« 2007年5月 | メイン | 2007年7月 »

2007年6月30日 土曜日

ハギの花

 すいません。これからちょっと出なくてはならなくなりました。なので、日記を書く時間がなくなってしまいました。
 しかし、今日の一枚はアップします。
 で、今日はハギの花。自宅のハギです。
 ところで、ハギの花は、春の花?夏の花?秋の花?・・・と、いつも悩んでおります。
 ちなみに自宅のはハギはいつも五月の中頃から咲き始めます。

ハギ(萩)の花-07.06.30

投稿者: 店主 日時: 16:46 |

2007年6月29日 金曜日

アグロステンマ

 今日の一枚は、五月の初旬に撮ったアグロステンマという花。この花、Tea Roseの深津さんから今年の春にいただいたもの。店主も初体験の花。どんな花が咲くのか楽しみにしておりました。
 アグロステンマというと、ピンクの花を思い浮かべる方が多いと思いますが、このアグロステンマは白。開くととても華麗な花です。ス〜ッと細く伸びた茎の先に、白い花びらがカールしながら咲きます。
 この花、ナデシコ科の植物で、ヨーロッパから西アジアが原産。なので、ちょっと洋風美人。で、花は終ったのですが、結構、沢山、種が取れました。そこで、この種をお分けしようと思っています。
 一株の大きさは、1メートルぐらいになります。秋にタネをまいて、翌年の五月頃に花を楽しむ秋まき一年草なので、お分けするには今の時季がいいのかなと、思っております。
 ただ、この種がはたして来年、花を咲かせるかどうか、まったく保証はできません。それでもよろしければ、ご意見箱から、「アグロステンマの種、希望」と書いて、住所、氏名、メールアドレスをお知らせ下さい。
 たぶん、10名様ぐらいにはお分けできると思います。(^_^; 

アグロステンマの白い花-07.06.29

《Tea Rose 》 

投稿者: 店主 日時: 17:59 |

2007年6月28日 木曜日

復讐するは我にあり

 今日の東京新聞を見ていたら、中野区のあるお豆腐屋さんの話が載っていた。去年、特別区民税と区民税、それに住民税をあわせて、6,700円だったものが、今年、いきなり122,000円に跳ね上がった。何といきなり18,2倍に税金が増えたのである。
 このお豆腐屋さん、どんな悪い事をしたのか?たぶん、まじめに働いただけである。しかし、悲しいかな日本人に生まれた為に、こんなひどい目にあわなくてはならなくなったらしい。しかも、これに国民年金、健康保険、介護保険が加わってくる。それにNHK。まさに、税金地獄である。
 耳を押さえても、ヤツらの高笑いが聞こえてくる。美しい国、万歳!・・・
 何でこんな事になるのか、さすがに店主にも理解できない。この記事には続きがあって、[練馬区によると、昨年度の住民税の滞納は38,134件に上った。]とある。練馬区の人口は約65万人。今年はもっと払えなくなる人が増えるのは、必然である。

 それからもう一本、東京新聞の記事。「ポスト社保庁[年金機構]・職員、今より高給に?」という記事に、「社保庁から年金部門を引き継ぐ特殊法人として創設される「二本年金機構」の職員給与が、国家公務員より高水準になる可能性がある」と書いてあった。
 なるほど、だから社保庁はボーナスを返納しろと言ったのか!心配するな、すぐに元は取れる・・・か。耳を押さえても、ヤツらの高笑いが聞こえてくる。美しい国、万歳!・・・

 この地獄から抜けるには、どうすればいいのか・・・?

 で、もうすぐ夏がやってくる。暑い夏が・・・これが最後のチャンス!復讐するは我にあり

投稿者: 店主 日時: 19:21 |

2007年6月27日 水曜日

ボーナスと昼咲き月見草

 年金記録漏れ問題で、アベさんがボーナスを返納すると言っているけど、実際は約73万円しか返納できないらしい。「国会議員は公職選挙法によって議員歳費の国庫返納が事実上禁じられている」というのが理由らしい。
 しかも、アベさんは去年も何か別の問題で返納していて、それも計算に入るらしく、結局、約536万円のうち約73万円しか返納しないらしい。
 まったく偉そうに返納、返納と言いながら、ここでまたダマされているような気分になるのは、店主だけですかネ・・・(-"-;)

 さて、今日の一枚は昼咲き月見草。桃色昼咲き月見草とも呼ばれているそうです。北アメリカ原産の帰化植物。
 この昼咲き月見草、よく見かけるのが小さく群生して咲いている姿。で、店主が見つけたのは、芝生の生えた公園で、独りぽつんと咲いていた昼咲き月見草。高さも、花が一輪、芝の中からヒョコンと顔を出す程度の高さしかありませんでした。
 店主、何故かこうした姿を見ると、写真が撮りたくなります。しかも、花は咲いたばかりでとてもきれい。で、これが独りで咲いていた昼咲き月見草です。
 
ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)の花-07.06.27

投稿者: 店主 日時: 19:31 |

2007年6月26日 火曜日

虫に食われる

 この時季、雑木林に行くと、必ずこの葉っぱがあって、虫に食われている。何の葉っぱなのか、店主にもわからない。
 しかし、哀れとか悲惨とか言う事は何もない。こうして虫に食われるには食われるだけの意味があるはず。しかし、残念ながら店主にはその事がわからない。わからないが、決してこの葉っぱは、いじけてはいない。不思議にその事には確信がもてる。
 この葉っぱは、虫に食われていてもいつも凛としている。葉脈だけになっても、凛としている。葉っぱとしてのプライドなのだろうか・・・決して絶望するような気配は見せない。
 人間は複雑である。で、植物はストレートである。きっと、人間にもこの葉っぱと同じような生き方をしている人間がいるはずである。しかし、複雑な分、なかなかそれを見分けられない。
 なので、ジッとこの葉っぱを眺めて、いろいろな事を教わりたいと思っている。
 しかし、この虫食いの葉っぱが、何故、虫に食われても凛としていられるのか、その秘密を明かしてくれるまでには、まだまだ、時間がかかりそうである・・・

虫に食われた葉っぱ-07.06.26

投稿者: 店主 日時: 19:14 |

2007年6月25日 月曜日

通いつめた店主

 自宅の近くの生け垣に生えるノブドウの花が見たくて、何日も通いつめた店主。どんな花が咲くのかと、花芽が付いてから、気になって気になって、通うこと二週間。
 しかし、待てど暮らせど花はなかなか咲かない。これは蕾の形で咲いているのかナと思いはじめたら、ようやく、ちらほらと咲き始めた。
 ウ〜〜ン、これがノブドウの花か・・・と、少しため息が出ました。地味と言えば、地味なんだけど、思っていたのとはかなり違った。
 でも、人間には地味に見えるけど、ハチなどの虫にはとても魅力的らしく、いつもいろんな虫がこの花にたかっている。ふ〜む、虫と店主ではかなり価値観が違うらしい・・・(-"-;)
 で、これが今日の一枚のノブドウの花です。(^_^;

ノブドウ(野葡萄)の花-07.06.25

投稿者: 店主 日時: 19:13 |

2007年6月24日 日曜日

お店計画-その6

 店主、お店に関してはまったくのド素人である。どうせド素人であるのだから、プロの考えるような事を考えてもしょうがないので、少し違った視点からお店と言うモノを考えてみたい。

 マトリックスという言葉がある。この言葉はウィキペディア によると、映画「マトリックス」という事以外に、次のような事柄が載っている。

 《本来は「 子宮 」を意味する ラテン語 (< Mater母+ix)に由来する英語 Matrix の音写で、そこから何かを生み出すものを意味する。この「 生み出す機能 」に着目して命名されることが多い。また、子宮状の形状・状態着目して命名される場合もある。
 日本語にあえて翻訳する場合は「基盤」「基質」などの訳語が当てられることがあるが、原語で強く感じられる「生み出す機能」や「形状」が伝わりにくく、必ずしも評判が良くない。例えば「母体」あるいは「子宮体」ならばニュアンスも伝わるのだろうが、このような訳語はほとんど採用されていない。結局、カタカナで表記されることが多い。 》ウィキペディアより

 さて、これが何故、お店と関係があるのか?いぶかしげに思う方も多いと思う。しかし、この言葉がヒントとなって、いろいろと考えている。
 最近、横浜のランドマークタワーや東京駅の新丸の内ビルディング、六本木ヒルズ、表参道ヒルズ 等の複合商業施設にいくと、妙な不安感を覚える。この不安感は何を意味しているのか、最近までよく分からなかった。
 店主、こうした施設に行くたびに、身の置き所に困ってしまう。このような施設はお金を使わないかぎり、施設から「疎外」されたような気分になる。どの空間も、お金を落とす事で成り立っている。お金、お金、また、お金。
 当たり前の事である。では、お金を落とすとどうなるのか?このような施設がさらに巨大になる。まさしく「マトリックス」である。次の施設を生み出す為の「マトリックスの為にマトリックス(子宮)」となるワケだ。
 しかし、この事は店主が感じる「疎外」の説明にはならない。確かに、店主は貧乏である。そんなに浪費はできないが、貧乏でも、昔の施設はもう少し楽しかったような気がする。
 何が昔の施設と、これら巨大複合施設は違っているのか・・・? 答えはわりと簡単なところにあった。昔の商業施設には、例えば占いコーナーのようなモノがあった。これは、人と人の関係をものすごく個人的に語り合う場である。疲れたら屋上の占いコーナーで、話をして帰ってくる。今は、この占いコーナーのようなモノがない。
 つまり、そこには人のドラマが存在した。今はどうなのか?
 簡単に言うと、個人が存在しいないのが、新しい施設の特徴である。そんなバカなと、思われる方もいることでしょう。しかし、逆説的にこの施設を考えてみると、この事はよく分かる。
 つまり、個人が新丸の内ビルディングに店を持てるのか?ランドマークタワーでお店を持てるのか?と考えると、そんな方法はどこにもない。個人などと言う怪し気なモノに彼らは関わりを持つ気などサラサラない。
 彼らにとって、個人はとても厄介で、面倒な存在。だとすると、お金だけを運ぶ存在の個人と付き合う方が得策であると考えても不思議ではない。しかも、お金は「マトリックス(子宮)」にとって一番重要なエネルギーである。その為の仕掛けには、当然、エネルギー(お金)をかける。
 これは、映画「マトリックス」ともよく似ている。人間は単なる「電池」で、機械を動かすエネルギーの源が人間。つまりは、「マトリックス」の為に人間は存在するという事になってしまう。ハァ〜〜、やれやれである。
 この傾向は、発展を遂げるどこの国の都市も似たような傾向を示す。つまりは都市化である。北京であろうと、パリであろうと、東京であろうと、ダラスであろうと同じような商業施設が膨れ上がっている。
 では、この「マトリックス」はどこから来て、どこへ行くのか?この事は、店主にも分からない。これは、「マトリックス」の側にいる人に聞いてもらうしかない。

 そこで、自分の店の事となる。可能かどうかまったく根拠のないまま、店主はこの「マトリックス」的商業施設とは、まったく逆の事をやってみたいと思っている。
 売るべき商品はなるべく個人を基本にする。場所は、「マトリックス」から影響の受けない場所にする。時間があれば、お客さんの悩みに答えられるような場所をイメージする。
 そして、これが一番重要。個人と個人、お客さんと作家さんが、コラボレーションできるような空間を作る。
 で、そこで生活できるだけのお金をいただく・・・(^_^;

 本当にこんな事、できるのかな・・・できると楽しいだろうナ・・・
 

投稿者: 店主 日時: 20:18 |

2007年6月23日 土曜日

ブラブラ・・・と桔梗の蕾

 今日は少しだけのんびりとさせていただきました。何をするでもなく、植物の写真の整理や、本屋さんにふらりと行ったり、ついでに、近くの空き地に寄り道したりで、一日が終わってしまいました。(^_^;
 それでも、植物の画像処理はきっちりとやっておりました。これだけは、店主の場合、仕事という感覚とは、別なのかもしれません。
 で、今日の一枚は桔梗。どれを画像処理をしようかと、撮影した画像を眺めていたら、ぷっくりと膨らんだ桔梗の蕾が開く直前の写真がありました。
 たぶん、早朝に撮ったモノと思われる写真で、桔梗にもこん表情があるのかと、早速、画像処理をしてみました。
 撮影の時間が早かったせいか、蕾はかなりきれいなブルーに色付いております。今にも破裂しそうなぐらいに膨らんだその形と、ブルーの色が妙にチグハグで、面白い姿をしております。(⌒-⌒)

キキョウ(桔梗)の花が開く寸前 -07.06.23

投稿者: 店主 日時: 19:20 |

2007年6月22日 金曜日

名前がわからん!

 今日の一枚はいろいろと調べたのですが、名前がわかりません。たぶん、フウロソウの仲間だとは思うのですが、残念ながら特定できません。
 見つけたのは、雑木林の近くの平屋の民家。大きなケヤキの樹があって、生け垣の隙間に、この花が咲いておりました。気が付いたのは去年の五月頃。可愛いなと思いつつ、調べたのですが結局、名前がわからないまま、1年がたってしまいました。
 今年もその民家に行くと、ちょこんと咲いておりました。フウロソウの花びらにある独特の線が薄く、花びらの形も、似ているようでどこか違う。でも、種や葉っぱはフウロソウの特徴を持っています。
 全体の感じでいうとタチフウロに似ているような気がしますが、たぶん、違うな・・・と思ってまう。園芸種だと、店主にはちょっとお手上・・・(?_?)
 でも、花や咲いている全体の姿がとてもきれいなので、知っている人がいましたら、是非、教えて下さい。m(__)m

フウロソウの仲間?-07.06.22

 え〜と、それからリンズさんの「ブタさんの箸置き」をプレゼント!は終了です。ありがとうございます。
 引き続き、リンズさんの新作をよろしくお願い申し上げます。

今回のリンズさん新作は、フェミニンシリーズから、8点! 

投稿者: 店主 日時: 18:40 |

2007年6月21日 木曜日

かめ仕込みとムラサキシキブ

 今、工房に奄美の「かめ仕込み」という焼酎がある。これは写真撮影用にお借りしたもの。呑む為のものではない。しかし、外見だけでもうううっ旨そう!
 で、呑むワケにはいかないので、瓶を眺めていたら、裏のラベルに・・・
「無いものばかりが目について心が荒れていた。有るものに気がついて、それを磨いていこうと思ったら心が豊かになった。それが、『かめ仕込み』」(有限会社富田酒造場)・・・とある。
 ふ〜〜〜〜む・・・(~_~;)・・・これは、是非、呑んでみたい! 

 で、今日の一枚は、ムラサキシキブの花。雑木林で見つけた一枚。
 店主、かなり長い間、ムラサキシキブとコムラサキを混同しておりました。これがムラサキシキブの花です。コムラサキとはかなり違います。

ムラサキシキブ(紫式部)の花-07.06.21

この画像「ムラサキシキブの花-05.07.19」は植物の名前が、ムラサキシキブとなっておりますが、正しくはコムラサキです。m(__)m

投稿者: 店主 日時: 19:32 |

2007年6月20日 水曜日

豆軍配なずな

 バタバタしておりましたら、時間がなくなってしまいました。(^_^;
 店主、これからOBIで開催されてる「Nankin Show」に出かけます。
 なので、日記は今日の一枚だけ。m(__)m
 名前はマメグンバイナズナ。近くの空き地で見つけました。ナズナの仲間らしいのですが、妙な群生の仕方をしておりました。遠くから見ると、直径1メートルぐらいの半円形の形に群生して、近づくまでは、何の植物だかわかりませんでした。
 種を見て、ナズナの仲間とはわかりましたが、こんな群生するナズナははじめて見ました。世の中にはいろんな植物があるものですネ。

マメグンバイナズナ(豆軍配なずな)-07.06.20

投稿者: 店主 日時: 18:12 |

2007年6月19日 火曜日

全世界が・・・

 最近、店主のブロクの調子があまりよくなかった。コメントを書いてアップしようとすると、やたらと重くなったり、書き込みが重複したりと、トラブルが続いていた。
 こうなると、店主の能力(もともと何もないんだけど)ではどうにもならない。ここは師匠に泣きつくしかない。(._.)
 で、泣きついた。(T_T) すると返事が帰って来た。

 ・・・MT(MovableType・カスタマイズが自由自在なブログを作成できるシステム)には、迷惑コメントなどのSPAM(受信者の意図を無視して送られて来る無差別大量一括送信メール・別名「迷惑メール」)をフィルタリングする機能がついているのですが、このフィルタは特定のサイトを参照して、SPAMをフィルタリングするシステムです。
 で、この特定のサイトに問題が起きたので、その時間まちで遅くなっていたようです。だから、全世界のMTが遅くなっていたのです。
 で、修正のアナウンスが出ていたので修正しました。いままでより3割くらい速くなっていると思います。・・・

 と、返事が返ってきた。ふ〜む、ぜぜっ全世界のMTが遅くなった!のですか。店主は自分がヘマをしたのかと思っていましたが、これで、少しは安心しました。たぶん、コメントの書き込みも少しはよくなったと思うので、ドンドン書き込んで下さいナ・・・(^_^;
 師匠、ありがとうございます。m(__)m

投稿者: 店主 日時: 19:47 |

2007年6月18日 月曜日

庭の小さな宇宙

 店主の自宅の庭は、猫の額ほどしかない狭い庭である。そこにいろんな野草が勝手に入って来て、花を咲かせる。引っ越した当初は、ちゃんと芝が植わって、なかなか立派な庭だったのだが、いつの頃からか、野草の解放区になってしまった。それでも、ちゃんと探すと芝も残っている。
 野草の種類が増えると、毎年、何故か少しずつ種類が変化する。これが面白い。今日の一枚も去年はなかったような気がする。気が付くと、シダとコナスビとミズヒキの隙間をぬって花を咲かせた。
 名前はメキシコマンネングサ。これが緑に覆われた空間で花を付けると、星のように見えるから、面白い。しゃがみ込んで、じっと眺めていると、何やら植物の宇宙を眺めているような気分になる。何とも、贅沢な時間である。

メキシコマンネングサ(メキシコ万年草)-07.06.18

投稿者: 店主 日時: 19:11 |

2007年6月16日 土曜日

本当にリンズさん新作、アップ!

 今回の新作はリンズさん。実はリンズさんの新作は一年半ぶり。去年はいろいろとトラブルがあって、リンズさんに限らず、作家さんにはご迷惑のかけっぱなしの2006年。思い通りにならないのが人生とは言うものの、その悔しい思いが、今年の新作アップに少しは役立ったようです。
 なので、今年はわりと順調に新作のアップが進んでいるので、ちょっとホッとしております。来週から、オリジナルTeeがかなりの枚数が動き出すので、何とかその前に、リンズだけでもと気合いを入れておりました。
 まだ、いろいろと手直しがあるとは思いますが、リンズさんの新作、よろしくお願い申し上げます。それから、今回、リンズさんの作品をお買い上げいただくと、先着五名様に、リンズがセレクトした「ブタさんの箸置き」をプレゼント!というおまけがついております。m(__)m

リンズの作品をお買い上げいただいた先着5名様に「ブタさんの箸置き」をプレゼント!

Lin's Favorites・新作は、フェミニンシリーズから、8点! 

投稿者: 店主 日時: 16:11 |

2007年6月15日 金曜日

新作のアップとmixi

 今日はTeeシャツの新作の準備にかなりの時間をかける事ができた。今回は作品の複雑な入れ替えが重なったので、かなり疲れた。おかげで、右肩はかなり怠くなっている。
 新作は、元のデータをもらってから、その大きさやプリントの具合を確かめ、一つの作品に対して、HP用や印刷、カードなどに使うデータを12点も作らねばならない 。10作品あると、120点以上もデータを作る事になる。
 それを皆さんが見るページに配置して、コメントなどを加えると、かなりの作業量になる。今日は目も脳みそも肩もクタクタ。
 なので、今日の植物日記はお休み。で、明日、何とか新作をアップしたいので、もう少し、頑張ろう!明日、アップできるよな・・・大丈夫だよな・・・(;¬_¬)

 後、この日記はmixiとも連動している。しかし、ここのところ、mixiのRSSの読み取りが段々と遅くなって、先日、6月13日の日記が、今日の朝にアップされるという事態におちいっている。この日記もいつ反映されるのかわからない。何かいい知恵があったら教えて下さいナ。

投稿者: 店主 日時: 18:24 |

2007年6月14日 木曜日

コナラの若葉と数式

 店主、数字が苦手なのは、前にも日記に書きましたが、何故か「博士の愛した数式」という映画を見てしまいました。・・・僕の記憶は80分しかもたない・・・というアノ映画です。
 感想は数学もわからないのに、とても面白かった。友愛数とか双子素数とか完全数とか、ヘ〜ェ!とわかりもしないのに、感心して見ておりました。
 で、映画の中で、「目に見えるものは、目に見えないものに支えられている」という言葉がとても気になって、ついに今、原作まで読みはじめております。
 原作は、映画とはかなり話が違っていますが、数学的な事を映画の方で一度、習ったので、苦手な数学の話も、なるほどなるほどと復習気分で楽しんでおります。
 博士の言葉ではありませんが、雑木林にいくといつも「目に見えるものは、目に見えないものに支えられている」という感覚に全身がおおわれます。
 この花も、この樹も、この葉っぱも、この虫もすべて「目に見えるものは、目に見えないものに支えられている」と・・・
 雑木林には、何かがいっぱい!いっぱいあって、それが寄添ったり、離れたり、土の中でつながったり、羽ばたいたり、絡み合ったりしている事が、この映画とよく似ているような感じがしました。
 博士の言う数学は、実は雑木林の形と似ているのでは・・・と、ワケのわからない事を思ってしまった店主です。
 で、今日の一枚は、雑木林の王様のコナラの若葉。少し黄緑色の混ざった銀色の産毛におおわれたコナラの若葉は、それだけを見ると、店主には花のように見えます。
 控えめだけと、とても上等な洋服をきているようなコナラの若葉。暖かそうで、優しそうで、気配りがあって・・・これを博士の数式に当てはめると、どんな数字が生まれるのか・・・(⌒-⌒)

コナラ(小楢)の若葉-07.06.14

投稿者: 店主 日時: 18:20 |

2007年6月13日 水曜日

君の名は吸葛

 嘘つきとは一緒にしたくなかったので、今日も二連発となりました。
 去年、一昨年と、冬の雑木林で濃い紺色の実をつける蔓状の植物で見つけておりました。しかし、いくら調べても名前がわからず、悩んでいた植物の名前がようやくわかりました。
 しかし、同じ雑木林で冬は出会えて、同じ場所で、花は咲いてたはずなのに、何故、この花を見つけられなかったのか、それも不思議。出会えないとき、何をしても出会えないもののようです。
 名前をスイカズラ。別名をキンギンカ(金銀花)。別名は白い花が段々と黄色く変わる為に付いた名前。ちょっといい香りがします。また、花の奥には甘い蜜があるそうです。
 花は唇形(しんけい)の花が二個ずつ付きます。必ず寄添うよう咲く姿は仲のいい兄弟、姉妹のようで、とてもユーモラスです。
 葉っぱは冬になっても枯れず、紺色の実をつけています。なので、金銀花という名前の他に、ニンドウ(忍冬)という別名もあるようです。
 店主が冬の雑木林で見つけたのは、このニンドウ(忍冬)という事になるようです。
 イメージは、二組、計四個の花が寄添うように咲いています。これで、心のモヤモヤが一つなくなました。

スイカズラ(吸葛)の花-07.06.13

投稿者: 店主 日時: 19:10 |

バカ!+嘘つき!

 <年金>サンプル調査で入力ミス公表せず!・・・(~_~;) 実は、3090件のうち27件の誤りがあったそうです。これも本当かどうかわかりませんが・・・今も昔も、嘘をつく事が社保庁の一番大事な仕事だったのですネ。もう、無茶苦茶というより、これは完全な犯罪。

投稿者: 店主 日時: 15:45 |

2007年6月12日 火曜日

早起き&昼寝と銭葵

 今日の朝、五時ぐらいに目が覚めてしまいました。今はこの時間だと外はかなり明るくて、しかもとても気持ちがいい。年寄りくさいなと思いつつも、庭にでて、植物を眺めておりました。カマキリもそのとき見つけました。今の時期の早起きはおすすめです。
 なので、工房も少し早めに来て、仕事をやっておりましたが、三時過ぎになると、やっぱり猛烈な睡魔が襲ってきて、お昼寝。これがまた、気持ちがいい。何も羽織らず、ゴロンです。pukupukuさんのゴロンタヌキTeeシャツみたいな感じて、三十分ほど寝ておりました。
 目覚めもすっきり。隣の工事も今日は終わったようで、窓を開け放って、日記を書いております。

 で、今日の一枚はゼニアオイ。自宅の近くの駐車場に群生しておりました。ヨーロッパ原産で江戸時代に渡来してきたそうです。このゼニアオイはハーブテイにも、呼吸器系の薬にもなるそうです。
 店主は曇った日に眺めるゼニアオイの花は大好きです。葉っぱの緑と花の紫色がとても鮮やかです。今日の一枚もしっかり曇りの日に撮った一枚です。

ゼニアオイ(銭葵)の花-07.06.12

pukupuku・「GORON」Teeシャツ 

投稿者: 店主 日時: 18:35 |

2007年6月11日 月曜日

口直しに花一輪

 バカと一緒に今日の一枚をアップするのが、堪え難かったので、今日の日記は二本立てとなりました。
 先日、実家に戻って庭に出てみたら、この花が庭の半分ほど占領しておりました。その光景は見事というしかありませんでした。
 静かに風が流れ、小さな花が揺れる様を、薄日のさす縁側に腰をかけて、しばし見とれておりました。時間よ止まれ・・・とても、とても静かでした。
 で、これが今日の一枚のブライダルベールの花一輪。

ブライダルベールの花-07.06.11

投稿者: 店主 日時: 18:19 |

バカ!

 年金、介護といろいろな問題が吹き出す中、何者だかわからん芸能人やキャスターコメンテイターが好きな事を言っている。
 その中でも、これはひどいなと思ったのが、「みのもんた」。この人、消えた年金問題は国民が悪いと言いはじめた。ハァ〜・・・である。
 何でそんな発言が許されるのか?人をバカにするにしても限度というモノがある。厚生省も最悪だが、これと同じぐらい「みのもんた」は最悪である。
 この「みのもんた」を担いで、視聴率が稼げるとほくそ笑むテレビ局は、社会保険庁と一緒に年金問題をうやむやにしようとしていると思われて当然である。むしろその罪は社会保険庁より重いと店主は思っている。

お笑いみのもんた劇場

これも、国民が悪いのネ、みのもんた!

「消えた年金」一番深刻な事態 社保庁職員ネコババはどうする

投稿者: 店主 日時: 17:44 |

2007年6月 9日 土曜日

妖精の舞い

 昨日の一枚はクモさん達だったので、虫嫌いの人にはちょっと辛かったかもしれません。
 そこでは、今日は植物のユキノシタの幻想的な一枚をアップ。このユキノシタも雑木林で見つけました。自宅にもユキノシタはあるのですが、これほどきれいには咲きません。
 日当りもよくないし、虫も沢山いそうなのに、何でこんなにきれいな花を咲かせる事ができるのか、そこが不思議でなりません。やっぱり、自然の中にいると強くたくましく、そして、神秘的な力を持つようになるのでしょうか?
 で、これが本当に雑木林で妖精が舞っているようなユキノシタの姿です。

ユキノシタ(雪の下)妖精の舞い-07.06.09

投稿者: 店主 日時: 17:32 |

2007年6月 8日 金曜日

クモの子を散らす

 ケヤキの小さい木に、ウズラの卵ぐらいの大きさで、綿のような薄黒い塊がありました。最初はなんだかわからず、近寄って見たのですが、それでも何かわかりませんでした。
 何気なく手を伸ばすと突然、薄黒い塊が膨れ上がり、小さな断片にわかれながら四方八方の動きだしました。アッ!クモの子だ!
 クモの子を散らす・・・(@o@;) こんなに凄いのははじめて見ました。本当に「クモの子を散らす」でした。
 で、今日のは一枚は細かすぎて、ほとんど画像処理はしてません・・・(^_^;

クモの子を散らす-07.06.08

投稿者: 店主 日時: 18:36 |

2007年6月 7日 木曜日

チッ、違っているとヒルガオ

 今日、年金手帳を引っぱりだして見た。店主、この年金手帳を一度なくしている。つまり手帳は再発行されたものになる。しかし、なくしたと思った前の年金手帳はその後、見つかっている。
 この二冊を見比べてみると妙な事に気が付いた。まず、新しい方には名前のフリガナがない。そして、年金手帳を作ったところの住所の内容が違っている。
 この年金手帳を作ったのは、永福町というところで作っている。新しい方の年金手帳には、和泉というところの住所からはじまって、今の国分寺へと変更されている。古い方は永福町となっている。
 店主の引っ越しは、永福町、和泉、国分寺ということになる。これは何を意味するのか・・・(~_~;)
 ヤバいかも!・・・(@o@;)

 で、今日の一枚はヒルガオと、その花の中を無心に探索するバッタの赤ちゃん。この赤ちゃん、たぶん後、数回脱皮を繰り返して成虫になるのでしょうか・・・足も身体も風が吹けば飛ばされてしまいそうなぐらい、か細い。
 それでも、一生懸命、触覚を動かして、あたりを探っている。自分が何者なのかを身体で探っているのかもしれない。こんな風景を見ていると、何故か気持ちが優しくなる。
 しかし、このヒルガオも虫も今はいない。ここの生け垣、植木屋さんに伐られ、ヒルガオも抜かれてしまいました。生きるという事は人間も虫も、植物も大変である。誰を恨むワケでもないけど、ちょっと悲しい気分の店主でした。

ヒルガオ(昼顔)の花で遊ぶ?バッタの赤ちゃん-07.06.07

投稿者: 店主 日時: 18:11 |

2007年6月 6日 水曜日

美人のドクタミ

 今日の一枚はドクダミ。漢字を調べたのですが、難しいのと文字がPCによって出てこない可能性があったのでパスしました。
 よくドクダミは臭いと言いますが、鉢植えにしておけばまったく臭いません。店主の庭ではプランターに入れて育てています。ただし、プランターから外に出たものは、ゴメン!と言って抜いてしまいます。
 ほっておくと地下茎を伸ばして瞬く間に増えてしまうので、プランターから外に出ないように、ドクダミさん達にはお願いしております。(^_^;
 また、ドクダミの別名は十薬(じゆうやく)といって、整腸・利尿・緩下・解毒などの薬効がありと、いろんなところでかかれております。人によってはドクダミ化粧水を作っている人もいるようです。
 でも、店主はやっぱりドクダミの葉っぱの形が好きです。ちょっとねじれるようなスペードの形はいつ見てもきれいです。また、北向きのところで生えているドクダミは美人が多いです。
 このドクダミ、案外弱い植物のようで、日当りのよいところでは、すぐに葉っぱがやけて変色してしまうようです。なので、今日の一枚もほとんど日のあたらないところで見つけた美人さんです。

ドクダミの花-07.06.06

かずみんのドクダミ化粧水

投稿者: 店主 日時: 17:20 |

2007年6月 5日 火曜日

蘇る躑躅

 去年の12月頃から、自宅の近くの道路が拡張工事された。かなり大掛かりな工事で、今年の3月ぐらいまでかかった。当然、拡張工事だからその道の近くにある植栽とかもきれいに壊された。
 寒いある晩、仕事が終わって帰ると、いつもある植栽がきれいさっぱりと引き抜かれていた。工事だから仕方ないと思いつつも、引き抜かれた植栽はどうなったのか、いらぬ心配をしながらグチャグチャになった土を見ると、引き裂かれた木っ端が目に入ってきた。
 まだ、葉っぱが五、六枚付いている。しゃがみ込んで見ると、少しだけだが根っこが残っていた。その姿が何となく不憫で、引き裂かれた木っ端を二本ほど拾って自宅に持ち帰った。
 その晩、ベランダに出て、ポットに土を入れ水をやった。しかし、一本はまったく変化する事なく、春になって、かろうじて付いてた葉っぱも落ちた。
 そして、もう一本が見事に生き延びて、花を一輪だけつけた。まだ全体の大きさは10センチぐらいしかないが、見事なツツジの花をつけた。木の大きさの半分ほどもある花である。
 お見事!お前は偉いネ!ひどい目にあいながらも、ちゃんと生き残って花をつける。植物の鏡?のようだネ・・・\(^o^)/
 で、今日の一枚はその蘇ったツツジ。実は、咲くまで何の植物かわかりませんでした・・・(^_^;

ツツジ(躑躅)の花-07.06.05

投稿者: 店主 日時: 17:12 |

2007年6月 4日 月曜日

二枚舌と金糸梅

 最近、政治ネタは避けておりました。でも、どうしても気になるので書く事にしました。

 一つは、「<脱北者>「人道的に対応」安倍首相」・・・「安倍晋三首相は3日、東京都内での街頭演説で「人道上の観点から、この問題に対応していくことを約束したい」と述べた。」・・・6月4日3時3分配信 毎日新聞

 もう一つは、「<魏京生氏>民主化リーダー、入国を拒否…東京入国管理局」・・・「中国の民主化を訴える魏京生氏(57)が、東京の集会に出席するために在住している米国から成田国際空港に入国しようとしたところ、ビザがないために法務省東京入国管理局成田空港支局に入国を拒否されていたことが3日、分かった。」・・・中略・・・「魏京生氏は3日夜、東京都内での天安門事件18年記念集会で講演する予定だった。主催者側は「5月下旬に東京入国管理局に相談した際にはトランジットでも(入国は)問題ないと言われた。多くの人はトランジットで入国できている。入管の対応はおかしい」と批判している。・・・」6月3日21時43分配信 毎日新聞

 魏京生氏に関する別のニュースにでは、「関係者によると、入管当局は魏氏側に「手続きに問題はないが、上からの指示で入国させられない」と説明したという。魏氏は空港で足止め状態となっている。」・・・6月4日8時0分配信 産経新聞

 この国に住んでいて、この国の「人道上の観点」とはなんなのかさっぱりわからない。政治家の為のご都合が、「人道上の観点」なのか。都合が悪ければ、「上からの指示で」となるらしい。それにしても、この二つのニュースを読み比べると、何とも二枚舌みたいで恥ずかしい・・・(~_~;)

 で、気分直しに今日の一枚は、中国原産で、江戸時代、1760年に渡来したといわれるキンシバイ。雄しべが金の糸のように見えるところから金糸梅と呼ばれたそうです。確かに咲いたばかりの花は本当にきれいです。
 
キンシバイ(金糸梅)の花-07.06.04

投稿者: 店主 日時: 18:26 |

2007年6月 2日 土曜日

犬柘植

 どことなく検索文字列の後味が悪いので、急きょ、今日の一枚を追加。
 植物の名前はイヌツゲ。最近はマンションの生け垣や垣根としてよく見る植物。一昨年ぐらいから、このイヌツゲの花を撮りたくて、狙っていたのですが、いつも他の花に気をとられて、時期を逸してしまっておりました。
 何せこのイヌツゲの花は小さい。葉っぱでさえも1センチぐらいしかないので、よく見ないと咲いているのがわかりません。なので、気が付くと花は終って、また来年となってしまう。
 で、今年は忘れる事なくようやく撮影しました。でも、よくよく見ると可愛い花です。(^_^;

イヌツゲ(犬柘植)の花-07.06.02

投稿者: 店主 日時: 18:11 |

5月の検索文字列

 今月の検索文字列のとんでもない会社がトップにきてしまいました。日本テレコムがらみで偽の申し込みをした「フォーバル」。
 この言葉ぼやき日記に記述が載っているのですが、今まではそんなに上位に来る事はなかったのです。しかし今月は、ダントツのトップ。やれやれ困った会社ですナ・・・(-"-;)
 先日も、この会社の若い衆が工房に営業できたので、今までの経過やネットでの話をしてあげたら、ビックリしておりました。本当に知らないのか?わかりませんが、「だから、オタクの会社とは間違ってもお付合いはご遠慮申し上げますといったら、黙ってお帰りになりました。

 で、これが今月の検索文字列トップ10

 No.1ーフォーバル 詐欺・フォーバルテレコム 詐欺
 No.2ー身巾とは
 No.3ー深津真也
 No.4−TEE・tee・tee・Tee・ビタミンTee・Tシャツ Tee ビタミン
 No.5−切り絵 龍・切り絵 龍 竜・龍の切り絵・・・
 No.6−龍田恵子 ホームページ
 No.7−上泉均・カミイズム
 No.8−ajisai 自由が丘
 No.9−平賀敬美術館・平賀 敬・平賀 幸
 No.10−まつだしょうじ

 さて、来月の検索文字列はどうなりますか?

投稿者: 店主 日時: 17:45 |

2007年6月 1日 金曜日

蜘蛛、食われる

 先日、朝、植木に水やりをしていると、ハエが一匹飛んできて、ス〜ッと物干竿にとまりました。すると、モミジの樹からスルスルと蜘蛛が現れ、よそ見をしているハエに飛びかかり、見事に捕まえてしまいました。
 これはアッと言う間の出来事です。実に見事な蜘蛛のハンティングにしばし見とれておりました。
 それから数日後、通勤途中の道で茂みをのぞいていたら、ハチのような虫が、何かを捕まえているところに出くわしました。この時はカメラを持っていたので、慌ててシャッターをきりました。4カットぐらい撮るとスーッと飛び去ってしまいました。
 で、その画像をPCで拡大してみると、捕われていたのは何と蜘蛛。ハチはベッコウバチの仲間なのか、蜘蛛は足を伸ばしたようなエビぞりような妙な形で、そのハチに捕われていました。
 これはどうも食べるためではなく、麻酔をうって土の巣穴に運び込み、幼虫を育てるために捕えられたようです。
 そうか・・・蜘蛛も食われてしまうのか・・・と、小さな生き物の世界に仕組みに、ちょっとびっくりした店主。で、これが今日の一枚のハチ?のハンティング。虫嫌いの人はパスして下さい。

ハチ?のハンティング-07.06.01

投稿者: 店主 日時: 17:58 |