« 樹と草と王国 | メイン | やっぱりシダが好き! »

2006年7月17日 月曜日

人混みとオカトラノオ

 昨日の夕方、思い立って渋谷のFuuuの様子を見にいってきた。
 普通なら、人の誰もいない雑木林にでも行っている店主なのですが、久しぶりに日曜日の渋谷に行ってみた。喧騒と、熱風に包まれながら、やっぱり人混みは苦手だなと思いつつ、人波に流されておりました。
 それでも、いくつか気になる店を覗いて歩いたのですが、しばらく歩き回るうちに、まわりには自分と同じ世代の人間が、極端に少ない事に気が付きました。人口比率では一番多いはずの世代が、どこに消えたのか、非常に少ない。みんなどこに行ったのか・・・
 その事に気が付くと、どっと疲れがでて、これは早めに退散した方が無難と帰ってまいりました。
 店主には、休日の渋谷よりも、虫よけとムヒをもって雑木林に行っている方が似合っていると確信した一日でした。

 で、今日の一枚は咲き始めのオカトラノオ。これは誰もいない公園でとった一枚。やっぱり、植物の画像処理をしていると落ち着く。色ひとつひとつにその時の様々な記憶がゆっくりと蘇ってくる。
 鳥のさえずり、風のゆったりとした流れ、そして心地よい日差しが、木々の隙間から、ゆらゆらともれてくるそんな空間で、このオカトラノオは花をつけておりました。
 穂のように花芽がつき、垂れ下がるようにして花を次から次へと咲かせる姿は、見事の一言である。やっぱり植物はいいな・・・

オカトラノオ(丘虎尾)-06.07.17

投稿者 店主 : 2006年7月17日 18:27