« 北原裕子さんの動画四連発! | メイン | 彼らの戦略 »

2014年6月 7日 土曜日

実験映画のこと

 普通の人は実験映画と言っても何の事か知らないと思う。Wikipediaによると「実験映画とは、映画の表現技法を実験的に試みた映画である。主に、視覚的なものを実験したものと情緒的なものを実験したものに二分できる」とある。
 こんな事も実はどうでもいい!感じたままにフィルムを回せばいいと昔は思ていた。
 何しろ、実験映画って言いつつも、外の状況なんて何も判らない。そんな時代だった。今のようにネットも何もない。実験映画って言葉はあっても、それ以上に何もない。無いから本を読むしか他に方法はなかった。映画を見るのではなく、活字を読んで妄想を膨らませたワケです。
 そんな中で知ったのがジョナス・メカスという人。本当の事を言えば、この人の実験映画だってほとんど見た事はない。Wikipediaによると「ジョナス・メカス(Jonas Mekas, 1922年12月23日)は、リトアニア人映画監督、作家、キュレーター。「アメリカ実験映画のゴッドファーザー」と呼ばれることが多い。」とある。誰がそんな事を言ったのかは疑問だが・・・
 で、今はジョナス・メカスの映像はYouTubeでいくらでも見る事ができる。いま見てもその時代の作品は凄いと思ってしまうが、普通の人が見れば、何のこっちゃ!!!ってなると思う。それは仕方が無い。だから、実験映画では喰えないと思ったのである。


 
 Jonas Mekas - Pleasures Of Montauk May 26th 1973

 リンクを貼っても最後まで見る人は少ないと思うで、途中で止めてもいいですヨ。(^_^;


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者 店主 : 2014年6月 7日 19:06