« タバコと鬼野老 | メイン | m(__)m »

2007年12月 4日 火曜日

モノとエゾクロウメモドキ

 モノとは不思議な存在である。整理してしまい込むと、そのまま眠りについてしまう。仕舞った本人も、すっかり忘れてしまう。
 今回のように必要なモノと不用なモノをわけて処分すると決心しない限り、モノは黙ってそこにあり続ける。では、必要なモノとは何か・・・
 店主の場合、必要なモノと不用なモノの境が曖昧なタイプは処分するのにいろいろと悩む。モノの多くが、素材である場合が多く「こうすれば、ああなる」と、モノを見ると頭がいろいろと計算してしまう。
 普通の人にとっては、何の役にも立たないものが多いが、ちょっと加工すれば、いろんなモノに化けるのを知っているので、捨てようとすると、もったいないと心が痛む。
 でも、そんな事をしているといつまでも片付かない。思いを断ち切らないと、モノが無くならない。片付けという作業は何とも理不尽な作業である。ハァ、やれやれである。

 で、今日の一枚はエゾクロウメモドキ。雪の中でこのエゾクロウメモドキを見ると、ほとんど色が無い。イヤ、正確にはモノトーンという色はある。これを画像処理しようとすると、手間がかかる割りに、いい効果がでない・・・
 いっそ水墨画のようにしてしまおうかと思ってみるが、水墨画の知識が残念ながら店主にはない。無いので、また、そこで試行錯誤を繰り返す。その努力のかいがあったのかは、わかりませんが、これがそのエゾクロウメモドキです。(+_+)

エゾクロウメモドキ-07.12.04

投稿者 店主 : 2007年12月 4日 18:43