« 2019年4月 | メイン | 2019年6月 »

2019年5月30日 木曜日

紙切り虫

 ビタミンTeeオンラインアートショップに、紙切り虫作品の小林秀昭さんが初登場!今回は紙切り虫ポストカードを15連発でアップしました。で、小林さんは店主と同年輩。今回のアップは店主のムシ仲間を増やしたいという深謀遠慮を具体化・・・w(゜o゜)w

 ここブログでは、店主のお気に入りを四連発でアップしておきます。
 
 
 koba14a.jpg
 (C) 小林秀昭・紙切り虫ポストカード「テナガコガネ」14
 
 
 koba09a.jpg
 (C) 小林秀昭・紙切り虫ポストカード「カマキリ」09
 
 
 koba12a.jpg
 (C) 小林秀昭・紙切り虫ポストカード「ギラファホソアカクワガタ」12
 
 
 koba13a.jpg
 (C) 小林秀昭・紙切り虫ポストカード「紙キリヌキムシ」13
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:39 |

2019年5月29日 水曜日

キアシドクガの生と死

 去年に続いて、五月五日頃からキアシドクガが大量に生まれた。今回は幼虫が歩道にまで這い出し、相当数が人に踏み潰された。そして蛹になり、羽化。今年は小さい個体が多く、奇形も多かった。そして数え切れない数のキアシドクガが一週間ほど乱舞を繰り返して消えた。その一部始終を簡単にまとめてみた。

 すざましい生と死が新緑の森で展開された。
 
 
 190529_1_3132.jpg
 (C) 石塚善雄・五月五日頃に現れたキアシドクガの幼虫
 
 
 190529_2_2935.jpg
 (C) 石塚善雄・道路や電柱を歩き回るキアシドクガの幼虫
 
 
 190529_3_2945.jpg
 (C) 石塚善雄・蛹になる直前のキアシドクガ
 
 
 190529_4_2951.jpg
 (C) 石塚善雄・この個体は柵の支柱で蛹になった
 
 
 190529_5_3238.jpg
 (C) 石塚善雄・キアシドクガの蛹
 
 
 190529_15_3783.jpg
 (C) 石塚善雄・蛹になっても寄生蜂に襲われる。ハチの卵管がよく見える
 
 
 190529_6_3278.jpg
 (C) 石塚善雄・ようやく羽化・前足が黄色い
 
 
 190529_7_3559.jpg
 (C) 石塚善雄・羽化したが羽が蛹に引っかかりもがくキアシドクガ
 
 
 190529_8_3606.jpg
 (C) 石塚善雄・羽化直後、うまい具合にキアシドクガのお腹が撮れました
 
 
 190529_9_3656.jpg
 (C) 石塚善雄・羽化に成功しても羽が伸びないキアシドクガ

 
 
 190529_12_3746.jpg
 (C) 石塚善雄・もうすぐ終わりが近いのか葉っぱの上で震えてるキアシドクガ
 
 
 190529_10_3673.jpg
 (C) 石塚善雄・植物にしがみついたまま生き絶えたキアシドクガ
 
 
 190529_14_3750.jpg
 (C) 石塚善雄・そして亡骸は風に吹かれ枯れ草に吹き溜まる
 
 
 
 
 これは去年撮影したキアシドクガの大乱舞
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:33 |

2019年5月28日 火曜日

秘密基地虫

 思わぬところに虫はいるものです。

 どこからどうやって入ってきたのか、秘密基地に妙な虫。蛾の仲間のようなのですが、全身が真っ黒なのに、動き回ると青い光沢が見えてきます。調べたら蛾の仲間のようで、ブドウスカシクロバという名前のようです。早速、虫撮り。幼虫はブドウの葉を食べるらしい。
 
 
 190528_1_3780.jpg
 (C) 石塚善雄・ブドウスカシクロバ

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:19 |

2019年5月26日 日曜日

「トリ・とり・鳥 展」終了!

 本日「トリ・とり・鳥 展」が無事終了しました。ご来場下さった皆様に感謝です。それから沢山のリツート&いいねありがとうございました。
 
 今回の鳥展、石塚個人にとっても、作品を作っていて楽しい時間でした。凝り固まっていた制作姿勢が少しほぐれたような感じがしてしております。

 なんでも作っていいのだ!と言う感じはとても楽しいものでした。この歳になっても、まだ幾らでも新しい世界はあるのだと思い知りました。さて、次は何に挑戦しようかな・・・┗(・o・)┛

 
 
 190514_2.jpg
 (C) 石塚善雄・河津桜とカワセミ
 
 
 190518_2.jpg
 (C) 石塚善雄・枯れ木とゴイサギ

 2019年たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」最後の画像遊び
 
 190525_1.jpg
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 14:20 |

2019年5月24日 金曜日

秘密基地開放日

 さてさて、たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」が残り二日間となりました。で、明日は土曜日なのでビタミンTee秘密基地の開放日となります。先週お休みしたので明日土曜日は開けることにしました。余程のことがない限り、明日は秘密基地の方におります。宜しくお願い致します。

 
 180319_kokubngi.jpg
 
 
 
 残り二日間!石塚も参加中!たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」
 
 190524_1.jpg
 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-44-17 二階 TEL 050-5309-2219
 日時:2019年5月15日(水)~26日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりませんのでご注意ください。
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:12 |

2019年5月23日 木曜日

新植物散歩

 いろいろと有りすぎた四月。そして五月も「トリ・とり・鳥 展」でバタバタ。気がつけば五月も残り八日間となりました。

 で、ほぼ放置状態だったオンラインアートショップに石塚善雄 作品集-1「新植物散歩 春・夏」と「新植物散歩 秋・冬」の二冊をアップ。新植物散歩は鳥展でも扱っておりますので、宜しくお願い致します。
 
 
 ishi_39a.jpg
 
 ishi_39c.jpg
 (C) 石塚善雄・「新植物散歩 春・夏」
 
 
 ishi_40a.jpg
 
 ishi_40c.jpg
 (C) 石塚善雄・「新植物散歩 秋・冬」
 
 
 
 残り三日間!石塚も参加しています!たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」
 
 190521_1.jpg
 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-44-17 二階 TEL 050-5309-2219
 日時:2019年5月15日(水)~26日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりませんのでご注意ください。
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:48 |

2019年5月22日 水曜日

懲りもせずに・・・

 懲りもせずに駄作か傑作かって妄想に耽りながら、これが今回最後の追加「月とキジバト」を、たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」に持っていきます。夜の月を作ったら、猛烈に昼の月を作りたくてなってしまいました。ちょっと肉感的なキジバト、気に入っています。で、この月を虫でも使ってみたい!
 
 
 190522_2.jpg
 (C) 石塚善雄・月とキジバト
 
 
 
 後半戦です!石塚も参加します!たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」
 
 190521_1.jpg
 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-44-17 二階 TEL 050-5309-2219
 日時:2019年5月15日(水)~26日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりませんのでご注意ください。
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:51 |

2019年5月21日 火曜日

阿佐ヶ谷高架下虫

 今日の午前中、土砂降りの雨の中を阿佐ヶ谷から高円寺までJRの高架下を歩いていたら、何とウンモンスズメを見つけた。人通りの多いところだったけど、即、虫撮り。雨を避けてこんなところに避難したのか・・・と、思って、帰りに覗いたらまだ同じ場所にいた。(^_^;
 
 
 190521_1_3527.jpg
 (C) 石塚善雄・ウンモンスズメ
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 20:26 |

2019年5月20日 月曜日

国分寺道草虫

 国分寺は中央線の立川駅より三駅ほど新宿よりにあります。そんなところでも結構いろんな虫がいます。で、本日は仕事へ行くついでに見つけた道草虫を七連発でご紹介。今の季節はマジに楽しいです。(⌒-⌒)
 
 
 190520_0_3419.jpg
 (C) 石塚善雄・ラミーカミキリ
 
 
 190520_1_3462.jpg
 (C) 石塚善雄・ヒメウラナミジャノメ
 
 
 190520_2_3159.jpg
 (C) 石塚善雄・ヒメトラハナムグリ
 
 
 190520_3_3196.jpg
 (C) 石塚善雄・クルミマルハバチ・幼虫
 
 
 190520_4_3343.jpg
 (C) 石塚善雄・トリバガ科の仲間・交尾
 
 
 190520_5_3224.jpg
 (C) 石塚善雄・マルボシヒラタハナバエ
 
 
 190520_6_3268.jpg
 (C) 石塚善雄・ホソヒラタアブ・空中交尾?
 
 
 
 後半戦です!石塚も参加します!たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」
 
 190518_3.jpg
 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-44-17 二階 TEL 050-5309-2219
 日時:2019年5月15日(水)~26日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりませんのでご注意ください。
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 22:04 |

2019年5月18日 土曜日

新説 写真思念

 絵画や立体は生み出された瞬間から、消滅に向けて歩き出す。これは必然。

 店主が最初に覚えた写真はフィルムカメラ。撮影してから印画紙に焼き付けて仕上げる。だから写真そのものは時間が経つと変化していく。薄くなったり、黄ばんだりする。つまり時間とともに変化していくのが写真だった。

 それに対してデジタルデータはまったく変化しない。CCDセンサーで受けた画像をデータ化して保存し、PCやスマフォで見ることができる。データそのものは数字の羅列にすぎない。だからデータそのものは時間的な劣化がおこらない。

 店主が若い頃には世の中の全ては変わると教えられていたし、それが現実だった。変わらないものなんぞない!が、普通だった。それがデジタルという概念が現れて、店主は戸惑ったし、今でも戸惑っている。なのに店主はどんどんと変わり続け、いつかは自然消滅してしまう。
 
 これは印画紙を使った写真と、デジタルデータになった写真は全く別物と考えるべきだと、店主は考えている。名前が変わらないから話がややっこしくなる。
 
 そうなるとデジタルデータには時間の概念が当てはまらないということになる。当てはまらないから、店主の撮影したデジタルデータはいつでも同じ状態で引き出せる。そんな写真(デジタルデータ)が2001年からひたすら溜まり続けている。枚数なんてどれだけあるのかもわからない。

 そこでアレコレと考えた。もし、デジタルデータに時間があるとすれば、それは現在という位置に止まり続けている。それはまるで使われない遺伝子のようなものなのか・・・そうならば、現在という時間に生きている店主がそれをどんどんと変化させればいいという方向性が見えてくる。

 店主の撮った全ての写真は今現在も店主とともに存在し、店主の手によって変化し続ける。それが店主の、今という時代の写真の概念なのか。そうして生まれてきた物が、植物散歩や森語、カエル作品、虫作品、今回の鳥作品となる。そして最後は全てが夢の中に消えるはず。多分・・・。
 
 
 190518_2.jpg
 (C) 石塚善雄・枯れ木とゴイサギ
 
 
 石塚も参加します!たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」
 
 190518_3.jpg
 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-60-6 TEL 03-3313-8829
 日時:2019年5月15日(水)~26日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりませんのでご注意ください。

投稿者: 店主 日時: 20:17 |

2019年5月16日 木曜日

青空お月さん

 「トリ・とり・鳥 展」がスタートして、少しだけ余裕がでてきました。で、少し早めに帰ったら、青空にお月さんが浮かんでおりました。w(゜o゜)w


 190516_1_3204.jpg
 
 
 
 夜になって、さっきのお月さんはどうなったかナと夜空を見上げたら、うまい具合に雲がお月さんにかかっておりました。うまく撮れるかなとシャッターを切りました。フムフム、なかなか雰囲気がある一枚が撮れました。┗(・o・)┛
 
 
 190516_2_3217.jpg
 
 
 
 石塚も参加します!たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」
 
 190516_1.jpg
 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-60-6 TEL 03-3313-8829
 日時:2019年5月15日(水)~26日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりませんのでご注意ください。
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 20:04 |

2019年5月15日 水曜日

お待たせしました!

 お待たせしました!いよいよ本日からたまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」がゆるゆるとスタートしました。で、先ほど少しだけたまごさんへ顔を出し、展示の様子を写真に取ってきました。海の森さん、茶柱立太さん、そして、店主のところをアップ。引き続き宜しくお願い申し上げます。m(__)m
 
 
 190515_2.jpg
 
 190515_3.jpg
 
 190515_4.jpg
 
 
 
 石塚も参加します!たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」
 
 190514_1.jpg
 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-60-6 TEL 03-3313-8829
 日時:2019年5月15日(水)~26日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりませんのでご注意ください。
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:44 |

2019年5月14日 火曜日

いよいよ明日!

 さて、店主も参加するたまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」が明日スタート!今回は茶柱立太さん、海の森さんも参加されます。それからたまごさんの近くにある大怪店では茶柱立太個展「ふぇいばりっと妖怪展」が四日間、開催されます。こちらは明後日のスタートです。見所満載の高円寺です。
 
 
 190514_2.jpg
 (C) 石塚善雄・河津桜とカワセミ
 
 
 
 石塚も参加します!たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」
 
 190514_1.jpg
 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-60-6 TEL 03-3313-8829
 日時:2019年5月15日(水)~26日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりませんのでご注意ください。
 
 
 
 茶柱立太個展「ふぇいばりっと妖怪展」
 
 190514_3.jpg
 会場:大怪店 杉並区高円寺南3-44-17 二階 TEL 050-5309-2219
 日時:2019年5月16日(木)〜5月19日(日)12時〜19時
    特別企画:ご希望の妖怪を茶柱立太のフィルタを通して描きます。
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:43 |

2019年5月11日 土曜日

さて、次は!

 さて、秘密基地の開放日も無事に終わり、来週15日(水)からのたまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」準備もほぼ終わりちょっとぐったりとする店主。今回は鳥作品が作れるのかどうか自信がなく、試行錯誤しつつ作った作品で、季節が桜と重なり、気が咲いたら桜の鳥の作品が多くなってしまった。

 なのでできれば、期間中に新作を追加したいと目論む店主でした。
 
 
 190511_2.jpg
 (C) 石塚善雄・大島桜と鶏
 
 
 
 石塚も参加します!たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」
 
 190511_1.jpg
 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-60-6 TEL 03-3313-8829
 日時:2019年5月15日(水)~26日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりませんのでご注意ください。
 


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:38 |

2019年5月10日 金曜日

なんやかんや

 なんやかんやとバタバタする秘密基地。それもその筈、明日は秘密基地の開放日。月曜はたまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」の搬入日。店主、茶柱さん、海の森さんが参戦中。そして大怪展「茶柱立太ふぇいばりっと妖怪展」のポストカードも作っております。大怪展はいつ持っていけばいいのかな・・・
 
 
 190510_2.jpg
 (C) 石塚善雄・鳥ポストカード
 
 
 190510_3.jpg
 (C) 茶柱立太・妖怪ポストカード
 
 
 高円寺ビタミンTee秘密基地、毎週土曜日が開放日になります!

 オンライアートショップの作品が手に取ってご覧になれます。未発表の作品も多数あります。開放時間は12時から18時まで。もしお時間があれば、秘密基地に是非、遊びに来て下さい。

 秘密基地のある場所は古いアパートの一階の角部屋。お店ではありませんが、道路に面した窓にTeeシャツマークにTeeと描いた目印があります。ドアには小さな名刺が貼ってあるだけなので、入るのに少し勇気がいります。(*^^)//

 この日は、税ヌキに価格で販売します。無論、ひやかしも大歓迎!(^_^; 皆さんと少しでもお会して、お話でもできれば幸いです。

 180319_kokubngi.jpg
 場所:杉並区高円寺南2-51-11-101 TEL03-3313-1613
 
 
 
 石塚も参加します!たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」
 
 190507_2.jpg
 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-60-6 TEL 03-3313-8829
 日時:2019年5月15日(水)~27日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりませんのでご注意ください。
 


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:40 |

2019年5月 9日 木曜日

テンパってきました!

 やっぱり一週間以上休むと、一人親方はアレコレと仕事が溜まり、えらいことになってきました。しかも今週の土曜は秘密基地の開放日だし、それから日曜を挟んで、月曜は店主も参加する「トリ・とり・鳥 展」の搬入。"o(><)o"

 で、本日はしっぽさんが品切れの変身おたまガエルと変身ピヨを持ってきてくれました。w(゜o゜)w
 
 
 190509_1.jpg
 (C) しっぽ・軍手人形-変身おたまガエル
 
 
 190509_2.jpg
 (C) しっぽ・軍手人形-変身ピヨからコケコ
 
 
 
 高円寺ビタミンTee秘密基地、毎週土曜日が開放日になります!

 オンライアートショップの作品が手に取ってご覧になれます。未発表の作品も多数あります。開放時間は12時から18時まで。もしお時間があれば、秘密基地に是非、遊びに来て下さい。

 秘密基地のある場所は古いアパートの一階の角部屋。お店ではありませんが、道路に面した窓にTeeシャツマークにTeeと描いた目印があります。ドアには小さな名刺が貼ってあるだけなので、入るのに少し勇気がいります。(*^^)//

 この日は、税ヌキに価格で販売します。無論、ひやかしも大歓迎!(^_^; 皆さんと少しでもお会して、お話でもできれば幸いです。

 180607_7.jpg
 場所:杉並区高円寺南2-51-11-101 TEL03-3313-1613
 


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:44 |

2019年5月 7日 火曜日

トリ・とり・鳥 展

 夢のようなゴールデンウィークも終わり、まだ休みボケの店主。お休みがあと十日間ほど続けば良いのと思いつつ、たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」の準備を再開。と、言っても自分の作品は後回しにして茶柱立太さんのポストカードを作っておりました。結構、茶柱さんの鳥関連はあります!

 
 
 190507_3.jpg
 (C) 茶柱立太・鳥関連ポストカード
 
 
 
 石塚も参加します!たまごの工房企画展「トリ・とり・鳥 展」
 
 190507_2.jpg
 会場:たまごの工房 杉並区高円寺南3-60-6 TEL 03-3313-8829
 日時:2019年5月15日(水)~27日(日) 月曜休廊 12:00〜19:30・最終日18:00まで
    土曜、日曜、中央線は高円寺駅には快速止まりませんのでご注意ください。
 


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 14:50 |

2019年5月 6日 月曜日

高尾のお山虫

 もう、虫は結構です!と思っている方もいるとは思いますが、また、虫です。まぁ、病気だと思ってお付き合い下さると幸いです。

 五月四日に高尾の多摩森林科学園に行ってきました。ここは高尾駅から歩いて10分ぐらいのところにあります。四日はみどりの日ということで無料。植物の種類が豊富なので、虫好きにはたまらない場所です。昼間というの狸にも遭遇。実にディープな場所です。

 で、高尾のお山虫、七連発です。
 
 
 190506_1_2671.jpg
 (C) 石塚善雄・去年と同じ樹に居ました!アカガネサルハムシ
 
 
 190506_2_2707.jpg
 (C) 石塚善雄・高尾のお山でしかお目にかかったことがないアトボシハムシ
 
 
 190506_3_2805.jpg
 (C) 石塚善雄・なかなか止まらず店主を焦らすウスバシロチョウ
 
 
 190506_4_2783.jpg
 (C) 石塚善雄・捕食シロヘリクチブトカメムシの幼虫。ストローのような口で体液を吸う
 
 
 190506_5_2731.jpg
 (C) 石塚善雄・この遠くを見るようなシルエットがたまらないヒゲナガオトシブミ
 
 
 190506_6_2825.jpg
 (C) 石塚善雄・いても不思議ではないのですが、会えると嬉しいヒメシロコブゾウムシ
 
 
 190506_7_2838.jpg
 (C) 石塚善雄・正体が判らずツイッターで教えてもらったマルウンカ


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:42 |

当たった!

 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる!犬も歩けば棒に当たる!って感じの写真が一枚だけ撮れました。カミキリ虫が飛ぶ瞬間です。コンマ何秒の世界なので、自然界ではよほど努力しないとまず無理な世界。店主もこんな写真は初めてです。
 
 で、楽しかった虫撮り三昧の日々も今日でお仕舞い。ガッカリです。(^_^;
 
 
 190506_1_2792.jpg
 (C) 石塚善雄・カミキリムシ飛翔!


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 10:06 |

2019年5月 5日 日曜日

八国山虫

 自宅から電車で20分ぐらいのところにある八国山緑地。となりのトトロに登場する七国山のモデルになった場所。あまり人がいないので人目を気にせずに虫撮りができます。近くには食事をする店がないので、いつもお弁当持参。五月の風に吹かれてのオニギリはうまい!

 で、八国山虫七連発。いつものことですが、八国山は本当に虫が濃いです。ここもずっと残して欲しいな・・・。

 
 
 190505_3_2534.jpg
 (C) 石塚善雄・キイロテントウかと思ったら頭が違う・・・ナナホシテントウが脱皮したところ
 
 
 190505_4_2622.jpg
 (C) 石塚善雄・銀色の体がきれいなミドリヒゲナガ
 
 
 190505_5_2633.jpg
 (C) 石塚善雄・ヒメバチ科の仲間だと思うけど自信はない・・・
 
 
 190505_6_2637.jpg
 (C) 石塚善雄・光沢があるのに毛深いトビサルハムシ
 
 
 190505_7_2526.jpg
 (C) 石塚善雄・きれいなクモだけど食事になると豹変するワカバグモの捕食
 
 
 190505_8_2642.jpg
 (C) 石塚善雄・左上に見えるのは店主の親指・クヌギカスミカメの幼虫
 
 
 190505_9_2436.jpg
 (C) 石塚善雄・丸まっている方が頭のオカモトトゲエダシャク(幼虫)


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:41 |

2019年5月 3日 金曜日

エックス山虫

 店主を虫好きにしたのは西国分寺にあるエックス山。この雑木林がなければ、ここまで虫好きにならなかったと思っている。広さは1.36ヘクタール。目黒自然観察園は20ヘクタールだから約15分の1の広さ。狭い雑木林だけど、出会える虫は目黒にも負けない。
 
 何でもかんでも自然を残せとは言わないけど、身近にほんの少しの雑木林があれば、人生が豊かになる。それをエックス山は教えてくれた。
 
 で、とりあえずエックス山虫七連発!
 
 
 190503_3_2263.jpg
 (C) 石塚善雄・この顔は何度見ていも楽しいアブの仲間
 
 
 190503_4_2379.jpg
 (C) 石塚善雄・初めて出会ったアカシマサシガメ
 
 
 190503_5_2273.jpg
 (C) 石塚善雄・可愛い顔のキバラカメムシ
 
 
 190503_6_2253.jpg
 (C) 石塚善雄・ついに見つけたクワコ若齢幼虫
 
 
 190503_7_2400.jpg
 (C) 石塚善雄・赤い模様がエキゾチックなカメムシの仲間のナガメ
 
 
 190503_8_2313.jpg
 (C) 石塚善雄・あまり触らないほうがいいホタルガの幼虫
 
 
 190503_9_2306.jpg
 (C) 石塚善雄・いつも特定に悩まされるヒメバチ亜科の仲間?


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:40 |

2019年5月 2日 木曜日

目黒虫

 本日はうまく雨を避けて誰もいない雑木林で虫撮りをしておりました。やっぱり人がいないと虫たちもノビノビとしておりました。で、今日のブログは先日虫撮りに行った目黒自然観察園の虫を七連発でご紹介。東京都庭園美術館の隣という立地。都心の中の虫オアシスです。
 
 
 190502_1_2100.jpg
 (C) 石塚善雄・何処にでも出没するのになかなか撮れないアオスジアゲハ
 
 
 190502_2_2156.jpg
 (C) 石塚善雄・ハグロケバエ・複眼が大きいのでオス。
 
 
 190502_3_2157.jpg
 (C) 石塚善雄・何度見ても細い足が素敵なカスリヒメガガンボ
 
 
 190502_4_2024.jpg
 (C) 石塚善雄・これは初めて見ました!セアカツノカメムシ
 
 
 190502_5_2050.jpg
 (C) 石塚善雄・メスの取り合い?アオカメノコハムシ
 
 
 190502_6_2138.jpg
 (C) 石塚善雄・少しピンボケのミツバウツギフクレアブラムシ(羽あり)
 
 
 190502_7_2086.jpg
 (C) 石塚善雄・おまけはニホンカナヘビ


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:25 |