« 2020年7月 | メイン | 2021年8月 »

2021年7月17日 土曜日

ラブゼネレーション

 本棚の奥から早川義夫が書いた「ラブゼネレーション」という本が出てきた。1992年に発行された本。知っている人は知っているだろうが、早川義夫は1960年代後半のロックバンド「ジャックス」の主要メンバーであった。

 で、この本の内容をまったく忘れていたので、読み直してみた。世間様を斜に見るのは嫌いではないが、読み直してみて少しガッカリした。
 何の事はない、フォークソングの世界の内輪の話。遠藤健司、岡林信康、中川五郎、斉藤哲夫、はっぴえんど、高石友也、高田渡、加川良などの内輪の話が延々と書かれていた。
 今みたいにインターネットが普及していない時代だから、当時の情報ネタとしては読めるが、それはジャニーズ事務所の内輪話と大して変わらない。そこに新しい感性を探るワケでもなく、その時代の雰囲気もない。

 これならYouTubeで古い動画を漁っていた方が面白い。だから前に読んだあとの記憶が奇麗さっぱりと消えてしまったのだろう。

 多分「ラブゼネレーション」というタイトルにひかれて買ったのだろうが、ハズレだった一冊。これならジャックスの「ラブ・ゼネレーション」という歌を一回聴けば十分である。例えその歌が嘘とハッタリであったとしても、少なくとその時代の雰囲気は味あえる。結局、再読して早川義夫は活字の人ではなく、音楽の人であったと言う事を確認したのだった。

 まぁ、そうそうそんなにうまい話は転がっているワケではないと言う事か・・・と、こここまで書いて、不意に中山ラビが1974年に発表したセカンド・アルバムのひらひらの中の一曲「人は少しづつ変わる」を思い出した。

・・・・・・・・・・・・・
人は少しづつ変る これは たしかでしょ
私を育てた季節が変るよに
春には芽がふいて 夏はこんもりみどり濃く
秋は枯葉舞い 冬は化石のよう
そして あなたの心も変わったね
石のように冷たいのです
・・・・・・・・・・・・・「人は少しづつ変わる」より

 そうか中山ラビさんって凄い・・・で、変わったのは誰かな。


IMG_9971.jpg
《 半月・石塚善雄 》

投稿者: 店主 日時: 16:19 |

2021年7月14日 水曜日

オニユリ

 二十代後半ぐらいから百貨店の装飾の仕事をしていた。特にやりたいワケでもなかったが、手先が器用だとお金になった。一緒にやっていた連中も、ミュージシャンや劇団員、アーティスト、学生など、いろいろな人種がいたけど、ようはプータローの集団。二、三日働いてあとは好きな事をして一週間を生き延びる。そんな手前勝手な連中が次々と現れては消えていた。今となればもう付き合いはない。

 で、それが起こったのは1989年1月7日、昭和天皇が崩御。

 そのニュースを聞いたプータロー達が誰に言われたのでもなく、自らの意志で百貨店の装飾室に集まってきた。今考えると実に不思議な事だった。天皇制からはもっとも遠い存在と思っていた連中が、自主的に集まったのである。昭和という時代の最後に、自分たちが生きた時代の雰囲気を深呼吸した瞬間であった。

 それが天皇制と直接かかわった最後の記憶。あれから30年以上の時間が流れた。その頃のプータローも生きていればいい年齢になっているだろう。

 最近、世間様の噂話に東京オリンピックとコロナ禍をめぐって、天皇陛下の懸念をめぐつて「拝察」という事件があったらしい。それを今の総理大臣は無視を決め込んだとか。考えてみれば総理大臣もその昔に出会ったプータロー達と同年代である。
 その昔のプータロー達がまともだったのか、今の総理大臣がまともなのか?考え込んでしまった。どんな環境がこんなにも人間を変えてしまったのか?と考えると、主たる原因は「お金」か。
 その上、今の天皇制は観光資源とも言い放ったとか。呆れるばかりである。まぁ今の日本をよくよく見れば、当然の成り行きのようにも思える。選挙の投票率が50%ぐらいでは、こうなるのが当然の帰結か・・・

 何でこんな事を書いたのかと言えば、2017年9月16日に何故か皇居に行った。何で行ったのかはさっぱり覚えていないが、ほとんど東京で暮らしてきたのに、皇居に行ったのはそれが初めてだった。
 幾つかの門を抜け、砂利道を歩いていくと、何かのムカゴを見つけた。良い事なのか悪い事なのか知らないが、そのムカゴを自宅に持ち帰って植木鉢に放り込んだ。
 翌年、ムカゴは簡単に芽を出したが、花はなかなか咲かない。それが今年四年目にして花をつけた。コロナ禍の中、立派なオニユリの花を咲かせた。
 その花を見詰めるうちに、不意に昭和天皇の崩御の時の事を思い出したのだ。時代は否応なく変転を続ける。

 
 210711_500_1_9094.jpg
《 オニユリの花・石塚善雄 》

 

投稿者: 店主 日時: 16:23 |

2021年7月11日 日曜日

タバコとファシズム

 タバコは高校生の頃から吸っている。半世紀以上も吸っている事になる。健康に良くないとか言われ続けて、差別されてどのくらいの時が流れたのか?
 タバコは肺ガンの元凶とかにされているけど、喫煙率が下がっても、肺ガンは減る事は無く、逆に増え続けている。ちょっと前の調べでは肺ガン患者の喫煙者がしめる割合は八%程度とか。世間様なんてモノはまったく信用ならない。

 これだけを見れば、気が変なのはタバコを吸う喫煙者ではなく、世間様と言う事になる。そうなるとやれ煙が迷惑だとか、匂いが気に入らないとか、重箱の隅を突っつく難癖攻撃が始まる。
 だから店主は外ではほとんど吸わない。どこに世間様と言う狂気が潜んでいるかわからない。そんな人と喧嘩をするほどにヒマではない。

 今はコロナ禍。外での飲食にはリスクが高いと言っているらしいが、まともな喫煙者はもうすでにコロナ禍に対する耐性が何年も前からできている。店主の場合は、喫茶店も居酒屋も人の集まる所にはいかないように訓練されている。
 言わせてもらえれば、カフェなどに用意されている喫煙室なんて、空気が悪すぎて入る気にもなれない。そんな閉鎖空間ではコロナをうつされるリスクが高い。そんな危険な場所を世間様は作って平然としている。

 笑ってしまうのは、コロナ禍でお酒が攻撃の的になっていると聞く。店主はタバコは吸うけど、最近はお酒はほとんど呑まない。お酒好きの人は、今、禁酒という世間様の狂気を味わっている事になる。お酒=コロナ!根拠もクソもない。ひたすら世間様は狂気を求めて暴走をはじめている。これをどうやらファシズムと言うらしい。ファシズムは政治形態ではないと思っている。世間様の雰囲気が作り出す狂気だと思っている。それを政治家が利用している。嘘つき政治家にとってこれほどの美味しいものはない。はぁ、やれやれである。


 だから、喫煙者の間では「禁煙ファシズム」という言葉が生まれた。


 アッ、それからタバコの本数を減らすのは簡単で、徹底的にストレスを減らす事。イヤなヤツとは絶対に付き合わない!これが一番効果的。すると不思議にタバコも美味しくなる。

210627_500_8_8846.jpg
《 タバコの花・石塚善雄 》

投稿者: 店主 日時: 13:26 |

2021年7月10日 土曜日

オンラインショップについて

  ビタミンTeeの石塚です。秘密基地を西国分寺に移し、早くも一年が過ぎました。

 2019年10月からの消費税増税で、これは困った事になるぞと高円寺を脱出したら、その前後に始まったコロナ禍がひたすら拡大を続け、おさまる気配をまったく見せません。疫病がこれほど厄介なものとは驚くばかりです。

 しかも日本政府のやる事には呆れるばかり。経済が大切と言いながら、コロナ増税が噂され、ますます収束は遠ざかるばかりに思える今日この頃です。本当にこれでオリンピックをやるつもりなのか?残るのは神風が吹く事を祈るのみ・・・とか。

 本来なら西国分寺秘密基地を中心に世間様の様子を見つつ、あれこれと作戦を練っていたのですが、肝心の人と会う事自体がリスクにつながると言うコロナの厄介な性質の前では、どれもこれも立ち尽くすばかりでした。これに第4波が押し寄せ、オリンピックも強行されるらしい。はぁ、やれやれ・・・

 と言う事で、ここはしばらくはコロナ禍の様子を見ようと思い、オンラインショップの方はしばらくの間お休みにしようと言う事になりました。色々と考えたうえの決断です。オンラインショップの再開はコロナ禍が落ち着いてからになります。何とぞ宜しくお願い申し上げます。


IMG_0077.jpg


 ビタミンTeeオンラインアートショップは4月30日をもってしばらくの間、お休みします。

投稿者: 店主 日時: 11:04 |