« イガイガ | メイン | 切り絵Teeとヒメヒオウギズイセン »

2006年7月29日 土曜日

ブルーベリーの味

 今日の一枚は栗林にあったブルーベリー。まだ実は薄いピンクで、食べられそうもないが、きれいだったので一枚撮らさせていただいた。
 店主、このブルーベリーというものを食べた記憶がない。もしかしたら、ケーキとか、お菓子の中に入っているのを、知らずに食べたかもしれないが、生のブルーベリーは記憶にない。
 なので、味がよく判らない。で、味をいろいろと想像してみた。甘酸っぱくて、少しだけ渋いのかなとか、案外、柿みたいな味がするのかなとか、たわいもなく考えていた。
 店主が知っているブルーベリーは、ほとんど鉢植えの鑑賞用のモノばかりだったので、どうもこれを食するという感覚がない。畑とか、農園とかで、食べた体験していると、もっと違った感覚を待てたのかもしれない。
 だから、店主は熟れたトマトより、青臭いトマトの方がトマトらしく思ってしまう。これは、子供の頃の体験に影響されている。昔のトマトは、畑のもぎたてを井戸水で冷やして食べるのが一番と教えられた。実際、これは今でもうまい。
 で、よくよく考えてみると、このブルーベリーを生で食べるという事は、初体験となるワケだ。この歳になつて、初体験が残っているとは、どこか豪勢な気がする。
 よし!今度、ブルーベリーの生を食べてみようと思うと、妙にうれしい気分になった。

ブルーベリーの若い実-06.07.29

投稿者 店主 : 2006年7月29日 18:25