« 2005年11月 | メイン | 2006年1月 »

2005年12月31日 土曜日

今月の検索文字列

 2005年12月の検索文字列ベストテンは次のようになりました。
 1.切り絵
 2.きっこの日記
 3.平賀敬美術館 箱根
 4.フォームビズ
 5.深津真也
 6.トランクマーケット
 7.TEE
 8.切り絵 作品
 9.年賀状 コメント集
10.斑猫堂
 今月はやっぱり驚いたのはきっこの日記のランクインですネ。それから切り絵のトップもびっくりしております。手仕事に対する興味が増えてきているのでしょうか?あと、店主としてうれしいのは平賀敬美術館のランクインです。とっても素敵なところなので、箱根湯本に行く事があれば、是非覗いてみて下さい。詳しくはお知らせをご覧下さい。
 今年もいろいろとありましたが、来年はもっと面白い『ビタミンTee』を作って行きますので、よろしくお願い申し上げます。・・・で、元日をお楽しみに。

投稿者: 店主 日時: 10:39 |

2005年12月30日 金曜日

冬のヤマブキ

 昨日は忘年会の誘惑に負けて植物日記を落としてしまいました。すいません。代々木で一件、吉祥寺で三件の忘年会があって、結局、吉祥寺での一件はいけませんでした。なので、今日の店主は完全な二日酔い。でも、昨日のお酒はどこも楽しいお酒だったので、二日酔いもさほど辛い物ではありませんでした。
 で、今日の一枚は買い物に行く途中にある空き地で見つけたヤマブキ。当然この季節なので花はありません。このヤマブキ、遠くから見るとやせて枯れた枝しかないように見えるのですが、近付いてよくよく見ると枝の先に小さなガクが残っていて、そこにちょこんと種がのっておりました。店主もこれははじめて見ました。まだまだ、知らないいろんな形があるものですネ。

ヤマブキのタネ-05.12.30

投稿者: 店主 日時: 18:43 |

2005年12月29日 木曜日

ネットの中は・・・

 mixiでは訪問者がわかる足アトという機能がある。店主のは名前は、そのまま店主という名前で相手の履歴に残るようになっている。
 昨日の夜、何気なくその来訪者の足あとを見たら、ぎょっとする名前がそこにあった。なんとそこに「きっこ」とある。え~っ!きっこってもしかしたらあの「きっこ」。恐る恐る「きっこ」と名乗る人の日記のところへいって、「はじめまして、店主と申します。 足アトからきました。もしかして、きっこの日記のきっこさんですか? ちょっと緊張しております。 もし、そうなら・・・ドキドキ・・・m(__)m 」と書き込んでみました。で、返事があり、そこはまさしくきっこさんのページでした。びっくり!です。たぶん、27日の日記にきっこの日記のことを書いたのが、mixiの検索に引っ掛かり、なになにときっこさんが覗きに来たということだったようです。ネットの世界はやっぱり面白い。
 話しが少し変わりますが、26日にご意見箱にとても懐かしい人からメールが届きました。もう、20年以上会っていない人で、偶然、『ビタミンTee』の中に店主の名前を発見したらしいのです。偶然見つけちゃいました!とあり、これもびっくり仰天です。もう、会う事などないと思っていた人が突然、現れてくる。しかも、しっかりネットでお仕事をしている。面白いな・・・この二つの出来事はネットがなければ絶対におこらない事。さて、これからいったい、何がおこるか?楽しみですネ。

投稿者: 店主 日時: 16:03 |

2005年12月28日 水曜日

鬼の棲(すみか)

 店主、今日の一枚はLed Zeppelinのゴナ・リーヴ・ユーやThe Rollng StonesのPaint It Blackが似合うと勝手に思っている。この一年いろいろな植物を取り上げてきたような気がしていたが、実はこの植物が何と今日の1枚で、6作品もアップしていることに、気がついた。自分でもびっくりしている。よほどこの植物が好きなのか?自分でもよくわからない。
 で、今日の一枚はオニドコロ(鬼野老)。こいつはろくに日も当らぬフェンスとプレハブの間の汚れ切った空間の桜の樹の根元で、芽をだし、花をつけ、枯れて実をつけていた。まるで鬼の棲である。茎は複雑に絡み合いひとつの塊のようになっている。そしてその干涸びた茎は、桜にまで絡み付き這い上がろうとしてそこで止まっていた。この生命力は尊敬に値するものがある。人間の存在などまったく眼中にないといった強さに、店主は魅了されるのか・・・

オニドコロ(鬼野老)-05.12.28

オニドコロとミズヒキ-05.08.06

オニドコロ-05.07.22

投稿者: 店主 日時: 18:52 |

警察国家?

 犯罪被害者等基本計画が閣議決定したらしい。どうもこの法律、警察の権限を増やしたらしい。わからないのは、増えた権限を警察がちゃんとやっているのかを誰が監視するのか?そこがわからない。
 最近も傷害致死で外相元秘書の長男が逮捕されたが、福岡県警は公表しなかった。小泉さんは匿名発表拡大は誤解と言うが、権力の行使は、それは誤解ですよ、ですむ問題ではないと店主、思っている。

投稿者: 店主 日時: 12:29 |

2005年12月27日 火曜日

冬の妖精

 『ビタミンTee』のサーバーに検索文字列と言う機能がある。ぼやき日記では月末にこのベスト10をアップしている。ベストテンは30日にアップの予定ですが、一足先に一つ印象的なキーワードのことを書きます。それは、きっこの日記という文字。ぼやき日記でもちょっとだけきっこの日記について取り上げたところ、検索文字列でなんとベスト2にランクイン。恐るべし、きっこの日記。世の中、景気がよくなったといいながら、こずるい人間がデカイ顔をして闊歩する中、このきっこの日記には店主、けつこうお世話になりました。人間、初心を忘れず、ダメなものはダメと言いつつ、それでいて地味に生きるのが一番。
 で、今日の植物日記の一枚は、ムラサキシキブの冬芽。雑木林の隅で、枯葉の色に紛れ込むほどに地味な色の冬芽を小枝の先につけ、北風に揺れておりました。よくよく見ないとこの形は見えてきません。このムラサキシキブの冬芽、不思議な妖精のような形を冷たい風を抜けてくる日射しに顔を向けておりました。寒いのは当たり前、この寒さが大切なんだと、囁いているようなムラサキシキブの冬芽でした。

ムラサキシキブの冬芽-05.12.27

投稿者: 店主 日時: 19:21 |

2005年12月26日 月曜日

浜崎あゆみのサイン入ジーンズ

ヤフーのチャリティーオークションに浜崎あゆみサイン入ジーンズが出品された。
その現在の価格は99,823,000 円!(残りあと一日)
これはいたずらにしても、本当であったにしても、狂っているとしか、店主には思えない。
論評することもはばかられるぐらいイヤな気分。山田風太郎の溜息が北風の中に聞こえてきそうだ。

投稿者: 店主 日時: 13:41 |

2005年12月24日 土曜日

無責任

 「山田風太郎が見た日本~未公開日記が語る戦後60年」という番組をビデオで見た。
 その中に、無責任という一節があった。・・・日本人の国民性のなかに無責任ということがありはしないか・・・店主、この言葉に一瞬、怯んだ。風太郎はこの無責任という言葉から、戦時中における海軍、陸軍を思い出すと書いているらしい。日米開戦における陸軍、海軍はまったく勝てる自信がないまま、あの戦争をはじめた・・・自分達の利害に固執して・・・これが一般の軍人、国民ならいら知らず、国家の存亡をになう人の決断としてはあまりに無責任ということになる・・・と言ったことを書いているらしい。
 店主、この言葉を聞いた時、実は姉歯に関わる人達のことを思い描いていた。姉歯の無責任は決定しているが、それを取り巻く会社、検査機関、行政、すべてにおいて、山田風太郎が言うところの国民性[無責任]が根っこのところにあるのではないのかと思ってしまう。もともと、日本人は[無責任]か?誰も問いかけてこなかった鋭い問いかけである。この問いかけに、足元がぐらぐら揺れているような気分がするのは店主だけなのか?
 で、店主はこの国民性とは無関係かと、自分に問いかけてみる。無関係とは言い切れぬ自分がいるらしい・・・やれやれ。

投稿者: 店主 日時: 14:24 |

2005年12月23日 金曜日

冬のヘクソカズラ

 今日の一枚は、冬のソナタ?ではありません。冬のヘクソカズラ。ソナタとヘクソカズラ、何となく音が似ているような気がするのは店主だけのようですが、どちらが好きかと聞かれると、迷う事なく冬のヘクソカズラ。このヘクソカズラ、どこにでもあるのですが、なかなか格好のイイものが発見できませんでした。
 で、今日の近くのスーパーに行く途中にある雑木林を覗いたら、ありましたネ、美人のヘクソカズラ。もう、乾き切ってほとんどドライフラワー状態。持ってかえって飾ってもかなり個性的で楽しそう、と思いつつ撮影。それにしても夏に撮ったヘクソカズラとはまるで別人?別草?。夏のヘクソカズラも好きですが、冬のヘクソカズラはひと味もふた味も違って楽しい存在です。これぐらい変わってしまう植物の生き方は不思議というしかありません。

冬のヘクソカズラ-05.12.23

夏のヘクソカズラ-05.07.27

投稿者: 店主 日時: 17:30 |

2005年12月22日 木曜日

縮こまるノイバラの葉っぱ

 葉っぱが恋しくなった。先日、植木屋さんが庭に入って、枯れた草も一緒に処分した。なので、常緑木以外はほとんど緑がない。それでも寂しくなるので、カエデだけは切らないようにしたが、柔らかな緑の葉が失われるとさすがに、あ~冬だなと思い知らされる。みんな遠くに行ってしまって、自分だけ取り残されたような妙な気分である。
 で、今日の一枚は先日アップしたノイバラの実の横で見つけたノイバラの葉っぱ。寒さで縮こまっているのか、叉はこの形のまま冬をこすつもりなのか、同じところから小さな葉っぱを何枚も出して、寄り添うようにしていた。カサカサと乾き切った雑木林ではこの姿はとてもかわいらしく新鮮に見えた。

ノイバラの葉っぱ-05.12.22

投稿者: 店主 日時: 18:06 |

再就職?

 1月にNHK会長を辞任した海老沢さんが、読売新聞社の調査研究本部顧問に就任するらしい・・・そろそろほとぼりもさめたしネ。読売新聞らしいワイ。政治部記者出身のあの人と、あうんの呼吸というところか。やれやれ・・・

投稿者: 店主 日時: 13:17 |

2005年12月21日 水曜日

気分転換!ラン(蘭)

 ここ二ヶ月ほどやってきたHPのアップがやっとこさ一区切りついたので、そのお祝に今日はランの花をアップします。
 それとここのところアップしていたものが、すこし寒いものが多かったので、気分転換も兼ねて、華やかなものを選んでみました。でも、もともと華やかな花なので、あまりやる事もないのですが、やっぱり蘭はきれいですネ。

ラン(蘭)-05.12.21

投稿者: 店主 日時: 18:17 |

資格取り消し

 国土交通省が21日に、姉歯関連の元請け設計事務所7社の設計を担当した1級建築士の資格取り消しをする方針を決めたとのこと。
 昔、いろんな工務店などで、1級建築士の名前貸しがよくあった。実際には何もしていないのに1級建築事務所という肩書き欲しさに、名義を借りる事はよくあった。店主の知っていたその会社はすでに倒産した。で、今はこんなインチキな会社はもう無いよネ・・・と祈る。

投稿者: 店主 日時: 16:20 |

2005年12月20日 火曜日

自然のしめ飾り(ツタ?)

 いつから神様がいなくなったのか?と、葉っぱが落ちた雑木林で青空を見上げながら考えていた。日本人の神は一つではない。神はいくらでもある。いくらでもあると言うことは、その形もいろいろとあるということになる。
 店主、本当の事を言うと、自然がいっぱいあるところにいくと、恐怖を感じる。恐いのである。これは、一つには自然との付き合い方を知らないという事がある。自然のあるところに行くと、その自然に順応できない自分を感じてしまう。なので、旅行などにいって最初の一日は全身に寒気をいつも感じている。肉体が更新するまで、いつもじっと植物を眺めている。すると目の前にいろいろな形のモノが出現してくる。身体が自然の形を見つけはじめる。そして、更新された自分を発見する。まだ自分の中に神のかけらが残っているのを確認する。
 で、今日の一枚。雑木林の奥で見つけたツタ?。誰も見向きもしないこのツタ。しかしここまでになる為に、このツタはもてる能力の統べてを出し切ってこの形を作ったはず。でも決して、スマートという言葉は当て嵌まらない形だが、節くれだってねじ曲がったこの形の中に店主はとても懐かしいものを感じてしまう。

自然のしめ飾り(ツタ?)-05.12.20

投稿者: 店主 日時: 19:03 |

2005年12月19日 月曜日

震えるノイバラ

 何でか知らないが、今日は妙に忙しい。電話が止まらない。店主、二つ以上の事は覚えられない。話されても左の耳から右の耳に流れ、五分ぐらいで消滅してしまう。なので、電話の最後に、今、言ったことをメールで箇条書きにして送ってくださいとお願いする。それでも、頭はジンジンと充血していて、オーバーヒート状態。たいしてお金にもならんことが、どんどん山積みなっていく。疲労困ぱいしてこの日記も書くことが難しくなるので、仕方なしにビールを1本あけて、脳みそを冷やす。プッシュ~、グビグビ、フッゥハ~・・・しばし沈黙。タバコに火をつけ、フ~~~・・・
 さて、今日の一枚。前にも書いたけど、店主、天気のよい日には撮影しないようにしている。それは、デジカメがまだ機能的に直射日光の光を受けると、植物の色を飛ばしてしまうことと、影があると植物の形が複雑になり、全体としてうるさくなるので、天気のよい日は原則として撮影しないようにしている。なので、撮影は早朝か、曇った日を狙うようになる。
 そうなると、どうしても寒いところでの撮影になる。で、その寒さがそろそろ苦痛になってきた。今日の一枚も、北風の吹く中で撮ったノイバラの実。まわりで枯葉が冷たい風にクルクルと舞っているなかで、この赤い実をようやく見つけ撮影する。そろそろ炬燵でとつぶやきながら、このノイバラがこの先どうなっていくのか?という興味が自分の中で葛藤している今日の一枚。いかがなものでしょうか・・・

震えるノイバラ-05.12.19

投稿者: 店主 日時: 19:41 |

2005年12月17日 土曜日

北風アート

 今日の一枚は「北風アート」と題名がついている。店主の好きなクルクルがモチーフ。植物はたぶん、オニドコロかヘクソカズラの枯れたモノと思われる。雑木林の隅っこで、北風に吹かれているのを見つけた。背景の色を変えると、まるで植物に見えない。これがかの有名なエボラウイルスですといったら知らない人は信じてしまうようなユニークな形をしている。
 形とは不思議なもので、すでに役割が終わって機能も何も失っているはずなのに形は厳然として残っている。何故、形だけが残るのか、店主にもわからない。これをそっと採取して保管しておけばたぶん何年かはこの形を保つはずである。よく、SF映画で、形あるものに触れると砂のように崩れるシーンがある。最後の形とはそうした崩壊のイメージを内包しているので、気になるのか。もうすぐ終わると思いながらも、時間だけは確実に過ぎていく。そんな、今日の一枚。

北風アート-05.12.17

投稿者: 店主 日時: 17:51 |

2005年12月16日 金曜日

わが家のカエデの紅葉

 どうやら明後日ぐらいからかなりキツイ寒波が南下してくろようです。庭のカエデもここ何日かの寒さで紅葉しております。春先のカエデの小さな花が随分と昔の事のように思えるのですが、時間的には八ヶ月前のこと。季節は不思議な感覚を人にもたらすようです。今、世の中は増税だ、耐震偽装だ、子殺しだとめまぐるしく動いておりますが、小さな庭に佇んで、小さな植物の季節の移り変わりを見ていると、何と人間は傲慢で、暴力的で、嘘つきで、勝手で救いようのない存在か!と思えてくる。なので歳をとって、老人と呼ばれる人達が植物に傾倒していくのを、店主にも少しずつわかるような気がしている。じっとこの寒い冬をのりこえれば、植物は確実に芽をだし、花を咲かせてくれる。一方、人間様のほうと言えば、たぶん来年の春はもっともっとイヤなものを見せられるような予感がする。は~ぁ、やれやれ。やっぱり来年も植物だけを見てすごすことになるのか・・・

 最後にちょっとだけ明るい話題。リンズさんがクリスマス限定Teeシャツをアップしました。時間があれば覗いてやって下さい。

カエデの紅葉-05.12.16

カエデの花-05.04.09

Lin's Favorites

投稿者: 店主 日時: 17:44 |

2005年12月15日 木曜日

わが家のシラン

 今日の一枚はシランの実。店主、自分で言うのも変だけど、やっぱり変わっていると思う。どこが変わっているかというと、今年はシランの花の写真は撮っていない。撮ったのはシランの芽と今日の実(これは実なのか?じつはわからない)。花の写真はネットに沢山あるので、後でもいいか、となって撮り忘れてしまった。気がつくと庭にこいつが残っていた。どことなくユーモラスな形で、枯れ草の中に立っていた。そいつが「ほらほら、もう撮るものないでしょう!あたしで良けりゃモデルになるよ」と、囁いたような気がしたので、ハイハイわかりましたと有り難く撮らせていただいたのが今日の一枚。バックの枯葉が我が家の庭の状況を物語っております。


シランの実-05.12.15

シラン(紫蘭)-05.03.09

投稿者: 店主 日時: 19:57 |

2005年12月14日 水曜日

冬のアイビー?の蔓

 今日の一枚はアイビー?の蔓。実は店主、このアイビーという植物はまったくわかりません。アイビー以外の呼び名はヘデラとかセイヨウキヅタ(西洋木蔦)とか言ったりするようです。図鑑にはセイヨウキヅタ(西洋木蔦)とあります。そして、常緑であることが特徴として書いてあります。今日の一枚のアイビー?は冬には枯れて、春になると若葉を出します。なので、アイビーではないのかもしれません。でも、葉っぱはアイビーに似ています。このアイビーはとても園芸品種が多くてどれが本家なのか店主にはまったくわかりません。
 で、店主的には葉っぱの方はわりと関心が薄くて、興味があるのはその蔓。蔓の形が実に面白い。冬になるとどのアイビー?も葉っぱが減るので、蔓の形が良く見えます。今日の一枚も塀の上で蔦を複雑に絡み合わせていて、その蔦のから、壁になどに張り付く為の小さい根?が見えております。まことに不思議な形をしております。

アイビー?の蔓-05.12.14

投稿者: 店主 日時: 17:53 |

2005年12月13日 火曜日

枯れ切る-ヒメヒオウギズイセンの種

 今日は、久々にLuck N.A.R.U.さんの新作をアップ。Luck N.A.R.U.さんの紹介文を書いていると、どうも劇画調になってしまい、そこからこの植物日記に戻るにはかんなりしんどいモノがあります。・・・(buta board!)熱い魂は衰える事なくブヒブヒと燃え上がり、華麗なる転身をとげた・・・などと、文章は書いていて楽しいのですが、やっぱり頭の切り替えは大変かな。
 で、今日の一枚はヒメヒオウギズイセンの種。植物の変化はよくよく考えるとすごい落差があります。花の時季は確かに華やかで美しく心をワクワクさせますが、冬になると気をつけていないとその存在すら忘れてしまいます。ですが、冷たい風に身を任せるその姿もまさしく植物のもう一つの形。すべてが循環の中にあり、枯れ枝の先の石くれのように見える今日のヒメヒオウギズイセンの種も来年になれば復活する筈。枯れ切った姿ではあるけれども、そこに強い意志を感じるのは店主だけですか?

ヒメヒオウギズイセンのタネ?-05.12.13

ヒメヒオウギズイセンの花-05.27.28

Luck N.A.R.U.Tee

投稿者: 店主 日時: 18:47 |

2005年12月12日 月曜日

ツバキ?サザンカ?

 ようやく日々の仕事が落ち着いてまいりましたので、植物日記を再開します。今日の植物はツバキかサザンカ?。店主どうもサザンカとツバキの区別がつきません。なので、ここではツバキ科と呼ぶようにします。
 店主、実はツバキ科がどうも苦手らしい。理由は不明・・・かな。ここのところツバキ科がいろんなところで花をつけているツバキ科だが、どうしてもカメラを向ける気になれない。花が咲いていると、すーっとその花から離れる自分をどうすることもできないでいた。前に撮っていたツバキ科はほとんど土の上に落ちている姿のツバキ科。土の上に落ちていると、何故か撮りたくなる。これも理由は不明。ツバキ科の植物にトラウマでもあるのか、本人にもまったくわからない。
 で、今日のツバキ科は自宅の庭のツバキ科。昨日、そろそろ落葉や枯れた植物を片付けなくては思いつつ眺めていたら、もっとも日当たりの悪い場所で、二輪のツバキ科が咲いていて、一輪は花びらが落ち、雄しべと思われるものが薄暗い庭の片隅で異彩を放っていた。これならと思い撮影した一枚。さて、如何なものでしようか・・・

ツバキ?サザンカ?-05.12.12

投稿者: 店主 日時: 18:59 |

2005年12月10日 土曜日

忘年会

一番乗りは、予測通り「pukupuku」ひろかわさん。

二番手は、「Darsana(だるしゃな)」はぎわらさん。

お次は、「斑猫堂(はんみょうどう)」きくちさん。

続いて、「S.Kuma」くまこさん登場。

そして、ここで突然、想定外の柚楽弥衣嬢が参入ですッッ!
彼女の情報は、こちらへどーぞ
http://www.yulayayoi.com/

店主とリンズさん、Luck N.A.R.U.は会場準備で最初からおりました。
それから上の文章は、リンズさんの忘年会速報のパクリです。
本日は、皆さんありがとうございます。仕事で来れなかった皆さん、まだまだ今年も頑張りますので、お近くに来ましたら工房にお寄り下さい。

投稿者: 店主 日時: 20:56 |

2005年12月 9日 金曜日

肺がんと喫煙、そして姉歯的なるモノ

 喫煙と肺がんは切っても切れない関係と言われて久しい。それを覆す番組を見た。忘れないうちに書きとめておく。ここ何年かは喫煙者の数が年を追うごとに減っている。これは事実。ところが肺がんは逆に年を追うごとに増えている。これは何故?
 原因はアスベストらしい。
 肺がんになった患者が喫煙者とわかると、それだけで医者は喫煙が原因と決めつけてきたらしい。肺がんがなぜ今、増え続けているのかに対して、医者はまったく疑問を抱かなかったのか。これは、ほとんど耐震偽造を見過ごした指定確認検査機関と同じに見える。医者たちはこのことに対してどのような責任をとるのだろうか・・・
 この話を聞いた時、思い浮かんだのは養老孟司のバカの壁。阿呆な解説者が、これからの世の中は性善説ではなく性悪説で、うんぬんかんぬん・・・とのたまっているが、その以前にあるのが店主にはバカの壁のように思える。

投稿者: 店主 日時: 20:59 |

あと少しです。

 今の仕事、何とか形になってきました。4,000項目のファイルを3,000項目まで整理整頓して、後はサーバーにアップして確認。少し手直しして終わりにしたいな・・・なので、今日も植物の方はお休み。m(__)m

投稿者: 店主 日時: 19:26 |

2005年12月 8日 木曜日

沈没-3

 すいません。まだ、終わりません。だいぶ見えてきたので、後、明日一日で何とか形がととのうので、植物の方のアップはもう少しお待ち下さい。m(__)m
 さて、きっこの日記を書いている人はどんな人なのか、店主とても気になりますナ。
 で、今日のきっこの日記は日本ERI株式会社とダイア建設のことを書いている。そんなことがあったのか!と驚いております。どこからこうしたネタを仕入れてくるのか不思議でしょうがない。(事実だとすればネ)
 そこで店主ハタと思った。検査機関が建築のことを知らずに偽造を見破れなかったのと同じように、もしかしたらマスコミも姉歯関連の闇について本当は、何も知らないのではないのかという気がしてきた。たいして調べもせずに、店主と同じレベルでこの事件を見ているのではないのか?または、闇が深すぎてそれを調べる能力が最初から欠落しているのではないのか?これが当たりなら、どうも弱ったことになってしまうネ・・・

投稿者: 店主 日時: 19:10 |

2005年12月 7日 水曜日

沈没-2

 今日も沈没です。は~ぁ・・・(T_T) m(__)m
 で、少しだけ気になった事を書きます。昨日、書いた(姉歯、ついに大手ゼネコンが・・・)のニュース、間違いだったのかナ?昨日のテレビではまるで流れなかったのは何故?相手が弱いヤツらであれば、いいように痛めつけるけど、大手ゼネコンはヤバイから手を出さないと言うのがTVマスコミの基本姿勢か・・・
 そこで、店主、面白い情報を流しているページのキーワードをお伝えします。【きっこの日記】これをGoogleか何かで検索してみて下さい。店主、気が弱いからとてもリンクをはる度胸はありません。ではご健闘をお祈りします。

投稿者: 店主 日時: 18:52 |

2005年12月 6日 火曜日

沈没です。

 姉歯、ついに大手ゼネコンが出てきましたネ。手抜き業者の仕事の中抜きですかネ。それにしてもこの泥沼いつまで続くのでしょう・・・(ネットの世界ではもっとすごいことが取りざたされております)やれやれ・・・
 で、今日の植物はお休み。えーと、店主、完全に沈没です。今やっているHPの仕事が佳境に突入。今日、打ち合わせしたページだけでも、80ページ近くあります。明日からスコスコと片付けます~~~!
 せっかくいらしてくださった方々、どーもスミマセン m(__)m

投稿者: 店主 日時: 19:26 |

2005年12月 5日 月曜日

12月の植物-枯れたオニドコロ

 さてさて、今日の一枚は枯れたオニドコロの葉っぱ。画像処理している内にバックが今日の空のようになってしまいました(本当は濃い緑色をしておりました)。この一枚は、店主にしては珍しく晴れの日に撮影しております。
 このオニドコロは去年まではほとんど地面を這い回っていたのですが、今年は植木屋さんが入らなかったので、庭のハナミズキの樹に蔓を伸ばしついには高い日当たりのよい一等地を手に入れ、そして秋に満足げに枯れてしまいました。なので、こいつを眺める時は必ず空が視界に入るので、イメージ的にはあっていると思っています。
 そして晴れた日に、冷たい風にふらふらと揺れる葉っぱを眺めているのもなかなかイイものです。今しばらく、楽しませておくれ枯れたオニドコロさん・・・

枯れたオニドコロの仲間?-05.12.5

投稿者: 店主 日時: 18:54 |

2005年12月 3日 土曜日

12月-枯れた蔓

 今日の朝刊(東京新聞)の社会面はかなり辛い記事ばかりで憂鬱になりました。何故、こんないろいろとおこるのか?とにかく子供には手を出すな!と怒鳴りたくなる気分です。
 で、そんな中こんな見出しに店主、愕然となりました。[雑木林に不審者多し]。なんで~よと悲しい気分になりました。この変な書き方はちょっと許せません。それに店主、ヒマがあると雑木林に行っています。俺は不審者かよ・・・雑木林は自然の再生工場なのに、何かこれでは雑木林が不審者の溜まり場みたいにきこえます。雑木林は危険なところではありません。危険なのは人間です。こんなイメージを植え付けると、またアホが雑木林にやってきてしまうではありませんか!少しはイマジネーションをはたらかせて文章を書いてほしいものです。
 今日はその雑木林で撮った一枚。枯れた蔓!(少しおこっております)こんな風景はどうしても雑木林でないと撮れません。まぁ、これで雑木林に来る人が減るかもしれないので、それはそれでいいのですが・・・でも、これから雑木林で撮影する時は不審者と思われるのを覚悟して入るようにします!。
 有希ちゃんのご冥福をお祈りします。

枯れた蔓-05.12.3

投稿者: 店主 日時: 18:03 |

2005年12月 2日 金曜日

12月の植物-ヤブラン

 PCがクラッシュの嵐。弱ったね、まったく。何故かFetchを使うとクラッシュ。店主のPCはかなり長く使っているので満身創痍、ボロボロ。でも、頑張ってくれています。何とか、お願いしますヨとお願いしつつ。やっとこさアップしました。
 今日の一枚はヤブラン。昨日が赤い実だったので、今日は黒い実と洒落てみました。如何なもんでしょうか・・・?と、今日の日記は短くてすいません。

ヤブラン(薮蘭)-05.12.2

投稿者: 店主 日時: 19:33 |

2005年12月 1日 木曜日

12月の植物-マンリョウ

 12月に入っていよいよ姉歯の後ろに隠れ潜む暗黒星雲がその姿を現してきました。この国を包んでいるモノ作りの精神はどこまで病んでいるのでしょうか・・・
 世の中がどんより曇って、気分が何となく鬱になってきた時は、静かに植物でも眺めて心を落ち着かせましょうかネ。冬でもまだまだきれいな植物はあります。今日はそんな冬の植物、マンリョウをアップ。店主、マンリョウもセンリョウも好きです。冬のあいだ寂しくなった庭を一人でささえる偉い植物。雪が降ったりするとその風情は泣かせるものがあります。で、これが今日の一枚。少しは浮き世の事を忘れて和んでいただけれは幸いです。

マンリョウ(万両)-05.12.1

投稿者: 店主 日時: 18:28 |

11月の検索文字列

今月の検索文字列は表示可能な下位の方からアップしてみました。
これが意外に面白くて、いろいろな言葉がならんでおります。思い当たるモノもないモノもあります。この検索をかけた人は何が知りたかったのか、想像してみるといろんな連想が沸き上がってきます。ちなみに11月の検索文字列のトップ一位は『切り絵』でした。

着丈  身巾  袖丈
中村修二 プログ 2005
朝日新聞+ムービン
道玄坂 obi
日立中央 秋の開放日
年賀状 コメント集
白リン弾
平賀敬美術館
野毛 バールカンパリ
陽気なギャングが地球を回す 映画 大沢たかお

さて、今月もよろしくお願いします。

投稿者: 店主 日時: 17:11 |