« 社長日記 | メイン | 展示会・原マスミ・美濃瓢吾・で、今日の一枚 »

2006年1月19日 木曜日

春を待つ、枯れたバラ

 ここのところの訃報続きをちょっとばかし負担に感じながら、枯れるシリーズを続けるのはなんともはや、複雑な心境であります。なんでもはじまりがあれば終わりがあるとわかっていても、どうしたものかと悩むのは人間の常。めくるめく季節がいつしか癒してくれるのかと言う事にも、実は一抹の不安を感じ取ってしまう今日この頃。
 で、今日の一枚は枯れたバラ。よく見ると確かにバラ。でも、じっと見ると何か違うものに見えてしまうのは、このところの心の問題か。それでも、季節の終わりにこの姿を見せるには何か意味があるはず。冷たい風に耐えながらも、形を保つ意味とは何なのか。いやはや、よわった事ばかりを考えてしまう。冬はもしかしたら、こんなたわいもない事を考えるための時間なのか?この思い、瞑想の時間がないと春はやってこないと思うと、枯れたバラに、もう少しで春が来るからネと、やさしく語れるようになれるかナ・・・

枯れたバラ-06.01.19

投稿者 店主 : 2006年1月19日 19:18