« マツ | メイン | 枝打ちと楮 »

2007年5月 8日 火曜日

農薬と除草剤とコケリンドウ

 今日の新聞を見ていたら、練馬の小学校で、去年、学校の芝を守るために計16トンの農薬をまいたと言う記事が載っていた。
 これはどうも東京都が指導してやっているらしい。しかし、芝を守るために16トンもの農薬をまいて、子供の身体に影響がないのか心配になる。
 最近の学校は君が代や国旗には神経質になるが、子供の身体の事はあまり気にならないようだ。
 店主の自宅の近くにも去年、保育園ができた。そこはもともと大きな石垣で囲まれた空き地のような場所で、サクラやいろんな植物が植えられていた。そこに樹が切り倒されて保育園ができた。幸いにも石垣は残された。
 石垣の中には、ツツジが植えられていて、いろんな植物が一昨年まで生えていた。しかし去年、保育園ができると、石垣の中のツツジや他の植物に奇妙な異変がおこった。
 何と、夏前になると石垣の中の下草がみるみる枯れだしたのだ。
 店主の好きなヤブガラシやワルナスビ、ガガイモ、カラスウリ、ノブドウなどの植物が全滅した。これは明らかに除草剤をまいたと思われた。ツツジもかなり弱ってしまった。
 道を隔てたところにも同じ石垣があるのだが、こちらは何の異変も起こらなかった。
 店主も気が付いたときは、さすがに愕然とした。ここはいつもよちよち歩きの子供が出入りするし、夏にはすぐそばで水遊びもする。
 除草剤をまいたのは、保育園の関係者と思われる。店主が親なら抗議するところであるが、店主はまったくの部外者。・・・心の中で、バカモノ!と言う以外になにもできない。
 多分、誰もこの事には気が付いていない。ハァ〜、やれやれである。

 で、今日の一枚はコケリンドウ。この植物もかなり悩ましい。似た種類でコケリンドウ以外にも、ハルリンドウ、フデリンドウといろいろある。みんな小さくて可愛い。しかも、よく似ている。
 なのでいつもどの種類かで迷う。咲いていた場所や、大きさ額、葉っぱなど見て判断するが、それでも本当のところあまり自信がない。
 でも、きっとこれはコケリンドウだ!と思って、画像処理をしました。┗(・o・)┛

コケリンドウ(苔竜胆)の花-07.05.08

校庭芝生に農薬を大量散布 練馬区立中村小 昨年計16トン、 病気対策で

投稿者 店主 : 2007年5月 8日 20:11