« 2006年12月 | メイン | 2007年2月 »

2007年1月31日 水曜日

1月の検索文字列

 今年、最初の検索文字列はやっぱりというか、研修医魂が一月の後半から追い上げで、堂々のNo.2に上がってきました。
 しかし、検索文字列のNo.1は12月と同じく「身巾」がトップ!フ〜ン (?_?) 何で「身巾」なのか、興味津々です。

 で、2007年1月の検索文字列のベストテンはこんな具合。

No.1ー身巾とは
No.2ー研修医魂+感想・バックステージ 当たり・ピック・プロマイド 交換・河合・パンフレット・ブログ・プロマイド・ポストカード・売買・けんだま・日時限定ブロマイド 河合龍之介
No.3ービタミンtee
No.4ー切り絵
No.5ー龍田恵子
No.6ー深津真也
No.7ー平賀 敬・平賀敬美術館
No.8ー松沢三四郎
No.9ー稲葉有美
No.10ー元気のでるニュース

今月の11位以下も結構、面白いので並べてみました。

カール・ブロッスフェルト*はんみょう*ニオイヒバの花*フォーバル 詐欺*結婚の詩*小西ミホ*端田晶*粒麗荘*タイプ-412エラー*マザーグース 月曜日生まれ*河童 妖怪*小さな庭 塀 フェンス*上泉均*植物 ウコンの植えかた*浜野浩子・・・・・

 しかし、相変わらず、フォーバルテレコムは顔出してきますネ。多分、2005年10月に書いた日記を見にきているのでしょう。一時、フォーバルの詐欺関連は出てこなくなったのですが、最近、また復活してきております。
相変わらす、ワルさをしているのでしょうか・・・(~_~;)

投稿者: 店主 日時: 18:39 |

2007年1月30日 火曜日

不思議な根っこ

 人間の意識を養老孟司が図書館に例えていた。活動している意識を図書館の開館時間に例えた。
 人間の意識の世界は、合理性があるように思えるが、実はむちゃくちゃな世界である。これはニュースを見ればすぐにわかる。女は子供を産む機械だと言ったり、保険金欲しさに人を殺したり、情報番組が情報を捏造したりする。狂気がそこら中に転がっている。
 そんな世界で、いくら工房にこもって仕事をしていても、不条理な事がネットからあふれ出てくる。また、ワケのわからないヤツが突然、工房に入ってきて、お金儲けをしませんか?と言ってくる。
 店主の仕事にしても、本当にまともな事なのか判断がつかない。つかなくても、意識の世界では、与えられた仕事を黙々とやるしかない。
 で、このむちゃくちゃに耐えるために、意識は自分の脳みそから、ありとあらゆる情報を引き出して、整合性をとろうとするらしい。これが、ちょうど図書館の開館時間にあたる。
 気がつけば、整理された本がいろんな所から引き出され、そこら中に山積みにされ、散らかってしまう。
 これを誰かが、合理的に片付けなくてはならない。図書館は閉館すれば、職員が本をもとあった場所に戻すことになる。脳みそは、この厄介な仕事を無意識というヤツにやらせるらしい。
 店主、夢がむちゃくちゃなのは、現実がむちゃくちゃなためにおこる現象なのでは、と思っている。夢は現実の不条理をせっせと片付けているということになるらしい・・・ハァやれやれ。
 で、今日のは一枚は不思議な根っこ。これは畑の横に山積みなっていた。地中にあるものが地上にあるという光景は、どこか異様である。
 本来、見えないものが見えるワケであるから眺めていると不安になる。しかし、不安になるのもはじめのうちだけで、なれてくるといろんな想像が頭の中に浮かんでは消え、消えては浮かぶ。
 店主がこれを眺めて思ったのは、無意識と意識の関係。植物とはまったく関係ない事のように思うのだが、形は、時にはそうした事を、表現してしまう事がある・・・
 
不思議な根-07.01.30

投稿者: 店主 日時: 20:09 |

2007年1月29日 月曜日

悲しいサガとマユミ

 昨日は意を決して吉祥寺に行った。店主、人の多いところが苦手である。日曜日に吉祥寺に行くなんて、無茶である。しかし、昨日は知り合いのフリースペースでアート雑貨展なるものをやっていたので、どうしても見ておきたくて出かけた。
 イラスト、手作り楽器、Tシャツといろいろあって勉強になった。特にTシャツは完全一品製作のもの。製作したのは松田シードさん。初対面の方でしたが、いろいろと面白い話を聞かせていただいた。
 で、フリースペースをあとにして、ちょっと疲れたので、コーヒーを一杯飲みたいとお店を探しはじめた。しかし、どの店に行っても満員。人が入り口まで溢れている。やっぱり、日曜日の吉祥寺で、コーヒーを飲もうなどとは無謀というもの。
 そこで、値段の高いコーヒー屋なら空いているだろうと、二軒ほど行ってみた。ところが店の前まで、行くと足が止まってしまう。一杯、700円はキツいよな・・・(@o@;)
 店主には、もう一杯700円のコーヒーを飲む習慣も勇気も完全に無くっていることに気がついた。何とも、悲しいサガが身に染み付いてしまったものか・・・
 仕方が無く、大嫌いな人ごみをかけ分ける事15分、ようやく、一杯、190円のコーヒーにありついた。ハァ、やれやれ・・・である。
 で、今日の一枚はマユミの冬芽。
 店主は雑木林に行くときは、暖かいお茶を小型のポットに入れて持っていく。これはほとんど習慣になっている。自宅で入れていく場合もあれば、自販機で買って入れる場合もある。
 誰もいない雑木林で、一人優雅にお茶を飲むなんて、こんな楽しい事はない。煩わしい音もおしゃべりもない。風の音に耳をかたむけながら、今日の一枚のようなひょうきんなマユミの冬芽を眺め、静かな時間を楽しむ。
 やっぱり店主は吉祥寺より雑木林の方が、相性がいいようである。

マユミの冬芽-07.01.28

投稿者: 店主 日時: 20:33 |

2007年1月27日 土曜日

プロと一人遊び

 プロはやっぱり凄いネ。店主の師匠、まったく認識しなくなったハードディスクからデータを取り出してしまった。ほとんど諦めていたので、地獄で仏!助かりました。師匠、ありがとうございます。m(__)m
 これからは、マメにバックアップをします。(^_^;

 で、今日の一枚は、蔓のクネクネ&グルグルアート作品です。
 雑木林でこれを見つけたときは、正直、驚きました。え〜〜〜!蔓植物が一人でアヤトリをするものなのか?と思いたくなるような不思議な形をしておりました。
 大きさが一メートルぐらい。一瞬、誰かがイタズラで作ったモノではないのかと、蔓の周りを調べてみましたが、人が作った形跡はありませんでした。
 人間が余計な事をしなければ、こんな面白いモノを雑木林でみる事ができるワケです。蔓植物も一人遊びをするのですネ・・・\(@o@)/
 
雑木林の一人遊び-07.01.27

投稿者: 店主 日時: 18:45 |

2007年1月26日 金曜日

Mac OS Xとミツマタ

 工房のマシーンは今日から、すべてMac OS Xに移行。OS 9.22から、長い道のりでした。
 店主のマシーンはPower Mac G4の400 MHz。1999年8月発表され、2000年6月頃に購入。で、今日、最悪の状況を抜け出したPower Mac G4 Cubeは2000年11月頃に購入(このCubeは店主のマシーンではない。念のため)。この二台とも今年で7年目に入ることになる。使い方もかなりハード。ほとんど毎日使い続けてボロボロだけど、よく頑張っている。
 ある意味、よく壊れないものだと感心していたが、やっぱり消耗品はいつか壊れる。そこは人間と同じ。だから使い続けたいという思いも生まれる。
 捨てるのは簡単である。しかし、ここまでつきあってくれたヤツをそう簡単にポイ出るものではない。だから、必死で修理した。と言っても、店主にはとても修理できないので、師匠にお願いした。(^_^;
 ネットの環境も変化してくるし、Internet Explorerでは対応できないことも出でくる。なので、今回のトラブルを何とか克服できたら、Mac OS Xに移行しようと思った。
 G4もCubeも今となってはオールドマシーンだけど、りっぱり使える。OSさえ変えれば、何の問題はない。まだまだ、これからである。(^-^*) この工房では、Intel Macの出番はまだない。
 あと二、三年は今のマシーンを大切に使っていきたいと思う今日この頃です。

 で、今日の一枚はミツマタの花芽。和紙の原料にもなるこの植物、花芽はとても可愛い。ビロードのような白く短い毛おおわれて、春の日差しが長くなるのをじっとまっている姿は、かなり印象的です。
 
 
ミツマタ(三又)の花芽-07.01.26

投稿者: 店主 日時: 20:29 |

2007年1月25日 木曜日

政治家の経費

 今日のトップコメントで、「経費で五万円以下の領収書はいらない!という法律が出てくるらしい。\(^o^)/と思ったら、これは、政治団体事務所費のこと。これが改革案だとか。こいつらは本当にバカか!(-"-;) 07.1.25」と書いた。
 これは正確には「政治団体事務所費、5万円以上は領収書」というのが正しい。何故、以上と以下を変えたのかと言えば、店主の場合、5万円以上の買い物などほとんどしない。するのは、ほとんど一万円以下。五万円以下とすると妙にリアリティーが出てくる。
 マスコミも故意にこんなタイトルを付けているとは思いたくないが、普通の感覚では、自民党政治の感覚にはついていけない。この事を去年の工房の経費に置き換えてみると、一枚も領収書はいらないと言う事になる。びっくりである。
 ニュースでは、「(自民)党執行部は、七月の参院選で「政治とカネ」の問題に積極的に取り組んでいる姿勢をアピールするため、二十五日召集の通常国会で法改正を実現したい意向」とある。最初から、改革なんぞする気がないのは見え見え。こんな法改正で、税金を使われると思うと、ハラワタが煮えくり返る。
 何度でも言うが、こいつら!本当にバカである。
 今月から来月にかけて、確定申告の季節。一度でイイから、税務署で「うちでは、五万円以下の領収書はもらいません。これは法律で決まっています」と言ってみたいモノである。

政治団体事務所費・5万円以上は領収書

投稿者: 店主 日時: 12:59 |

2007年1月24日 水曜日

枯れたニラ

 ちょっと疲れております。身体もなんですが、いろいろと気になっていた事がうまく片付いてきたので、その反動で、少し気が抜けたのかもしれません。まぁ、悩んで疲れているのではないので、休めば気力も体力も取り戻せるでしょう。
 で、今日の一枚は枯れたニラ。前に書いたけど、畑のスミでこのニラはカスカスに枯れながらも、何故かそのままの姿で立っております。
 花も咲くのが遅かったせいもあるのか、いまだに直立して寒い風に吹かれております。なので、植物の雰囲気は、枯れていると言う事をのぞけば、あまり変わりません。花びらの代わりにタネのカラが開いて、花びらのように見えるのは、ちょっとした発見でした。
 で、こんな枯れ方も悪くないな・・・と、思う今日このごろです。

枯れたニラ(韮)とタネ-07.01.24

ニラ(韮)の花-06.10.07

投稿者: 店主 日時: 19:11 |

2007年1月22日 月曜日

イイ事ワルイ事とゴンズイの実

 今日はイイ事ワルイ事がいろいろとあって、かなりバダバタしておりました。

 イイ事は、アノ「研修医魂」のTeeシャツが完売した事。ハラハラドキドキの一週間でしたが、完売と聞くと、ホッとします。「研修医魂」では、まだこの後、いろいろと作戦を練っているようです。

 ワルイ事は、友だちのサトキンのお父さんがなくなった事。去年から危ないと聞いていたので、覚悟はしていましたが、やっぱり死んだと聞かされるとショックです。

 この歳になってくると、イイ事もワルイ事も同時にやってくるので、アタマの切り換えがかなり大変。仕事もかなりつまってきて、嘆いたり、喜んだりしているヒマがありません。ただただ黙々と目の前のことを片付けて行く!ハァ、やれやれです。

 で、今日の一枚はゴンズイの実。これも雑木林で見つけました。考えてみるとゴンズイの実のイメージは、今までアップした事がないかもしれません。
 冬の寂しい雑木林で、このゴンズイのピンク色の実はとても鮮やかです。実そのモノは、枝から落ちて、枯れた他の木の枝に引っ掛かって、風に揺れておりました。
 今日の風は今日でお仕舞い。明日は明日の風が吹く・・・ですかネ。
 
ゴンズイ(権萃)の実-07.01.22

投稿者: 店主 日時: 20:12 |

2007年1月20日 土曜日

大企業とロウバイ

 理由はわからないが、ここ何年か、大企業のスキャンダルに巻込まれる事が多い。と、言っても店主は直接、関係する事は無いのだが、知らず知らずのうちに影響は必ず出てくる。だから困る。
 一昨年の、ライブドア問題もかなり迷惑をうけた。店主は金銭的に問題は無かったけど、まわりでいろんな仲間が困っていた。知らぬ顔もできないので、仲間と会って話をしたりしていた。
 で、今回の不二家スキャンダルも心配している。店主、今はほとんど関係は無いが、昔はよく不二家さんのロードサイドレストランの仕事をしていた。また、街の小さな不二家ショップの仕事もした。
 なので、その頃の知合いがまだ沢山いる。店主の場合は、内装やサイン(看板)がらみの仕事だった。今頃、みんな困っているだろうなと容易に想像がつく。この事は、やれやれでは済まない。
 いつも思う事だけど、会社の社員も大変なんだろうけど、その周辺で仕事をしている人達は、もっと大変である。少しずつ積み上げてきた実績が、一瞬で崩壊する。すべてが連鎖反応をおこして、激しい渦に巻込まれてしまう。それを立て直すのは、容易ではない。
 その事を、大企業のトップとその周辺にいる人達は、はたしてどのくらい感じているのか、疑問に思う事がある。こちらに見えてくるのは自分達の事ばかり。
 それでも、そんなバカ企業を信じるしか方法がないのが、周辺で働く人達の実態である。大企業のトップは、間違いを徹底的にただして、きっちりと襟をただしてほしい。

 で、気分を変えて、今日の一枚はロウバイ。店主の家の近くのロウバイは、今、真っ盛りとばかりに咲き乱れている。冬の日溜まりで、このロウバイの写真を撮っていると、いい香りがする。
 ひかえめだけど、花に近づくと、フンワリと香ってくる。離れるスッ〜と香りが消える。なんとも、心残りのする花である。
 このロウバイが咲き出すと、寒い寒い!と言っているうちに、確実に季節はめぐっている事を感じる。人間界のスキャンダルなんかまったく関係ない!ここが植物のいいところです。

ロウバイ(蝋梅)の花-07.01.20

投稿者: 店主 日時: 18:51 |

2007年1月19日 金曜日

葉っぱから花が・・・

 去年の12月の半ばぐらいに買った切り花についていたサカキみたいな葉っぱに、最近、花が咲き出した。びっくりである。しかも、葉っぱの裏側のど真ん中に花が咲いた。
 最初、カビでも生えたのかなと思ったのだが、日ごとに大きくなってくる。葉っぱの大きさは5〜6センチ。この植物の芽でも出てきたのか思っていたら、何と花芽。そして、ついに開花。
 5ミリぐらいの大きさだが、どう見ても花・・・、ネットでいろいろと調べたが今のところ名前はわからない。知っている方がいらっしゃれば教えて下さいナ。(?_?)
 で、これが葉っぱのまん中に咲いた小さな花です。(^_^;)

葉っぱから花が咲いた!-07.01.19

投稿者: 店主 日時: 17:50 |

2007年1月18日 木曜日

気配りとカリンの実

 「研修医魂」のTeeシャツの仕事は、スーパータンクの芳根さんからご紹介して頂いた。で、年末の慌ただしい時期に、杉田さんという人から電話があって、すぐに打ち合わせ。店主、まったく杉田さんとは面識が無かった。どんな人かも知らなかった。
 打合せが終って杉田さんが帰られてから名刺を見ると、プロデューサーと書かれている。えっ!と驚いた。この業界の事はまったく知らないのだが、プロデューサーがTeeシャツを頼みにくるモノなのかと、驚いた。
 で、実際に仕事をしてみると、この杉田さんの気の使い方に驚いた。ニコニコしながらムリをいうのだけれども、少しもイヤなところが無い。しかも、Teeシャツをどのように使うかを真剣に考えている。これは手が抜けないゾ、覚悟した。
 しかも、店主のような末端の人間に関しても、気配りを怠らない。彼の気配りは、まことにスキがない。見ていて気持ちがいい。店主にとっても、今回の仕事はいい勉強になった。なんとか「研修医魂」が成功に終る事を祈っている。(本気でこんな気分にさせられたのは、ひさしぶりの事である。)

 で、今日の一枚はカリン。「研修医魂」でバタバタしながらも、しっかりと雑木林には出かける店主。これは、精神衛生上かかせない。どこかで、気持ちの更新をしないと、ヘンなものがたまってしまう。
 このカリンの実は、雑木林に行くと途中の畑のすみにはえている。今の季節だと、風に吹かれて実が落ちてくるので、それを拾っては、玄関の片隅においておく。
 疲れて自宅に帰り、自宅のドアをあけると薄らとカリンの香りが漂ってくるのが、とても気持ちがいい。しかも、この香りはまとわりつかない。なんとも控えめな実である。ところでこの事は、Tea Roseの深津さんに教えていただいた。
 今年はなんとか、このカリンの花をモノにしたいナと、思っております。

カリンの実-07.01.18

スーパータンク

投稿者: 店主 日時: 19:25 |

2007年1月17日 水曜日

┗(・o・)┛→ (-"-;)

 「研修医魂」を見て、アイウォナビーアドクター〜〜、アイウォナビーアドクター〜〜、と浮かれておりましたら、Teeシャツのオーダーが入るやら、サインの仕事が入るやらで、カッティングマシーンがふる稼働。しかも、材料がたりない!なんてこったア〜
 さて、明日はどうなりますやら・・・ハァ〜やれやれ。

投稿者: 店主 日時: 20:20 |

2007年1月16日 火曜日

冬の雑木林

 冬の雑木林に行きはじめてから二年がたった。一見、何も無いように思える雑木林だが、行き出すとやめられなくなる。理由は良くわからない。イヤ・・・
 ふかふかに積もった枯葉の絨毯をサクサクといわせながら、葉っぱの落ちた木々の中を歩き回っていると、とても気持ちが落着く。のっぽの樹がゆっくりと風に揺れているのを、ぼんやりと見ていると、自分がどこか遠くに来てしまったような錯覚におちいる。これが、なんとも言えず気持ちがいい。
 とくに晴れてゆっくりと雲が流れているような日に、雑木林に行くと「雑木林という乗り物」に乗っているような気分になる。これは、体験してみないとわからないかもしれない。フワ〜ッと身体が木々の中に吸い込まれるような気分である。
 誰もいない冬の雑木林には、静寂という神様がゆっくりと寝そべっている・・・そんな気分にさせてくれる場所は滅多にない。

冬の雑木林-07.01.16

投稿者: 店主 日時: 17:25 |

2007年1月15日 月曜日

打ち出の小槌のタネ

 昨日の昼間、雑木林で見つけたカラスウリの実を、早速今日の朝、解体してみました。
 実を切り割ると、オレンジ色の果肉に包まれた種が見えます。イメージ的にはアケビの果肉の水っぽいような感じでした。縦に4粒から5粒ぐらいがならんでいました。
 果肉は結構ぬるぬるしております。それをほぐすと、一つのタネにわかれます。一瞬、味見をしてみようかなと思いましたが、渋いというのでやめました。
 タネは本当にかなり変わった形をしておりました。確かにカマキリの頭部に似た形にも見えますし、打ち出の小槌にも見えます。店主には、おでんに入っている昆布を巻いたような形の印象をうけました。
 少し画像の中のタネが小さいのはご容赦下さい。
 アッそれから、この縁起物のタネ欲しい人、先着5名様に差し上げますので、ご意見箱から住所、氏名を入れて送信して下さい。バニラさんとsaekoさんの分はとっておきますので、あしからず・・・(^_^; 残りは庭に巻きます。
 で、これがカラスウリのタネ。

カラスウリの実・解体図-07.01.15

投稿者: 店主 日時: 19:25 |

2007年1月13日 土曜日

カラスウリの実

 今日の一枚はカラスウリの実。雑木林のヤブの中にちょこんと隠れるようにあった。これが秋口だと葉っぱに隠れて、実を見つける事はなかっただろう。
 冬がきて、葉っぱも枯れ果てて枝が複雑に交差する中に、このオレンジ色の実が小枝に守られるようにして垂れ下がっていた。天然のゆりかごのような空間がそこにできていた。誰かが故意にこの実を隠したようにも見えた。自然は時々、こうしたイタズラをするから面白い。
 ところで、店主、カラスウリの実はカラスも食べないウリという話を信じていたが、どうもこれは間違いで、「ウィキペディア」によると「この果肉はヒトの舌には舐めると一瞬甘みを感じるものの非常に苦く、人間の食用には適さないが、鳥が摂食して種子を運んでいる。」とある。ふ〜ん、鳥は苦味を感じないのか・・・(;>_<;)
 これを読んで、思い出した事がある。今年の秋に大量のカラスウリの実が、半分ほどちぎられたようになっているのを見た事がある。かなり高い枝から下がっている実だったので、どうしてこんな事になったのか不思議に思った事がある。これはたぶん鳥の仕業だったか・・・
 それとこれも「ウィキペディア」の受け売りだが、「中にある黒褐色の種子はカマキリの頭部に似た特異な形状をしており、その形から打ち出の小槌にも喩えられる。そのため財布に入れて携帯すると富みに通じる縁起物として扱われることもある。」とある。
 ふ〜ん、面白い!本当にそんな形をしているか、明日、探しにいってみよう。

カラスウリ(烏瓜)の実-07.01.13

ウィキペディア・カラスウリ

投稿者: 店主 日時: 16:14 |

2007年1月12日 金曜日

ケーキと枯れたイヌタデ

 店主、一年に一度、不二家のケーキを食べる。それはクリスマスケーキ。理由は何の事はないクリスマスプレートほしさに買うワケ。これはほとんど年末の行事のようになっている。
 今回の消費期限切れの牛乳使用事件、実に残念。裏切られたという感情よりも、ペコちゃん、ポコちゃんがかわいそうという思いの方が先にきてしまった。
 どちらにせよ、ここはしっかりと出直して、また、安全で美味しいケーキを提供してほしい。店主はこの歳になっても、不二家のイチゴショートは世界一と思っている。無論、クリスマスケーキもイチゴ。関係者の皆さん、ここは辛抱して頑張って下さいナ。
 ところで、クリスマスケーキの事なんだけど、いつも食べ切れずに、期限切れになってからも、もったいないと食べる店主・・・これはやめた方がいいのかな?でも、幸いにも一度もお腹はこわした事はない・・・(@o@;) 

 で、今日の一枚は枯れたイヌタデ。道端によくある雑草なんだけど、店主は好きな植物の一つ。
 今日の一枚のイヌタデは近くの駐車場で見つけたもの。フッと気になって、しゃがんでまじまじと見ると、何や知らんけどとても格好がイイ。とくに葉っぱの縮れ具合がイイ。
 枯れてしまうと誰も見向きもしないけど、こうした格好のイイ植物は結構沢山ある。ちょっと寒いのを我慢して、枯れ草を眺めてみるのもオツなものですヨ。

枯れたイヌタデ(犬蓼)の花-07.01.12

イヌタデの花-05.11.17

投稿者: 店主 日時: 18:58 |

2007年1月11日 木曜日

研修医魂とTeeシャツ

 店主は古い人間である。読む本も池波正太郎とか養老孟司とかそんな本ばかりを読んでいる。あとは、ヒマがあると植物図鑑を眺めている。テレビもほとんど見ない。だから芸能界のことはほとんど知らない。
 で、去年の暮れに「研修医魂 (けんだま)」というミュージカルの記念Teeシャツの依頼をうけた。\(@o@)/
 え〜と、出演者は森本亮治さん(テレビ「ごくせん」でデビュー)、与真司郎さん(男女8人組の「AAA」のメンバー)、河合龍之介さん(テレビ「恋する!?キャバ嬢」に出演)、北村栄基さん(ウォーターボーイズなどに出演)というメンバーで、《元カリスマミュージシャンが研修医!? 元気回復率200%保証!? 豪華キャストによるメディカル・スペクタクル・ミュージカル》となるらしい。
 弱った!店主ほとんど知らない人ばかり・・・(-"-;) それならと、芝居好きの姪に聞いてみると、若い人の間ではかなり有名らしい。ついでにいろいろとリサーチしてみると、今のお芝居とかミュージカルは、舞台の上だけではなく、いろいろと趣向をこらすらしい。
 今回の「研修医魂 (けんだま)」でも、1、公式パンフレット 2、研修医魂ポストカード(4種類) 3、携帯ストラップ 4、研修医魂 限定ギターピック 5、Tシャツ(4種類)ガールスサイズSML 6、公式パンフ+ピックセット 7、日時限定プロマイド など盛り沢山。ふ〜む、凄いですネ。
 面白いのは、無料診察と称して入場したお客様の中から抽選で選ばれた10人に、舞台終演後、バックステージで「研修医」4人とトークができるという企画があるらしい。は〜ぁ、よく考えてありますナ・・・
 で、Teeシャツの話。店主は大量にTeeシャツを作るのは苦手である。最初、話があった時、大量注文はイヤだなと思ったのだが、デザインが何点か上がってくると、どれもみんな可愛い。そこで、2種類のTeeシャツを作る事になった。Teeシャツは2色あるので、全部で4タイプ出来上がる事になる。しかも、袖にワンポイントが入っているスグレモノ。(*^o^)
 多品種、小ロットは『ビタミンTee』のお得意である。あとは劇場での売れ行きはどうなりますか・・・楽しみですネ。

ミュージカル 「研修医魂 (けんだま)」 公式ブログ

投稿者: 店主 日時: 12:55 |

2007年1月10日 水曜日

「お店計画」その1

 え〜と、新企画です。その名も「お店計画」・・・┗(・o・)┛
 店主はとても臆病である。しかも、用心深い。なかなか本心を明かさない。黙っている事の方が多い。でも、言葉にしないと、なかなか見えてこない事もある。
 で、いつ頃からかははっきりしないけど、店を持ちたいと思いはじめた。記憶では、五年ぐらい前からぼんやりと、スペースの事を考えはじめたような気がする。
 それが具体的な形となって見えてきたのが、ここ一年ぐらい。Teeシャツのお店なのか、ギャラリーなのか、アート作品を扱うお店なのか、酔っ払いの集まるお店なのか、いまだに判然としないが、兎に角、みんなが気楽に集れる場所がほしいと思うようになった。
 しかし、お店のハッキリした形はなかなか見えてこない。今の工房の契約があと一年ちょっとあるので、この契約が終るまでには、何とかしたいと思っているのだが、いつも仕事に流されて、計画が前に進まない。
 それならいっそのことブログで、皆さんの意見を聞きながら、計画をねってはいかがなものかと考えた。これが吉と出るか凶と出るかはわからないが、どうせ自分の人生は思いのままにならないのが、当たり前。ならば、好きにした方がイイに決まっている。(;¬_¬)
 でも、本当にお店というモノを持つことなんてできるのかな・・・(~_~;)
 と、言う事で思い付いた時にアップするような形になると思いますが、よろしくお願いします。m(__)m

投稿者: 店主 日時: 18:44 |

2007年1月 9日 火曜日

冬のアロエ

 今日の一枚は多肉植物のアロエ。お正月にふらふらしていたら、北風が吹く団地の庭で群生しているのを見つけた。冬になると、都心でもこのアロエの花が目立つ。
 正確にはキダチアロエ(木立ちアロエ)と言うらしい。多肉植物全般に言える事だけども、何でこんな形になるのか、それが不思議。原産地はアフリカ南部およびマダガスカルとのこと。何の因果か、こんな寒い東京で花を咲かせるのか・・・
 で、画像処理して見るとこれがかなり面白い。色を変えてみると別の生き物に見えてくる。これは、もう一枚作ってみたくなるナ・・・(@o@;)

キダチアロエ(木立ちアロエ)の花-07.01.09

投稿者: 店主 日時: 19:48 |

2007年1月 8日 月曜日

雑木林とキノコ

 今日は今年はじめての雑木林めぐり。ちょっとお天気が良すぎるのは気になったが、まぁ、日影を求めて、北側か西側を狙っていけば、何かあるかなと出発。
 で、一度、外に出たのですが、日当たりのよい南側は暖かいのですが、やっぱり北側は寒い。これはまずいと自宅に戻って防寒対策をほどこして、再出発。歳はとりたくないネ・・・(;¬_¬)
 雑木林で気になったのは、ゴンズイの若い木。平均気温が高いのか、いまだにアブラムシがついていて、日溜まりの中で活発に動いた。また、寒風吹き荒む中で、立ち枯れたニラの種にも何故か毛虫がいた。
 タフなヤツはどこにでもいるものなのでしょうが、ちょっと無気味。それとドングリの実が少ないような感じ。いつもなら邪魔なぐらいあるのに・・・
 そう言えば、去年の12月31日、庭掃除の時に、自宅のクロッカスが芽を出しているのを見つけた。去年の発芽は二月の初旬だったので、1ヶ月以上早く芽を出した事になる。
 何か変な事ばかりだけれども、植物達は環境の変化にどんどんと対応してく。人間のようにムダは議論はしない。
 環境に対応しないと子孫が残せない。植物は原理原則に忠実。一方、人間の方は、環境を変えられると思い込んでいる。愚かな生き物の象徴である。一度破壊した環境は生半可な事では、再生できない。これが植物と人間の違いかナ・・・(`*´;)

 で、今日の一枚はキノコ。雑木林の奥の切り株にこいつは生えていた。そこでハタと基本的な疑問。キノコは植物なのか?
 分類学上でみると、カビなどと一緒の菌類ということになるらしい。図鑑によると「菌類の種類数が数万に及ぶ現在、これを植物の一群とするには少なからぬ無理がある。近年は菌類に対しても、動物、植物と対等の界の分類階級がが与えられる。・・・」(山渓・日本のきのこ・より)とある。
 確かに分類上は分けた方がいいのかもしれないが、雑木林の住人としては、完全な仲間。お互いに環境のバランスを保っている。朽ちた木を分解して、循環のシステムを作っている。みんな偉いね・・・(⌒-⌒)
 しかし、キノコの種類は見た目だけではなかなか判らない。生えてからすぐに色も変わるし、形も変わる。図鑑と照らし合わせても自信がない。
 こいつは切り株の端っこに、にょっきりと生えていた。大きさは大きいもので、10センチ以上もある。色もオレンジから小豆色に変色していた。図鑑ではマンネンタケ科の仲間に似ているような気がした。
 でもこのマンネンタケの仲間が、今頃にょきにょきと生えててくるモノなのかも、店主にはわからない。
 しかし、今頃の雑木林ではかなり目立つ存在。思わず足を止めてみいってしまった。もしかするとマンネンタケ科の仲間ではなく、タコウキン科の仲間かもしれない・・・やっぱりキノコは難しいナ。
 
マンネンタケの仲間?-07.01.08

投稿者: 店主 日時: 18:34 |

2007年1月 6日 土曜日

冬のダンス

 え〜と、今日もTeeシャツを作っておりました。新年早々有り難い事なのですが、さすがに疲れました。これにサインの方の急ぎの仕事がからんできて、いやはやまいりました。それでも、何とか目鼻がついて来週の半ばには・・・・・本当に何とかなるのかナ。

 ようやく今日の一枚が作れる時間がとれました。今日の一枚は雑木林の枯れた蔓。タンゴのように絡み合い、北風にあわせ踊っておりました。
 何でこんな複雑な形になるのか、毎度の事とは言え不思議です。で、これが冬のダンス、ダンス、ダンス・・・

冬のツル (蔓) ダンサー-07.01.06

投稿者: 店主 日時: 19:40 |

2007年1月 5日 金曜日

m(-_-;)m

 すいません。今日はアップできそうにもありません。m(-_-;)m

投稿者: 店主 日時: 20:42 |

2007年1月 4日 木曜日

急ぎの仕事が・・・

 人生なかなか思い通りに行かない。仕事始めでのんびりとやるつもりが、急ぎのお仕事が・・・まぁ、こんなモンが世の中と言うものでしょうかネ。
 なので、植物日記はイメージだけをアップ。
 今日の一枚は、サザンカ。今日はこんなところでご勘弁を・・・

サザンカの花-07.01.04

投稿者: 店主 日時: 20:25 |

2007年1月 1日 月曜日

足アトペッタン帳・1月

 明けましておめでとうございます。\(^o^)/

 今年から足アトペッタン帳を作って見ました。

 ここのコメント欄によろしければ、足アトをペッタンして下さいナ。(^_^;)
 不人気であれば、すぐにこのコーナー、ボツにします・・・(・・)/"

Happy New Year 2007-07.01.01

投稿者: 店主 日時: 00:02 |