« 2007年2月 | メイン | 2007年4月 »

2007年3月31日 土曜日

お店計画その4

 金曜、土曜と時間がすこしあったので、高円寺を重点的に流してまいりました。店主が遊んでいた頃からすると、ずいぶんときれいな街に変わったような気がしますが、かなり怪しそうなお店もまだあったりして、なかなか面白かったです。
 でも、ヤッパリ店主にとっては、高円寺はかなり濃い〜街です。ふらふらと歩いていると、いろんな記憶が蘇ってきます。
 そんな時に、不動屋で見つけた13坪、110,000円という物件が気になって、現地までいって見ることにしました。お店は、北口を出て早稲田通りの近くにありました。
 ところが、早稲田通りに出ると、不意に、20年前ぐらいにインドへ行ったまま行方不明になった「N」の実家が確かここら辺だったような気がして、探してみると、すぐそばにありました。
 そこは自転車屋さんで、しばらく店の前で、呆然と立っておりました。中に入って「N」の事を聞いてみようかとも思いましたが、まだ、行方不明であれば、余計な事を思い出させるだけと思い、その場を離れました。
 ちょっと複雑な気持ちで細いけどにぎやかな商店街を抜け、今度は南口の不動産屋を覗いていると、そこで、もう亡くなってしまった伊丹監督の下で助監督をしていた「NA」と、10年ぶりぐらいで出会ってしまいました。
 「NA」は確か年下だと思っておりましたが、ヒゲも白く、どこから見ても立派なオヤジになっておりました。人懐っこい目だけが昔のままでした。「まだ、映画の仕事をやっているの?」と聞くと、「映画屋はつぶしがきかないし、他に出来る事もないから、やっているよ」との返事。元気ならそれで十分と、「また、どこかで会おう」と言って別れました。
 ヤッパリ、高円寺は店主には濃すぎるかな・・・何か、高円寺で場所を探していると、仕事に失敗して、実家に戻ってアトをつぐような変な気分になりました。やれやれです。
 さて、来週はどこをまわってみますかネ・・・

投稿者: 店主 日時: 17:25 |

2007年3月30日 金曜日

Colors&リンズとセントウソウ

 今日、《Colors》のYu君から電話があり、そろそろ新作を・・・との連絡がありました。(^_^;
 三月も明日でおしまい。日曜日からは四月。店主もそろそろ新作をアップしようかと思っていたところです。Yu君、もう少し待って下さいナ。m(__)m
 また、いろいろな要望のあった作品も少しずつ手直ししようとも思っております。昨日の発泡素材もおもしろので、発泡を使った新作もなるべく早めにアップしようと思っております。
 これがそのテスト用で作ったリンズさんの発泡のTeeシャツです。《リンズ・商品番号 LI-P06(現在は販売しておりません)》チューブから押し出したクリームみたいで、手触りも柔らかくて気持ちがいいですヨ。
 なので、四月はドンドンと新作のアップをしていこうと計画中です。

 で、今日の一枚はセントウソウ。林の下などで春先にとても小さな花をつける植物。これも先日のミズタビラコと同じで、注意して見ないとなかなか発見できませんが、見つけると案外どこでも生えているのに驚かせられます。
 セントウソウがひとしきり咲き終わると、いろんな花が次から次へと咲き始めます。新作もアップしなければいけないし、お店の計画も進めなければいけないし、何やら四月はとても忙しくなりそうな予感がする今日この頃です。

セントウソウ(仙洞草)の花-07.03.30

《Colors》はこちら

投稿者: 店主 日時: 18:36 |

2007年3月29日 木曜日

二つの裁判

 最近の裁判はとてもわかりにくい。普通の人間が、裁判の内容をどのように解釈すればいいのか、首をかしげてしまうことがままある。
 例えば、ホリエモンの有罪判決と、日興コーディアルのお構いなし。
 日興コーディアルは「およそ180億円の利益を水増しした」。かたやライブドアは「53億4700万円の利益を計上することによって50億3400万円の経常黒字であったとする、虚偽の有価証券報告書を関東財務局長に提出した疑いがある」となっている。
 何故、日興コーディアルは裁判にはならないのか・・・どうも釈然としない。

 で、今日の日記に書きたいと思っていた裁判は、「栃木リンチ殺人の裁判」と「栃木県鹿沼市の市立北犬飼中三年の自殺をめぐる訴訟裁判」

 いじめが原因と認定 鹿沼中3自殺『傍観も加害者』 東京新聞記事の一部を引用
******************
「栃木県鹿沼市で一九九九年十一月、市立北犬飼中三年臼井丈人(たけひと)君=当時(15)=が自殺したのは、学校でのいじめが原因として、両親が県と市を相手取り、約一億一千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が二十八日、東京高裁であった。江見弘武裁判長は「継続的ないじめが行われていた九九年四月−七月末について、教員がいじめを阻止しなかった過失がある」として、市などに計二百四十万円の損害賠償を命じた一審宇都宮地裁判決を変更、県と市に計八百六十万円を支払うよう命じた。 

 訴訟では、いじめと自殺との因果関係が最大の争点となった。判決は「継続的ないじめが原因でうつ病になり、自殺の重要な契機となったことは疑いがない」と認定。さらに「理不尽な暴行を阻止せず、被害の継続を放置した級友のひきょうな態度もそれ自体がいじめで、自死に至った一つの原因。級友のすべてが加害者といえる事例だ」と踏み込んで指摘した。

 教員の過失について「加害生徒や傍観した生徒への指導、被害者の心の痛みを教える義務を怠った」と認めたが、自殺との因果関係については「二学期以降のいじめは減っており、把握するのは難しかった。一学期中のいじめが原因で自殺するとは予見できなかった」と否定した。」・・・・・続きは、下のリンクから読んで下さい。
******************
いじめが原因と認定 鹿沼中3自殺『傍観も加害者』−東京新聞

 栃木リンチ殺人裁判 3月29日8時0分配信 産経新聞の記事の一部を引用
******************
「 1審・宇都宮地裁判決は捜査怠慢と正和さん殺害の因果関係を認めたが、高裁の富越裁判長は怠慢との認定を一部にとどめ、殺害との関係は否定。「怠慢がなくても殺害を回避できた可能性は3割程度」として賠償額を減額、遺族の訴えは大きく退けられた。

 富越裁判長は、県警が正和さんの身体に危険が迫っていると認識できた時期を殺害1週間前の11年11月25日と認定。県警はこの日、やけどした正和さんの姿が銀行の防犯カメラに写っていることを、正和さんの母親から伝えられていた。

 富越裁判長は「この時点で正和さんの負傷の程度を確認し、保護することは検討できた」などと捜査怠慢を認めた。

 一方、正和さんと加害者が車で居場所を転々としていたことなどから「この時期に捜査を始めても、必ず正和さん殺害を阻止できたとは認められない」と判断。「殺害前に正和さんを発見できた可能性は3割程度だった」と結論付けた。なぜ「3割」なのか、の根拠は示していない。」・・・・・続きは、下のリンクから読んで下さい。
******************
栃木リンチ殺人控訴審判決 捜査怠慢で殺害否定 賠償大幅に減額−産経新聞

 中学生の自殺裁判で裁判長は、見て見ぬ振りをするのは「ひきょう」と、当時関わりを持たなかった中学生の生徒たちを断罪し、かたや栃木リンチ殺人の裁判長は、警察に助けてくれと懇願する親を無視して、捜査しなかった警察を「この時期に捜査を始めても、必ず正和さん殺害を阻止できたとは認められない」と言ったとか。
 しかも、「殺害前に正和さんを発見できた可能性は3割程度だった」・・・捜査をしなかったのに、何故、そこに可能性が出てくるのか?
 関わりを持たなかった中学生には「ひきょう」といい、懇願されてても何もしなかった警察に対して、助けられた「可能性は3割程度」という。
 この二つの裁判は何かが変である。「傍観も加害者」なら、栃木リンチ殺人の警察も加害者ということになりはしないのか。店主は心情的には、栃木リンチ殺人の警察の怠慢は犯罪だと思っているが、「傍観も加害者」というのであれば、店主も同罪ではないとは言い切れまい。
 そう言えば、今日、『<過労運転>5人死傷事故 トラックの配車係を逮捕』という記事もあった。トラックの配車係の仕事が犯罪になるなら、栃木リンチ殺人の警察官の行為も犯罪にはならないのか・・・また、中学生を自殺に追い込んだ学校、家庭、自治体、国は犯罪行為を認めたということにはならないのか・・・作為、不作為とは、何か?
 この二つの裁判を読んだとき、本当の加害者はどこにいるのかという根本が見えないような気分になるのは、店主だけなのか・・・

【関連】救わぬ級友『ひきょう』 親の教育にも警鐘−東京新聞

過労運転させた配車係逮捕=5人死傷玉突き事故−警視庁−時事通信

投稿者: 店主 日時: 16:54 |

2007年3月28日 水曜日

淫羊霍と仙霊脾酒

 淫羊霍・・・なんや知らんけどスゴイ字面。これは、今日の一枚の植物の、生薬の呼び名だそうです。ウィキペディアには「全草は淫羊霍(いんようかく)という生薬で精力剤として有名」とある。この生薬の元になる花が、なんと今日の一枚。名前をイカリソウ。
 なので、タイトルも斑猫堂さんの作品のような名前になってしまいました。
 撮影の時は変わった形の花だなと思いつつ撮ったイカリソウ、実は精力剤として有名だとは、店主、調べるまでまったく知りませんでした。何でもバイアグラと似たような効果が得られるとか・・・(@o@;)
 www.e-yakusou.comによると「淫羊霍(いんようかく)は中国のホザキノイカリソウから調製される生薬で、ホザキノイカリソウを食べた羊が1日に100回も交尾するほど精力の強いところからこの名があります。 」とある。ホンマかいな・・・(・_・;?)
 この花、8枚のがく片と4枚の花弁からなっていて、4枚の花弁が錨の形に似ているところから、イカリソウという名前がついたそうです。
 そう聞くと、何々、その生薬はどうしたら作れるの?と思ってしまう。「採集と調整・地上部の茎葉を葉のでそろう6月〜7月に刈り採り、天日で乾燥し、細かく刻みます。これが生薬で淫羊霍(いんようかく)です。 」とある。本当にこれで効くのか・・・?
 「薬効・用い方・強壮、強精の目的で、乾燥した地上部の茎葉を1日量8〜10グラムに水0.5リットルを加えて、煎じながら約半量になるまで煮詰めたものをこして、3回に分けて食間に服用します。粉末にした場合には、1日量3〜5グラムを3回に分けて服用します。」とある。
 でも、今更、精力絶倫になってもネ・・・と思いつつ、何故か後ろ髪をひかれる店主。┗(・o・)┛
 生薬はちょっとな・・・と、いう方には仙霊脾酒がお勧めらしい。
 www.e-yakusou.comによると「イカリソウ酒・一般には、薬酒としての利用が多いようです。イカリソウの乾燥した地上部を刻んだもの200グラムにグラニュー糖を約半量加えて、ホワイトリカー1.8リットルに漬けます。2〜3ヶ月後に20ミリリットルくらいを1日2回に分けて服用します。このイカリソウ酒は仙霊脾酒とも呼ばれ強壮の効き目があるとされます。 」
 イヤ〜植物は面白いですネ。で、これがそのイカリソウの花。とても、そんな効用があるとは思えないきれいな花です。それから、イメージの花はもしかしたらトキワイカリソウかもしれません。念のため。

イカリソウ(錨草)の花-07.03.28

www.e-yakusou.com・イカリソウ,淫羊霍(いんようかく),和淫羊霍(わいんようかく)

『斑猫堂』はこちらです。

投稿者: 店主 日時: 18:17 |

2007年3月27日 火曜日

セクシー寄席とハナニラ

 メールでいろいろとお知らせが届いている。その中に、『セクシー寄席』なるものがあった。一瞬、スパムメールかと思いきや、よくよく読んでみると『セクシー寄席』なるユニットが、世の中にはあるらしい・・・(^_^;
 店主、かなりのゲイノウ音痴。研修医魂の時も、実はほとんど役者さんのことを知りませんでした。m(__)m この人、誰?と、ほとんどボケ老人状態。┗(・o・)┛
 で、『セクシー寄席』をネットで検索してみると、『WAHAHA本舗の宝塚型ユニット。ニーズに合わせて3名〜8名まで変幻自在の編成が可能。女性による男性のためのセクシーなネタを寄席形式で展開する。』とありました。
 女性による男性のためのセクシーなネタ・・・とは、どんなモノなのか見てみたいような、見たくないような・・・(;¬_¬)
 しかも、こっこれがスゴイ美人ぞろい・・・(@o@;) これが芸能人というモノなのか!・・・なんや知らんけど、噂ではこの夏、このユニットが爆発するらしい!コワイですネ。

 フ〜ウッ、芸能ネタは疲れますネ。ヤッパリ、店主は植物の方が生にあっているようです。
 で、今日の一枚はハナニラ。東京近辺では、今このハナニラがさかりと花をつけております。原産地はメキシコ、アルゼンチン、ウルグアイ。
 昔は珍しいなと思ったのですが、最近は繁殖力が強いらしく、いろんなところで見かけるようになりました。
 この花どこか、エキゾチックな形をしているように感じていたので、今日の一枚もそれ風にまとめて見ました。如何でしようか・・・(^_^;
 アッ!それからこのハナニラ、ニラというぐらいだから、食べられるのかと思い調べたら、「ニラのように食べても特に害は無いが、不味らしいので勧められない。」とありました。

ハナニラ(花韮)の花-07.03.27

セクシー寄席

投稿者: 店主 日時: 19:06 |

2007年3月26日 月曜日

TODAYとajisai&スズメノヤリ

 お花見シーズンのためでしょうか、TODAYさんと、バラエティーのajisaiさんのTeeシャツがここのところよく売れております。
 TODAYさんは作品数は少ないのですが、不思議と売れます。店主も見習いたいと思うのですが、これがなかなか難しい。ヤッパリ、デザインがいいのでしようかネ・・・(^_^;
 それから、ajisaiさん、実は2月末で閉店(一号店の味彩は変わらず営業)。残念と思っていたら、何故かajisaiTeeシャツがここにきて売れております。記念に買っていくのでしょうか?皆さん、ありがとうございます。m(__)m
 尚、二号店の方は閉店しましたが、一号店の味彩は頑張っていますので、このまま販売を続ける予定でおります。

 で、今日の一枚は日だまりの中で見つけたスズメノヤリ。これもとても小さくて、茎から花まで、10cmぐらいの大きさ。探そうとしないとなかなか見つかりません。
 スズメノヤリはイグサ科に属する植物。似た種でヤマスズメノヒエというのもあります。こちらは店主、まだ見つけられてはいません。
 スズメノヤリが出てくると、春も本番。次から次といろんな植物が花を咲かせます。楽しい季節の到来です。\(^o^)/

スズメノヤリ(雀の槍)の花-07.03.26

『TODAY』

『バラエティー・ajisai』

アジサイ・味彩 ajisai の1号店。自由が丘にあるダイニングバー。

投稿者: 店主 日時: 18:49 |

2007年3月24日 土曜日

脳みそが・・・

 ふ〜む、今日は脳みそが働くことを拒否している。そんな日もあるさネ。(-。-)y-~~~~
 なので、そそくさと今日の一枚へ。ヒュウガミズキ、薄い黄色の花が心を和ませてくれます。ヤッパリ脳みそが・・・すんません。m(._.)m

ヒュウガミズキ(日向水木)の花-07.03.24

投稿者: 店主 日時: 16:35 |

2007年3月23日 金曜日

君の名は・・・

 いくら調べてもよくわからないのが、今日の一枚。そいつは灌木の下にものすごく小さな花をつけて、たたずんでおりました。花の大きさは2〜3ミリ。よく見ないとほとんど花とはわからない大きさ。
 で、似た花の名前を挙げると、これだけでて来た。ワスレナグサ(忘れな草)・エゾムラサキ(蝦夷紫)・ミヤマワスレナグサ(深山勿忘草)・ミズタビラコ(水田平子)・キュウリグサ(胡瓜草)。
 ワスレナグサにしては花が小さいような気がします。エゾムラサキもよく似ているような気がする。
 最初はミズタビラコかと思ったのだが、よくよく調べるとキュウリグサにも似ている。
しかし、あんな場所に咲くものか?自信がない。
 以前、載せたキュウリグサは、その花を見た植物園で同じ写真が展示してあったので間違いなしとしたが、今回は、地にはうように生えていて、印象がまるで違う。
 撮影の時も苦労した(店主、撮影はほとんどオートフォーカスで撮る。で、このブルー系の花は、何故かピントが合わない。)が、種別でこれほど悩まされるとは思わなかった。
 さて、弱った。(~_~;) 君の名はと問いかけて、答えてくれると、気分もサッパリするのだが・・・

君の名前は?・・・-07.03.23

キュウリグサ(胡瓜草)-06.05.22

投稿者: 店主 日時: 18:19 |

2007年3月22日 木曜日

丘陵地とウグイスカグラ

 昨日、京王百草園にいった。おかげさまで、今日は身体がとてもしんどいことになっている。でも、丘陵地にあるだけあって、いろいろな植物が芽吹いていて、植物好きにはかなり楽しめる場所でした。
 それと、百草園のなかの三檪庵(さんれきあん)という蕎麦屋?さんはなかなか風情があってよかった。店主、時代小説が好きなので、蕎麦をすすっていると、江戸時代にでもタイムスリップしたような感じになる。
 鬼平の「今日はひとつ、なんとか暇を見つけて、半刻か一刻を、ぶらりとおのれの好きな場所へ出かけ、好きな食物(もの)でも食べ、・・・」という気分を堪能させていただいた。
 ただ、傍若無人な子供たちには、ちょっと閉口したが、散策路がいくらでもあるので、逃げ込む場所には苦労をしなかった。
 丘陵地がいいところは、場所によって、しゃがまなくても撮影ができる場所がいくつもあるということに尽きる。道の横が斜面になっていて、そこが日当りがよかったりすると、今の季節だけに生えてくる植物を、目の前で見ることができるという幸運に巡り会える。
 で、今日の一枚は、百草園をでて、駅に向かう散策路の途中で出会った一枚。ふっと見ると、目の前にピンク色の植物がぶら下がっておりました。
 一見、地味に見えるのですが、よくよく見ると清楚でありながら、桃色のかわいらしい花が印象的なウグイスカグラ(鶯かぐら)。
 そう言えば、百草園に行く途中で、鶯のさえずりを何度も聞いた。百草園にたどり着くまでの坂道で、汗をかきながら聞く鶯の声もなかなかオツナものでありました。
 で、これがそのウグイスカグラ。名前はウグイスとついているが、直接、鶯とは関係がないようである。鶯が鳴く頃に咲くので、ウグイスカグラと名前がついたらしい。

ウグイスカグラ(鶯かぐら)の花-07.03.22

投稿者: 店主 日時: 18:44 |

2007年3月21日 水曜日

百草園とスノーフレーク

 今日は京王百草園(もぐさえん)というところに行ってきました。あまり期待をしないで行ったのが良かったのか、なかなかおもろしい植物と出会えました。
 しかしこの百草園はアップダウンがかなり激しくて、小さな山のようなところを調子にのって歩き過ぎたのか、ひざがガクガクしております。ハァ〜、何とも情けないナ・・・(-_-;) この京王百草園の植物は後日アップします。

 で、今日の一枚は、先週、工房の近くにある国立能楽堂の植え込みの中で、見つけたスノーフレーク。群生するでもなく、誰かが捨てた土に混ざっていたのか、ツツジ植え込みのなかで、毎年、花を付けております。
 別名はオオマツユキソウ(大待雪草)とか、スズランズイセン(鈴蘭水仙)とか呼ばれている植物。原産は、オーストリア、ハンガリー、欧州南部。昭和11年頃に日本に入ってきたらしい。
 スズランに似ていますが、スノーフレークはヒガンバナ科で、スズランはユリ科。でも、スズランに似てとても清楚で可愛い花です。

スノーフレークの花-07.03.21

投稿者: 店主 日時: 17:53 |

2007年3月20日 火曜日

お店計画その3

 お店計画の前に、先日の日曜日頃に、ご意見箱からメールをいただいた方(山口、岡山、鳥取、近辺)メールのアドレスが間違っていたようで、返信ができません。お手数ですが、再度、アドレスをお知らせ下さい。よろしくお願いします。(^_^;)

 先日、ちょっとお酒を呑む機会があって、そこでお店をどこに出すのかという話になった。
 で、そこで出た場所を忘れないうちに書いておく。

 1.中野ブロード・ウェイ(ここはかなり狭いスペースになる可能性がある)
 2.南新宿・新宿高校の裏手のビジネスホテル街(新宿とは思えないほど静かな場所。店主が好きな場所)
 3.新宿御苑、千駄ヶ谷門付近(ここも店主の趣味とあうが、難しいかな・・・)
 4.高円寺南口(昔、ムービンがあったところなんかは、少し外れていて面白いかも)
 5.荻窪教会通り(ここも店主の好きな町、ここにあったJAZZ屋さんが好きでした)
 6.国分寺夜更かし通り(ちょっと遠いかもしれないけど・・・)
 7.渋谷鴬谷町(ここも閑静なところで、店主の趣味かな)
 8.後は、一つ目小町(例えば新宿なら、小田急線の南新宿。渋谷の井の頭線なら神泉・・・など)

 いろいろと思いはつきないけど、どこか面白い場所やご意見がありましたら教えてくださいナ。そろそろ真剣に探さないと、と思っております。よろしくお願いします。m(-_-;)m

投稿者: 店主 日時: 19:50 |

2007年3月19日 月曜日

研修医魂とレンギョウ

 一月にお手伝いしたミュジカールの研修医魂、大変いい勉強になりました。どこが勉強になったかというと、こうしたお芝居の記念Teeシャツでも、丁寧にやれば無駄な在庫を残さず、お客様にも、制作サイドにも喜んでもらえるということが、ある程度、実証できたことです。
 最初は恐る恐るの提案でしたが、やればできる!もっと面白く楽しくできる!という確信を、今回の作業で強く感じました。
 実はこの《研修医魂》はまだ続いておりまして、今、その最後の追い上げ(ビタミンTeeの場合)をしております。
 《研修医魂》そのものは、五月にDVDが発売!と活動は続くようです。ファンの皆さんは、まだまだこの《研修医魂》から目が離せませんヨ・・・

 で、今日の一枚は、レンギョウ。この季節になると、店主の狭い庭では、一番派手な顔をしております。競争相手は、スミレとヒメスイセンぐらいなものなので、かなり目立ちます。
 レンギョウと言ってもいろいろとあって、たぶん、店主の庭のレンギョウはシナレンギョウ(支那連翹)ではないのかと思っております。他にもヤマトレンギョウ、チョウセンレンギョウといくつか種類があって、葉っぱと花が同時にのびるのはシナレンギョウの特徴らしい。
 そう言われると、このレンギョウ、少し変わっているのは大陸の血が混じっているせいなのかと、妙になっとくする店主でした。

レンギョウ(連翹)の花-07.03.19

投稿者: 店主 日時: 19:21 |

2007年3月18日 日曜日

鬼平の休日

 池波正太郎の鬼平犯科帳、その七の寒月六間堀(かんげつろつけんぼり)を読んでいたいたら、こんな記述があった。
 [つまりは、人間というもの、生きて行くにもっとも大事なことは……たとえば、今朝の飯のうまさはどうだったとか、今日はひとつ、なんとか暇を見つけて、半刻か一刻を、ぶらりとおのれの好きな場所へ出かけ、好きな食物(もの)でも食べ、ぼんやりと酒など酌みながら……さて、今日の夕餉には何を食おうかなどと、そのようなことを考え、夜は一合の寝酒をのんびりとのみ、疲れた躰(からだ)を床に伸ばして、無心にねむりこける。このことにつきるな]
 さて、そろそろ自分も横になりますかネ……

投稿者: 店主 日時: 20:59 |

2007年3月17日 土曜日

ウサギの耳とネズミの耳

 寒いのがなかなか止まりませんネ。このままドンドンと寒くなったら、咲きかけの花が枯れてしまいそうで心配です。
 今日も道々いろいろと眺めて来たのですが、イヌノフグリやハナニラなんかは、寒さのためか、花がほんの少ししか開きません。ヤッパリ、植物も寒いのは苦手のようです。
 で、今日の一枚はミミナグサ。多分、オランダミミナグサだと思います。ここらへんのミミナグサ、ツメグサ、ノミノツヅリ、ハコベなどは大きくして見ないと、老眼の店主にはなかなか判別がつきません。
 みんな同じ形に見えてしまいます。老眼は悲しいな・・・でも、休みに散歩する時は虫眼鏡をちゃんと持って出かけます。
 今日のオランダミミナグサは、花びらがウサギさんの耳のような形をしているので、割と見分けやすい植物です。なので、ミミナグサのミミはウサギの耳かと思ったら、対生した葉をネズミの耳に見立ててこの名がついた、と図鑑には書いてありました。
 フ〜ン、花びらではなく葉っぱですか・・・

オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草)-07.03.17

投稿者: 店主 日時: 19:09 |

2007年3月16日 金曜日

ブツブツ・・・

 本当はどうでもいいことだけど・・・・・・
 ホリエモンが塀の上から塀の中に落ちたらしい。で、日興コーディアルは、東証の独自判断で上場維持となっている。両者の違いがよくわからない。一方は有罪で、一方はお構えなし。きっと、背後にはとてつもないバケモンがいるんでしょうネ。
 それから、《松岡農相は16日の閣議後会見で、光熱水費の内訳を証明するための領収書を持っていることを明らかにした。ただ、現時点での内容説明については「法律で定められた以上のことをするのは判断がつきかねる」と改めて否定。》あるなら、出せばいいじゃないのといかないのが、日本の政治理念らしい。後ろで、アベちゃんがハタをふっているヨ。
 不快なのが、西武球団。二人の若者を地獄に引きずり込んで、平然としている。イヤ、反省しているかもしれないが、内心、他もやっているのヨと確信しているのか?この球団、二人の若者より、ファンの方が大切らしい。そういえば、原宿の駅前にあった堤信号はどうなったのかナ。
 《志賀原発事故隠し、発覚発端は社員の内部告発》というニュースが流れている。社員が言わなきゃ、今でも闇の中ということらしい。電力会社というのは、嘘の巣窟なの?
 受信料支払いの義務化の問題で、片山虎之助がそろそろ舞台ができあがったと、ご登場。パチパチパチッ、何とも嘘くさい連中である。ようもそんなサル芝居やるわナ!
 で、片山大先生、ホリエモンには差し入れはしないのかナ・・・

 店主がこの手の話を書くとどうも生臭くいけません。ドロドロです。悪臭プンプンです。
 で、口直し(ハギーさん勝手にリンクしてすいません)に、DARSANAのハギーさんの日記をどうぞ。

父子無事絵日記・うた、について。他。 

投稿者: 店主 日時: 17:28 |

2007年3月15日 木曜日

パブロフな店主

 さて、店主の庭にもシダの新しい芽が出てきました。こいつを見つけると、ほとんど、パブロフの犬のように画像処理をしたくなります。
 理由はわかりませんが、とにかくシダ植物は好きで、植物日記にも多分一番多く登場しているような気がします。
 でも、シダのことはほとんど知りません。調べる前に形の方が気になって、ついつい写真を撮ったり、画像処理にハマってしまったりします。

 で、パブロフのことが気になって調べたら、こんな記述がウィキペディアにありました。
《条件反射(じょうけんはんしゃ)とは、動物において、訓練や経験によって後天的に獲得される反射行動のこと。ソ連の生理学者イワン・パブロフによって発見され、パブロフの犬の実験で有名になった。
パブロフの犬のような唾液分泌の条件付けは、長い間、哺乳類などの高等生物にのみ起こる、と考えられていたが、条件付けのモデル生物としての意味ではアメフラシなどにも起こる。また、2006年には東北大学の研究によりゴキブリにも起こることがわかった。》
 フ〜〜〜ン、ゴキブリでもパブロフ現象はおこるのかイ・・・┗(・o・)┛

シダ(羊歯)の新芽-07.03.15

投稿者: 店主 日時: 18:51 |

2007年3月14日 水曜日

眠気とユキヤナギ

 今日は本当に眠たい一日でした。Webの仕事で、今週末までに160ページも作らなくてはならなくて、今日からその作業にとりかかったとたんに、眠気に襲われてしまいました。
 必死に音楽を聴いたり、可愛いオネエちゃんの写真を眺めたりして、気分を変えようとするのですが、ほとんど、焼け石に水。ちょっと作業を進めると、気が遠くなってしまいます。
 気がつくと、マウスを持ったまま、意識が飛んでおりました。これって身体がこの作業を嫌っているってこと?身体は正直者だからなぁ・・・(;¬_¬)
 それでも、何とか予定をこなして、一息ついております。
 で、気分転換にと、今日の一枚を作りはじめたら、不思議なことに眠気はどこかに消えてしまいしまた。ハ〜ッ、やれやれ・・・
 今日のユキヤナギは咲き始めが一番好きな花です。なかなか満足できる写真が撮れずに苦労しました。個人的に今日の一枚は気に入っております。咲き始めの優しげな感じが、うまく画像処理できたと思っております。
 やっぱり、花はいいな・・・(^_^;

ユキヤナギ(雪柳)の花-07.03.14

投稿者: 店主 日時: 18:53 |

2007年3月13日 火曜日

ゆらやよい

 柚楽弥衣さんのブログを覗いたら、とても気持ちのいい音があったのでご紹介します。
 それにしても、最近のブログは凄いネ

YulaYayoi's song on the K.U.R.O's Track

投稿者: 店主 日時: 19:28 |

どの名前がお気に入り?

 今日の一枚は、ショカツサイ(諸葛采)・ムラサキハナナ(紫花菜)・ハナダイコン(花大根)・シキンソウ(紫金草)・オオアラセイトウ(大紫羅欄花)といろいろな名前をもつ紫色の花。
 店主の周りの空き地では、まずこの花が枯れ葉の間からスルスルとのびて、紫色の花をつけます。他にもいろいろと植物はあるのですが、群生するので、とても目立ちます。
 店主は勝手にこの花のことをダイコンバナと呼んでいますが、今日はショカツサイという名前で、ご紹介します。何でも、諸葛孔明が広めたとの伝説が残っているとか。
 たかが花の名前でも、いろんな歴史を背負っているものなのですネ・・・

ショカツサイ(諸葛采)-07.03.13

投稿者: 店主 日時: 18:48 |

2007年3月12日 月曜日

春の贈り物

 店主、悲しいかな老眼。なので、あまり花が小さいと、モニターで拡大しいなと見えないことがよくある。
 で、特に何も考えずに撮ったのが、今日の一枚。画像データをモニターで開いたら、春が爆発しておりました。小さいユリの花のような形が無数に咲き乱れ、見事な花束をつくっていました。
 まさしく、春の贈り物です。

春の贈り物(フキの花)-07.03.12

投稿者: 店主 日時: 17:54 |

2007年3月 9日 金曜日

カッターとクリスマス・ローズ

  今日は昼間、JAPAN SHOPと建築・建材展という展示会に行ってきました。結構、人が入っていて盛況だったのですが、店主的には、イマイチでした。
 環境だ!便利だ!使いやすい!といろいろな製品、材料があったのですが、見て廻る途中で、あるブースで、デザイナーズカッターのセットを見てから、何故か、気分が沈んでしまいました。
 このデザイナーズカッターのセット、昔からよく知っていて、使いこなすのが大変なシロモノ。本当のプロの人が使うカッターのセット。それを見たとき、今時いったい誰がこんなモノを使うのか、それが理解できなかった。
 ブースの人に聞くと、どうもディスプレー代わりに置いている雰囲気。積極的に売る様子もない。
 なんだかナ・・・と思いつつ、実は、今日見た商品の中で、このセットが店主の印象に一番強く残っている。道具とは何なのか?普通の人は、便利な方がいいじゃないかと、思うのかもしれないが、店主からこのカッターのセットを見ると、無限の可能性がある道具に見えてくる。
 この事は、じつに説明しづらい。説明しようとすると、人間とは・・・という話になってくる。忘れられた道具。誰も使わなくなった道具。人間の「手」を使わなくなった時代の悲しみが、そこにあるような気がしてならないのは、店主だけなのかナ・・・

 で、今日の一枚はクリスマス・ローズの花。これはTea Roseの深津さんからいただいたモノ。水と肥料さえかかさずにあげていれば、こんな立派な花が咲く。今時の人間にこんな強さが残っているのだろうか・・・と、植物を見るたびに思ってしまう。
 ウ〜〜〜ン、どうも今日はいかんな。感傷的になっている。まだ、あのデザイナーズカッターのことがアタマに・・・・・クリスマス・ローズの花を見て、気分転換!・・・

クリスマス・ローズの花-07.03.09

気分転換にはこの曲「カノン!」

投稿者: 店主 日時: 19:28 |

2007年3月 8日 木曜日

線路バタの水仙

 夕方から、バタバタしております。日記を書く時間がなくなってしまいました。
 で、今日の一枚は線路バタで見つけた水仙。店主にとって、この線路バタは貴重な植物観察の空間。人が立ち入らないというだけで、植物はのびのびと仲間を増やしています。
 でも、よくよく考えるとこんなところしかないというのは、何とも悲しいナ・・・
 
スイセン(水仙)の花-07.03.08

投稿者: 店主 日時: 18:39 |

2007年3月 7日 水曜日

所得格差とカンスゲ

 今日のニュースで、「1人当たりの県民所得(名目)でトップの東京と最下位の沖縄の差は257万円と、前年より7万円も拡大」というのを見ました。一体全体、誰がそんなにたくさんのお金をもらっているか?店主の周りには、そんな知り合いほとんどいない。
 店主の年収はきっと沖縄の人と同じぐらいか、それより下の可能性があります。しかし、自然の格差は、絶対に沖縄のが上。東京23区の自然は、沖縄から比べたら、最悪なのは自明の事。
 何でもお金の尺度で考えるのは、さもしい人間の考える事。これって、負け惜しみかナ・・・w(゜o゜)w 
 で、よくよく考えると、店主、所得は沖縄以下で、住んでいるのは東京。これって最悪ジャン!{{{{(+_+)}}}} Ψ(`◇´)Ψ

 でも、最低人の店主でもこんな花を見つける事ができます。今日の一枚はカンスゲ。きっと知らない人の方が多いのではと、思います。地味な花です。
 このカンスゲの葉っぱは冬でも枯れません。とてもタフなヤツです。ここのところの暖かさで、寝起きのアタマみたいな花が、雑木林の奥で咲いておりました。

カンスゲ(寒萓)の花-07.03.07

投稿者: 店主 日時: 19:47 |

2007年3月 6日 火曜日

雑草魂

 最近、生臭い話が続いたので、気分転換に画像処理をしておりました。で、久しぶりに今日の一枚をアップ。やっぱり植物はいいですネ。
 今日の一枚は、荒れ地や道端など春になるとどこにでも顔を出すナズナの花。名前の由来は、夏になると枯れることから、夏無(なつな)というところからきたらしい。フム、店主もこの事は知らなかった。
 しかし、イメージ的には荒れた土地でも生える事から、ぺんぺん草という有り難くない名前も頂戴しているのだが、よくよく見ると花は、小さいけど意外に可愛い。ペンペンの由来は、花の下に付いている果実が、三味線の撥(ばち)に似ている事からきたらしい。
 しかも、このナズナは民間薬としても、かなりの優れものらしい。『ウィキペディア』によると、 「民間薬として陰干ししたのちに煎じたり、煮詰めたり、黒焼きするなどしたものは肝臓病・血便・血尿・解熱・下痢・高血圧・止血・生理不順・腹痛・吐血・便秘・利尿・目の充血や痛みに効き、各種薬効に優れた薬草として用いられる。」とある。
 雑草魂、ここにあり!という植物のようです。
 
ナズナ(薺)の花-07.03.07

投稿者: 店主 日時: 18:56 |

2007年3月 5日 月曜日

破れと憂鬱とホルバイン

 店主のTeeシャツのブランド名は「Melancholy(メランコリー)」という。
 あまり、意味など考えもせず名付けたワケだが、こうして、Teeシャツを作り続けてみると、不思議と作品が「Melancholy」になってくるから、面白い。本人はほとんどそんな意識はない。
 いい作品かどうかは、とりあえず置くとして、今回の「破れ」シリーズはこの「Melancholy=憂鬱」という言葉が深く根底を流れてるいるような気がする。
 このシリーズ、コラージュモノなので、最初はどうしたものかと悩んだ。眺めているうちにこの骸骨が内包している憂鬱が気になりだして、とりあえず発表してしまえ!と心が決まった。
 人の目に晒して見ると、また、違う発想が生まれるかもしれない・・・

Melancholy(メランコリー)のTeeシャツはこちら

投稿者: 店主 日時: 18:03 |

2007年3月 3日 土曜日

詐欺だ!と叫べ

 今日のぼやき日記は二連発。
 今日の朝、SBの携帯電話お客様相談に電話をした。
 もう一台ある携帯電話の電池の調子がわるくなって、一週間前にお店で相談したら、お店で買うと、4,000円以上します。でも、ポイントが3,000ポイン以上あるので、携帯から申し込むと2,000ポイントでもらえるから、そちらの方が得と言われた。
 で、お客様相談に電話をすると、今は電池の申し込みは、電池の入荷がいつになるのかわからないので、受付をしていないと言われる。(ネットの方も、申し込みのページを閉鎖しているらしい)
 またか!である。この詐欺集団め!と、いつになったら再開するのか、入荷はいつになるのかと、入荷したら連絡をくれるのかと問いつめると、それはわからないと「お答え」がかえってきた。(`ヘ´)
 窓口の女の子に高飛車に文句を言ってもはじまらないと思いつつも、ついに伝家の宝刀を引き抜き、「それは詐欺じゃね〜か!」と怒鳴りつけた!責任者を出せ!と叫んだ。
 すると、しばらくお待ちくださいとなった。しばらくすると、発送に二週間かかるがそれでもいいのかと、返事が返ってきた。ヤヤッやっぱり、嘘をつかれていた・・・(-"-;)
 それで、これはすべてポイントで済むのか!としつこく確認をする。はたして、電池は送られてくるのか・・・?
 もうウンザリである。携帯電話屋とは話しなどしたくない。彼らと話す時は、嘘をつく集団だと、覚悟して話すしかない。そして、ワケのわからん事を言ったら、詐欺だ!と叫べ!すると、無かったモノが、あら不思議、目の前に現れます。
 しかし、ここで窓口となっている人たちは、日々、嘘をつくように会社に強制されているワケだが、どんな気持ちで対応をしているのかを考えると、暗澹たる気持ちになってくる。この状況は、やれやれではすむ問題ではない・・・

投稿者: 店主 日時: 16:23 |

忘れる前に・・・

 忙しくてアップできなかった覚え書きです。

**************************
3月1日15時6分配信 読売新聞
 名古屋市発注の地下鉄工事を巡る談合事件で告発されたゼネコンのうち、営業担当者が逮捕された鹿島の梅田貞夫会長と前田建設工業の前田靖治社長が1日、国土交通相の諮問機関「中央建設業審議会(中建審)」の委員に再任された。
**************************

 談合組織のトップが国の諮問機関で、でかい顔をして座っているという、「美しい国」の定番スタイル。飽きれるというより、これが今の現実。なのに、選挙が近づくと、うまい話を持ち出すのも、「美しい国」の定番スタイル。
 で、選挙が終わると、談合組織のトップや経済界の大物が、諮問機関を通じて、したり顔でホワイトカラー・エグゼンプション(残業代ゼロ法案)とか、建物を作れとか、格差社会をもっとひろげろとか、無茶苦茶な事を言い出す。
 選挙なんぞしても、鼻紙同然!民意の使い捨ては当たり前。これも「美しい国」の定番スタイル。それでも、それでも!店主は選挙にいきます・・・(-"-;)

 で、DARSANAさんの「父子無事絵日記: まったくおっしゃる通り」は、なかなか面白いです。是非、一読を・・・

父子無事絵日記: まったくおっしゃる通り。

DARSANAのTeeシャツはこちら

社員逮捕の直後、鹿島会長・前田社長が中建審委員再任

投稿者: 店主 日時: 15:28 |

2007年3月 2日 金曜日

2月の検索文字列

 目ざせ!Teeシャツ三昧!などと浮かれておりましたら、すっかり二月の検索文字列の事を忘れておりました。
 最近、どうもボケが、多少脳みその中で発生しているようです。先日も自宅のPCのパスワードを忘れるという失態を演じてしまいました。
 これは、かなりショック!再起動をしては、台所に行って一服。思い出すまでにこの往復を四回も繰り返してしまいました。歳はとりたくないですネ。
 で、検索文字列のトップは今月も身巾。これは多分、この言葉の一般的な使い方として、「身幅」が多い中、「ビタミンTee」では「身巾」を使っているためにアクセス数がのびているのではと、店主、推測しております。
 二位は、意味不明。なんでこんな言葉の羅列で、「ビタミンTee」にくるのかわかりません。
 で、うざったいのが、フォーバル。「詐欺」という言葉とペアーというが、何とも情けない会社ですネ。
 
 で、2007年2月の検索文字列のベストテンはこんな具合です。

No.1ー身巾とは
No.2ー生地も非常に綺麗なコーマ糸を使用しているため、毛羽立ち感も
No.3ービタミンtee・vitamin-tee・ビタミンTee
No.4ー深津真也
No.5ーフォーバルテレコム 詐欺
No.6ー切り絵 龍 竜
No.7ー研修医魂・研修医魂 ピック・研修医魂 バックステージ・研修医魂 パンフレット
No.8ー平賀敬・平賀敬美術館
No.9〜No.10ーコーディアルカンパリ・端田晶・三月の植物・ひろかわさえこ・龍田恵子

投稿者: 店主 日時: 18:51 |

2007年3月 1日 木曜日

Teeシャツを作る

 今日のTeeシャツ作業は、Teeシャツに転写する材料3種類と、それに使う転写紙(リタック)2種類の材料を使い分けて、プレスをしておりました。
 イヤハヤ、アタマがおかしくなりそうでした。それぞれプレスする素材によって、温度、圧力、時間が違います。転写紙をはがす状態も、熱いうちにとか、冷めてからといろいろあります。
 温度は、150度、125度、130度。圧力は10段階で、6〜7と7〜8、そして最大の10。時間は、一つが12秒と3秒。次が6秒と8秒。そして、最後が15秒の10秒の3タイプ。これに転写紙の粘着度の使い分けが絡んできます。
 それと、ブレスする前に、素材のカットがあります。素材をカットするための圧力とか、スピードがモノによってみんな違います。また、その日のマシーンの状態、カットする素材によって、微調整が必要になります。
 これらの工程の一つでも間違えると、すべてやり直しになります。何とも、ハタから見ると、厄介な作業に見えると思いますが、これがピシッと決まると、気持ちがいいのです。
 そうそう、忘れていましたが、素材にプリントするという作業もあります。PCでデータを作ったり、デザインしたり、割り付けをしたりする作業も、当然、あります。
 で、出来上がるとTeeシャツをおたたみして、透明な袋にいれます。これで、終わりであります。請求書、発送伝票を書いて、運送屋さんに電話、引き取りをお願いします。
 でもって、この間に、サインの仕事の連絡、Webの仕事の連絡が入ってきます。なので、終るとさすがにヘロヘロになってしまいますが、それでも、モノを作るという事は楽しい事なのですヨ。(⌒-⌒)
 明日も、頑張ろう!目ざせ!Teeシャツ三昧の日々!

投稿者: 店主 日時: 20:20 |