« お天気とオリジナル | メイン | 過去の展覧会リスト »

2008年8月 9日 土曜日

妙なズレ

 最近、マスコミが政治と庶民感覚のズレをよく指摘していた。それはそれで正しいように思える。
 ところで、中国のオリンピックに対する報道はどうか。そう思って、マスコミの対応を見ていると、どうも妙なズレを感じる。庶民は本当にマスコミさんの思うほど、中国のオリンピックに関心があるのか?
 テレビにしてもこれから毎日オリンピックの話題が、吐き気がするほど垂れ流されるだろう。でも、世の中は妙な方向に向っているような気がする。
 政治にしても、「北京オリンピックの開会式に出席するため北京を訪れた福田総理大臣は、胡錦等国家主席と会談し、中国製ギョーザ事件の解決に向けて双方が協力していくことを確認しました。」とのニュースに、店主は妙な違和感を感じる。コイツら何をトボケた事を言っているのか・・・
 日本と中国にとって中国製ギョーザ事件は最重要問題なのか?中国にとっては、人権より重要なのがオリンピックあり、日本にとっては一番重要問題が中国製ギョーザ事件となるのか。
 店主にはそうした報道がまったく理解できない事。この裏には何かとんでもない事が隠されているような気がしてならない。それをマスコミはある程度知っていて、知らん顔をしているのではないのか・・・何もおこらなければいいのだが・・・

投稿者 店主 : 2008年8月 9日 19:30