« 八月告知二連発! | メイン | 猫又ポスカ »

2017年7月30日 日曜日

都心の自然

 昨日、目黒にある国立科学博物館附属自然教育園というところに行ってみました。場所で言うと港区白金台という都心の一等地にある希有な自然。ここは自然観察の為に殺虫剤を散布しない方針の場所らしい。

 散策してみるとまず驚いたのが攻撃性強いススメバチの密度。何度も近くをブンブンと飛んでいく。他に自然がない場所柄だからしょうがない。これは店主の自宅の周辺でも似たような感じですが、ここまでは多くはない。まぁ、出会ったら少しコワいが、騒がずジッと通り過ぎるのを待てば問題はない。

 それから一番困ったのが蚊。夏にこの自然教育園にいくときは、虫除け、ムヒなどは必需品。できれば長袖を着ていく事をお勧めする。まぁ、虫撮りをしないで散策だけなら、そんなに蚊には刺されないかな・・・

 店主の場合は虫撮りをするので、蚊に刺されまくりました。立ち止まって2分もするとまわりが蚊だらけ・・・でも、最近は蚊に刺されても慣れたのかあまり痒くはならない体質に少しなったようです。

 まぁ、都心の一等地で蚊に刺されるのも楽しいかもネ・・・
 
 
 170730_2.jpg
 ベニモンマキバサシガメかアカマキバサシガメかと思ったけど、どの写真を見ても肩にところに棘はない。カメムシなのかな・・・貴方、誰?ちなみにアオキの葉っぱにいました。
 
 
 170730_3.jpg
 ヤマトヒバリにもカネタタキにも見える。大きさからするとヤマトヒバリのメスかな・・・可哀想に後ろ足が一本ない。
 
 
 170730_4.jpg
 まさかと思ったけど、都心のど真ん中でニホントビナナフシに会えるとは。でも、前足二本を失って四本足でした。
 
 
 170730_5.jpg
 息も絶え絶えのウスバカミキリ。喫煙所の切り株の上におりました。
 
 
 170730_6.jpg
 オマケはキンミズヒキ。こんなところで出会えるとは。キンミズヒキはバラ科キンミズヒキ属の多年草。 自然教育園の移動式の植物案内板はわかりやすくて良かった。

 後で思ったのですが、自然教育園の虫たち、何故かみんな弱っていたな・・・


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者 店主 : 2017年7月30日 17:45