« パレスチナその-4・新聞記事 | メイン | オンラインアートショップ・豆本追加! »

2012年4月13日 金曜日

パレスチナその-5・永遠の少年

 高橋美香さんが持ったてきた「ハンダラ」ペンダント。気になってネット調べると「ハンダラを生み出したのは、1936年生まれのパレスチナ人漫画家、ナジ・アル=アリ」とありました。

 120413_1.jpg

 日本国際ボランティアセンター(JVC)のページには次のような記述がありました。
 http://www.ngo-jvc.net/jp/projects/palestine-report/2003/06/000078.html

 パレスチナ現地代表 小林 和香子
 「「ハンダラ」はぼろを纏った裸足の10歳の子供です。パレスチナの土地を追われ、レバノンの難民キャンプで生きることを強いられました。しかし彼は永遠に、10歳の子供の純粋な心を持ち続けています。彼は周りで起こる矛盾と不正義、そして非人道に満ちた出来事をその純粋な心でじっと見つめ続けてきました。そして世界に訴えてきました。」


 去年の高橋美香さんの個展、「パレスチナ 抵抗の壁画と人々のまなざし」でも、このハンダラ少年はよく抵抗の象徴として登場してきます。

 120413_2.jpg
 (C) 高橋美香・「パレスチナ 抵抗の壁画と人々のまなざし」より

 店主が気になるのは、このハンダラ少年はいつも後ろ姿。どんな顔をしているのかとても気になります。ペンダントのハンダラ少年は両面とも後ろ姿。顔が見えないのに視線を感じるのは何故かな。 
 ところでこのハンダラ少年を生み出したパレスチナ人漫画家、ナジ・アル=アリは1987年に暗殺されています。


 **************************
 写真展「パレスチナ2011〜2012冬」写真 : 高橋美香
 パレスチナで生きること、それは、占領との戦いの日常。
 難民キャンプで、小さな村で出会ったひとびとの素顔。
 期間 : 4月11日[水]〜4月16日[月]12:00〜19:00 (最終日は〜17:00)

 **************************
 オンラインアートショップ、高橋美香さんのコーナーです!


 **************************
 オンラインアートショップに、新しくTeeシャツコーナーができました!

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます。

投稿者 店主 : 2012年4月13日 19:03