« 秘密基地虫 | メイン | 紙切り虫 »

2019年5月29日 水曜日

キアシドクガの生と死

 去年に続いて、五月五日頃からキアシドクガが大量に生まれた。今回は幼虫が歩道にまで這い出し、相当数が人に踏み潰された。そして蛹になり、羽化。今年は小さい個体が多く、奇形も多かった。そして数え切れない数のキアシドクガが一週間ほど乱舞を繰り返して消えた。その一部始終を簡単にまとめてみた。

 すざましい生と死が新緑の森で展開された。
 
 
 190529_1_3132.jpg
 (C) 石塚善雄・五月五日頃に現れたキアシドクガの幼虫
 
 
 190529_2_2935.jpg
 (C) 石塚善雄・道路や電柱を歩き回るキアシドクガの幼虫
 
 
 190529_3_2945.jpg
 (C) 石塚善雄・蛹になる直前のキアシドクガ
 
 
 190529_4_2951.jpg
 (C) 石塚善雄・この個体は柵の支柱で蛹になった
 
 
 190529_5_3238.jpg
 (C) 石塚善雄・キアシドクガの蛹
 
 
 190529_15_3783.jpg
 (C) 石塚善雄・蛹になっても寄生蜂に襲われる。ハチの卵管がよく見える
 
 
 190529_6_3278.jpg
 (C) 石塚善雄・ようやく羽化・前足が黄色い
 
 
 190529_7_3559.jpg
 (C) 石塚善雄・羽化したが羽が蛹に引っかかりもがくキアシドクガ
 
 
 190529_8_3606.jpg
 (C) 石塚善雄・羽化直後、うまい具合にキアシドクガのお腹が撮れました
 
 
 190529_9_3656.jpg
 (C) 石塚善雄・羽化に成功しても羽が伸びないキアシドクガ

 
 
 190529_12_3746.jpg
 (C) 石塚善雄・もうすぐ終わりが近いのか葉っぱの上で震えてるキアシドクガ
 
 
 190529_10_3673.jpg
 (C) 石塚善雄・植物にしがみついたまま生き絶えたキアシドクガ
 
 
 190529_14_3750.jpg
 (C) 石塚善雄・そして亡骸は風に吹かれ枯れ草に吹き溜まる
 
 
 
 
 これは去年撮影したキアシドクガの大乱舞
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者 店主 : 2019年5月29日 18:33