« ネットとボブディラン! | メイン | 冬のオニドコロ »

2007年2月 2日 金曜日

NHKと住基ネット

 朝、東京新聞の朝刊に読んでいたら、こんな記事が載っていた。(ネットで探したのですが、この記事がなく、仕方なくここに転記させていただいた。)
 東京新聞さん、すいません。m(__)m

*****************************
東京新聞・二月二日朝刊・社会面より

NHK会長 「住基ネットで受信料徴収」

NHKは一日、受信料を回収する営業経費を削減するため住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)の活用を検討していくことを明らかにした。橋本元一NHK会長が定例会見で表明した。ただ住基ネットについては、個人情報漏洩(ろうえい)やプライバシー侵害の恐れが指摘されており、今後、論議を呼びそうだ。
 NHKとしては、転居で住所不明となった受信料滞納者や未契約者の所在地を特定する人件費などがかかることから、住基ネットを利用したい考えだ。

 法整備化要求へ

 橋本会長は会見で、「海外の公共放送は、受信者の移動情報を得るため、テレビ購入情報の通報や住基ネットと連動する施策が取られている。このような外部情報の活用を(政府に)求めていく」と述べ、法整備を働きかける意向を示した。
 住基ネットとの連動については、一月三十一日の自民党の通信・放送産業高度化小委員会(片山虎之助委員長)でも、「住民基本台帳の活用など、国としてもNHKを支援すべきだ」との意見が出ており、NHKとしては議論する環境が整ってきたと判断したようだ。

「例外」の根拠ない
 服部孝章立教大社会学部教授(メディア法)の話

 NHKは国家機関で、受信料は税金とまで考えないと、行政だけに使用される住基ネットを、NHKだけ例外的に使える根拠にはならず、活用検討は説得性に欠けている。プライバシー保護の観点から問題点も指摘され、いまだ議論がある住基ネットに安易に頼るのは、報道機関としてのNHKの組織体をゆがめることにつながるのではないのか。

東京新聞・二月二日朝刊・社会面より
*****************************

 単なる報道機関が住基ネットに入らせろ!と、ついに言い始めた。発言したのは橋本元一NHK会長。しかも、記事によると自民党の片山虎之助が裏で糸をひいているようだ。
 店主は「転居で住所不明となった受信料滞納者や未契約者の所在地を特定する人件費などがかかることから、住基ネットを利用したい」というのは嘘だと思っている。今は、世帯主に対して、受信料をとっているのを、将来はそこに住む人間の頭数に対してお金を取ろうと考えているのではないのか?
 これから、人口が減っていくし、自民党は受信料の値下げを、選挙の前に決めさせ、人気を取り戻そうしている。つまり、NHKのお金が確実に減っていくことになる。
 そこで、NHKと自民党が結託して、住基ネットへの接続を考えはじめたのではと、思っている。値下げで自民党の人気は上がるし、NHKにはお金が入る。とても、義務化法だけでは追いつかないというが本当のところではないのか。
 しかし、これを証明する方法が店主にはない。テレビメディアも新聞媒体も何も書こうとはしない。まったくの素人の店主でさえ、NHKがケーブルテレビと結託して、ワルさをしている事は知っている。問題はそれだけではない。しかし、新聞媒体は何も書こうとしない。(ほとんどのテレビメディアはNHKの子会社同然であるから、何もできないのは当たり前。最初から期待はしていない)
 で、Googleのニュースで(11時50分頃)NHKと入力して出てきた結果を見て、我が目を疑った。なんとどの新聞社も、ほとんど同じ原稿をネットで流している。こいつら何を考えているのか?と理解できず背筋が寒くなった。(関連記事で出てきた内容は、見ないとわからないので、最後にアップしておきます)
 元々、受信料なる制度にゆがみがあるのを、長年放置したまま、お金の話だけをするからこんな馬鹿げた事になる。不払いがおこると、今度は裁判だ!と恫喝する。こんな言い方はしたくはないが、今のNHKはヤクザと同じである。テメェ!俺のツラを見たな!金を出せ!という恫喝しかしなくなっている。そして、今度はそのヤクザが住基ネットに入らせろ!である。残念だが、今のNHKは存在そのものが不快な組織に成り下がってしまった。
 一報道機関が住基ネットに入る事ができれば、警察は言うに及ばず、公共関連の企業もいろんな理屈をつけて、住基ネットに入ろうとするだろう。下手をすれば、政党そのものも、税金の無駄遣いをなくすために入らせろと言ってくる可能性だってあり得る。だから、こんな住基ネットは、はじめから作るべきではなかったのではないのか。
 でも、国民の多くは見ているならお金を払うべきだと思っている。しかしこれも、本質的におかしい。今のテレビを買えばイヤでもNHKが見えてしまう。それを理由にお金を取るという事は、完全な抱き合わせ商売であり、ヤクザの経済論理である。ガス、水道だって、蛇口を買っても、ガスコンロを買っても使えない。使えるようにするには、お金を払って、つないでもらうしか無い。しかも、使った量で請求金額が決まるのが普通である。
 長くなってしまったけど、最近のNHKのゴタゴタを見ていて、NHKにはほとほと愛想が尽きてしまった。もう、こんな組織なくしてしまっていいのではないのか?というのが、最後の感想である。しかし現実は、ドコゾの将軍様と同じに、NHKのトップは自民党の政治家を抱き込んで、瀬戸際交渉を恫喝を交えてやっていくだろう。どうしたものか・・・ハァ〜やれやれである。

GoogleのニュースでNHKという言葉を検索

投稿者 店主 : 2007年2月 2日 17:17