« 安倍さんとカラハナソウの雌花雄花 | メイン | 唯一無二 »

2006年9月22日 金曜日

いせやとみかどとクサレダマ

 吉祥寺の焼き鳥屋「いせや」が老朽化で建て替えになるとか。建て替えになるのは、動物園に行く通り(御殿山)の「いせや」。今月の25日で、今の建物での営業を終了するらしい。(ファンの人は急がないと、あと三日で終ってしまいますヨ)
 「いせや」がなくなると、吉祥寺からまた一つ昭和が消えてしまうような気がする。残念だけどしかたがないな・・・何でも、14階立てのビルに変身するとか。高田渡さんが生きていたら、何と思うだろうか・・・
 店主、若い頃は、実は「いせや」ではなく、「みかど」というところで、仕事帰りによく呑んでいた。「みかど」は中道商店街を少し入った左側にあった。
 「いせや」は立ち呑みで、「みかど」には丸くてボロい椅子があった。店主、根性なしだから、立って呑むのは辛かった。無論、「いせや」も中に入れば椅子はあった。店主は喧騒が苦手なので、静かな「みかど」に落着いたのかもしれない。
 それと店主、「みかど」の婆さんが好きだったのかも知れない。不愛想だけど、あ〜とか、う〜とか、言うばかりで、あんまり会話をした記憶がない。下手なお愛想もないけど、商売という仕切りの感覚もあまりなかったような気がする。つまりは居心地がよかったと言う事か。
 ふらっと入って、愚痴をいって、帰る。それだけで十分だった。
 「みかど」はある時、立ち退きで、南口の方に引っ越した。それから、「みかど」には行かなくなった。たぶん、もう無くなっているだろう・・・

 で、今日の一枚はクサレダマ。音を聞くと、「腐れ玉」と聞こえれしまうのが悲しい植物。実際は「草連玉」と書きます。
 図鑑にはレダマというマメ科の植物に似ている事からこの名がついたとありますが、その図鑑にもかいてありますが、花の色が黄色と言う事以外、ほとんど似ておりません。ここが花の名前の付け方が変なところです。店主のような慌てモノが勘違いして、付けたとしか考えられません。
 花は店主的には美人に見えます。山地の湿地などまわりの環境が地味な場所に生えるせいなのか、見つけると現場ではもっと美人に見えます。
 で、これがビジンのクサレダマです。

クサレダマ(草連玉)-06.09.22

投稿者 店主 : 2006年9月22日 17:19