« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月31日 木曜日

神の船

 今年最後のぼやき日記は、店主が出会いたいと願っていた植物。店主はこの植物の実を勝手に「神の船」と呼んでいる。
 植物だけは、出会いたいと思っていても、都会ではなかなか思うようにはならない。この「神の船」も、過去に一度だけ見かけたが、秋の雑草清掃にあって、気がつくといなくなっていていた。
 それが今年の夏ぐらいに駐車場のフェンスに、偶然この「神の船」がなっているのを発見。大きさは10cmぐらい。若い実は、苦瓜を小さくしたような形をしている。その植物の名前はガガイモ(がが芋)という。
 ここなら人知れず残るのではないのかと期待を膨らませ、毎朝、その駐車場の前を通るとき、遠くから「残れ!」と祈りながら眺めていた。
 ウィキペディアにはガガイモの歴史のところに次のような記述がある。
 ・・・日本神話では、スクナビコナの神が天之蘿摩船(あまのかがみのふね)に乗ってきたといい、これはガガイモの実を2つに割った小さな舟のこと。・・・と、ある。

 店主はこの神が乗ったという船はどんな形をしているのか、ず〜っと気になっていた。そして、今年ついに出会えた。
 木を荒削りにしたような船(実)の中から、白毛をつけた種が強く冷たい北風に誘われるように、幾つも幾つも飛び立っていく光景は、かなり神秘的なものであった。

 神の船(ガガイモ(がが芋)の実)-09.12.31

投稿者: 店主 日時: 19:07 |

2009年12月30日 水曜日

過去からの手紙-その2

 昨日、母子手帳の出生時の記録をアップしたら、体重3200kgはいくら何でも変だよとメールをいただいた。確かに変である。でも、店主の母子手帳にはそう記入されていた。
 何か意味があるのか、または相馬さんが間違えたのか、店主にもわからない。わからないが、記録にはそう書いてあるので、そのままアップしてしまいました。

 で、これがその記録の画像。

 091230_2.jpg

 昔の母子手帳はこんな感じです。

 091230_1.jpg

 まぁ、間違いだとしても、この母子手帳が母親と自分がつながっていた証拠であることには変わりがない。店主の宝物として、ありがたく保存しておくことにした。(⌒-⌒)

投稿者: 店主 日時: 11:02 |

2009年12月29日 火曜日

過去からの手紙

 突然、小学校の頃の通知表が送られてきた。こんなものがまだ残っていたのかとため息をついた。
 これは過去からの辛辣な手紙である。なんで親はこんなものを後生大事にとっておいたのか不思議である。
 不思議ついでに、もう一つ不思議な感覚に気がついた。それは40年ぶりぐらいに自分の通知表を開いたのに、まるで昨日この通知表を見たような感覚が、何の違和感もなく甦ったことである。
 これらの記憶は頭の奥底に沈んでいるはずなのに、感覚的には昨日の出来事のような感じで通知表を見ている。時間的な懐かしさがほとんどない。
 この感覚、頭がボケると昔のコトしか思いださいなというのに、とても似ているような気がした。何十年も前のことが昨日のコトのように感じてしまう。いよいよ店主もボケの域に入ったのかもしれない。
 で、店主の小学校時代は勉強のできない典型的に悪ガキ。多分、親は店主には何の期待もしていなかっただろう。好きなことだけはするが、興味がないとまったく関心を示さず、通知表にもその結果がよくあらわれている。(これは今でも変わっていないようなような気がする)
 図工は「たいへん進んでいる」という評価をもらうが、国語や社会はいつも「やや遅れている」である。図工でも興味がないと突然、成績が悪くなる。
 ようは一つのことが長続きしないバカガキが小学校の頃の店主のようだ。親もずいぶんと気をもんだのかもしれないと、今頃、無駄な反省する店主である。

 で、通知表以外にも店主の母子手帳が入っていた。手帳の地名が北海道となっている。
 そこには、体重3200kg、身長54cm、胸囲34cm、そしてなぜか頭囲36cmと書いてある。記入者の欄には、助産婦・相馬とらよ、とある。多分、この相馬とらよさんが、店主をとりあげてくれた人なのかもしれない。
 その母子手帳には、他に種痘、結核予防接種、ジフテリア、腸チフス、パラチフスの接種票が入っていた。
 黄ばみ汚れたその接種票や母子手帳を触っていると、ふと死んだ母親と話しているような気がした。

投稿者: 店主 日時: 17:01 |

2009年12月28日 月曜日

一度でいいから言ってみたい・・・

 今日、久しぶり外食したら、値段はかわらないのだが、中身が少なくなっていた。
 麺が減り、チャーシューが小さくなり・・・ハァ、やれやれ皆さん苦労しているな・・・

 で、ふと、今読んでいる剣客商売の一節を思い出した。

 剣客商売・辻斬りから「不二楼・蘭の間」より

 ......さて、金がたまりはじめると、たまることがたまらなくおもしろい、たのしい、こりや全く、ふしぎなものでな。山吹色の小判を一枚二枚と、夜ふけに独りで数えているときの気もちは余人にはわからぬものじゃ」
「先生が、むかしは、そのような......?」
「そうじゃとも」
 十五年も交際している小兵衛であったが、宗哲先生が、これほどに過去の自分を率直に語ったのは、今日がはじめてである。
「むかしむかしは、金だけでは事がすまぬ。物をつくり、これを別の品物と取り替えて、暮しをたてる。つまり、人が汗水たらして、はたらいただけのものが、その人の暮しをささえてきたわけじゃろ。ところが、金というものができて、この流通によって、上は一国、下は一家の経済というものが成り立つようになってから年久しい。つまり、いまの世の金のちからは万能ということじや」
「いかさま......」
「ゆえにこそ、小判はこころ強い、たのもしい。その、たのもしさを一枚二枚と数えるのじゃもの。他人は死んでもおのれは死なぬ気にもなろうではないか」
「いや、恐れ入りました」    
 「じゃがの、わしは、さいわいに医者であった。おかげで、人間の寿命については、いやになるほど知りつくし、わきまえている」
「はあ......」
「そこで或る夜。ためこんだ小判を、いつものように数えているうち、ああ、こんなことして何がおもしろいのか......と、こうおもうた。小判を数えているうちに死んでしまうわな。二十年三十年なぞ、あっという間じゃ」
「さとられましたかな」
「ま、大仰にいえば、そうじゃ。それで、それから、わしの女狂いがはじまった。博突もし、酒ものみはじめた。そしてな、もっている金をすっかり、つかい果したとき、今度は、金が小判が、恐ろしゅうなってきた。それでな、江戸へ来てからは、努めて、金を避けているのじゃよ。あは、はは...‥⊥
 本所界隈で、小川宗哲の名声は大きいが、金のある無しにかかわらず、身分の上下にかかわらず、宗哲の診察と治療は行きとどいている。だから、本所では、
「生き神さま」
 なぞという者もいる。
 それもこれも、宗哲にいわせると、
「わしが金を恐れ、金を避けているにすぎないのじゃよ」
 と、いうことになる。
 さらに宗哲は、こういった。
「そこへ行くと、さすがは秋山小兵衛先生。大金をつかんでも、たちまちこれを散らし、悠悠として、小判の奴どもをあごで使っていなさるわえ」


 (=ΦωΦ=)・・・・・

投稿者: 店主 日時: 17:18 |

2009年12月27日 日曜日

2010年の仕込み終了

 え〜と、2010年からの「山椒は小粒展」でも、ぴりりと辛い!?の仕込み終了。これで、まずは一安心。明日、熱を出して寝込んでも大丈夫。
 で、メンバーは・・・
 □ 富樫 祐子 □ 渡辺 のぶえ □ 地球の玉手箱 □ 茶柱 立太 □ ピカソ☆うお □ 木村 大介 □ きゃす □ 磯貝 由香里 □ たけだ そういちろう
 □ 大豆書林(豆本)−さかうえだいすけ・erock erichin・こばやしかをる・木島久美子・伊神彰宏
 スタートは1月5日[火]〜 1月17日[日]12:00〜19:00(最終日17:00)(13日水曜は休み)です。

 100105_0.jpg

 展示して見て、やっぱり今回はかなり濃い作品が集まっているのを実感しました。

 さて、これがギャラリーの風景なのですが、作品が小さいので、イマイチわかりません。
 個々の作家さんの作品は、暮からお正月にかけてゆっくりとご紹介します。

 091227_1.jpg

 091227_2.jpg

投稿者: 店主 日時: 17:43 |

2009年12月26日 土曜日

2009年ギャラリー、無事終了

 今年の営業、無事終了。ありがとうございました。(⌒-⌒;)
 ★Christmas Art Collection★で穴だらけのギャラリーの壁の修復も無事終わり、後は明日の★「山椒は小粒展」でも、ぴりりと辛い!?★の仕込みを待つだけとなりました。
 アッ!まだ掃除が残っているか・・・( ̄ロ ̄;)
 今月は後半に休みがなかったので、かなり体力的に疲れました。でも、何のトラブルもなく、終れたことを神様に感謝、感謝。本当にありがとうございました。
 でも、疲れたとは言え、明日の仕込みは楽しみがいっぱい。来年の「山椒は小粒展」の作品はかなり濃い作品が集まっております。
 ヘロヘロでワクワクの今日の店主でした・・・・ハァ、やれやれ。

投稿者: 店主 日時: 19:51 |

2009年12月25日 金曜日

明日は今年最後の営業です

 さて、クリスマスも終って、明日は「ビタミンTee」の営業最終日。しかし、今年もいろいろとありましたネ。
 今年は前半は良かったのですが、九月過ぎからどうも景気が悪くなったようで、残念ながらその影響が「ビタミンTee」にも出てしまいました。
 これも経験と思って、じっくりとかまえて来年のことをいろいろと計画をしております。
 来年の正月明けの展覧会は★「山椒は小粒 展」でも、ぴりりと辛い!?★と名打って、小さな作品を沢山集めてみました。
 これが予想以上に、いい作品が集まり、店主も期待をしております。今日もたけだ そういちろうさん、木村 大介さんが納品に来てくれました。
 作品の紹介は、冬休み中にブログの方でご紹介しますので、それまでお待ち下さい。

 で、泣いても笑ってもお店の営業は明日1日。まだまだ油断せずに頑張りますので、最後までお付き合いをお願い申し上げます。

 それにしても来年は、もう少し景気と言うか明るい話題がないと、困ってしまいますネ。お母ちゃんからお金ばかりもらってないで、景気の方をお願いしますよ、鳩山さん・・・

投稿者: 店主 日時: 18:57 |

2009年12月24日 木曜日

クリスマスイブ

 今日はクリスマスイブ。さて、皆さんのご予定は・・・店主はまっすぐ帰って寝ます。
 最近はもう友達と集まってバカ騒ぎをする体力もないので、静かにすごすことが多くなりました。

 ウィキペディアでクリスマス・イヴの過ごし方を調べて見たら下記のようなコトが書いてありました。
 ・・・・・・・・・
 日本の2004年の統計調査では「家庭と過ごす」という回答が約7割と最も多く、「恋人と過ごす」「友人と過ごす」等の回答はそれぞれ1割に満たなかった(NIKKEI BP NET)。

 2009年プランタン銀座による独身者のクリスマス・イヴの過ごし方をきくクリスマスアンケートによると、「家族とパーティー」が53%で「恋人やパートナーとデート」が47%であり、これを「とても楽しみ」と「まあまあ楽しみ」で76%との回答結果が出ている。
 ・・・・・・・・・

 ところでクリスマスイブは24日の日没からはじまるのが、正統的らしい。教会暦の一日は日没から始まり日没に終わるというのがその理由。
 では、よいクリスマスイブをおすごし下さい。(-_-)zzz

投稿者: 店主 日時: 19:02 |

2009年12月23日 水曜日

クリスマスプレゼント

 そろそろ今年の経理のまとめに入りました。今年の前半は良かったのですが、後半がどうにもおかしな状態になり、裏の仕事が減ってしまいました。
 このまま行くと裏の仕事は本格的にダメになりそうな予感。資材屋さんも倒産するような世の中では、仕方ないのかもしれません。
 百貨店もどんどんと売上げを落とし、店を閉じるところが続出。店をはじめる時は、これから裏の仕事は悪くなるとは考えていたけど、ここまで来るとは、さすがに予想はできませんでした。
 儲かるのはユニクロだけでは、こちらまで仕事がまわってきません。かなり楽観的に見ても、景気の回復には二、三年はかかりそうな様子。それまで、こちらの体力が持つのかどうなのかちょっと不安になります。
 政治に期待しても、タバコの税金は上がり、切ないばかり。この先、いったいどうなるのか・・・
 でも、店主には「ビタミンTee」というお店があります。これは、努力次第でどんどんと変化させる事ができます。
 気がつけば、残ったのはお店だけですが、消えていった仕事仲間に変わるようにして、いろいろな作家さんや、お客さんと知り合う事ができました。
 もしかしたら、これはとてつもないクリスマスプレゼントかもしれない。ある友人が、楽しく人が集まるところには、いい事があるよと言ってました。
 今年の営業も残り三日間となりましたが、この三日間をクリスマスプレゼントと思って楽しく頑張りますので、最後までお付き合いをよろしくお願い申し上げます。

  ツイッター(twitter)・店主のお店でのつぶやきです。

投稿者: 店主 日時: 19:31 |

2009年12月22日 火曜日

リース&新作

 KAZUさんのリース、ついに完売。神崎 詞音さんのストーンリースも二日で完売。作家さんの手作りリースは人気がありますネ。ありがとうございました。
 明日はいつもなら水曜日でお休みなのですが、クリスマス前の休日なので、お店は営業します。まだまだChristmas Art Collectionの楽しい作品が、ギャラリーには沢山ありますので、お近くの方は是非、お立ち寄り下さい。

 で、Christmas Art Collectionではないのですが、クリスマスにピッタリの新作が届きましたのでご紹介します。
 押野 広美さんの銀箔を使ったフリーグラス。優しげな感じが店主は好きです。

 091222.jpg
 (C) 押野 広美

投稿者: 店主 日時: 18:42 |

2009年12月21日 月曜日

威勢

 店主、時代小説が好きである。気に入っているものなら何度でも読む。
 で、最近、妙に忙しくて(全然お金にはならないのだが)、古本屋へ行けない。買いだめた本も底をつき、それならと昔読んだ本を引っぱりだしてきた。
 池波正太郎の剣客商売(けんかくしょうばい)は読み終わって(三回ほど)から、一年はたっているので、そろそろ細かいところは忘れたとみて、また読みはじめた。
 剣客商売は全部で16冊。番外編を入れると19冊もある。今日の朝、読んだのは2冊目の「辻斬り」のなかの第1話「鬼熊酒屋」である。歳をとってくると、この手の人情話にはとても心ひかれる。
 で、一冊めの剣客商売の第1話「女武芸者」を読んだとき妙な事を考えた。若い佐々木三冬という女武芸者を無外流の達人である老剣客、秋山小兵衛が救うという話。
 この佐々木三冬は田沼意次の妾腹の娘という設定。あのワイロ政治で有名な田沼意次である。剣客商売の中ではこの田沼意次はワイロ政治とは、まったく正反対の人間として描かれている。

 秋山小兵衛が三冬に諭すように話すところがある。
・・・・・・・・・・
「現に見なされ。巷のごろつきどもでもあることか......れっきとした五千石取りの大旗本が何のわけがあったか知れぬが、せがれの嫁に迎えようという女の両腕の骨を、いかがわしき曲者どもをつかって叩き折ろうという。まことにばかばかしい世の中になったものよ」
「それもこれも、武士たるものの覚悟がないから......」
「もうよいわえ。のう、むすめご。田沼さまのもとへ、帰ったらいかがじゃ?」
「父が......父が、もっと別のお人でしたら......」
「御老中の威勢が、気にくわぬか?」
「汚ならしいとおもいます」
「政事は、汚れの中に真実を見出すものさ」
「わかりませぬ」
・・・・・・・・・・
 ふと、このとき、唐突な感じで、店主の頭を小沢一郎の顔がよぎった。
 店主は小沢一郎は好きではない。しかし、否定しがたい何かがあるのは確かなようだ。先日も天皇をめぐる発言で、マスコミによって悪者に仕立て上げられた。
 そんなコトも影響してか、剣客商売の田沼意次と小沢一郎が結びついたのかもしれない。
 「政事は、汚れの中に真実を見出すものさ」・・・・・なるほどネ。

 池田信夫blog・天皇は超法規的存在ではない

投稿者: 店主 日時: 16:46 |

2009年12月20日 日曜日

室温&新作

 寒い!日が暮れてから外は急に気温が下がってきました。お店は外から入ってきた時に、暖かいと感じるように、温度設定は18度前後に設定しています。
 これ以上温度が高いと暖かいというより暑いと感じしまうので、いつもこの温度を守っています。でも、この温度、お店の中にいて薄着をすると寒く感じるのが少し辛いところです。

 で、今日も新作の紹介です。昨日まではギャラリー側のX'mas Art Collectionの紹介でしたが、それ以外にも新作は入ってきています。

 まず、定番で人気のあるのが、hiroさんの小物入れ。これが不思議と売れます。何に使うのかと言うと、スポーツクラブなどに行った時に、ピアスとか指輪を入れておくと便利だそうです。
 懐かしい柄がどことなく安心感を生むので、買いやすいのかもしれません。

 091220_1.jpg

 次が谷村 あかねさん、柴田亜樹子さん、こじま さくらさんのストラップ。〜3色のおくりもの〜で、人気があったので、そのままお店の方で継続販売になりました。
 イラスト、形が全部違うので、早い者勝ちとなります。(^_^;

 091220_2.jpg

投稿者: 店主 日時: 18:30 |

2009年12月19日 土曜日

X'mas Art Collection-その6

 今日は沢山のお客様が来ました。ありがとうございます。

 で、X'mas Art Collection、最後の三人の作家さんをご紹介します。

 ぬいぐるみ・布小物のami 大久保 美江さん。写真はネコマフラーです。

 091219_3.jpg
 (C) ami 大久保 美江


 ガラスアートの戸田 祐美子さん。今回もユルユルグラスは健在です。

 091219_1.jpg
 (C) 戸田 祐美子


 彫金・銀小物は日下 祥子さん。写真はネックレス、指輪ですが、日下さんはもともとは絵描きさんで、今回もくらげツリーなる絵を出品しております。この作品はギャラリーでご覧になってく下さい

 091219_2_1.jpg
 091219_2_2.jpg
 (C) 日下 祥子

 ★Christmas Art Collection★
 12月17日[木]〜 12月26日[土]12:00〜19:00(最終日17:00)期間中無休

  ツイッター(twitter)・店主のお店でのつぶやきです。

投稿者: 店主 日時: 18:45 |

2009年12月18日 金曜日

X'mas Art Collection-その5

 今日は久しぶりに関東の空っ風が吹いております。乾燥して冷たい風はお肌をガサガサにして、ついでに体温も奪っていきます。注意報を見ると、強風、波浪、乾燥の三つが出ております。夜も最低温度が四度まで下がるとか。ハ〜ッ、やれやれ・・・

 そんな冷たい風が吹いてもギャラリーはホカホカと暖かい・・・で、今日、ご紹介するのは、ステンドグラスの牧野 光代さん、ガラスアートの広垣 彩子さん、ブリザーブドフラワーのKAZUさんの三人です。

 ステンドグラスツリー・牧野 光代

 091218_3.jpg
 (C) 牧野 光代

 フリーグラス&ガラスツリー・広垣 彩子

 091218_2.jpg
 (C) 広垣 彩子

 クリスマスリース・KAZU

 091218_1.jpg
 (C) KAZU

 ★Christmas Art Collection★
 12月17日[木]〜 12月26日[土]12:00〜19:00(最終日17:00)期間中無休

  ツイッター(twitter)・店主のお店でのつぶやきです。

投稿者: 店主 日時: 17:05 |

2009年12月17日 木曜日

X'mas Art Collection-その4

 初日にしてはなかなかのすべり出しのX'mas Art Collection。店主、少しだけホッとしております。
 初日の今日はブログ関連でX'mas Art Collectionの情報を知って来られる方がかなりいました。特に神崎 詞音さんのブログはかなり影響力があるようです。

 パワーストーン・ワークス・神崎詞音

 今日のX'mas Art Collectionの作品紹介は、森 恵美さんのリングホルダー・ぺーパーウェイト。店主は羽付きのぺーパーウェイトがお気に入りです。

 091217_1.jpg
 091217_2.jpg
  (C) 森 恵美

 早蕨-sawarabi-は和紙とアマテ紙(メキシコで昔から作られている紙)を使った作品を出しております。

 091217_3.jpg
 (C) 早蕨

 ★Christmas Art Collection★
 12月17日[木]〜 12月26日[土]12:00〜19:00(最終日17:00)期間中無休

投稿者: 店主 日時: 18:41 |

ツイッター

 店主もついにツイッターをはじめました。ほとんど使い方がわかりませんが、よろしくお願いします。
 ツイッターはお店の出来事を中心につぶやいていきます。m(__)m

 ツイッター(twitter)・店主のお店でのつぶやきです。

投稿者: 店主 日時: 13:01 |

2009年12月16日 水曜日

不景気だからこそX'mas!

 今日の夕刊に銀座松坂屋の前にジャンボ門松が登場という記事が載っていた。こんな記事を読むと、何でそんなに急ぐのか?と、思ってしまう。店主の店ではまだ《Christmas Art Collection》もはじまっていない。
 そんな記事を見ていたら、バニラさんから電話があった。休日に何かあったのかと、電話に出たら、新宿に出て百貨店を見に行ったら、ほとんどクリスマス装飾をしていない!と、呆れ果てて電話をしてきた。
 店主もバニラさんも百貨店とは付き合いが長いので、この様変わりにはいささか驚いた。確かに景気は悪い。夏が過ぎてから、少しずつ消費のパターンが変わってきているのが、店主にもわかる。
 でも、小売りするお店が、景気が悪いと言って、萎縮してしまっては元も子もない。だから原宿の表参道のイルミネーションも十年ぶり復活したのではないのか。
 世の中、悪い方に考えているとろくなことにならない。ささやかでもいいから、クリスマスをみんなで楽しみたいものである。

 で、明日からビタミンTeeでは、今年最後の展覧会《Christmas Art Collection》がスタートします。
 少しでも作品を見て楽しんでもらえれば、参加した12名の作家さんも喜ぶと思います。

 ★Christmas Art Collection★ ギャラリー風景

 091216_1.jpg
 091216_2.jpg

 ★Christmas Art Collection★
 12月17日[木]〜 12月26日[土]12:00〜19:00(最終日17:00)期間中無休

 091216_3.jpg
 091216_4.jpg

 よろしくお願いします。(*^^)//。・:*:・'★,。・:*:♪・'

投稿者: 店主 日時: 19:54 |

2009年12月15日 火曜日

X'mas Art Collection-その3

 きのした なおみさん、はせがわ かこさん、ひろかわ さえこさんの「ほかほかもこもこ」展、無事終了。ありがとうございました。

 ホンワカムードも夕方五時で終了。これから、ギャラリーを片付けて、六時よりX'mas Art Collectionの仕込み開始。
 店主的には作品全部をレイアウトできるか、ちょっと不安になっております。何しろ参加する作家さんは全12名。
 新兵器の棚も三台作ったので、何とかなるとは思うのですが、やっぱり正直不安。
 もう少ししたらギャラリーはてんやわんや状態に突入します。気合いを入れて頑張ります。(=ΦωΦ=)

 で、てんやわんやになる前に、X'mas Art Collectionに参加する神崎 詞音さんの作品をご紹介しておきます。
 神崎 詞音さんのパワーストーンは開店当初からお店の方においていただいております。
 お店にご来店の方はよくご存知だと思います。今回はパワーストーンのリースが何点か入ってきております。店主もパワーストーンのリースは初めて見ました。(⌒-⌒)

 091215_1.jpg
 091215_2.jpg
 (C) 神崎 詞音

投稿者: 店主 日時: 16:43 |

2009年12月14日 月曜日

X'mas Art Collection-その2

 今日は午後に、あのグレコがお店に遊びにきました。
 入口横の白い置物ネコに対抗して、グレコもウインドネコをしようとしたのですが、体の大きくなったグレコには、もう入るスペースがありませんでした・・・>^_^<

 091214_g.jpg

 で、今日のX'mas Art Collectionのご紹介です。
 まずは切り絵のhiroさんの作品。クリスマスのイメージで作った切り絵のグリーティングカードです。

 091214.jpg
 (C) hiro

  hiroさんのブランド《切り絵Tee》もよろしくお願いします。

 次が前島 千絵さんのペーパーウェイト&フリーグラス

 091214_1.jpg
 091214_2.jpg
 (C) 前島 千絵

 X'mas Art Collectionに参加する作家さんは全12名。
 明日の設営に向けて、魅力的な作品が続々と集まりつつありますので、どうぞ お楽しみに〜♪

 ★Christmas Art Collection★
 12月17日[木]〜 12月26日[土]12:00〜19:00(最終日17:00)期間中無休

投稿者: 店主 日時: 14:43 |

2009年12月13日 日曜日

存在と表現

 イギリスのテート・ブリテンという国立美術館(Tate Britainはイギリス・ロンドンのテムズ川畔、ミルバンク地区にある国立美術館)で、奇妙なアート作品が展示されたと言う記事を、ビッグイシュー132号で読んだ。
 写真家レザ・アラメッシュ(イランから亡命し、以来ロンドンに住む現代美術家・Reza Aramesh)が、イギリスの歴史に登場する王族、貴族、地主、富豪の肖像画が並ぶ美術館にホームレスを招待。ホームレスたちは、絵画が飾られた部屋に、思い思いに寝袋や敷物をひいて横たわり、ジッと空中を睨んでいたとか・・・
 これは日本の年越村のような話ではない。富める者との貧しい者の強烈な対比をレザ・アラメッシュが、テート・ブリテンという国立美術館の中に造り出したのである。

 ・・・・・・・・・
 この夜会場を訪れた文化マニアの大多数の人々の印象は、富める者との貧しい者の詩的な組み合わせを分析したり称賛したりするというよりは、度肝を抜かれた人が多かったようだ。
 美術史専攻の学生ジェニーバーンズ(20歳)は、ストリートアートが芸術だとは全然知らなかった。「保安係を呼ぶべきかと思いました」と、彼女は率直な感想を口にした。
 ・・・・・・・・・ビッグイシュー・132号 7ページから引用

 はじめこの記事を読んだとき、レザ・アラメッシュという人のアイデアが凄いというより、テート・ブリテンという国立美術館がよくこの試みを認めたものだと感心した。

 それから数日、このコトをぼやき日記に書こうと思っていろいろと思いをめぐらしていたら、フッと、こんな光景はいつも新宿で見ているじゃないか・・・と、思った。
 最近はあまり都心には出なくなったが、新宿の西口に行けば、富の象徴のような高層ビル群があり、上流階級の正社員が闊歩し、そのまわりにはいつもホームレスたちがいた。
 富める者との貧しい者の現実は、ちょっと時間を作って、新宿駅周辺をひとまわりすれば、いつでも見る事ができる。
 違いは一つ。新宿周辺のホームレスはその存在を無視され、テート・ブリテンのホームレスはその存在を人として意識された。この違いだけである。
 しかし、この違いは、あまりに大きな違いである。

 Reza Aramesh - Action 71 Late at Tate Britain

投稿者: 店主 日時: 16:59 |

2009年12月12日 土曜日

X'mas Art Collection-その1

 きのした なおみさん、はせがわ かこさん、ひろかわ さえこさんの「ほかほかもこもこ」展、ホンワカしたムードで進んでおります。

 そんな中、来週木曜日からの★Christmas Art Collection★の納品が少しずつはじまっております。作家さんが12人もいるので、少し早いのですが、作品の紹介をスタートさせて頂きます。

 まずは、小玉しおさんのプチポシェ。小玉さんは、切ったり、貼ったり、刺したり、縫ったりが大好きな舞台衣裳出身の作家さんです。
 今回のプチポシェも、そんな小玉さんらしいゴージャスでキリッとした作品に仕上がっております。

 091212_2.jpg
 091212_1.jpg
 (C) 小玉しお

 ★Christmas Art Collection★
 12月17日[木]〜 12月26日[土]12:00〜19:00(最終日17:00)期間中無休

投稿者: 店主 日時: 16:55 |

2009年12月11日 金曜日

改良

 最近、ビタミンTeeのホームページを少しずつなおしています。ようやくまとまってきたので、本日、アップをしてみました。
 まずは、ショップ&ギャラリーのページ。今までは展覧会の案内を中心にしてきましたが、今回から作品の新作&新商品も見られるように改良。

 ビタミンTee-ショップ&ギャラリー・Shop・トップ

 それから、ここのところ滞っいたGallery Collectionの新作Teeシャツをアップ。その第一弾が柴田 亜樹子さんのTeeシャツ。再スタートには来年の干支のトラを選んでみました。

 ビタミンTee-ショップ&ギャラリー・Gallery Collection

 これからもいろいろと企画を立てて、アップして行きますのでよろしくお願い申し上げます。

投稿者: 店主 日時: 19:00 |

2009年12月10日 木曜日

ほかほかもこもこ&新作

 今日から、きのした なおみさん、はせがわ かこさん、ひろかわ さえこさんの「ほかほかもこもこ」展がスタート。今回は絵と羊毛作品。どれもみんな、名前のとおり、ほかほかもこもこしております。(⌒-⌒)
 写真は、羊毛でできたウォールデコ作品とボトルキャップ。

 091210_1.jpg

 で、新作はピカソ☆うおさんのカエルとトラとフライングタイガー。
 トラの人形は来年の干支なので、お値段は2,010円となっています。{{{{(^_^;

 091210_2.jpg

 カエルさんは、左と右がお腹を見せております。

 091210_3.jpg

投稿者: 店主 日時: 16:14 |

2009年12月 9日 水曜日

ぼくの倖せ

 自宅で、きのした なおみさん、はせがわ かこさん、ひろかわ さえこさんのカードを作っている。クタクタに疲れているけど、こんな時間が好きなのかナ・・・。

 で、仕事をしながら、You Tubewで見つけた一曲。
 ・・・何も知らぬうちにすべてはネ、変わっていったさ、地球はまわりまわって元の位置・・・か、

 

投稿者: 店主 日時: 10:55 |

2009年12月 8日 火曜日

無事終了&ネコ玉ペンダント

 谷村 あかねさん、柴田亜樹子さん、こじま さくらさんの〜3色のおくりもの展〜無事終了。楽しい一週間をありがとうございました。
 で、これから、きのした なおみさん、はせがわ かこさん、ひろかわ さえこさんの「ほかほかもこもこ」展の仕込みをします。ハッ、忙しい・・・{{{{(^_^;

 それから、本日、岡野 慶子さんのネコ玉ペンダントが追加されました。このネコ玉ペンダント、ここに来て急に売れだした作品。是非、お店に来て手にとってご覧下さい。

091208_2.jpg
 (C) 岡野 慶子

 それから明日はお店、ギャラリーはお休みになります。

投稿者: 店主 日時: 16:56 |

2010年カレンダー

 いつもお世話になっている西武信用金庫に、バニラさんが用事で行ったら、係の人から、来年のカレンダーができましたと、声をかけられた。
 で、この2010年カレンダーのイラスト、実はカワシマミワコさんが描いている。西武信用金庫の人もここらへんの事を知っていて、何枚か頂いた。ありがとうございます。

091208_1.jpg
 (C) カワシマミワコ (2010年西武信用金庫のカレンダーから)

 そのカワシマミワコさん、今、大阪で「きのこじま展 ーノイとトムテのクリスマスー」と言うのをやっています。

「きのこじま展 ーノイとトムテのクリスマスー」

会期:2009年12月1日(火)から25日(金)まで
時間:平 日 10:00〜17:00
   土曜日 14:00〜18:00  (定休日:木曜・日曜・祝日)
場所:uni:neu(ユーニ・ノイ)
大阪市西成区岸里東2−1−1 ミカサハイツ1F
TEL/FAX 06-6651-3390

投稿者: 店主 日時: 12:35 |

2009年12月 7日 月曜日

明日が最後

 昼間は暖かったのに、夕方から冷たい風がビュービューと吹きはじめましたネ。
 この寒さで、お店はヒマになるかと思っていたら、五時過ぎぐらいからお客さんが途切れずに来ました。
 本日の当番の谷村 あかねさん、柴田亜樹子さんも今日は気分よく帰れそうです。
 お店って不思議なモノで、来客の予想とか、売れ筋の予想とかはほとんどできません。これがギャラリー付きのお店の運営の難しいところです。
 この現象、最初の頃はとても戸惑いましたが、最近はかなり慣れて、アタフタしなくなりました。今日は今日!明日は明日!と、割り切る事ができるようになりました。
 さて、谷村 あかねさん、柴田亜樹子さん、こじま さくらさんの〜3色のおくりもの展〜も、いよいよ明日が最後となりました。明日は、ギャラリーの方は夕方五時で終了しますので、お早めにご来場をお願い申し上げます。m(__)m

投稿者: 店主 日時: 19:00 |

2009年12月 6日 日曜日

餅つき&小判

 今日は東中野本通り共栄会、恒例の餅つき大会。つきたて三色もち(きなこ・あんこ・ごま)六個入りを1パックが100円と言う安さで販売。とても人気があって、いつも店主は買えず、食べた事がありません。(^_^;

091206_2.jpg

091206_3.jpg

 で、世の中、景気が悪いので、東中野本通り共栄会が開運を祈って、商品券代わりの小判を販売。その名も「共栄小判」。店主も早速、10枚購入。
 これで、少しでも景気が良くなればいいのですが・・・

091206_1.jpg

 この小判、本当にずっしりと重い。で、ある作家さんがこの小判を見て、これは箱の底に敷き詰めて、お菓子をのせてあげると、もっと面白いかも・・・と、言っておりました。(→o←)

投稿者: 店主 日時: 16:48 |

2009年12月 5日 土曜日

消しゴムはんこ

 夏にやったグループ展「いろんないきもの展」の松本 冴里さんが、昨日、自分で作った消しゴムはんこをもって、お店に来ました。
 松本 冴里さんの作品はかなり人気があって、パッチワークが可愛いストラップやバネポーチ、ブックカバー、トートバッグなどがお店には置いてあります。後、消しゴムはんこを作ったシールもおいてあります。
 で、今回は消しゴムはんこ本体が追加となりました。お店にはいろいろな作家さんがいますが、消しゴムはんこを持ってきたのは、松本さんが初めて。はんこはブタさん、ゴリラさん、そして来年の干支のトラさんの三種類。
 トラさんのはんこは、ボッペの色用に小さなはんこがついております。何とも可愛らしいはんこです。

091205.jpg

投稿者: 店主 日時: 16:43 |

2009年12月 4日 金曜日

500円小判

 ビタミンTeeはJR東中野駅東口を出て、北側に下り「東中野本通り共栄会」という商店街を歩く事、四〜五分のところにある。
 この「東中野本通り共栄会」という商店街は、今年で発足60周年をむかえる。戦前は東中野の商店街と言えばここしか無かったそうです。
 その「東中野本通り共栄会」が発足したのが昭和24年。焼け野原の中から立ち上がり、この会が作られたそうです。
 店主の店「ビタミンTee」は「東中野本通り共栄会」にお世話になってから、まだ1年と11ヶ月ぐらい。まだまだ新参者ですが、一応「東中野本通り共栄会」には入っております。
 その「東中野本通り共栄会」発足60周年記念にあたり、共栄会会員の店で使える500円小判が12月6日に発行される事になった。店主も触らしてもらいましたが、かなり重く小判の感触に近い。
 しかも、この小判10セットで4,500円で交換でき、共栄会に入っている店なら5,000円分の買物ができます。(ただしおつりはもらえません。m(__)m)
 今回はうれしい事に共栄会会員の人も購入できるとあって、店主も1セット狙っております。小判のあの重さは、なかなか魅力があります。
 小判の販売は、12月6日(日)午前十時スタートで、ベニヤさんのお店で売られる。
 この日は、商店街の餅つき大会もあるので、お近くの人は是非、遊びに来て下さいナ。

091204.jpg

投稿者: 店主 日時: 19:29 |

2009年12月 3日 木曜日

いつのまにか・・・

 今日は寒く冷たい雨が一日ふっておりました。さすがにこんな日はお客さんが少ない。
 ちょっと不安になったのですが、五時ぐらいからぼつぼつと増えてきました。
 で、気がつくと、いつの間にかギャラリーがバーティ会場に変身・・・

091203_1.jpg

 皆さんは二次会に移動。そして、誰もいなくなったギャラリーにクリスマスツリーが登場。閉店後、ギャラリーで光っております。

091203_2.jpg

投稿者: 店主 日時: 19:54 |

2009年12月 2日 水曜日

暴力装置

 暴力装置・・・最近、この言葉が気になっていた。
 アーティストにとっては、この言葉は、既存の概念を引っくり返すためのキーワードになる。
 例えば、あなた方が今見ているものは、こんな世界です!と、真っ白なギャラリーに血の池を作ったり、誇張された怪奇な人間の姿をさらけ出したりして、人間の本質に迫ろうとする。
 また、戦争の悲惨さなどを写しとる写真としいう表現手段も、ある意味暴力装置として機能してしまう。
 目を背けたくなるような直接的表現は、見る人の心に一瞬で深く入り込んでしまう。一度、激しく感じてしまうと、人はそれを忘れる事ができなくなる。考えたことは忘れることができるが、感じてしまったものはなかなか忘れることができないのである。
 当然、このような表現は、批判をあびやすい。ヘタをすれば、表現の過激性から、作家生命を奪われる事もある危険な方法論でもある。

 ネットで暴力という言葉を調べてみると、ウィキペディアにこんな文章が載っている。
 ・・・・・・・・・・・
 全ての人間の身体には現実の世界に具体的にはたらきかける能力があり、この能力が他者の意志に対して強制的にくわえられると暴力となる。哲学者のエマニュエル・レヴィナスは人間関係に原初的に存在するものが暴力であると論じた。二者だけの人間関係に友好は不可欠なものであるが、別の誰かとの親密な関係が発生すれば二者の関係は相対化されきずつけられ、友好関係だけではなく対立関係が形成されうるようになると指摘した。
 ・・・・・・・・・・・

 この記述が正しいかどうかは置くとして、なるほど判りやすい説明である。

 また、最近の池田信夫氏のブログにこんな記述がある。

 ・・・・・・・・・・・
 公務員制度改革についての議論もすべて公開すれば、誰が妨害しているのかがはっきりする。国家戦略室が(前の国会で流れた)民主党案をもう一度出し、それに反対する各省庁と討論会をやってネット中継すればいい。官僚が国益を守ろうとしているのか省益や私益を守ろうとしているのか、顔色を見ればすぐわかるのが映像の恐いところだ。「開かれた政府」という暴力装置をいかにうまく使いこなすかというメディア戦略が、民主党政権の命運を左右するような気がする。
 ・・・・・・・・・・・
 開かれた政府という暴力装置

 池田信夫氏の書く暴力装置と、店主が書いた暴力装置には、違いが一つある。それは集団的暴力装置と個人的暴力装置の違いである。
 しかし、暴力装置には集団と個人というような違いが本当にあるのか・・・もし、ウィキペディアに書いてある【原初的に存在するものが暴力である】とするなら、違いはないことになる。

 悩ましい問題である。

 その答えらしきものを、今日の東京新聞に見つけた。斉藤学(精神科医)氏の書いた本音のコラムである。この記述は忘れたくないので、記録しておく。

 ・・・・・・・・・・・
 本音のコラム《仕分け劇場》斉藤学(精神科医)2009年12月2日 東京新聞 朝刊から
 「仕分け」なる言葉は今年の流行語のトップテン入りした。テレビのワイドショーをたまに覗く程度の私にも、あれは面白かった。蓮舫というタレントが憑かれたようにつっこみを入れていた。
 芸人につっこまれたらパンピー(一般ピープル)の勤め人はかなわない。霞ヶ関の役人は勤め人の中ではマシな方だが、あの土俵で芸人に勝てるわけがない。しかしあの図面を引けるところが霞ヶ関役人の実力。財務省はうまい手を考えた。政治の劇場化は小泉氏が自民党総裁に勝った頃からのマスコミの常套句だが、これからは芸人、ないし芸人をよくまねた人が日本を率いるだろう。
 考えてみれば当たり前のこと。アマテラスの昔から「まつりごと」の主役はタレントだ。これら暴力装置に支えられて王権(政権)が生まれた。二十世紀はチャップリンとヒットラーという二大喜劇スターを生んだ。一見するとチャップリンがヒットラーを模倣し風刺したかに見えるが、そうではない。ヒットラーはチャップリンの初期作品群に影響されていたはず。
 あれらの可笑しさは絶望的に弱くて貧乏なトランプ(放浪者)が、思わず金持ちに反抗してしまったところにあった。ミュンヘン一揆(1923年)の頃のナチス(国家社会主義)を勇気づけていたのが「キッド」(1921年)だったとすれば面白い。
 ・・・・・・・・・・・

 斉藤氏の示唆は実に面白く興味深い。チャップリンも暴力装置の一部だとすれば、ヒットラーは何の役割をはたしたのか?ヒットラーを支えた暴力装置とは何か?そして、ここから学ばねばならないコトとは何か・・・
 ここから先は店主にもわからない。ここから先の答えは未来の中にあるような気がする。ただ、暴力装置そのものは、ほとんどの人の心の中にあり、いつも共鳴しあっているのは間違いないようだ。

投稿者: 店主 日時: 11:54 |

2009年12月 1日 火曜日

ネット検索

 店主、時間があると『ビタミンTee』というキーワードでネットの検索をしている。これでいろいろな事が判ってくるので、検索は欠かせない作業となっている。
 『ビタミンTee』は一応アートギャラリー&ショップという形態をとっているので、検索すると、作家さん関連のブログが多く見つかってくる。ある意味この検索で、展覧会がうまくいくかどうかを、占う事ができる。
 それに加えてサーバに残るデータを重ねて見ると、かなり精度が上がってくる。ただし、これが全てではない。ネットとの関連がうすくても、うまくいく場合もある。

 そんな検索をしていたら、珍しいものを見つけた。それはイニシアイオ東中野という新築マンションのHP。お店から歩いて一分ぐらいのところに、最近できたマンションである。
 ハテ?新築マンションとは・・・貧乏な店主にはあまり関係ないように思っていたのだが、そのイニシアイオ東中野の公式ページを見ると、周辺環境というページに『ビタミンTee』のお店が載っていた。
 で、東中野本通りにあるとお店の紹介を見ると・・・

 BISTRO GRATOーパスタはもちろん、ワインやお酒にぴったりの一品料理も多彩なオシャレなイタリア。(いつもランチでお世話なっているお店)
 Hinata-boccoー表通りから奥まった場所にあるスパゲッティ専門店。生バスタのみを使用したメニューが人気。(隠れ家的なお店です。ここのスパゲッティもなかなかです)
 手打ちそば秀山やぶ久ー石臼挽自家製粉で打ち上げたのど越しのよいしっかりとした日本そばを味わえます。(店主もここの蕎麦は美味しいと思います)
 Choi-Floristー切り花、植物だけでなく什器のカラーリングなども含めて、トータルな空間を提案しています。(展覧会のプレゼント用の花を、皆さん、ここで買ってくるようです)
 ユネスコ東中野店ー「より良い品を、より安く」をモットーとしたスーパーマーケット。(いつもここで第三のビールを買っています)
 ビタミンTee(ショップ&ギャラリー)ー〈見て、触って、そして着る〉ギャラリーで展示される作品の中から、Teeシャツが作られます。
 以下、略

 周辺環境|イニシアイオ東中野|コスモスイニシアの新築マンション|JR中央線・JR総武線「東中野」駅徒歩5分。
 
 アート関連で紹介されるのもうれしいが、街の周辺環境として紹介されるのも別の意味でうれしい。自分たちの仕事が、街に馴染み住み良い環境の一部として認識されているのは、ちょっと恥ずかしい気もするが、少しだけ誇らしい気もする。(^_^;

投稿者: 店主 日時: 19:58 |