« 「これから」と葉っぱの王国 | メイン | 九月の検索文字列 »

2006年9月30日 土曜日

愛国心の評価とワレモコウ 

 今日はまたルール違反をします。東京新聞さん、鈴木邦男さんすいません。m(__)m どうしても、記事の抜粋をしないと、説明ができないので、ご容赦下さい。

 今日のトップコメントにも書いた「最近の学校の通知表には、愛国心の評価欄があるらしい」と知ったのは、東京新聞の記事からである。
 店主には衝撃的な話である。最初は冗談だろうと思った。しかし、ホントらしい。

 以下、東京新聞9月29日・夕刊・「あの人に迫る」より、部分抜粋。
・・・・・・・・
(問い)
 愛国心を教える必要はありますか。学校の通知表に愛国心の評価欄ができ、国旗国歌もー九九九年の法制化後、さまざまな動きがあります。
(答え)
 愛国心をABCと評価するなんて変ですよ。だいたい誰が愛国心を教えるのか。全国の先生に検定を受けてもらい一級愛国士をつくって教えるのか。町で運動をやっている愛国心のプロが教えるのか。無理ですよ。
 日の丸を国旗、君が代を国歌と決めた国旗国歌法は、法制化した時に政府も文部省も「これは強制するものではない」と言っていた。しかし法律はできれば一人歩きする。公立学校で歌っていない先生を処分している。日の丸、君が代が必要なら、まずそう思う大人が実行すればいい。国会の開会式で歌えばいい。それで社民党や共産党が起立しなかったら、処分できるのか。できっこない。それなのに学校では処分しているわけです。
 僕は高校が仙台のミッションスクールで三年間、毎朝、賛美歌を歌わされて嫌で嫌でたまらなかった。同じように日の丸、君が代を強制されていたら、僕は日の丸を破り捨てていたかもしれない。とにかく強制はよくない。僕は日の丸、君が代が好きだ。いやいや歌ってほしくない。いいことでも強制されたら、やっぱり嫌になりますよ。
 愛ゆえの犯罪、トラブルは多い。愛してるから言うことを聞け、ほかの男に行ったら殺しちまうぞ、親の面倒を見ろ、と。「それが愛だろ」と強制する。ストーカーも愛ゆえ。愛は相手を拘束し、時に暴力的になる。国家の愛も似てますよね。
 愛国心は危険だし、暴走する。宝石にも凶器にもなる、もろ刃の剣です。愛国心を教えるというなら、愛国心のよさも危うさも多角的に教えるべきです。けれどそんなことは誰も教えられない。日本一の愛国者の僕にもできない。ならば、教えなくていいんですよ。
・・・・・・・・

 答えているのは新右翼団体顧問、鈴木邦男氏である。真っ当な意見である。右翼にもこんな人がいるのかと思った。(この記事には、他にもいろいろと書いてある。興味のある方は、図書館でこの日の新聞を探して読んで下さいナ)
 店主の場合、個人を追い詰めるような制度、強制は基本的に嫌悪する。無論、法制化などもってのほかである。と、書きつつも、やっぱりこれは何かの間違いではないのか?と思ってしまう。
 一体全体、誰がこんなことを言い出したのか?それが不思議でならない。評価できないものを、評価するなんて、アタマが狂っているとしか思えない。(・・・本心を言えば、この評価、北朝鮮の制度のように思えてならない・・・)

 で、今日の一枚はワレモコウ。この植物をみるといよいよ秋だなと思ってしまう。人間の世界の煩わしさを一時、忘れさせてくれる。
 しかし、どうも今日の画像処理は、愛国心の評価というグロテスクさに、かき回されて、イマイチです。m(__)m

ワレモコウ(吾木香)-06.09.30

投稿者 店主 : 2006年9月30日 19:15