« 告知四連発!!!! | メイン | 新作 »

2010年9月20日 月曜日

上海

 先日、小西麻保子(ミホ)さんの息子さんからメールが届いた。内容は「このたび小西ミホは世界へ羽ばたくため、本格的に上海に拠点を移すこととなりました。」と書いてあった。
 で、その送別会の集まりが昨日、渋谷であった。

 やっと腰を上げたかと言うのが、知らせを聞いての感想。

 小西麻保子さんは、華東師範大学芸術学部国画科を卒業し、その後も華東師範大学文学芸術学院(大学院修士課程)卒業。芸術学修士号もとっている。
 こう書くと品行方正な人に感じるが、その内に秘めたパワーは半端ではない。今回の拠点を上海に移すと言うのも、日本の自宅を売り払ってのこと。
 そこまでするのか!と言うよりも、そこまでしないと気がすまないのが小西麻保子さんだと思っている。
 勝算はあるのか?と問えば、自分の中に生まれた確信だけだと答えるだろう。

 実は店主、小西麻保子さんの描く線の凄さはどこに出してもひけをとらない凄い線だと確信している。
 上海に行けば、彼女の描く線はもっと進化することは店主にもうなずけるのである。

 送別会で彼女から面白い話を聞いた。
 彼女は前から上海に部屋を借りている。拠点を作りの為に上海に行き、久しぶりにその部屋に行き自分の鍵で開けて中に入ると、何とそこには見ず知らずの家族が入り込み生活をしていたそうだ。
 この話、店主には中国はヒドいところだと思うよりも、中国の人々の生に対するバイタリティを感じてしまう。まるでつげ義春の漫画にでも出てきそうな話である。

 そんな中国でどれだけのことを彼女ができるか店主にもわからないが、少なくとも日本の水より、中国上海の水の方が小西麻保子さんには合っているように店主には思えるのである。

 送別会のコラボパフォーマンスの様子。
 
 100920_1.jpg
 泰造・小西ミホ

 100920_2.jpg
 芽以桃子・泰造・小西ミホ

 小西麻保子さんがプロデュースしたShanghai Art Event 2008 MANDARAをご紹介します。
 最初に歌っているのは、柚楽弥衣さん。ちょっと録音が悪いけど、凄い迫力です。

 

投稿者 店主 : 2010年9月20日 17:31