« 2019年7月 | メイン | 2019年9月 »

2019年8月30日 金曜日

裏磐梯雨虫

 今日も雨の裏磐梯ですが、雨の日の歩き方があって、強い雨が降ってきたら、樹々の生い茂る中に逃げ込んで撮影をするとあまり濡れません。このやり方を覚えると雨が降っていてもかなりいろんな虫撮りができます。で、そんな感じで見つけた裏磐梯雨虫四連発です。
 
 
 190830_2_7143.jpg
 (C) 石塚善雄・雫シャクちゃん!
 
 
 190830_3_7261.jpg
 (C) 石塚善雄・オオバユリの種にのるマユタテアカネ?
 
 
 190830_4_7276.jpg
 (C) 石塚善雄・貴方は何者?
 
 
 190830_5_7291.jpg
 (C) 石塚善雄・死んだバッタに寄り添うシリアゲ。実に不思議な関係性

 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 21:14 |

2019年8月28日 水曜日

夏休み!

 ビタミンTee高円寺秘密基地&オンラインアートショップは、8月28日から9月2日まで夏休みになります。

 オンラインの方はご注文できますが、発送は9月4日以降になります。誠に勝手ながら、宜しくお願い申し上げます。
 
 ※ 秘密基地開放日のお知らせ ※
 秘密基地の開放日は九月までお休み。次回は九月七日土曜日です。
 
 
 さて、裏磐梯へ虫撮りに行くぞ!!!

 
 
 170813_5.jpg
 (C) 石塚善雄・裏磐梯カエル!

 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:06 |

2019年8月27日 火曜日

虫ノート?

 本日、高円寺アレコレと振り込みをした帰りに、北口にある文禄堂さんへひょいと入ってしまった。店主の場合は文禄堂さんに置いてある本よりも雑貨が好き。(^_^;
 
 190827_1.jpg
 
 で、もう少し手を動かす作業がしたくなり、書籍型メモ帳を衝動買い。虫ノート始動なんて言って、三日坊主にで終わるかな・・・(・・)/"
 
 190827_2.jpg
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:19 |

2019年8月25日 日曜日

雑木林の宝石

 涼しい雑木林で本日も虫撮り。さて、そろそろ帰ろうかと思って、最後にのぞいた場所で何とヤマトタマムシが切り株の上を歩き回っていた。よく見るとお尻から産卵管が出ており、撮影していると切り株の皮の奥に卵を産み付けだした。タマムシの産卵が見られるとは何と幸運!これだら虫撮りは辞められない。

 産卵が終わると樹の上の方に飛び立って行きました。

 で、知らないことがあると困るので、ウィキメディアから基本的なヤマトタマムシの生態をコピペ。

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
 日本本土での分布は本州、四国、九州。北海道には生息していない。

 成虫は6から9月にかけて出現。盛夏の日中、特に日差しの強い日によく活動し、成虫の餌であるエノキやケヤキなどニレ科広葉樹林を飛び、夜間は幹の陰に潜む。
 エノキ等の生葉を後食するが、羽化脱出後の成虫寿命は概ね1ヶ月に満たない。

 卵はエノキ、槇、棗、リンゴ等の樹皮の割れ目や傷跡に生み付けられる。
 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

 タマムシの幼虫は約2年ぐらいを樹の中で過ごすらしい。(^_^;
 
 
 190825_1_6909.jpg
 (C) 石塚善雄・ヤマトタマムシ出現!
 
 
 190825_2_6928.jpg
 (C) 石塚善雄・ヤマトタマムシの卵管
 
 
 190825_3_6919.jpg
 (C) 石塚善雄・樹の皮に卵を産み付けるヤマトタマムシ
 
 
 190825_4_6939.jpg
 (C) 石塚善雄・樹の皮に卵を産み付けるヤマトタマムシ
 
 
 190825_5_6945.jpg
 (C) 石塚善雄・ヤマトタマムシの顔をアップ!

 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:38 |

2019年8月24日 土曜日

夏が終わる前に

 まだちゃんと夏休みをとっていないのに、朝晩は涼しくなってきた東京地方。それでもまだまだ蝉たちは元気に鳴いている。店主、蝉はあまり撮ったことがないのですが、今回は少し狙って撮って見ました。もう一週間もすると秋の気配がするのかな・・・で、撮れそうであまり撮っていない蝉三連発!
 
 
 190824_1_6225.jpg
 (C) 石塚善雄・ミンミンゼミ
 
 
 190824_2_6274.jpg
 (C) 石塚善雄・ヒグラシ?
 
 
 190824_3_6257.jpg
 (C) 石塚善雄・アブラゼミ
 
 
 190824_4_6520.jpg
 (C) 石塚善雄・オマケは蝉の抜け殻

 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:48 |

2019年8月22日 木曜日

知らなかった!

 虫撮り初心者の店主、今日まで蝶の足は六本と思い込んでいら、何とタテハチョウの仲間は足が四本しかない。知らなかった!多分、虫取りをしていればすぐに気が付く事なのだが、虫撮りではなかなか気が付かない。撮った写真を見直すと確かに足は四本!(@o@;) 

 これは前足が進化?か退化?かして、四本になったらしい。そうなのかと思って見直したら、先日アップしたヒメアカタテハも足が四本。交尾中のツマグロヒョウモンのオスもメスも足が四本!
 
 
 190818_6_6695.jpg
 (C) 石塚善雄・四本足のヒメアカタテハ!
 
 
 190822_2_0492.jpg
 (C) 石塚善雄・交尾中のツマグロヒョウモンのオスもメスも足が四本!

 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:35 |

2019年8月21日 水曜日

多様性と同一性のまとめ

 ここのところ八月に入ってブログがほぼ虫になっている。アートよりこちの方が面白くてしょうがない。虫は場所を少し変えることで日替わりで現れるので、今日も買い物のついでに姿見の池というところに寄って虫撮り。

 誰が言ったのか「多様性の欲情」とは、痛いところを突いてくる。┗(・o・)┛(8月18日)
 
 
 190818_6_6695.jpg
 (C) 石塚善雄・羽の模様が好きです!ヒメアカタテハ
 
 
 
 多様性の欲情という言葉は池田清彦氏の昆虫のパンセで知った。この言葉の真逆なのが同一性の欲情。総ての生き物は一つの生命から始ったという説?これも虫を見ているとどうでもよくなる。毛虫が蝶になるという事すら説明できないのなら、多様性の欲情の時間に流されて行くのも悪くない。(8月19日)
 
 
 190818_8_6748.jpg
 (C) 石塚善雄・また来たか・・・と店主を見つめるニホンカナヘビ
 
 
 
 せやろがおじさんの石川ダムの動画を見て思った事。人の意識(同一性)がおこなう破壊と創造はすぐにお金に換算できる。それに対して里山の多様性はお金に換算できない。いろんな生き物が綿々と創造した里山の時間を意識化するのは不可能。世界の仕組みはこの多様性で満ち溢れている事を忘れてはならない。(8月20日)
 
 

 
 
 
 昨日、いろんな生き物が綿々と創造した里山の時間を意識化するのは不可能と書いた。ほとんど意識されないが、その多様性の塊が人の肉体である。で、今日の朝刊に保険財政強まる危機感という記事があった。原因は団塊の世代、進む高齢化とある。これは本当か?意識が多様性の問題に関わるとほぼ後手にまわる。意識は万能ではない。(8月21日)
 
 
 190821_2.jpg
 (C) 石塚善雄・森語翻訳機と虫たち
 
 
 
 「あいちトリエンナーレ」について
 この問題の全ての始まりは作品が作品性とは離れたネット空間で意識化(言語化)されたところから始まる。店主の中では意識化された段階で終わっている。作品は見て感じるという多様性の中でしか成立しない!言語化された段階で、作品は消え同一性という幻想によって破壊される。何度も言うが意識はそれほど立派なものではない。

 そもそも行政とは言語化(意識化)することで成立している。同一性があるからダム建設や道路建設が可能になる。そうなると当然、言語化に向かない多様性を含むものは、必ず問題をひき起こす。だから店主はパブリックアートなるものをほぼ信用していない。そこには必ず同一性の理不尽が発生する。(8月21日)
 
 190821_1.jpg
 (C) 美術手帖・「連帯を示すために」。展示室閉鎖、内容変更に見る「あいちトリエンナーレ」海外作家たちの態度表明
 
 
 科学的(カガクテキ)と言う言葉をデジタル大辞泉で見ると[形動]1「考え方や行動のしかたが、論理的、 実証的で、系統立っているさま」とある。つまり誰がやっても同じになる事を意味している。これは言語化と同じ(同一性)で、誰が読んでも同じになる。勝手に変わることはない。

 だから多様性の話題をすると科学的ではない、論理的ではないと言うことが多く発生する。

 しかし、生き物は全て刻一刻と変化していく。同じであり続けることは絶対に不可能。これを多様性と言う。同じではないのに意識は同じと答える。これが全ての問題を引き起こす。つまり意識は矛盾の塊となる。

 そもそも止まった時間(同一性)を信じるのか、流れ行く時間(多様性)を信じるのか、人はこのはざまで揺れ動いているのを忘れてはならない。

 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:16 |

2019年8月18日 日曜日

またまた虫!

 ここのところ八月に入ってブログがほぼ虫になっている。アートよりこちの方が面白くてしょうがない。虫は場所を少し変えることで日替わりで現れるので、今日も買い物のついでに姿見の池というところに寄って虫撮り。

 誰が言ったのか「多様性の欲情」とは、痛いところを突いてくる。┗(・o・)┛

 
 
 190818_2_6730.jpg
 (C) 石塚善雄・羽の後ろの出っ張りが好きなツバメシジミ
 
 
 190818_3_6729.jpg
 (C) 石塚善雄・細くてすぐに見失うアジアイトトンボ?
 
 
 190818_4_6717.jpg
 (C) 石塚善雄・暑くても花から花へと飛び回るクマバチ
 
 
 190818_5_6691.jpg
 (C) 石塚善雄・今日は大人しく止まってくれたモンキチョウ
 
 
 190818_6_6695.jpg
 (C) 石塚善雄・羽の模様が好きです!ヒメアカタテハ
 
 
 190818_7_6726.jpg
 (C) 石塚善雄・何故か道路に転々と死骸が転がっていたキイロスズメバチ
 
 
 190818_8_6748.jpg
 (C) 石塚善雄・また来たか・・・と店主を見つめるニホンカナヘビ
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:34 |

2019年8月16日 金曜日

高尾のお山虫

 虫撮りのきっかけになったの2014年に発売された「昆虫探検図鑑1600」。撮り始め手から五年ほどになるが見つけたのは500種類にも満たない。でも、今まで存在も意識したことのなかった虫と出会えると、妙に嬉しくなる。新しい世界がどんどんと広がるのは楽しい。

 で、本日は多摩森林科学園で初めて撮影できた虫八連発!
 
 
 190816_2_6457.jpg
 (C) 石塚善雄・アカヤマアリ・初めて撮影!
 
 
 190816_3_6595.jpg
 (C) 石塚善雄・スジコガネ?・初めて撮影!
 
 
 190816_4_6483.jpg
 (C) 石塚善雄・鼻(口)が立派なシロオビアカアシナガゾウムシ・初めて撮影!
 
 
 190816_5_6650.jpg
 (C) 石塚善雄・シロオビハリバエ・初めて撮影!
 
 
 190816_6_6476.jpg
 (C) 石塚善雄・トホシテントウ・初めて撮影!
 
 
 190816_7_6609.jpg
 (C) 石塚善雄・この色のマルウンカは初めて撮影!
 
 
 190816_8_6573.jpg
 (C) 石塚善雄・ヤマトフキバッタ・初めて撮影!
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:32 |

2019年8月14日 水曜日

作品集

 Teeシャツの制作を止めてから、ミニ作品集を作り始め、なんやかんやと気がつけば四冊ほど完成させた。今月も紙切りむしの小林秀昭さんの作品集を作っている。ポストカードと違って、企画を立てて作品をまとめる過程が面白い。しばらくは楽しめそうです。
 
 
 190814_2.jpg
 
 190814_3.jpg
 (C) 小林秀昭・ミニ作品集「紙切りむし」
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:15 |

2019年8月10日 土曜日

雑木林に行くなら・・・

 雑木林に子供を連れて虫取りをするのは良い事だと思うけど、女の子にスカートを着せて来るのはちょっとかわいそう。蚊に刺されまくって、雑木林を嫌いになってほしくない。店主だって、長袖Tシャツを着てムヒは必ず持っていく。そこでお弁当を食べる気なら蚊取り線香は必需品。これは大人の責任。
 
 都市の近くにある雑木林に入る時は、まず蚊の対策をすること。それから黒い服装は避ける事。もし雑木林で蜂と遭遇したら、大きな声や手で追い払わずにジッとして、蜂が去るのを待つ事。香水は時として蜂を刺激します。雑木林はある意味自然に近いので、都市生活の常識では事故を呼び込む事があります。(追加)
 
 
 190810_1_6312.jpg
 (C) 石塚善雄・キボシカミキリ
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:55 |

2019年8月 8日 木曜日

明治神宮虫

 また、虫ネタで申し訳ありせん。暑くてなかなか仕事が進みませんが、虫の事を考え出すと、虫が暑さでダウンする前に虫撮りへ行きたくなる店主。先日の月曜日も狂気の原宿に行った帰り、ここなら虫がいるかもと明治神宮の中にある御苑に行ってきました。

 明治神宮御苑は有料だったの今まで入ったことはなかったのですが、虫がいるかもと思えばは500円の入場料も我慢。

 で、入ってすぐに気がついたのは、植物の多くが笹と青木しか見当たらない。エ〜ッ、これは虫がいないかもと落胆。一見綺麗に整備されているように見えますが、植物の種類が貧困すぎる。これはダメかなと思いつつ、進んで行くと南池というとこから菖蒲田へ行く道沿いの植物が急に変化。

 丹念に見て行くと、明治神宮虫が現れてきました。500円は高いけど、それなりに虫撮りは楽しめました。ただ、道の玉砂利は虫撮りには最悪。ジャリジャリと音がするたびに虫が逃げるのは困りました。
 
 
 190805_2_6132.jpg
 (C) 石塚善雄・初めて撮影できたウチワヤンマ
 
 
 190805_3_6183.jpg
 (C) 石塚善雄・神宮の森の主、カブトムシ
 
 
 190805_4_6128.jpg
 (C) 石塚善雄・水の反射が面白いアメンボ
 
 
 190805_5_6146.jpg
 (C) 石塚善雄・少しピンボケですが目の赤いハエ?ヒラタアシバエ初遭遇
 
 
 190805_6_6149.jpg
 (C) 石塚善雄・クズの茎で食事?をするカメムシ
 
 
 190805_7_6120.jpg
 (C) 石塚善雄・オマケは南池のアオサギ
 
 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 13:08 |

2019年8月 4日 日曜日

虫談義

 「香川照之の昆虫やばいぜ」は、昨日の秘密基地の開放日でも話題になりました。今までこんな放送がなかった事の方が異常な事だと思えてなりません。

 この中で日本のトンボのアキアカネも富山県、石川県、静岡県では99パーセントも減少というのがありました。原因については語られませんでしたが、これは農薬が原因というが虫好きの間では語られています。

 それから近所で空き地ができても、草が一本も生えない場所があるというのも不気味だネと、お客さんが言っておりました。身近でもよく観察すると妙なことがたくさんあります。店主も道路脇の草が計ったように突然と枯れだしたりするのをよく見ます。

 八月の終戦記念日ごろに、皇居のある場所に行くとニイニイゼミの泥だらけの抜け殻が見つかると教えてもらいました。でも、時期が時期なので不審者に間違われないように注意が必要とか・・・

 店主がよく行くエックス山も、色々な虫がいますが、これはよくよく考えると異常な事で、自然の豊かな裏磐梯とかに行くとそんなに簡単には虫は見つかりません。一箇所に集まる必要はないのです。エックス山の虫たちは他では生息できなくて、仕方なくこの場所に集まっているというが本当のところでしょう。

 夏草は繁殖力が強いので草を刈るのは仕方がないと思いますが、もう少し虫たちに配慮してもいいような気がします。すぐには虫は戻りませんが、気長に色々な草を生やしておくと、ある日突然と姿を現しますよ。

 で、七月末に撮った国分寺虫たちをご紹介。
 
 
 190804_1_5844.jpg
 (C) 石塚善雄・オニユリとアリ
 
 
 190804_2_5868.jpg
 (C) 石塚善雄・黒いアゲハチョウは見分けるのに苦労します。多分、クロアゲハかな?
 
 
 190804_3_5852.jpg
 (C) 石塚善雄・暑さでお尻を持ち上げるショウジョウトンボ
 
 
 190804_4_5771.jpg
 (C) 石塚善雄・ 迫力があります・オスクロハエトリ
 
 
 190804_5_5746.jpg
 (C) 石塚善雄・ いつもこの場所に現れるカツオゾウムシ
 
 
 190804_6_5854.jpg
 (C) 石塚善雄・ どこにでもいるようで初めて撮ったコシアキトンボ
 
 
 190804_7_5824.jpg
 (C) 石塚善雄・ベニシジミ
 
 
 190804_8_5817.jpg
 (C) 深津真也・おまけは深津真也さんが交配した八重咲きキボウシ「黄連雀」


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:36 |

2019年8月 3日 土曜日

今月の予定&暑中見舞い!

 いやはや酷暑全開の高円寺!外よりかは5度ほど低いけど、秘密基地の室温は30度より下がりません。こうなるとさすがに誰もきません。

 で、そんな中いろいろと考えて、今月八月の開放日は中止。次回は九月七日土曜日とさせて頂きます。少し余裕を持って八月を過ごしたいと思う今日この頃です。夏休みは月末の予定です。
 
 
 190803_1.jpg
 

 本当は虫撮りがしたいだけなのかもしれませんが・・・w(゜o゜)w

 


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 15:25 |

2019年8月 2日 金曜日

明日は開放日!

 明日は開放日ですが、こんなに暑いのに誰が来るのか?と、室内にいても汗をかく店主。秘密基地の温度は32度!外より涼しいけど、クーラーの前から離れられません。しかも明日の最高気温も35度ぐらい。

 これは誰も来ないナ、でも、明日土曜の開放日はやります!来週は休むかも・・・┗(・o・)┛
 
 190118_1.jpg
 
 高円寺ビタミンTee秘密基地、毎週土曜日が開放日になります!

 オンライアートショップの作品が手に取ってご覧になれます。未発表の作品も多数あります。開放時間は12時から18時まで。もしお時間があれば、秘密基地に是非、遊びに来て下さい。

 秘密基地のある場所は古いアパートの一階の角部屋。お店ではありませんが、道路に面した窓にTeeシャツマークにTeeと描いた目印があります。ドアには小さな名刺が貼ってあるだけなので、入るのに少し勇気がいります。(*^^)//

 この日は、税ヌキに価格で販売します。無論、ひやかしも大歓迎!(^_^; 皆さんと少しでもお会して、お話でもできれば幸いです。

 180607_7.jpg
 場所:杉並区高円寺南2-51-11-101 TEL03-3313-1613
 


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 15:27 |