« 唯一無二 | メイン | 展覧会三連発とベニシジミ »

2006年9月25日 月曜日

本物?偽者?フジバカマ

 今日の一枚は秋の七草の一つ、フジバカマです。最近は野生のフジバカマが少なくなっているそうですが、今日の一枚は野生のフジバカマ。
 去年アップしたのは、自宅のフジバカマ。今年の野生の方のフジバカマとくらべると、やっぱり野生の方が、少し荒々しいような気もします。
 このフジバカマ、野生のものは川の土手などに生えるので、生息できる場所がどんどんと減って、その内、園芸種しかなくなってしまうのではと、危惧されております。
 それから、今日のフジバカマは、裏磐梯の山奥で撮ったものですが、「茎に赤みが差すようなものは全て本当のフジバカマではなくて,何かとの雑種・園芸品種だというとことです」と「植物園へようこそ」に書いてありました。
 事実かどうかは、店主にはわかりませんが、かなりショッキングな話です。もし、これが正しければ、万葉の日本人が見ていたフジバカマとは、どんなモノだったのでしょうか・・・

フジバカマ(藤袴)-06.09.25

フジバカマ-05.11.21

植物園へようこそ!

投稿者 店主 : 2006年9月25日 19:50