« 阿佐ヶ谷&高円寺徘徊 | メイン | 野川虫 »

2019年10月30日 水曜日

脱世間

 自分が全く意識していなかった自分の行動を昔の本を読み直して気がついた。なるほど自分はそこにいるのかと納得する。まさか自分が出家していると思いも寄らなかった。それでもまだまだ全身には生臭が残っているが、なぜ虫撮りなのかは少し理解できた。
 
 確かに自分が雑木林へ虫撮りに行くと世間様の事を忘れ、摩訶不思議な世界を旅している僧侶にも思える。知っている虫でも、毎回虫を撮れば撮るほどに、今日初めて出会った虫という感覚が全身に広がる。
 
 昨日の虫と今日の虫は違う。当たり前だけど、世間様はそうは思わない。
 
 だから今日は昨日の続きというのではなく、日々が新しく始まるという感覚は確かに出家に近いのかもしれない。
 
 
 「・・・でも、どうしても世間から出たいと言う奴だっているわけです。脱世間というと坊主になって出家するとかいろんな事があるけど・・・個人的行為で脱世間するとしたら、たとえば虫集めるとか・・・」養老孟司
 
 
 で、桃園川緑道で見つけたツマグロヒョウモンとクロアゲハをアップ。
 
 
 191030_1_9630.jpg
 (C) 石塚善雄・生まれて初めてツマグロヒョウモンを真正面から撮った!
 
 
 191030_2_9614.jpg
 (C) 石塚善雄・保育園の子供に教えらて撮ったクロアゲハ

 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者 店主 : 2019年10月30日 17:32