« デカいカラクリ妖怪 | メイン | カリカリ、カリカリ・・・ »

2011年3月24日 木曜日

平面と立体-2

 今日は一日、鬱々としておりました。理由はわかりませんが、やっぱり地震と原発のせいかな・・・特に原発事故は堪えました。
 それでも、Teeシャツやトートバッグを作ると、かなり気分は楽になりました。モノを作ると不思議に気分も身体も楽になるものなのですネ。

 で、本日は天野行雄さんの「大首」をご紹介します。

 明治妖怪紳士録
 大首【おおくび】
 水木しげるが「たんたん坊」として描いた妖怪は「絵本小夜時雨」などに登場する狸の化けた大入道が下敷きになっている。これらはその「画本西遊記 百鬼夜行ノ図」版のアレンジ。化け見世では玩具的な意味合いを出す為にプロマイドとかけて大首とした。
 玉園画「画本西遊記 百鬼夜行ノ図」

 110324_1.jpg

 110324_2.jpg
 (C) 日本物怪観光・天野行雄


 **************************
「化け見世・参」お化けの百貨店が、またまた帰ってくる!
 日本物怪観光・茶柱立太・ポンチ定食
「 お化けと遊ぶ・お化けを楽しむ」をコンセプトに、来て見て遊んで楽しいお化けの百貨店、第三弾!
 期間 : 2011年3月18日[金]〜3月28日[月]12:00〜19:00(火曜日定休日・最終日は〜17:00)

投稿者 店主 : 2011年3月24日 18:57