« 揺れる赤い実 | メイン | 枯れるという形 »

2006年1月11日 水曜日

冬の仏塔

 今日の一枚は枯葉で埋めつくされた、店主お気に入りの雑木林の中で見つけました。高さが50cmぐらい幹の太さが1cmぐらいで枝を左右に広げ、天辺に赤黒いタージ・マハールの寺院のような形のモノをのせておりました。その寺院の中心には、原始仏教のお釈迦さんみたいなものが鎮座しておりました。何だ~コレ!と、しばらくその妙な形を眺めておりました。幹には蔓性の植物が1本からみつき、なんや知らんけど、妙に色っぽくも見える今日の一枚。どうやら、ゴンズイというのがこの植物の名前のようです。見方によっては現代建築にも見える不思議な植物です。

ゴンズイの冬芽-06.01.11

投稿者 店主 : 2006年1月11日 18:14