« 2007年3月 | メイン | 2007年5月 »

2007年4月30日 月曜日

人間圏を作った婆さんの話

 MXTVのザ・インタビューという番組を見た。ゲストは東京大学大学院教授 松井孝典 。
 婆さんという存在の出現が、今の人間圏を作ったと言う話は面白かった。が、この話、とても難しくて、すぐには書けない。今のままでは、人類はあと100年もすると壊滅的な状態になると言う話は、かなり説得力がある。
 店主、すぐに忘れるので、ここに書いておく。面白そうなので、本を買って読んでみよう・・・

 《東京大学大学院教授 松井孝典(まつい たかふみ)》・・・TOKYO MXTVの紹介文
 1946年(昭和21年)静岡県生まれ。東京大学理学部地球物理学科卒業。理学博士。
比惑星学の研究者でありながら、恐竜絶滅の原因となった隕石衝突の跡を追ってメキシコ・ユカタン半島を訪れたり、古代エジプトの遺跡発掘隊に参加するなど世界中を駆け回る。地球システム内で「生物圏」から分化した「人間圏」という新しい概念を提示し、マクロな視点から人間存在や環境保護のあり方について語る。著書に『1万年目の「人間圏」』(ワック出版)、『コトの本質』(講談社)などがある。
 
《ウィキペディア・松井孝典 》

投稿者: 店主 日時: 09:44 |

2007年4月28日 土曜日

長実雛芥子

 この植物、ネットで調べると《最初に発見されたのは、昭和36年(1961年)、東京・世田谷・・・》という記述が見受けられる。また、地中海沿岸から中欧原産の帰化植物とされている。
 フ〜ン、世田谷ネ・・・なんで世田谷なんでしょうか?
 この植物、ここ四十五年ぐらいで東京中に広がったことになる。多分、今はどの地方に行っても、ナガミヒナゲシは見かける事のできる植物になっているのだろう。
 店主の自宅の周りも、ほとんどどこにでも咲いている。可愛いと言えば可愛いが、あんまり繁殖力の強いのも考えものである。
 で、これがナガミヒナゲシの花芽と花。店主、どちらかというと花芽の方が好きである。

ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)の花芽-07.04.28

ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)の花-07.04.28

 《気まぐれセール!Volume-1》の中身を5月の1日に、半分ほど入れ替えをいたします。なにせ気まぐれセールなので、何を入れ替えるかは、まだ決めておりません・・・┗(・o・)┛
《気まぐれセール!Volume-1》はこちらです。 

投稿者: 店主 日時: 17:02 |

2007年4月27日 金曜日

死刑と灯台草

 最近、ネットでニュースを見るのが嫌になっている。いろいろなニュースを見ていると、ほとんど毎日、「死刑」という言葉が出てくる。
 あまりにも頻繁に出てくるので、辞書でこの言葉を調べてみた。《し‐けい【死刑】・罪を犯した者の生命を奪う刑。現行刑法の規定する主刑の一。日本では、絞首して執行される。生命刑。》とある。
 確かにアタマでは、それ相応の罪を犯したのだとは理解できても、こう頻繁に「死刑」という言葉が日常生活に入り込んでくると、さすがにイヤな気分になる。
 で、下記のニュースを読んでびっくり。《死刑確定者は26日現在で102人いたが、この日の執行で99人となった。》これが今の日本の現実なのかと思うと、背筋が寒くなる。
 刑罰が段々と重くなる傾向は理解できても、「死刑」というものをどのように理解すればいいのか、店主には皆目見当がつかない・・・
 
 さて、気分を変えて、今日の一枚はトウダイグサ。店主、この植物をちゃんと見たのはこれがはじめて。非常にユニークな形をしている。形が燭台に似ることから灯台草という名になったとか・・・
 このトウダイグサ属の仲間はかなり広範囲にあるようで、ウィキペディアによると《砂漠から湿地まで様々な環境に適応進化し形態的に多様である。特に砂漠に生育するものでは葉が退化し茎が多肉となってサボテンに似ているものもあり、収斂進化の好例である。》とある。
 収斂進化とは何かと思って次のページを見ると《収斂進化(しゅうれんしんか)とは、複数の異なるグループの生物が、同様の生態的地位についたときに、系統に関わらず身体的特徴が似通った姿に進化する現象。》ふ〜〜〜っ、難しい。(@o@;)
 このトウダイグサ、それ以外にも《花は退化傾向が著しく、雄蕊または雌蕊1本だけからなる。これら(雌花1個、雄花数個)が集まり包に囲まれた杯状花序という特有の花序を形成する。包には蜜腺があり、花序全体が1つの花のように見える。さらにポインセチアなどでは花序近くの包葉が赤・黄・白などに着色して目立つ。切ると乳液を出すが、有毒物質を含み、皮膚につくとかぶれることもある。》とウィキペディアにある。
 これを読んでわかったのは「花は退化傾向が著しく」という事ぐらい。花を見たとき、ユニークと感じたのは、この傾向のためらしい・・・。どうやら、このトウダイグサはただモノではないようである。
 で、今日の一枚は、調べてみたらまだ花が咲いてはいないようです。

トウダイグサ(灯台草)の花-07.04.27

3人の死刑執行、去年12月の4人以来

投稿者: 店主 日時: 19:18 |

2007年4月26日 木曜日

なにやら怖い、多肉植物

 今日の一枚は多肉植物。この多肉植物、散歩に出かけた時に見つけた一枚。何やらいわくありげなお家の玄関先から逃げだして、塀のまわりにと縄張りを広げ、かなり凄い勢いで繁殖しておりました。
 ちょっとお家の雰囲気が怖かったのですが、やっぱり花が咲いていると、その場を離れる事ができなくなる店主。なので、自分の気配を消して、撮影させていただきました。m(__)m
 で、自宅に戻ってからその画像を見ると、なにやら花の雰囲気が怖い・・・(~_~;) 
 花がこちらに向かって、食いついてきそうな感じ。ヤッパリ多肉植物の独特の雰囲気にハマると大変なことになるのが、この花からもよくわかります。
 ところで、これはサボテンの仲間なのでしょうか?、店主にはさっぱりわかりません。多肉植物に関する知識がほとんどないので、タイトルも多肉植物とさせていただきました。(^_^;
 ウィキペディアによると多肉植物は《多肉植物(たにくしょくぶつ)は、葉、茎または根の内部の柔組織(じゅうそしき)に水を貯蔵している植物の総称である。砂漠や海岸のような乾燥地帯に生育するものが多い。誤って「サボテン」と総称されることもあるが、サボテン(サボテン科植物)はあくまで多肉植物の一部である。》となっている。
 で、これが「なにやら怖い、多肉植物」です。w(゜o゜)w

なやら怖い、多肉植物の花-07.04.26

時間の余裕がある人はこちらから、種類を特定してみて下さいナ。《succulents.jp》

投稿者: 店主 日時: 19:16 |

2007年4月25日 水曜日

トラブルと木香薔薇

 今日はサインの仕事をしておりました。まず、最初は図面の段階でトラブルが起こらないかを、脳みその中でシミュレーションをします。幾つかのトラブルの芽があると、それを変更してもらいます。
 今回もいろいろと変更をお願いして、これなら大丈夫と言うところまできました。
 仕事の内容はシートのカット。今はいろんなシートがあるので大変です。今日も届いたシートを見て、愕然としました。
 見本帳を見る限りでは、問題なしと思ったのですが、これはカットしても貼り合わせた時に柄が合わなくなると、一時間ほど悩みました。
 自分で貼り合わせるなら、いろいろとやり方はあるのですが、カットしたものを人に渡して施工してもらう場合、あまりトリッキーな方法はとれません。
 仕方なしに、状況を説明してようやく、了解が取れたのが一時間前。今日は一日仕事にはなりませんでした。ハァ、やれやれ・・・(~_~;)
 で、気分転換に今日の一枚をやっておりました。今日は写真がよかったので、良いものに仕上がると思ってやったのですが、どうもイマイチ。
 これは不思議なのですが、写真が良いからといって画像処理がうまくとは限りません。ちょっとアレっと思うものの方がうまくいったりするから、世の中わからないものです。
 で、これが今日の一枚のモッコウバラです。ネットでモッコウバラの事を調べていたら、このモッコウバラには刺がないとか・・・今度、確かめてみます。(^_^;

モッコウバラ(木香薔薇)の花-07.04.25

 《気まぐれセール!Volume-1》の中身を5月の1日には、半分ほど入れ替えをいたします。なにせ気まぐれセールなので、何を入れ替えるかは、まだ決めておりません・・・┗(・o・)┛
《気まぐれセール!Volume-1》はこちらです。 

投稿者: 店主 日時: 18:44 |

2007年4月24日 火曜日

気まぐれセールとブルーベリー

 前からやりたかった《気まぐれセール!Volume-1》がようやく立ち上がりました。フォーマットを作るのにかなり苦労しましたが、ようやくアップができ一息ついております。
 今回は、SOFA・Lin's・Tea Rose・芳蓮想・切り絵Teeの各2作品。そしてバラエティーから2作品の計12作品がエントリーとなりました。
 今後、新作とからめて、進めていきたいと思っておりますので、お見逃しなくご覧になって下さい。

《気まぐれセール!Volume-1》はこちらです。 

 で、今日の一枚は目が疲れた時に効くというブルーベリー。と、言っても実ではありません。今日は花の方です。最初、見つけた時は、ドウダンツツジの変わった園芸種かと思いましたが、雰囲気がかなり違うので、帰ってから調べたら、何とブルーベリーの花とわかりました。
 店主、ブルーベリーの花を見るのはこれがはじめて。なるほど、これからアノ紫色の実ができるのか・・・でも、想像していたのとはかなり違いましたネ。こんな可愛い花とは思っていませんでした。

ブルーベリーの花-07.04.24

投稿者: 店主 日時: 19:01 |

2007年4月23日 月曜日

歌手?ひろかわさえこと白詰草

 妙な噂が流れている・・・pukupukuのひろかわ さえこさんが歌手デビュー!?するらしい・・・(@o@;) 
 嘘やろっと思っていたら、どうも本当にスタジオで歌を歌ったらしい。店主、ひろかわさんと付き合いは長いが、彼女が歌を歌っているところは見た事がない。
 噂の出どころは、mixiのコミュニティー[ぷくちゃんクラブ] 。早速、覗きにいくと《チャイルド社出版のKupuKupuという保育雑誌に連載していた、赤ちゃんの遊び歌がCD付きの絵本になります。 》とある。
 何〜マジなの!そして《このCDを聴きながら、あかちゃんをお膝に絵本をみて遊んで欲しい、そんなセットです。多分6月末〜7月発売かな? 》
 で、これが本当に歌っている!お〜〜〜っ!流し目をしながら歌っている!とりあえず、声が聴けなくて良かった・・・(;¬_¬)お楽しみは発売まで待って・・・(^o^)~♪・・・という事で、今日の一枚に移ります。

 今日の一枚はシロツメクサ。このシロツメクサの由来はいろいろとある。
《明治時代以降、飼料用として導入されたものが野生化した。・・・ウィキペディア》
《日本に渡来したのは江戸時代であり、花を乾燥してガラス器などの緩衝剤として詰め物にしたものから発芽したものであるという。・・・植物雑学事典》
 どれが正しいのかは店主も知らない。知らなくても、シロツメクサは十分に可愛い。原産はヨーロッパ。シロツメクサというより、クローバーと言った方がわかりやすい人も多いのでは。
 今日のシロツメクサは池のほとりにあった。土の具合が良いのか、花が大きいのに感動した一枚。

シロツメクサ(白詰草)の花-07.04.23

中川ひろたか NEWS(pukupuku・ひろかわ さえこさん歌手デビュー!?)

歌手、ひろかわさえこさんの『ぷくちゃん』Teeシャツはこちらです。 

投稿者: 店主 日時: 19:36 |

2007年4月22日 日曜日

アスペルガー

 店主、よく物事を忘れる。
 どうも、原因は老化だけではないようだ。しかも、人と比べると自分は少し (-"-;) だけ変わっているような気がする。
 なので、忘れないうちに記録をしておきます。

《アスペルガー症候群》

投稿者: 店主 日時: 21:04 |

2007年4月21日 土曜日

烏野豌豆と画像処理

 何故、画像処理をするのか?そのままでも、花は十分にきれいではないのかという意見がある。
 今日の一枚はその理由となるような植物。名前をカラスノエンドウという。この植物、今なら東京地方のどこにでも見られる。
 このカラスノエンドウはわりと群生するタイプで、モサモサとした塊になりながら群生する。とても緑が鮮やかで、ピンクの花をつける。そのためか、植物の形を問われても案外答えられない。
 形が群生するなかに埋没して、眺めていると鮮やかな緑とピンクの花の印象しか残らない。ところが、このカラスノエンドウの成長部分はとても変わっている。蔓系の植物なので、対照的にはならずに、複雑に葉っぱをのばし、花をつける。
 その形をじっくりと見るには、この画像処理はもってこいの方法となる。緑の塊の中から、その形を浮き上がらせると、実に複雑な成長の形を見せる。漠然と眺めていると、この形はよほど訓練しないと見えてこない。
 なので、店主は画像処理して形を浮き上がらせる事を選んだ。これを繰り返していると、次にどの方向から撮れば良いのかが、段々とわかってくる。形が認識できるようになると、他の植物にも応用が利いてくるので、この画像処理はやめられない。
 で、これがカラスノエンドウの成長部分。同じような形をしているのは、花ぐらいで、みんな違っている。これらの部分にはカラスノエンドウの、人間には理解できない必然的な理由が隠されていると思って眺めると、なかなかに興味がつきない植物である。

カラスノエンドウ(烏野豌豆)の花-07.04.21

投稿者: 店主 日時: 18:11 |

2007年4月20日 金曜日

DARSANAと射干

 さて、ようやく『DARSANA』さんの新作をアップ。ちょっとほっとしております。新作というモノは、タイミングを逃すとなかなかアップしづらくなります。
 今回はWaterシリーズという滝の連作です。アクションペイントのような激しい筆使いが、ハスの作品とは対照的で面白い作品に仕上がっております。『DARSANA』の萩原さんの多面性がうまく表現されているのではと、店主は思っております。

『DARSANA』さんの新作はこちらです。よろしく! 

 で、今日の一枚はシャガ(射干)の花。今までアップしてなかったのが不思議なのですが、実は店主のこのシャガがとても苦手で、今までこのシャガを避けておりました。
 理由はよくわからないのですが、シャガが咲いていると、何故かその場を離れてしまいます。イヤな記憶とか、何かトラウマがあるのでしょうか?
 でも、よく見るととても華麗な花なので、今回は覚悟を決めて画像処理。仕上がってみるとこれがなかなかよいので、大きい画像にしました。
 このシャガ、ウィキペディアによると《シャガは三倍体のため種子が発生しない。このことから日本に存在する全てのシャガは同一の遺伝子を持ち、またその分布の広がりは人為的に行われたと考えることができる。また、シャガを漢字で「射干」と書くことがある。しかし、ヒオウギ(檜扇)のことを漢名で「射干」(やかん)というのが本来である。》とある。
 なにやら店主にはちょっと難しそう・・・(-"-;)

シャガ(射干)の花-07.04.20

投稿者: 店主 日時: 18:40 |

2007年4月19日 木曜日

白山吹と不機嫌-2

 先日、宮崎駿のインタビューを見た。それは、新しい映画に取りかかるまでのドキュメンタリー。
 最初、構想をねったりキャラクターを考えたりしているときの宮崎は、とても優しそうなおじさんに見える。しかし、本編に取りかかる一週間前ぐらいから、ドンドンと不機嫌になっていく。で、製作がはじまると取り付くヒマもないほど、不機嫌な態度をとり始める。
 知らない人がこの部分だけを見たら、これが「トトロ」をつくった宮崎駿とはとても思えないだろう。とても辛辣なオヤジに見える。
 しかし、この人の不機嫌、店主は好きである。修羅場をくぐり抜けて来た人間の不機嫌は、とてもたよりになる事を店主は知っている。いつもニコニコして周りとの調和を気にする人間は、モノ作りとしてはあまり信用できない、と店主は思っている。
 宮崎駿の不機嫌は、自分の中に溜まってくる創作のマグマを押さえ込む安全弁の役割をしているのではないのか。それに対して的外れな事を言えば、当然、不機嫌が怒りとなって爆発する。
 何かを造ろうとする時、優しくするだけでは、物事は前には進まない。そんな事は、モノを造る人間にとって、当たり前の話であろう・・・では、自分の不機嫌はどうなのか?これが一番の問題。

 で、今日の一枚はシロヤマブキ。これは児童公園で落ちていたシロヤマブキの種を植えたもの。植えてから、今年で三年目になるが、毎年、花をつけてくれる。
 黄色のヤマブキも好きだが、白もなかなか可愛い。このシロヤマブキは黄色のヤマブキと比べると花びらの数が違う。黄色のヤマブキは五枚で、シロヤマブキは四枚。何故、枚数が違うのか、それは店主も知らない。
 
シロヤマブキ(白山吹)の花-07.04.19

投稿者: 店主 日時: 18:55 |

2007年4月18日 水曜日

アオキと蜘蛛、そして不機嫌

 最近、店主はどうも不機嫌らしい。自分ではあまり自覚がなかったが、日記を読み返すとそこいら辺が何となく見えてくる。日記もバカにできない。思うにこの不機嫌の原因はどうも男の更年期障害ではないのか、と思っている。
 思い当たるフシは、いくつかある。体調が悪いというより、全体に身体の動きが悪い。そして、何となく怠い。関節がどことなく重くなって、何かの拍子に鈍痛がする。また、暗くなると、モノの形が見えづらくなる。等々・・・(;¬_¬)
 これらが、少しずつ堆積してくると、いつの間にか不機嫌になるらしい。本人はこの事をほとんど意識はしていない。気が付くと、人と会話を交わすのがひどく面倒くさくなっている。なので、不機嫌ととられるらしい。(実際に不機嫌なのかもしれないが・・・)
 この不機嫌もよく観察してみると、波があって、大概の場合、ほっておけば直る。こんな事いちいち気にしていたら、それこそ病気になってしまう。(^_^;
 不思議なのは、画像処理していると不機嫌な自分を忘れる。黙々といろんなバリエーションを試している姿は、ハタから見るとこれも不機嫌に見えるのかナ・・・
 で、今日の一枚はアオキと蜘蛛。アオキはあの赤い実がなるアオキ。天気の良い暖かい日に撮った一枚。
 店主、アオキの若い葉っぱと、そこから出てくる小さな花が好きで、この時期、まとめて何枚も撮影する。その中に、偶然写っていた蜘蛛。葉っぱの薄緑色と同じようなような色をしていたので気が付かなかった。
 薄緑色の蜘蛛である。葉っぱの色と同化して透き通るように見えるのが不思議である。種類はわからない。でも、とてもきれいな蜘蛛である。

アオキと蜘蛛-07.04.18

投稿者: 店主 日時: 18:14 |

2007年4月17日 火曜日

大嫌いなヤツと芹葉飛燕草

 店主、基本的に人の悪口を言うのが嫌いである。だけど、どうしても気に入らない人間というものは存在してしまう。顔も嫌い!話し方も嫌い!芸も嫌い!と書きながら、そいつの顔や話し方を思い出しては、ますます嫌悪感を覚えてしまう。
 何でこんなに嫌いなのか、理由がハッキリしない。昔はそいつがテレビに映るだけで、チャンネルを変えた。そいつが、コマーシャルに出てくるだけで、そのメーカーを毛嫌いした。確か、ゴルフクラブのコマーシャルだったと記憶している。
 この大嫌いなヤツのお父さんは、大好きだった。とにかく、面白かった。家族そろって笑い転げた。貧乏な家だったけど、そんな事も笑いで吹き飛ばしてくれた。だかその息子はまったくダメである。
 こんなヤツが、九代目を襲名と聞いたとき、落語の世界にあきれるしかなかった。で、今回の襲名時祝儀など2400万所得隠し!これで、二度とこいつの顔を見ないですむなら、よくやったとほめてあげたい気分である。
 しかし、何でこんなにこいつの事が嫌いなのか・・・自分で自分の気持ちがよくわからない。こいつのおかげで、自分がとてもイヤなヤツに思えてくるので、ますますこいつの事が嫌いになってしまう。やれやれである。

 さて、イヤな事はすぐに忘れて、話題を今日の一枚に変換!
 先日、沖田総司 終焉の地を見に行ったときの帰り道、新宿御苑の柵越しに見つけた植物。名を芹葉飛燕草という。書けそうで書けない漢字・・・(^_^;
 このセリバヒエンソウ、昔はそんなに無かったような気がする。最近、いろんなところで見かけるようになった。というより、自分の目が探せるようになったという方が、正しいのかもしれない。
 昔は目の前にあってもわからなかったと思う。今はいろんな植物が見えるようななってきた。だからますます植物を見るのが楽しくなる。
 セリバヒエンソウは中国原産の帰化植物で、明治に渡来したとよく言われている。青味がとてもきれいな植物である。す〜っと咲いて、いつの間にか消えてしまうような印象の植物がセリバヒエンソウである。

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)の花-07.04.17

それから、『TODAY』さんの新作?が登場しまた。よろしく! 

投稿者: 店主 日時: 19:13 |

2007年4月16日 月曜日

カエデの花

 調子がいいのかワルいのか、よくわからない一日・・・┗(・o・)┛ 最近、こんな日がよくあります。何でかな・・・特に夕方になると、急にパワーダウン。弱ったな・・・
 なので、今日の一枚をアップして、後はお休みします。今日はカエデの花。とても小さい花です。

カエデの花-07.04.16

投稿者: 店主 日時: 18:44 |

2007年4月14日 土曜日

猫の集会とクレソン

 昨日の夜、自宅の前で猫に会いました。いつも喧嘩をしては負ける黒い猫が、塀の上でたたずんでおりました。オイ、元気かという声をかけても知らんぷり。
 愛想のないヤツと思っていると、向かいの塀の下から、白い猫が一匹現れ、店主の方にゆっくり歩いてきます。これもよく見るヤツと思っていると、そのアトから茶トラが白猫を追いかけて現れました。
 白い猫が店主の前を横切ろうとしたので、通せんぼうをして遊んでいると、また、白い猫が現れました。あれ?白猫って二匹いたのか、と思っていると、今度は反対側から黒い猫が出現!何!黒も二匹いたのかと、思っていると、グレーの猫と、三匹目の白猫が続いて出現。ナニ?ナニ?何でこんなに猫がいるの?\(@o@;)/
 ハタと気が付く、白猫三匹、黒猫二匹、それに茶とグレーの猫二匹、計七匹の猫に、店主取り囲まれておりました。七匹の猫は、おのおのソッポを向きながら、しばしたたずんでおりました。
 これって、春の夜の夢だったのかな・・・猫の集会に参加したのは生まれてはじめてでした。

 で、今日の一枚はクレソン。ステーキの付け合わせとかサラダに材料になるあのクレソン。このクレソンは国分寺の湧き水のそばで見つけました。花は小さく、地味な感じなのです。
 ところで、クレソンってどんな味でしたっけ・・・最近はステーキなんて、とんとお目にかからない食べ物だから、クレソンの味も忘れてしまったようです。┗(・o・)┛

クレソンの花-07.04.14

投稿者: 店主 日時: 17:14 |

2007年4月13日 金曜日

タミフルとウメの実

 今日、昼飯の時にネットのニュースを見ていたらこんな記事が目についた。「<タミフル>投与を受けた7割が日本…なぜ?」・・・最初、見出しを見ても意味がわからなかった。
 で、クリックして内容を読むと仰天!
  <タミフル>投与を受けた7割が日本…なぜ?何と記事の内容は《99年にスイスと北米での販売が始まって以降、世界中でタミフルの投与を受けた約5000万人のうち、実に約3500万人が日本、約1000万人が米国だった。》というもの。つまり世界中のタミフルの内、日本人がその七割を使い切ったというお話。(@o@;)
 店主、ここ何十年も医者に行った事がない。先日の風邪も、無理をしないようにして直してしまった。これは、他の病気の時も、身体を休めてほっておけば、だいたい直る。なので、この話を聞かされても、実感がまったくわかない。
 一体全体、誰がこんなに無茶苦茶な薬の使い方をしているのか、店主には理解不能である。これではいろんな健康保険がパンクするはずである。何とも日本人という人種はどんな人種なのか、日本人の店主にもさっぱりわからない。
 健康に気を使うのはワルい事ではないが、話がここまでくると、狂気の世界である。きっと世界から見たら、日本人は完全に病んでいると思われているのではないのか。┗(・o・)┛

 で、気を取り直して今日の一枚はウメの実。子供の頃にはよく見たような記憶があるが、最近はあれっと思うほど、このウメの実を眺めた記憶がない。
 最初、見つけた時は何の実なのかわからなかった。まだ、とても小さくコロンとして薄い産毛におおわれている。マジマジと見つめてようやく、あ〜っウメね・・・とようやく理解した。
 こうして実になりたてのウメを見ると、何かワケもわからずにうれしくなる。そうか、これが大きくなって、梅干しになるのか・・・
 店主、薬はほとんど飲まないが、梅干しは、ほとんど毎日、お世話になっている。店主のお弁当にはいつも高級な?梅干しが入っている。

ウメ(梅)の実-07.04.13

投稿者: 店主 日時: 19:23 |

2007年4月12日 木曜日

紫華鬘

 ウ〜〜〜ン!ウ〜〜〜ン!ウ〜〜〜ン!とうなりながらも、新作が進みません。これはどうも弱ったネ・・・店主の優柔不断がいけないのですが・・・明日、もう一日悩んでみますY。(-"-;)
 しかし何故か今日の一枚は、スラスラと作れてしまう。自分のモノだと悩まずにいけるのですが、作家さんのモノだとスラスラとはいきません。(~_~;)

 で、今日の一枚は漢字では書けない紫華鬘(ムラサキケマン)。この華鬘とは、仏殿の欄間などの装飾具のことなのですが、最近は普通の家庭でも、仏壇そのものをあまりみる事がないので、ピンとこないかたもかなりいるのではないのでしょうか。
 店主の実家には、かなり立派な仏壇があって、昔は家を建てたりすると、この仏壇が家の中心にきたものですが、今はみんなこの仏壇を「邪魔」にしてしまうようです。やれやれ・・・時代が変わったという事でしようか・・・
 でも、仏教系の言葉は、花や形にいろいろと残っていて、歳をとってくると、何故かその形と言葉が気になります。「邪魔」というのも、仏語で、仏道修行の妨げをする悪魔の事を言うらしい。
 このムラサキケマン、日当りのよい場所より、少しだけ日影ぽっい場所を好むようです。まだ、さほど草が茂らない場所で、この花を見ると、何となく静かな気分になるのは店主だけなのかな・・・
 花は、複数咲いて、幾つも煙管状の花が、四方八方に向きを変えながら咲きます。なので今日の一枚は、咲き方がわかりやすいように、花の真上から撮ったモノを採用しております。
 何でこんな咲き方をするのかは、店主には聞かないで下さい。(^_^;

ムラサキケマン(紫華鬘)の花・鳥瞰図-07.04.12

投稿者: 店主 日時: 19:07 |

2007年4月11日 水曜日

姫踊り子草

 ウ〜〜〜ン!と、うなりながら新作の準備をしております。いろいろと悩みつつも、何とか週末には・・・(^_^;

 で、今日の一枚はヒメオドリコソウ。いろいろと画像処理してみたのですが、もともと形が特異な形をしているので、どうも画像処理した気分にはなれません。
 花の形が笠をかぶって踊る人に似ていることからオドリコソウとなったようなのですが、店主にはどうも、妖怪か、妖精のように見えてしまいます。(@_@)

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)の花-07.04.11

投稿者: 店主 日時: 18:10 |

2007年4月10日 火曜日

風邪かな・・・?

 どうやら風邪をひいたらしい。それでも、新作の下準備を進めていましたが、やっぱりどこかシャキッとしない。まぁ、こんな日もあるワケで・・・何とか今週は新作をアップしたいな・・・
 で、今日の一枚はカキドオシの花。別名を疳取草(かんとりそう)とも言う。これは民間薬の名前からきたらしい。「子供の癇(かん)をよく治す薬からなずけられました。 」といろんなところで載っているが、効果の方は店主にはわからない。
 で、アタマが少しボ〜ッとして、日記を書く気力が無くなってきました。すいません、今日はイメージだけで、ご勘弁を・・・

カキドオシ(垣通し)の花-07.04.10

投稿者: 店主 日時: 18:27 |

2007年4月 9日 月曜日

沼の中の雑木林

 昨日、散歩にでてそろそろ帰ろうかと思って歩き出したら、唐突にその風景と出会った。
 そこには小さな沼があった。5M四方ぐらいの小さな沼である。こんなところに沼があったのかと思いつつ、覗き込むと、サクラの花びらが、ハラハラと舞落ちていた。風もないので、吹き寄せられる事もなく、沼の表面を幾つも塊になって漂っていた。
 よく見ると、水の表面には沼をおおっている雑木林の樹々が映り込んでいる。その樹々の奥底には薄く雲が流れいた。沼のは水はほとんど動かない・・・妙な静けさであった。
 見てはいけないものを見たような気がして、一瞬、カメラを向ける事に抵抗を覚えた。写真を撮っても、何も写っていないような気がしたからだ。
 で、その写真データを画像処理してみた。何とも言えない一枚に仕上がった。いいのか、ワルいのか、判断ができないものが出来上がってしまった・・・

雑木林の中の沼に漂うサクラの花びら-07.04.09

投稿者: 店主 日時: 18:05 |

2007年4月 7日 土曜日

世話と腰とヤツデ

 え〜と、実は今日、工房の方はお休みして、少し疲れた体を休めようと思ったのですが、結局、庭の鉢植えの世話で一日に終りました。
 そろそろ肥料をやらないと、また、いつやれるかわからないので、昼から日暮れまで、ビッチリと世話をしておりました。
 で、やっぱり案の定、腰にきました。ハァ〜やれやれ・・・これでは何のための休日やら・・・
 なので、今日はこの一枚で終り。店主の大〜〜〜好きなヤツデの新しい葉。本当に何度、画像処理しても面白い!

ヤツデ(八手)-07.04.07

投稿者: 店主 日時: 20:18 |

2007年4月 6日 金曜日

自画自賛・・・(^○^

 え〜と、昨日の夜に受けた装飾の仕事がやっと終りました。ものはクラブの七周年記念で使うアセテートフィルムに、金の星を七つアレンジしたシート。フ〜ッ、何とか収まって一息ついております。
 なので、日記を書くパワーがありません。m(-_-;)m でも、今日の一枚は何とか完成しました。
 今日は店主の好きなフキの花。自宅の近くで見つけたフキの群生地で撮影。こんな風景を見つけると、マジに心がうれしくて震えます。特に仕事のあとにこのイメージを見ると、自分で作りながら、あ〜っこれはイイな・・・と、つぶやく店主でした。

フキの花-07.04.06

投稿者: 店主 日時: 19:43 |

2007年4月 5日 木曜日

これって仕事の依頼なの?

こんなメールがサインクラブの問い合わせフォームに届いた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
お世話になります。株式会社○○○○ 年賀事業部 Y.Eと申します。
メールにて失礼させていただきます。

弊社は、全国規模大手コンビニチェーン、書店、スーパーなどで、年賀状の企画・販売・印刷を手がけております。

お問合せさせていただいたのは、今年暮れに販売する、子年用の年賀状のデザイン イラストの書き下ろしをご検討いただきたいのですが、いかがでしょうか。

今後、価格・規格等の話を進めさせていただければと思っております。

取り急ぎ、ご対応が可能か否か、ご返答をいただければ幸いです。宜しくお願いいたします。

昨年の一般募集例(あるHPに飛ぶようになっていて、そこは公募のページで、大賞(1点) 5万円、優秀賞(5点)1万円となっている)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

で、一応、問い合わせフォームに届いたので、返信をしておいた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Y.E様

初めまして、サインクラブの店主と申します。お問い合わせありがとうございます。

え〜と内容がよくわからないので、なんとも返事のしようがありませんが、仕事の話であれば、具体的な話をお聞きすることもできます。

また、公募に準ずる話、御社の営業の話であれば、ご協力できる事はないと存じます。

以上、取り急ぎよろしくお願い申し上げます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

すると、また、メールが届いた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
このたび、【年賀状印刷イラスト書下ろし】にご検討いただける旨のご返信をいただきまして、誠にありがとうございます。

   株式会社○○○○ 年賀事業部  Y.Eと申します。

各コンビニチェーンおよび超有名大規模販売ルートにて販売の年賀状印刷のデザイン制作にご参加いただけますよう心からお待ち申しあげております。

なお、貴殿へのメールは本年度約1000名の実績のあるイラストレータの中から9名様のみご連絡をさせていただいております。

貴殿の知名度向上と、弊社の企画充実の双方のメリットがあるビジネスですので是非ご検討いただき ご提案いただければ幸いです。何点ご応募いただいても大歓迎です。

■ご快諾いただける場合、ご辞退される場合、メールにてご連絡をいただきますでしょうか。

【今回のご検討のお願いにつきまして】
貴殿のお書きいただいたイラスト等は、一旦お預かりし、弊社およびクライアントの審査をへて、採用になったものにつきまして、買取謝礼および、ロイヤリティをお支払いするものになります。(詳細は添付pdfにて)

なお、万が一不採用になってしまった場合データの返却または、消去を責任もってさせていただきます。この場合謝礼等がございません。(前年の場合、おおよそ7割ほどが採用となっております)

また、ご提出いただいたイラストに対し年賀用賀詞や文号を追加する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

何卒宜しくお願い申しあげます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 店主はこのY.E氏とは面識もないし話した事もない。しかも、店主はイラストを描かない。なのに、「貴殿へのメールは本年度約1000名の実績のあるイラストレータの中から9名様のみご連絡」となっている。
 しかも、ご丁寧に「何点ご応募いただいても大歓迎です」なんだって!
 ここでは名前を出すのをひかえるが、採用予定クライアントには、売り上げ日本一のスーパーやコンビニの名前がはっきりと書いてある。
 ハァ〜・・・これが今どきのビジネスってヤツですかネ・・・(`ヘ´)

投稿者: 店主 日時: 18:40 |

2007年4月 4日 水曜日

Applicationsとモミジイチゴ

 この工房にきてからはや八年以上も立ちます。長いような短いような・・・で、最近はヒマができると、工房の片付けをしております。
 前にも日記に書いていますが、そろそろどこか別の場所に移るつもりでいるので、いらないものの整理を積極的に進めております。
 それで、今日、ここに引っ越してから、倉庫代わりに使っていたバスタブの中を開けてみました。引っ越しの当初にモノを入れたままになっていて、何をしまったのかほとんど記憶がない。気になっていたので、今日、その開かずの間を開いてみました。
 イヤ〜、開けてびっくり、Mac用のアプリケーションの箱がびっしり詰まっていました。Illustrator 3.0J・Photoshop 2.5J・MiniCad4.0J・Dimensions2.0J・PaegMill・STRATA VISION 3d・GoLive・・これがバージョンアップごとにあり、イヤハヤよくとっておいたものです。
 いったいソフトに、いくらぐらいのお金を使ったのか、考えるだけで恐ろしくなります。これは、しかし、弱ったな・・・捨ててしまうのももったいないような気もするし、と言ってとっておくには場所をとりすぎる。どうしたものか・・・(-"-;)
 と、悩みながらも今日の一枚はしっかりとPhotoshopを使って、画像処理をしております。
 今日の一枚は雑木林で撮ったモミジイチゴ。最初、見た時はノイバラかと思ったのですが、よくよく葉っぱを見ると形が違う。で、図鑑で調べたらモミジイチゴと判明。
 白い花が、まだ青葉のない雑木林では、とても目立ちます。イチゴのなので、当然実もなります。実は黄色と図鑑にありました。ここで、ようやく店主、あっ!キイチゴ(黄苺)なのネ、と気が付いた。
 知っているつもりでも、すぐに忘れる店主。やれやれです。で、これがそのモミジイチゴです。

モミジイチゴ(紅葉苺)の花-07.04.04

投稿者: 店主 日時: 18:39 |

2007年4月 3日 火曜日

地獄の釜の蓋

 今日は、ちょいと工房の片付けをしておりました。もう使わなくなった材料を奥から引き出して処分をしておりました。まだ、使えないワケではなすのですが、場所もとるし、なるべく身軽になりたいという事もあり、思い切って処分をしました。
 しかし、これがかなり後ろ髪のひかれる作業。何か使い道があるような気がして、処分するモノをわける手が、たびたび止まってしまいます。もったいないのですが、それでも、エ〜イ!と処分。お店でもあれば、分けてあげられるのにナと、思う一日でした。
 で、モノを粗末にした罰が当たらない事を祈りつつ、今日の一枚は、名前も花も好きな地獄の釜の蓋という植物。
 普通に見ていると、少しも地獄の釜の蓋らしくはありません。春の日だまりで見つけるとホッとする植物です。
 なので今日は、バックの暗い部分を少し、赤茶ぽっく仕上げてみました。こうすると何か地獄ぽっくなるかな・・・と思ったのですが、如何でしょうか。

キランソウ(地獄の釜の蓋)の花-07.04.03

投稿者: 店主 日時: 18:45 |

2007年4月 2日 月曜日

3月の検索文字列

 え〜と、4月のトップコピー、何にしたらよいのか迷っております。(-"-;)
1月が《本当に1月が来てしまった!の『ビタミンTee』をよろしく!》 2月が《2月はGirlsサイズが登場!の『ビタミンTee』をよろしく!》 3月が《目ざせ!Teeシャツ三昧の日々!『ビタミンTee』をよろしく!》
 さて、今月は何にしますかネ・・・もう少し考えてみます。何かいいアイデアがあったら教えて下さいナ。

 で、3月の検索文字列は次のようになりました。四位から十位まで、あまり差がなく、ドングリの背比べといった感じです。でも、《SOFA》のsumiko amariさんが、トップテンに入って来たのはうれしいですネ。(⌒-⌒)

No.1ーtee・ビタミンTee
No.2ー身巾とは
No.3ー切り絵
No.4〜No.9
  はんみょう
  フォーバル 詐欺
  上泉均
  端田晶
  おちあいまちこ
  小西ミホ
No.10は同率で
  kohta Tシャツ・三月の植物・深津真也・Pukupuku・sumiko amari

で、毎度、同じデータではつまらないので、今月はヒット数によるブラントのベスト5を発表します。

No.1ー『バラエティー』
No.2ー『切り絵Tee』
No.3ー『Colors』
No.4ー『TODAY』
No.5ー『メランコリー』

店主のブラント「melancholy」は、新作の影響か何とかベスト5をキープ。(^_^;
作品数から考えると『TODAY』さんは健闘しております。『Colors』も健闘してますネ。『Colors』の新作はなるべく早くアップしますので、もう少しお待ち下さい。

『バラエティー』はこちら
『切り絵Te』はこちら
『Colors』はこちら
『TODAY』はこちら
『メランコリー』はこちら
『SOFA』はこちら

投稿者: 店主 日時: 17:58 |

2007年4月 1日 日曜日

3,980円の涙

 今日、お花見の帰りに電気屋によって、3,980円のDVDプレーヤを買ってきました。PCにはDVDがついているのですが、モニター用のDVDは持っていなかったので、この値段ならまぁ、イイかと買いました。
 早速そのDVDプレーヤで、友人から借りていた映画「タカダワタル的」を見ました。
 やっぱりというか、案の定、見ているうちに涙がこぼれした。
 で、これから、風呂に入って、そのあと映画「マザー・テレサ」を見ようと思っています。静かな春の夜に、「タカダワタル的」と「マザー・テレサ」の二本立ては、ちょっと濃いかなと思ったけど、今日は四月一日だし、まぁ、イイか・・・

投稿者: 店主 日時: 19:19 |