« 冬の怪人 | メイン | 仕事納めと蔓梅もどき »

2007年12月28日 金曜日

真っ赤な名刺

 年賀状の送り先を決める為に、名刺を整理していたら、真っ赤な名刺がでてきた。名前は「TENGA」となっている。会社の住所も中野区本町と、お店から歩いて20〜30分でいける距離。でも、誰なのかわからない。
 そこでネットで「TENGA」と検索。・・・・・アッ!思い出した!(@o@;) ギフトショーで、真剣にアダルトグッズを宣伝していた会社の社長さんの名刺。この松本さんという人、男性用アダルトグッズの宣伝をするのに真っ赤な作業用ツナギを着て、実に真剣に商品の必要性を説いていた。
 今思い出すと、この松本さんという人、とても若く、モノ作りが大好きなタイプの人。とてもアダルトグッズを作っている人に見えなかった。
 で、そのアダルトグッズの外見は、男性化粧品のような上品な形をしており、中身(店主は図面しか見ていない。念のため)はとてもメカニックな設計になっていた。
 店主、そのギフトショーで、松本さんの実直で紳士な人柄にひかれて、是非、名刺を下さいと、お願いした。めったにそんなお願いはしないが、この人には、とても興味を引かれた。
 さて、この「TENGA」の松本さんに年賀状を出すべきか、出さないほうが良いのか・・・たぶん、店主の事など、とうの昔に忘れられているとは思いますが・・・(^_^;
 それから、この「TENGA」に興味のある人は、ご自分の責任で検索して下さい。m(__)m

投稿者 店主 : 2007年12月28日 18:52