« 2007年7月 | メイン | 2007年9月 »

2007年8月31日 金曜日

糊空木

 いよいよ八月も本日でおしまい。「ビタミンTee」としては、かなりスリリングな月でした。来月は、「ビタミンTee」のまわりでもいろいろと展覧会があります。詳しくわかり次第、お知らせにアップをしますので、お見逃しなく。
 で、今日の一枚はノリウツギ。アジサイの仲間なのですが、額と花が真っ白。なので、森の奥深いところで、咲くノリウツギの花は、とても神秘的です。
 このノリウツギは「樹皮の内皮をはいで水につけて、粘液を出させて、それを和紙を漉(す)くときの、糊として使ったことからこの名がある。」と、「季節の花 300」には書いてある。
 それにしても、日本の自然は見事な植物をその懐に抱え込んでいるのには、毎度の事ながら、感心させられる。でも、こんなすばらしい自然をいつまで残す事ができるのでしょうか・・・
 店主にできる事は、こんな素敵な植物が森には沢山あるんですヨと、このぼやき日記にアップする事ぐらい。何のヤクにも立たないかも知れないけど・・・ネ。

ノリウツギ(糊空木)の花-07.08.31

季節の花 300・糊空木 (のりうつぎ)

投稿者: 店主 日時: 18:04 |

2007年8月30日 木曜日

化け物-2と薊

 人間とは何か!昔から言い尽くされた言葉である。しかし・・・人間の皮をかぶった化け物はどこにでもいるらしい。
 今日、きっこの日記を見ていたら、九州でおきた生活保護を打ち切られ、餓死した事件の続報について詳しく書いてあった。
 前から、北九州市の福祉行政には問題が多いと言われていたが、これを読んで店主、愕然となった。これが本当なら、きっこさんの言う通り、「行政による殺人事件」と言われてもしょうがないだろう。まさしく、小倉北福祉事務所の人間は、人間の皮をかぶった化け物である。(日記は下記にリンクをしておきますが、読むとかなり不快になりますので、ご注意下さい・・・)
 それにしても、マスコミはズル休みをした横綱・朝青龍の事は必死で取り上げるけど、足元で餓死する人間に対しては、ちょろっと書いただけで、後は知らんぷりである。
 大手マスコミに期待するワケではないが、しかし、人間の皮をかぶった化け物が行政の側にもいるのだヨ、という事ぐらいを調べて書いてもバチはあたるまい。
 まぁ、給料をイッパイもらっている大手マスコミの記者さんは、餓死するような貧乏人の事など興味がないのかもしれませんが・・・(;¬_¬)

 で、今日も不愉快な話で申し訳ありません。m(__)m なので、気分転換になるかどうかは、わかりませんが、店主の好きなアザミをアップ。この美人のアザミは裏磐梯産。でも、何でアザミにはあんなにトゲトゲがあるのでしょうかネ・・・(^_^;

アザミ(薊)の花-07.08.30

きっこの日記・働けざる者、北九州市に住むべからず

投稿者: 店主 日時: 19:15 |

2007年8月29日 水曜日

化け物と山漆

 ワルちゃん、ジュゴンと八月の後半はひたすら走り続けてきました。
 で、ふっと落ち着いてまわり見渡すと、世の中、とてつもなく酷い事がおきている。
 <闇の職安>というワケのわからないものが、大手を振って闊歩している。
 あまりに常軌をいっした事件に、店主も言葉を失ってしまった。思いを率直に言えば、コイツ等人間じゃない。人間の皮をかぶった化け物である。こんな人間を、自分たちと同じ人間扱いしなければならない今の社会に、店主は怒りと嫌悪感を感じてしまう。
 それから、ギリシャ各地の山火事。これも酷い話である。中国の地上げ屋もかなり悪い連中がいるようだけども、このギリシャ各地の山火事は、地上げの為に、山に火を放ったとか。しかもウサギに油をかけ、山に放ったとか・・・(~_~;)
 これも、すべてはお金の為なら何でもする人間の皮をかぶった化け物である。
 また、立川署のストーカー射殺警官。これは何を書けばいいのかそれすらもわからない。
 出てくる言葉は、被害者の方のご冥福をお祈りします・・・しかない。しかし、何ともむなしい空々しい言葉ある。

 で、今日の一枚は気分を変えてヤマウルシの木・・・だと思う。ちょっと自信がない。
 茂みの赤い棒のようなモノがチラチラと見えたので、覗き込むと今日の一枚が目の前に現れた。
 こいつ、ひょうきんな枝振りをしているが、折ったり、触ったりするとかぶれる恐れがあるらしい。フ〜〜ム、漆か・・・
 でも、枝の赤い色は印象的で可愛い・・・と、思うのは店主だけ・・・? ┗(・o・)┛
 
ヤマウルシ(山漆)の木-07.08.29

投稿者: 店主 日時: 18:51 |

2007年8月28日 火曜日

いろいろとヌスビトハギ

 今日は「北限のジュゴンを見守る会」の方が工房に見えて、Teeシャツの話やら環境の話をしておりました。小さな力を楽しく集結させるには、どうしたらいいのか?と言ったとても難しいけど、楽しい話をしておりました。
 後は、お知らせに個展、グループ展の案内を載せましたので、ご覧になって下さい。
 一つは、斎藤雨梟(さいとう うきょう)個展・「妄獣憑きの祭日」。題名からすると、怖そうなんだけど、何処か優しい妄獣たちに出会えると思いますヨ・・・(^_^;
 もう一つは、pukupukuのひろかわさんたちのグループ展、「BOOO展」(ひろかわ さえこ/はせがわ かこ/中村 景児/アリマ・ジュンコ)ブタラーの方にはお薦めの展覧会。
 まぁ、芸術の秋と言う事で、よろしくお願い申し上げます。

 で、今日の一枚もクタクタ状態に追い込まれ、少し手抜き気味・・・m(._.)m
 裏磐梯で見つけたヌスビトハギの花。朝、散歩しておりましたら、少し奥まったところで、差しはじめた朝日に、揺れていたヌスビトハギ。
 東京でも見る事はできるのですが、空気のきれいなところで見るヌスビトハギのピンクの花は、やっぱり格別ですネ・・・

ヌスビトハギ(盗人萩)の花-07.08.28

展覧会のお知らせ

投稿者: 店主 日時: 19:46 |

2007年8月27日 月曜日

立ち枯れた巨木

 最近、バタバタする事が多く、すぐに日記を書く時間がなくなってしまう。
 もう少し余裕のある時間割りにしたいのだが、すぐに夢中になる店主、予定も何も忘れて走ってしまう。ハァ〜、やれやれである。
 なので、今日の一枚をあげるのが精一杯・・・でも、今日のこのイメージ好きである。デコ平湿原で見つけた巨木。枯れてはいるけど、枯れた枝先が宇宙に通じているようで、見ていて飽きなかった。

デコ平湿原の立ち枯れた巨木-07.08.27

投稿者: 店主 日時: 18:46 |

2007年8月25日 土曜日

休みのハズが・・・

 え〜と、休みのハズでしたが、気が付いたら一日に自宅で仕事になってしまいました・・・┗(・o・)┛
 まずは、『ビタミンTee』の朝のご挨拶。
 ついでにメールのチェックとサーバーのお掃除。
 それから、「NANKIN SHOW Vol-02」 のネット関連ご挨拶まわり。
 ぼやき日記のコメントの返事。ついでに芝居の告知。
 オリジナリティー申し込みの返信。
 「NANKIN SHOW Vol-2」終了記念!ライブ生写真の製作。
 そのライブ生写真プリント。
 たまってしまった写真の整理。
 今日の植物日記用のイメージ製作。
 関係者向けの「NANKIN SHOW Vol-2」のご拶と報告。
 合間をぬって、ネット関係のチェック。
 届いたばかりのオリジナリティーのカットデータ製作と確認。
 そして、『ビタミンTee』の夕方のご挨拶。
 で、このぼやき日記。
 ハ〜ァ、やれやれ・・・

 で、今日の一枚はアサガオ。ちょっと前の画像を整理していたら、自宅の窓の横にあるアサガオの写真がとてもきれいだったので、早速、画像処理。
 濃い青と薄い水色が混ざりあいながら、花の中心に吸い込まれていくような感じで咲いておりました。(花の部分はほとんど画像処理はしておりません。念のため・・・)
 で、これがそのアサガオです。
 
アサガオ-07.08.25

投稿者: 店主 日時: 19:55 |

2007年8月24日 金曜日

お店計画-その7(ワルちゃん編)

 今回の「NANKIN SHOW Vol-2」は、出張販売ではありましたが、いろいろと勉強になりました。
 お客さんとじかに話をしながら、Teeシャツの感想を聞けた事は、かなりの収穫がありました。
 OBIでは、入口の横にある大きなガラス面に、Teeシャツをレイアウトしましたが、23枚は飾りきれずに、受付カウンターの後に置くと言う事になってしまいました。
 やっぱりつり下げでは、かなりの場所をとるので、実際のお店では、ディスプレーの研究をしないと難しいという事がわかりました。
 また、サイズを揃えることの重要性も身にしみてわかりました。お店での一品Teeシャツの方法はマジに研究する必要があるナ、と言うのが率直な感想です。
 それから、レジスターは絶対に必要なものとわかりました。今回はリンズさんにお手伝いいただいて、入場者の整理とTeeシャツの販売にあったワケですか、これが結構煩雑。予約の確認、予約者にお土産、ドリンクチケット、チラシの手渡し、Teeシャツのアピール&販売、金銭管理・・・等々。
 なので、店主一人では完全にパニックってしまうなと思う状況でした。
 まぁ、実際にお店をつくっても、こんな沢山の人が来る事はないとは思いますが(来ないと困るけど、(^_^;・・・)それでも、対策は今からイメージする事が大事かもしれません。
 あ〜〜ぁ、早くお店を見つけないと・・・┗(・o・)┛

「NANKIN SHOW Vol-2」ワルちゃんTeeシャツ、レイアウトの図-07.08.24

「NANKIN SHOW Vol-2」楽しいショータイムの図-07.08.24

「ワルちゃん」ブランド・「NANKIN SHOW Vol-2」終了記念Teeシャツ・新作追加 WR-B12

投稿者: 店主 日時: 18:03 |

2007年8月22日 水曜日

m(__)m

 ワルちゃんTeeシャツ、ついに23枚も作ってしまいました。でも、まだこれから明日の準備があります。ハァ〜、こんなに会場にもっていけるのでしょうか・・・(@o@;)
 なので、今日の一枚はお休み。m(__)m

なんきん画伯プロデュースの「ワルちゃん」ブランド・新作追加 WR-B05

投稿者: 店主 日時: 19:04 |

2007年8月21日 火曜日

弟切草

 今日はかなりハードでした。なので、日記も手抜き・・・(^_^;
 で、今日の一枚はオトギリソウ。弟を切る草と書いてオトギリソウ。どんないわれがあるのかと調べたら「この草を原料にした秘薬の秘密を漏らした弟を兄が切り殺したという平安時代の伝説によるものである。この不吉な伝説のため、付けられた花言葉も「恨み」「秘密」と縁起が悪い。」と、ウィキペディアに書いてありました。
 でも、花はとてもきれいな花。よくよく考えてみれば、名前の由来は人間の欲望が原因らしい。オトギリソウには何の責任もない。植物からしたらかなり迷惑な名前なのかも知れない。

オトギリソウ(弟切草)の花-07.08.21

投稿者: 店主 日時: 18:43 |

2007年8月20日 月曜日

秘密の花園

 ようやく「NANKIN SHOW Vol-2」の参加メンバーをアップ。秘密の花園と化した「NANKIN SHOW Vol-2」に怖いホラーの花が咲き乱れのか・・・23日が待ち遠しいな。
 でも、あのOBIでこんなに沢山のメンバーが動けるのか心配。心配ついでに、こんなに沢山のTeeシャツをディスプレーできるのか?それも段々と不安になってきた店主。
 しかも、Teeシャツは明日も追加の予定・・・まぁ、明日は明日の風が吹くさ、と言う事で関係者の皆さん、よろしくお願い申し上げます・・・(^_^;

 で、今日の一枚は裏磐梯の秘密の花園。アジサイの花園で戯れるヨツスジハナカミキリ二匹。アジサイの青い額とヨツスジハナカミキリの身体のオレンジと黒が、妖しい雰囲気をつくり出しております。
 それから、このイメージと「NANKIN SHOW Vol-2」は、ほぼ関係性はありません。念のため・・・m(__)m

秘密の花園・ヨツスジハナカミキリ-07.08.20

なんきん画伯プロデュースの「ワルちゃん」ブランド・参加メンバー追加

「NANKIN SHOW Vol-2」

投稿者: 店主 日時: 17:36 |

2007年8月18日 土曜日

叫ぶ

 「ワルちゃん」納涼補完計画、続行中。今日もなんきん画伯の素敵な仲間たちと、画伯ホラーTeeシャツをアップ。でも、まだこれで終わりではない・・・
 「NANKIN SHOW Vol-2」の木戸銭はワンドリンク付きで2,000円。こんなに出演者がいては、絶対に儲からない・・・!
 で、なんきん画伯の日記に、つぎのような事が書いてあいった。店主、これを読んでバカ笑いをして、涙が出た。

 なんきん画伯の日記より

  明け方に月を見た。細くて刺さりそうな月だ。
  空気までは切り取れないので、撮らなかった。
  いつの間に堕ちたのだろうか。不安な夢から
  ようやく目覚めたら、そっちが夢の中だった。
  アートとニートの違いについて20字で書け。
  「知ったことかバカヤロー!」夢の中で叫ぶ。

2007年08月10日09:36・通常日記:雑記

 で、今日の一枚を何にしようかと悩んでいたら、一匹の虫が目についた。葉っぱの隅で下界を見下ろしながら、ややアタマを持ち上げ、遠くを見ている。クビボソハムシの仲間らしい。
 踏ん張った足は、何を決意しているのか・・・

 んんん〜〜、来週もなんきん画伯の素敵な仲町たちをアップするゾ!・・・と叫ぶワケないよネ。

クビボソハムシの仲間?-07.08.18

なんきん画伯プロデュースの「ワルちゃん」ブランド・新作追加

投稿者: 店主 日時: 18:32 |

2007年8月17日 金曜日

足が無い!

 「ワルちゃん」納涼補完計画、準本命登場(新作、追加です)。ついにサビース精神旺盛なワルちゃん、ブルーになって足がなくなってしまいました。(^_^;
 何か、すごく怖いなと思いつつ、ブルーなワルちゃんを作っておりましたら、アタマの三角が気になりだしました。しかし、店主には何だがよくわからない。死者に付けるものとは知っていますが・・・
 それでネットでその三角について、調べたみました。で、順にその記述を並べてみました。

1.「三角巾・・・」
2.「死者に着せるジットク(死装束)、タビ(脚絆)、テオイ(手甲)、ハチマキ(頭につける三角の布地)を作る・・・」
3.「死装束には経帷子(きょうかたびら)を男女問わず左前に着せ、額には三角の頭巾、手足に手甲(てこう)・脚半(きゃはん)をつけ、白たびとわらぞうりをはかせ・・・」
4.「仏式では、経帷子(きょうかたびら)を着せ、手甲脚絆(てっこうきゃはん)、白足袋に草鞋(わらじ)をはかせます。額には三角頭巾、手には数珠、頭陀袋(ずだぶくろ)に三途の川の渡し賃の六文銭を入れます。・・・」
5.「「天冠(てんがん)」と言います。日本の仏教は中国から伝わりました。中国では正装には必ず冠が必要でした。死者がこれから閻魔様に会いに行くのに正装でなくては失礼になる。でも日本の庶民は冠なんて持っていませんでしたので、簡易の冠として付けるようになりました。・・・」

 てん‐かん〔‐クワン〕【天冠】・1 幼帝が即位のときにつける冠。 2 仏や天人がつける宝冠。 3 騎射や舞楽などの際に小童が用いる冠。金属製、透かし彫りのある山形のもの。(大辞泉)

 ふ〜〜〜ん、ワルちゃんのアタマについているのは冠だったんだ・・・w(゜o゜)w

 で、今日の一枚も足がありません・・・(^_^; 花の形は「流氷の天使」クリオネに似ているような気が店主にはしてなりません。
 これも裏磐梯で見つけてモノです。裏磐梯の生き字引さんも「トンボソウかな・・・もしかしたらツレサギソウかな・・・」と悩んでおりました。
 なので、ここではとりあえずトンボソウとしました。この植物はラン科の植物である事は間違いないようです。
 店主もこのトンボソウは、はじめて見ました。毎度の事ですが、植物という生き物は不思議な形をつくる生き物ですネ・・・(^_^;

トンボソウの花?-07.08.17

なんきん画伯プロデュースの「ワルちゃん」ブランド・新作追加 WR-B05

投稿者: 店主 日時: 17:25 |

2007年8月16日 木曜日

神の足

 今日の一枚はイケマというガガイモ科、カモメヅル属のつる性多年草。これも、店主はじめて見ました。イケマという言葉はアイヌ語で「神の足」とか「巨大な根」という意味を持つそうです。
 「神の足」というぐらいですから、たぶん薬草として使われたと思われますが、この根にはアルカロイドの毒を含んでいるそうです。
 面白いのは学名の「Cynanchum」という言葉。本当か嘘かわかりませんが、「「犬を殺すもの」という意味で、イケマの根の毒成分により犬を殺すことができることから名がついたものだという。」記述がありました。
 こんなに書くと、何かとてもない怪物のような植物を思い浮かべそうですが、実物は、スペード形の葉っぱの間から、スッと伸びた茎の先に、小さな花がスプレー状に咲きます。
 これが、蔓状に伸びて、点々と咲いているワケです。とても、可愛らしい花です。

イケマ(牛皮消)の花-07.08.16

投稿者: 店主 日時: 17:17 |

2007年8月15日 水曜日

灰汁柴

 今日はひたすらTeeシャツを作っておりました。室内熱中症を避ける為に、ひたすら水分をとっての作業。飲む横から、汗が吹きだしてきます。で、気が付くと今日はまだトイレに行っておりません。ハァ〜やれやれです。
 で、今日の一枚はアクシバという植物の花。ツツジ科の植物で、落葉小低木。店主もはじめてみました。
 とても小さな花なので、咲いているところを教えてもらって撮影。とても、自分では探し出すのは難しそうな植物です。なんでも、この花の後に赤い実がつくそうです。
 この小さな花は薄いピンク色の花びらがクルッとカールして、可愛らしい花です。
 ちょっとだけ、暑さを忘れてさせてくれるような花です。

アクシバ(灰汁柴)の花-07.08.15

投稿者: 店主 日時: 18:47 |

2007年8月14日 火曜日

ワルちゃんと鳥足升麻

 なんきん画伯プロデュースの「ワルちゃん」ブランド、ようやくアップ。いつも、利便性を重視してきた「ビタミンTee」なのですが、今回はそのまったく逆の方向性で、「ワルちゃん」ブランドを作ってみました。
 商品はどれも一点のみ。手に入れるには、注意事項をよく読み、一番にオーダーしても、当日にサパーラウンジ・オビでおこなわれる「NANKIN SHOW Vol-2」にこないと、手に入れられない。もう、無茶苦茶な企画。
 こんな無茶苦茶な企画に、何も言わずに快諾?していただいた「なんきん画伯」には、アタマが下がります。ありがとうございます。
 何でも優しくしてもらえると思うのは、大間違い!という思いこめて、今回のブランドは企画しました。優しくしてもらいたければ、「NANKIN SHOW Vol-2」に来なさい・・・なんてネ。(^_^;

 で、今日の一枚はトリアシショウマ。朝、まだ日の光が差し込まない、森の奥で、このトリアシショウマの花が、風に吹かれてゆれておりました。人は店主以外に誰もいません。
 その暗い森の奥をジッと見ていると、何か別の存在があって、トリアシショウマの花が揺れるたびに、その何ものかが呼吸するような感覚が店主に伝わってきます。これは、ハッキリ言うととても「怖い」感覚でした。
 森の奥から、お前は誰だ・・・何故ここにいる・・・すぐに立ち去れ・・・ここにお前の場所はない・・・というような響きが、風の囁きのようにして、耳元をかすめていきました。
 人間は本当に彼らと共存なんかできるのだろうか・・・と思いつつ、その場をはなれました。
 で、これが森の奥で風に揺れるトリアシショウマです。

トリアシショウマ(鳥足升麻)の花-07.08.14

「NANKIN SHOW Vol-2」

なんきん画伯プロデュースの「ワルちゃん」ブランド

投稿者: 店主 日時: 19:18 |

2007年8月13日 月曜日

新ブランドと大姥百合

 なんきん画伯プロデュースの新ブランドは明日、登場します。ただ今、最後の追い込みをやっております。今日はその新ブランドに登場する噂のシークレット商品が、作れるのかをテストしておりました。結果は、(⌒-⌒) です。

 で、今日の一枚はオオウバユリ。漢字で書くと大姥百合。ネットで語源を調べると、「姥百合は、花の咲く頃、根本の葉が枯れてなくなることから、「葉」を「歯」 に置き換えて、姥(年をとった女の人)の歯が抜けることにたとえたものという。」と言うのがありました。
 何かすごいリアルな語源ですが、店主には、山奥でスックと伸びてまわりを見渡すオオウバユリの姿に、他の植物にはない威厳のようなモノを感じます。今回のオオウバユリも、店主とあまり背丈が変わりません。
 その威風堂々とした姿は、山の長老のようなモノを感じます。確かに葉っぱ枯れはじめていますが、最後まで、立派に生きるぞという気配が、このオオウバユリにはありました。

オオウバユリ(大姥百合)の花-07.08.13

投稿者: 店主 日時: 18:47 |

2007年8月11日 土曜日

森のウルトラマン

 自宅では、アサガオがさかりを迎えている。朝日のあたる前のアサガオは、やっぱりとてもきれい。
 で、今日の一枚はアサガオではなく、オオカメノキ。東京ではアサガオが咲いていると言うに、裏磐梯の森の奥では、すでに冬の準備に取りかかっている植物もある。それが今日の一枚のオオカメノキ。
 画像を見る限りでは、これから芽吹きそうに見えるが、地元の人の解説では、これが冬芽らしい。何とも愛嬌のある形である。その姿から森のウルトラマンとも呼ばれているらしい。
 毎度の事だけど、何でこんな形になるのか、いつ見ても自然は不思議である。
 
ムシカリまたはオオカメノキの冬芽?-07.08.11

投稿者: 店主 日時: 18:13 |

2007年8月10日 金曜日

「Nankin Show」とウツボグサ

 「Nankin Show」vol.02と言っても、何のこっちゃ?と言う方もいらっしゃると思うので、「なんきん」さんについて、すこし解説をしておきます。
 店主の世代にとっては「なんきん」さんの仕事は、かなり凄いことをやってきた人となる。例えば・・・
  元気が出るテレビ/(初代) オープニングアニメーション
  飲みすぎシール/(初代) キャラクターデザイン
  業界くん物語/メインキャラクターデザイン、 レコードジャケット等
  モグモグGOMBO/(初代) キャラクターデザイン・オープニングCGアニメーション
  リクルート社系漫画広告/AB・LOAD、サリダ、ゼクシィ等々
  やのまん/身体衰弱・スーパー身体衰弱・昇天(カード ゲーム)
  小豆島土産「どしまっち」/ネーミング・パッケージデザイン等
  「笑ウインドウ」6枚組ノベルティーソング集(東芝 EMI) パッケージイラスト
  白金・八芳園/宴会イベント用電車内吊り広告、漫画・ 縁日用遊具デザイン等
  浅草・花やしき/電車内吊り広告、漫画・ポスター等
 こうして並べてみると溜息がでる。それ以外にもいろんな著書があるけど、「オイオイ、あんまり余計な事をかくな」と「なんきん」さんに怒られそうなので、ここでは割愛させていただく。
 そして、今度は「Nankin Show」という新しい表現の形に挑戦している。肩の力をぬいたような、一見ルーズそうに見える笑いの中に、人生の縮図が見えたりして、ドキッとさせられる。
 こればっかりは、実際に「Nankin Show」を見てもらわないと、うまく説明ができない・・・(^_^;
 さて、「Nankin Show」vol.02では、どんな「なんきん」さんが見られるのか、楽しみである。

 で、今日の一枚はウツボグサ。店主にとってはとても変わった珍しい植物に見えるのだが、地元の人にとっては、あ?それ、ウツボグサ・・・となるらしい。自然が濃いので、あまり珍しくもないらしい。
 でも、店主にとっては東京ではなかなか出会えない植物。自然が濃いと、価値観もいろいろと変化するので、しょうがないかな・・・と思いつつも、やっぱり、このウツボグサは面白い。
 《別名はカコソウ(夏枯草)といい,花の後の枯れた穂(一番下の写真)を利尿薬として用いるとのこと。》と、「植物園にようこそ!」には書いてあった。
 で、これが店主には珍しくてしょうがないウツボグサ・・・(^_^;    

ウツボグサ(靫草)の青い花-07.08.10

お知らせ・「Nankin Show」vol.02

投稿者: 店主 日時: 18:58 |

2007年8月 9日 木曜日

新ブランド&接骨木

 今日は他人の会社の新人さんの相手をしていたら、新ブランド製作の時間がなくなってしまいました。ハァ、やれやれです。
 今回の新ブランドは、「ビタミンTee」でデビューをさせて、販売するのは、サパーラウンジ・オビでおこなわれる「Nankin Show」vol.02というライブ会場。かなり、変則な形になる予定でいます。しかも、同じTeeシャツは一枚もなし。オール一点もの!という無茶な計画。
 店主にもどうなるのか予測もつきません。でも、何やらワクワクする店主です。

 で、今日の一枚はニワトコの赤い実。ニワトリの赤い鶏冠ではありません。ニワトコは花が咲いてから一ヶ月ぐらいで赤い実になり、種を散らしてしまうそうです。
 今回のニワトコは、裏磐梯のデコ湿原に向う林道で見つけたモノ。今にも熊の出そうな怖い道をとぼとぼと上っていく途中で、道の端っこにひっそりと赤い実をつけておりました。
 マジに熊の出そうな場所なので、オ〜〜ッきれい!とか、これは美人と、独り言を言いながら、この赤い実を素早く撮影しておりました。ここら辺は自然が豊富なようで、帰りの林道では、本当にニホンザルの群に遭遇。ボスザルらしきヤツにガンを飛ばされてしまいました。
 でも、自然が濃いと、いろんな被写体を選べるので、この裏磐梯ツアーはやめられません。
 で、これがニワトコの赤い実。小さくて可愛い実です。

ニワトコ(接骨木)の赤い実-07.08.09

お知らせ・「Nankin Show」vol.02

mixiの方は、こちら。ワルちゃん(準備中)

mixi、なんきんさんはこちら。

投稿者: 店主 日時: 18:10 |

2007年8月 8日 水曜日

昨日の談合と黄釣船

 昨日の談合、かなり無茶な提案を店主、してしまいました。それは、前から一度やってみたかった完全一品製のTeeシャツ。世界に一枚しかないTeeシャツを作って売るという計画。
 これは、昔からいろんなところでやられてはいるのですが、うまくいった例を、店主は知りません。
 なので、今回は実験的にいろんな仕掛けをして、試してみようと思っております。どうなるのかは、店主も予測がつきませんが、やれるだけの事はやってみようと思っております。(^_^;

 で、今日の一枚はキツリフネ。赤い花のツリフネはツリフネソウと言いますが、黄色は何故かキツリフネという名前になっている事を、店主、今日はじめてしりました。何でソウが消えるのかは店主にもわかりません。
 今回の裏磐梯はいつもより、二〜三週間ほど早い時季に訪れたので、観察できる花がかなり違っていて、このキツリフネもようやく咲き始めたところでした。
 この花の独特の形はいつ見てもあきません。スッと伸びた茎の先に、ぶら下がるようにして舟?のような形の花が咲きます。
 裏磐梯では今の時季、どこでも見られる花なのですが、はじめて見た時は、かなり感動しました。
 で、これがそのキツリフネ。舟のような形に見えますか・・・ネ

キツリフネ(黄釣船)の花-07.08.08

投稿者: 店主 日時: 19:26 |

2007年8月 7日 火曜日

蜥蜴、ニホンカナヘビ

 植物を60種類も撮ってきたのだから、さぞかしきれいな花が登場するとお思いの方、最初に謝っておきます。裏磐梯、最初の一枚は何とトカゲ。m(__)m
 店主、トカゲがこんなにきれいに撮れたのははじめてなので、うれしくて一番にアップと決めておりました。

 朝、七時ぐらいにベッドを抜け出し、まだ、雨に濡れた草をかき分け、そこいらへんを散策しておりましたら、丁度、朝日があたりはじめたクマザザの上に、このトカゲがひなたぼっこをしておりました。
 前日の雨で体温が下がったのか、ひどくお腹がへっていたのか、普通だと、人の影が見えるとサッと身を隠すトカゲが、体が暖まるのがさきと、ジッとしておりました。
 このトカゲ、店主の存在は意識しているようだったので、あさっての方向を見ながら、できるだけ体を動かさずに、ゆっくり腕を伸ばし、五枚ほど撮影に成功。
 このニホンカナヘビはどこにでもいるのですが、今日の一枚のように植物の上でノンビリする姿はなかなかお目にかかれません。
 イヤ〜、うれしいですネ。(⌒-⌒) オスかメスかもわからないのに、尾っぽがすらっと長くて、凄い美人に会えたような気分。
 前日の土砂降りの雨が、この一枚で帳消し。ひとり、撮った写真を確認しながらニヤニヤしておりました。
 で、これが美女か美男かわかりませんが、裏磐梯で出会ったニホンカナヘビです。

蜥蜴の仲間・ニホンカナヘビ-07.08.07

投稿者: 店主 日時: 17:34 |

2007年8月 6日 月曜日

帰ってきました

 ようやく、裏磐梯から帰ってきました。
 で、記憶が消えないうちに、600枚以上の写真を、分類をしておりました。
 今回は宿泊したペンションとものオーナーに、植物の名前を教えていただいたので、かなり楽をしております。それでも、植物の書類は60種類をこえ、虫は15種類以上あります。
 東京ではなかなか見る事のできない植物、昆虫ばかり。これでしばらくはネタには困りません。(^_^;
 また、明日から頑張りますので、よろしくお願いします。

投稿者: 店主 日時: 22:05 |

2007年8月 4日 土曜日

土砂降りの雨

 只今、裏磐梯におります。台風の影響か、外は土砂降りの雨。何もする事がなく、部屋で横たわっていると、川のそばで寝ているように気分になります。
 なので仕方がなく、勝手に持ち込んだ冨田酒造場の黒糖焼酎「まーらん舟」をチビチビとなめております。これもワルくないかも・・・
 明日は晴れるかな・・・

投稿者: 店主 日時: 21:20 |

2007年8月 3日 金曜日

清水順二と植物撮影

 昨日の「アダルトな女たち」、ゲストの清水順二という人がとても面白かった。出張ホストもんど?というような役柄で、とても軽快な役者さんでした。
 店主、平成の芸能人の事はほとんど知らないので、この清水順二という人がどんな役者さんなのかまったくわからないが、この人が舞台に出てくると、まわりがパッと明るくなった、と思ったのは店主だけだったのかナ・・・
 で、大変勝手ながら明日から月曜日まで、店主は植物撮影の為、裏磐梯の方へ出かけます。日記は更新できたらしますが、もしできなかったらごめんなさい。
 なので、今日の植物日記はお休みさせて頂きます。m(__)m

投稿者: 店主 日時: 18:30 |

2007年8月 2日 木曜日

アダルトな女たちとベッコウハゴロモ

 え〜と、セクシー寄席×江頭美智留「アダルトな女たち」と、少しだけお付合いがあった関係で、このお芝居を見に行く事になりました。なので、今日は早めに工房を出ます。
 場所は赤坂レッドシアター。しかし、店主はかなりの芸能人音痴なので、独りで見に行っても、誰が誰だかわからず、ほとんど説明はできないと思います。なので、雰囲気だけを楽しむつもりでおります。(^_^;
 そんな店主が、今年になって、「研修医魂」「アダルトな女たち」と二本も舞台を見ております。これは、店主的にはとてもすごい事なのです。店主の場合、芸能界の記憶は昭和で止まっております。
 しかし、Teeシャツをはじめたおかげて、いろんな世界を見せていただいております。イ〜ヤ、Teeシャツって凄いパワーをもっているものなのですネ。

 で、今日の一枚はベッコウハゴロモ。今日も虫さんです。
 ここのところ虫が続いておりまして、虫苦手さんには、大変失礼をしておりますが、やっぱり、夏と虫は切り離せないので、今しばらくご容赦下さい。m(__)m
 このベッコウハゴロモはカメムシ目、ヨコバイ亜目、ハゴロモ科の虫。セミの親戚みたいな虫です。ちなみにセミはカメムシ目、ヨコバイ亜目、セミ科、セミ亜科となります。
 なので、顔を見ると何となくセミに似ておりますが、セミよりかなり小さく1センチぐらいしかありません。このベッコウハゴロモはノンビリ屋で、カメラを近づけても逃げません。なので、体力のない店主でも、簡単に撮影ができます。
 で、これがベッコウハゴロモ。べっ甲色をしているからベッコウハゴロモという名前がついたのかな・・・?

ベッコウハゴロモ-07.08.02

投稿者: 店主 日時: 16:17 |

2007年8月 1日 水曜日

七月の検索文字列&新作

 検索文字列の前に・・・ようやく斑猫堂さんの新作をアップできました。斑猫堂さんは、昨年、バラエティーの方で作品をアップしましたが、斑猫堂としては、二年ぶり。内容も一段と濃くなって、見どころ、着どころ?満載です。
 中でも面白いのが、HN-014の南極老人星。店主、老子と七福神の福禄寿が同一人物とは知りませんでした。世の中、知らない事ばかりです。(^_^;

斑猫堂さんの新作はこちらです。

 で、これが今月の検索文字列トップ10

 No.1ー身巾とは
 No.2ー切り絵 龍・四神 絵・切り絵
 No.3ー龍田恵子 ホームページ
 No.4−はんみょう
 No.5−粒麗荘
 No.6−succulents.jp
 No.7−TEE tee tee シャツ teeとは vitamin tee
 No.8−二月の植物
 No.9−平賀幸
 No.10−同率で「オオヨコバエ・ボイド管とは・高田渡 値上げ・藤木結花・KOHTA・Masako Miki Hayashi・d-unit 石塚・tシャツ委託販売・平賀敬美術館・ギャラリーリフレ・Yu Sasaki・・・」

 今月は三位に龍田恵子さんが入っております。龍田恵子さんは『プリベンタブルデス(防ぎ得た死)ある救急医の挑戦』とか『バラバラ殺人の系譜』などの本を書かれたかたです。
 succulents.jpは多肉植物のサイトです。現在、200種ぐらいの多肉植物がコレクションされています。一見の価値ありです。
 平賀幸さんは、画家平賀敬さんの奥様。で、「平賀敬美術館」は美術館なのに、何と温泉が利用できます。(@o@;) しかも、平賀敬さんの絵を眺めながら、宴会も可能とか・・・\(@o@;)/ 詳しくは、「平賀敬美術館」公式サイトをご覧下さい。

平賀美術館
平賀幸夫人が語る〜「平賀敬美術館」

龍田恵子さんのホームページ

succulents.jp−Home 多肉植物館

投稿者: 店主 日時: 17:30 |