« 今日は帰って寝ます | メイン | 記憶と変化と羊の顔 »

2006年9月16日 土曜日

異常発生と薄

 自宅の庭でチャドクガ(茶毒蛾)がまた発生して、ツバキ、サザンカが食い荒らされております。う〜〜っ何とも今年のチャドクガはしつこいな・・・
 このチャドクガ、夏前にも発生して駆除したのですが、また、姿をあわしてきました。これで出現は三度目。
 厄介なのは、チャドクガの毛虫に下手に触れると毒針毛が皮膚に残って、皮膚炎(ただれたり、水膨れ)になるそうです。しかも、毛虫が死んでも皮膚炎の原因になる毒針毛はそのまま残るらしい。要注意です。
 今年はいったい何匹のチャドクガを殺したのか、考えるだけでうんざりしてきます。とにかく、集団で発生するので、数が半端ではありません。何十匹と言うのは当たり前、簡単に百匹以上になり、ほっておけば、冬の楽しみのサザンカの花も、葉っぱも壊滅的な状態になります。
 殺生嫌いの店主も、さすがにこのチャドクガだけは、ほっておくと人様にも迷惑がかかる恐れが強いので、駆除してしまいます。これで、発生が止まってくれると、助かるのだけれども・・・

 さて、気分を変えて今日の一枚は「薄」。店主、実はこの「薄」、読めませんでした。「芒」とも書きます。無知は悲しいですネ。(-_-;)
 去年はこの「薄」に挑戦して、コケております。アップした画像は実際に見た風景の十分の一も表現できず、悔しい思いをしておりました。
 植物の構造が細かくて、画像処理して行くうちに消えてしまったり、逆に太くなったりして、厄介な植物です。
 どうしたものかと悩んでおりましたが、先日、渋江喜久夫さんの展覧会で見た黒鉛筆で描かれた夏草のイメージがヒントをくれました。できるかどうか不安はあったのですが、失敗して元々なので挑戦してみる事にしました。
 で結果は、自分で言うのもなんなのですが、とてもうまくいきました。自分でも驚いております。ふ〜む!と、また鼻の穴がふくらんでしまいました ( ̄ー ̄) ・・・
 イメージの大きさも今日は特別バージョンでご覧下さいナ。

ススキ(薄・芒)-06.09.16

豊島区保健所 チャドクガの対処

投稿者 店主 : 2006年9月16日 17:48