« 何で虫撮りなのか? | メイン | 最後の納品? »

2017年6月11日 日曜日

庭防衛隊

 庭で殺虫剤を使わなくなってから五年ぐらいたつだろうか。切っ掛けはコアシナガバチとの出会い。昔は見つけるとすぐに駆除をしていたが、今は巣を見つけてもそのままにしている。

 最初は刺されるかなと思っていましたが、庭に水をやったり、草取りをして近くに飛んできても刺された事は一度もない。この蜂はアオムシをとらえてその場で肉だんごをつくり、巣にもち帰って幼虫に与える。つまり庭にとっては毛虫さんが増えすぎるのおさえてくれている。

 この事に気がついてからは、庭の虫バランスをコアシナガバチに任せている。おかげで毛虫に殺虫剤を使うと、他の虫も皆殺しにしてしまう悪夢から開放された。この方法だと自然の循環に任せておけばいいので気が楽である。

 ただ一つだけ欠点があって、コアシナガバチの幼虫を狙ってオオスズメバチが時々やってくる。こればかりは水をかけて退散させるしか方法がない。(^_^;
 
 
 170611_2.jpg
 出窓にあるコアシナガバチの巣
 
 
 170611_3.jpg
 写真で見ると大きく見えるけど、ワリと小さいコアシナガバチ
 
 
 170611_4.jpg
 可愛く撮れたゴマダラチョウの幼虫。コイツは何故かコアシナガバチには喰われない?
 
 
 170611_5.jpg
 オマケは小さなアシナガバエ。コイツも小さな虫を補食するようです。


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者 店主 : 2017年6月11日 19:05