が合う?とカマを持ち上げ、戦闘体制をとります。でもこいつ、とても気が小さいらしく、カメラを向けると戦闘体制のまま、スルスルと葉っぱの下に逃げます。そしてダマシダマシしてやっとこさ撮れたのが今日のカマキリです。カマキリ君、明日も元気で紫式部の枝にいて下さいナ・・・

カマキリと紫式部-05.08.04

投稿者: 店主 日時: 17:03 |

2005年8月 3日 水曜日

八月の植物-カラスウリの花

 昨日今日とLuck N.A.R.U.さんの新作をつくっておりました。Luck N.A.R.U.さんのコメントは書いていて楽しいス。ただ、なかなか新作ができないのが玉にキズ。でも、やっぱり変ですよネ、Luck N.A.R.U.の作品は・・・(N.A.R.U.さんの作品はこちらをご覧下さい
 さて八月最初の植物はカラスウリの花。植物のイメージを作り出した頃は、無意識に珍しい植物を求めて動き回っていたのですが、ある時このカラスウリの花を見つけて、身近にもこんな植物があるんだと教えられた植物です。このカラスウリは秋になるとオレンジ色の実をつけます。花でも実になっても楽しい植物です。撮影は仕事帰りの夜遅く道ばたで撮ります。暗がりでフラッシュをバチバチたいているので、結構怪しいオヤジに見られます。最近はそれも気にならなくなって、本当に図々しい偏屈オヤジになりきっております。

カラスウリの花-05.08.03

投稿者: 店主 日時: 18:34 |

2005年8月 2日 火曜日

二日酔い

 昨日、少しだけ呑み過ぎまして、二日酔いではないのでが、身体が多少脱水気味。やれやれです。この歳になるとウルトラマンと同じで3分で体力がなくなります。悲しい人生の黄昏れに花を眺めては涙する。今日の二日酔いはこんな感じなのかな〜なんて事はありません。あ〜ヤダヤダこんな事、書くようになったらもうお仕舞い。
 頑張って明日も新作、打ち上げます。夏ははじまったばかり。これからが勝負。サァー明日も頑張るゾと、空元気を出す店主でした。

投稿者: 店主 日時: 18:29 |

2005年8月 1日 月曜日

サラリーマンとビジネスマン

 昨日、萩原さん達のCULTURE DRONE 展覧会に行ってまいりました。(詳しくはお知らせをご覧下さい)DARSANAの萩原さん、ラップ風の詩の朗読?がなかなかでした。結構、辛らつ。古い言い方で言うと、親の因果が子に報いみたいな印象が店主の中に残っております。もう一度、全文を読んでみたいな・・・。新しい事と古い事はほとんど裏表で、気がつくと裏が表になり、ぼやぼやしているその表が裏になったりする。これだから表現は面白い。
 気になったのがテーマの「サラリーマン」。みんな当たり前に「サラリーマン」という言葉を使うけど「サラリーマン」て何者?ネクタイしている人ならビジネスマンという呼び方もあるよネ。この違いはどこにあるのかな?例えば、昭和はサラリーマンで平成はビジネスマンとか線引きができるともう少し形が見えてくるのかな?ビジネスマンはTシャツを着るけど、サラリーマンは着ないとか?分類できると、面白い事になると思うのだけど・・・注目は8/8(月)の『山手線外回り電車 by TETSUO HAGIWARA』新橋17時03分→渋谷17時25分→新宿17時31分→池袋17時40分→上野17時56分→東京18時03分→・何がおこるのかな・・・
 さて、話題がかわります。《pukupuku》でお馴染みのひろかわ さえこさんが新しく絵本(詳しくはお知らせをご覧下さい)を出しました。今回の絵本はひろかわさえこさんの新境地が見えて、おっと、なかなかやるじゃね〜かと店主、感心してしまいました。

投稿者: 店主 日時: 16:25 |