« 妖精の舞い | メイン | 口直しに花一輪 »

2007年6月11日 月曜日

バカ!

 年金、介護といろいろな問題が吹き出す中、何者だかわからん芸能人やキャスターコメンテイターが好きな事を言っている。
 その中でも、これはひどいなと思ったのが、「みのもんた」。この人、消えた年金問題は国民が悪いと言いはじめた。ハァ〜・・・である。
 何でそんな発言が許されるのか?人をバカにするにしても限度というモノがある。厚生省も最悪だが、これと同じぐらい「みのもんた」は最悪である。
 この「みのもんた」を担いで、視聴率が稼げるとほくそ笑むテレビ局は、社会保険庁と一緒に年金問題をうやむやにしようとしていると思われて当然である。むしろその罪は社会保険庁より重いと店主は思っている。

お笑いみのもんた劇場

これも、国民が悪いのネ、みのもんた!

「消えた年金」一番深刻な事態 社保庁職員ネコババはどうする

投稿者 店主 : 2007年6月11日 17:44