2020年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2020年6月 5日 金曜日

みどりの文化ゾーン

 本日、野暮用のついでに立川にある昭和記念公園に付随するみどりの文化ゾーンというところに行ってきました。本園の方は有料なので手前のみどりの文化ゾーン周辺を散策。

 虫好きの店主は公園という場所はあまり好きではない。ただ並木道は国分寺市より立川市の方がかなりいい。どこが良いって日陰ができるとこが素晴らしい。国分寺市の並木は日陰もできない。羨ましい・・・
 
 200605_1.jpg
 
 
 ここのみどりの文化ゾーンで驚くのは芝生の広さ。人は結構いたけど、誰も暑くて芝生に近寄らない。こんな空間のどこが良いのか店主にはわからない。温暖化と言いながら草木を引っこ抜き、芝生だらけにする。土の上も下も灼熱地獄。カラカラに乾いて地中の微生物は激減する。これを必死に手入れする人たちの気持ちが理解できない。
 
 200605_2.jpg
 
 
 芝生の周辺には草地はあるのですが、動き回る虫は飛べる虫だけ。草の種類も驚くほど貧相。その草原も多分六月中ぐらいには全て刈られるだろう。これでどこがみどりの文化ゾーンなのか・・・いやこれが日本の公園文化なのかも知れない。だから公園は好きになれない。
 
 200605_3_8627.jpg
 
 200605_4_8622.jpg
 
 
 でも、どんな公園にも探せばロストワールドはある。それは【浮遊の庭】と呼ばれるわざわざ建物の上に庭園を作った真下の空間。皮肉にも誰もが気に留めない奇妙な空間に色々な植物が生え、虫達はそこに隠れ住んでいた。
 
 200605_5.jpg
 
 200605_6.jpg
 
 200605_7_8650.jpg
 
 200605_8_8638.jpg
 
 200605_9_8634.jpg
 
 200605_10_8646.jpg
 
 
 
 で、最後に昭和と言えば昭和天皇の言葉を思い出す。

 【昭和天皇が留守中に、お住まいの庭の草を刈った侍従の入江相政に天皇は尋ねられた。「どうして草を刈ったのかね?」入江は、ほめられると思って、「雑草が生い茂って参りましたので、一部お刈りしました。」と答えた。すると天皇は、「雑草という草はない。どんな植物でもみな名前があって、それぞれ自分の好きな場所で生を営んでいる。人間の一方的な考え方で、これを雑草として決め付けてしまうのはいけない。注意するように。」と諭された。(入江相政「宮中侍従物語」】
 http://www3.omn.ne.jp/~imanari/howa-jusyokuaisatu.htm より

 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 20:06 |

2020年6月 4日 木曜日

六月虫初旬前半の17連発!

 今日は虫の日。これは【漫画家・手塚治虫らの呼びかけで1988年(昭和63年)に設立された日本昆虫クラブが「虫の日」を制定。昆虫が住める街づくりを目指している】と雑学ネタ帳に書いてあった。正しいのかどうかは分からない。

 で、虫の日に悲しいお知らせ。国分寺市の道路予定の原っぱは全て草が刈られた。土がむき出しになって誰が喜ぶのか?喜んだのはスズメとムクドリ。虫達は絶滅?か。

 で、せっかくの虫の日なので、西国分寺周辺の六月虫初旬前半の17連発!

 
 
 200604_1_7598.jpg

 (C) 石塚善雄・カメムシの中では一番紳士ぽっいキバラカメムシ

 
 
 200604_2_7551.jpg

 (C) 石塚善雄・ハチは六本足だけ、こいつは四本足でオオキンケイギクに止まり真ん中の足は万歳している。変なツチバチの仲間

 
 
 200604_3_7542.jpg

 (C) 石塚善雄・蝶によって交尾のスタイルは色々とあるようだけど、モンシロチョウのスタイルはこんな感じです。

 
 
 200604_4_7630.jpg

 (C) 石塚善雄・ナミテントウの幼虫かな・・・

 
 
 200604_5_7634.jpg

 (C) 石塚善雄・ルリハムシかな?こんなメタリックな奴は初めて見ました!

 
 
 200604_6_7653.jpg

 (C) 石塚善雄・ヒメシャクの仲間?いつもの事だけど蛾の特定は難しい・・・

 
 
 200604_7_7670.jpg

 (C) 石塚善雄・古ぼけたサンダルというのが第一印象。オオツマキヘリカメムシさんごめんなさい

 
 
 200604_8_7717.jpg

 (C) 石塚善雄・ちょっと自信がないけどケブカヒメヘリカメムシかな・・・

 
 
 200604_9_7683.jpg

 (C) 石塚善雄・雑木林の蝶と言えばサトキマダラヒカゲ!カッコイイ

 
 
 200604_10_7704.jpg

 (C) 石塚善雄・多分、サトクダマキモドキの幼虫だと思います

 
 
 200604_11_7711.jpg

 (C) 石塚善雄・オレンジとブラックが似合うヒメジュウジナガカメムシ

 
 
 200604_12_7660.jpg

 (C) 石塚善雄・ようやく撮れたホソオビヒゲナガ。触覚が長〜〜い!

 
 
 200604_13_7825.jpg

 (C) 石塚善雄・名前に黄色とあるけど何故か赤いキイロクビナガハムシ

 
 
 200604_14_7772.jpg

 (C) 石塚善雄・ちょっとマニアックだけど滅多に見られないグンバイムシのお腹

 
 
 200604_15_7814.jpg

 (C) 石塚善雄・最初何者かわからなかったボロボロのダイミョウセセリ。何があったのか?すごい経験をしたのかな

 
 
 200604_16_7779.jpg

 (C) 石塚善雄・綺麗だったのであっぷ!ツバメシジミのメス

 
 
 200604_17_7810.jpg

 (C) 石塚善雄・初めて出会いました!ヤツボシハムシ。可愛いな


 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 20:47 |

2020年6月 3日 水曜日

殿ヶ谷戸庭園

 自粛解除になったのにまた「東京アラート」という訳の分からない言葉が飛び交う東京地方。そんな簡単にコロナウイルスが治るわけもないと思いつつ、また自粛になって閉園になっては行けなくなると思い、本日、殿ヶ谷戸庭園に行ってきました。庭園だから虫はいないと思ったらそれなり虫を楽しめました。

 自粛解除と言ってもさすがに人の姿は少ない。まぁ、このまま閉園にならなことを祈っております。

 
 
 200603_6_8479.jpg

 (C) 石塚善雄・殿ヶ谷戸庭園風景

 
 
 200603_3_8457.jpg

 200603_2_8443.jpg

 (C) 石塚善雄・コフキゾウムシが萩にたくさんいました。可愛いです!

 
 
 200603_4_8471.jpg

 (C) 石塚善雄・アシナガグモかな?お腹が丸見えって初めて撮ったかも

 
 
 200603_5_8504.jpg

 (C) 石塚善雄・静かな庭園で人知れずアリ達の壮絶な戦いを目撃!


 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 20:53 |

2020年5月31日 日曜日

五月虫下旬後半の20連発!

 そろそろ姿見の池や日影山、エックス山でカマキリの姿を見てもいいはずと探すが、一匹も見つけられない。これは多分、低木の木や、下草の容赦ない刈り込みの影響と店主は思っている。自然を呼び戻すと言いながら、やっている事は生き物が生きづらい環境をつくるダブルスタンダードな手入れをする国分寺市。

 わざわざ草を刈って土を見えるようするのが、国分寺市の自然を呼び戻す手入れらしい。それに加えて刃物を持って少しでも伸びた植物を切り回る自称自然管理ボランティア。それから姿見の池で蛍を増やそうと意味の分からない努力をするボランティア集団。ただただ不気味な自然感覚の持った人たち。

 今さら国分寺市に期待する方がバカだとわかっていても、カマキリがいない環境に漠然とした不安を感じてしまう。まぁ、植物の方が上手だからいいけど。

 そんな日々が続いた中、虫撮りから帰ってきたら秘密基地の入口の所の低い木に小さなカマキリを発見。いつものようにこちらを睨んでいた。オオッ!元気だったかと写真を撮らせてもらった。

 カマキリもバカじゃないから、生きづらい姿見の池や日影山を避けて、近くの住宅の庭先に生活の場を移していた。やっぱり虫の方が一枚上手。

 で、悪環境でも必死に生き延びる西国分寺周辺五月虫下旬後半の20連発!

 
 
 200529_1_8053.jpg

 (C) 石塚善雄・探したぜ!カマキリさん

 
 
 200527_1_7203.jpg

 (C) 石塚善雄・見つけると嬉しくなるアシナガオトシブミ

 
 
 200527_2_7210.jpg

 (C) 石塚善雄・下草刈りでどこへ行ったのかな心配なウズラカメムシ

 
 
 200527_3_7223.jpg

 (C) 石塚善雄・5ミリぐらいでもとても綺麗なルリクビボソハムシ

 
 
 200527_4_7229.jpg

 (C) 石塚善雄・あぶかハエか・・・悩むところ。多分アブの仲間?

 
 
 200527_5_7270.jpg

 (C) 石塚善雄・なかなか上手く撮れないクワキヨコバイの仲間。雨の暗い日に撮った一枚

 
 
 200527_6_7250.jpg

 (C) 石塚善雄・よくよくアップで見ると裸のカタツムリに見えるナメクジ

 
 
 200527_7_7240.jpg

 (C) 石塚善雄・都会にはいないという一言で株が上がったヒメウラナミジャノメ

 
 
 200527_8_7233.jpg

 (C) 石塚善雄・カメムシって横から見ると案外おデブ。ブチヒゲカメムシかな?

 
 
 200527_9_7294.jpg

 (C) 石塚善雄・見つけたときエッと思ったファンキーなキナコハリバエ

 
 
 200527_10_7323.jpg

 (C) 石塚善雄・スズメバチも狩る最強の猛者も雨でぐったりするシオヤアブ

 
 
 200527_11_7301.jpg

 (C) 石塚善雄・雑木林でひっそりと羽を広げるヤマトエダシャク

 
 
 200527_12_7355.jpg

 (C) 石塚善雄・多分アリの仲間だと思うけど、妙に艶ぽい

 
 
 200527_17_7385.jpg

 (C) 石塚善雄・アカアシオオクシコメツキかな?少し毛深いような気もするけど

 
 
 200527_18_7407.jpg

 (C) 石塚善雄・小さいのに瞬きする間に瞬間移動するオビマルツノゼミ。撮れたのはこれ一枚

 
 
 200527_19_7423.jpg

 (C) 石塚善雄・いまいち自信がないけど、きっとオオニジュウヤホシテントウ

 
 
 200527_20_7420.jpg

 (C) 石塚善雄・ハムシの仲間。青みががった姿がいいな

 
 
 200527_21_7373.jpg

 (C) 石塚善雄・コメツキがホソムギの上で高みの見物の図

 
 
 200527_22_7375.jpg

 (C) 石塚善雄・ハナバチの仲間の特定は難しい。誰か見分けるコツを教えてくれないかな

 
 
 200528_2_7891.jpg

 (C) 石塚善雄・今年も会えました!ラミーカミキリ


 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:13 |

2020年5月29日 金曜日

北原裕子オンライン個展・後半

 世間様は少しずつ活動を再開し始めているようですが、ビタミンTeeオンラインアートショップも、頑張っております。で、お待たせしました!作品を入れ替えて、いよいよ明日5月30日土曜日11時からオンライン北原裕子個展・後半がスタートします。宜しくお願い申し上げます。

 
 
 top_n014-500.jpg

 (C) 期間限定!オンライン北原裕子個展・明日から6月10日まで

 
 
 151310341_o3.jpg

 (C) 期間限定!オンライン北原裕子個展・明日から6月10日まで

 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 15:41 |

2020年5月28日 木曜日

ラミーカミキリ

 そろそろこいつが姿を現すのではと、毎日秘密基地近くのとある場所に通いつめていた。そしてついに今日、ラミーカミキリの姿を発見。

 姿はどこか日本の虫と雰囲気が違うと、調べて見たら【もともと日本にいた種類ではなく、明治初期に中国大陸から輸入されたラミーという植物にくっついて入ってきたらしい。】と昆虫エクスプローラに書いてあった。

 不思議なのはいつも同じ場所に姿を見せる事。理由は分からないが、西国分寺周辺ではここでしか見たことがない。久しぶりの再会に興奮した。
 
 
 200528_1_7885.jpg

 (C) 石塚善雄・ラミーカミキリ・その一・カッコイイ!

 
 
 200528_2_7891.jpg

 (C) 石塚善雄・ラミーカミキリ・その二・正面からも撮れた!

 
 
 200528_3_7896.jpg

 (C) 石塚善雄・ラミーカミキリ・その三・明日もいるかな?


 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:09 |