« 枯れた蓮 | メイン | 差し上げます! »

2017年11月12日 日曜日

自宅の菊

 自宅の菊がいつの間にか種類が増えてしまった。小さな菊は安いので、たまに買ってしまう。たいして世話もしないのに水と少しだけの肥料で毎年花をつける。

 それが数年続くと、心のどこかで花が咲くのを期待するようになる。ヤツら思うつぼにハマる店主。もう見慣れているのに、去年の花とはどこか違う。それは店主も同じで、変わっていないようで自分も明らかに変化している。だから生き物は面白い。

 しかも植物はああしろ、こうしろとは一言も言わない。そこがいい。うるさくない。お互い黙っている。でも、たまに水やりを忘れると、しおしおの葉っぱをこれ見よがしにする。何と狡猾なヤツらだ。

 そして、ある日、今年はこんな花だよとつぼみを開く。これを繰り返しのように思うか、一期一会と思うかで、見えるものが変わってくる。

 店主の場合、どちらかと言うと一期一会で花を見ているような気がする。で、これが今年自宅の庭で咲いた菊です。
 
 
 171112_1.jpg

 171112_2.jpg

 171112_3.jpg

 171112_4.jpg
 (C) 石塚善雄「自宅の菊」

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者 店主 : 2017年11月12日 17:32