« トリ・とり・鳥展 | メイン | 養老先生、病院へ行く »

2021年8月22日 日曜日

巨人たちの星&内なる宇宙

 ジェイムズ・P・ホーガンのSF小説『星を継ぐもの』の続編の『巨人たちの星』と『内なる宇宙』上下巻を読み終えた。いやはや面白い。でもこれが書かれた1980年代から1990年代にこれらの本を読んだら面白いと思ったか?少し疑問に感じる。

 SF映画は昔からよく見たが、SF小説はほとんど読んではこなかった。ここが今回のポイント。つまりSF映画の映像的な知識がなかったら、果たして楽しめたか?マトリックスなんて概念は多分その頃に読んでもピンとはこない様に思える。

 自分の場合は昔からSF映画の映像を見続けたことが、三十年遅れで今回の『巨人たちの星』と『内なる宇宙』を楽しめた理由なのかもしれない。つまりこのタイムラグがいい塩梅に作用した事になる。SF映画の色々なイメージがジェイムズ・P・ホーガンの書く言葉に彩りを与えたのだ。

 と、言う事は逆に言えば、これらの小説は凄いと言う結論になる。多分、ここで書かれた事は、いろんなSF映画に影響を与えたと思われるのは至極当然の様な気がしてきた。


210822_500_1.jpg


210822_500_2.jpg

 

投稿者 店主 : 2021年8月22日 16:24