« 2009年7月 | メイン | 2009年9月 »

2009年8月31日 月曜日

虫展準備

 今日は店を開けてから、ほとんど一日中、雨と風が吹き荒れておりました。さすがにこの台風の中をギャラリーに来る粋な人はおりませんでした。
 その台風、まだ東京の近くを通過中らしい。今は雨は小降りになっておりますが、まだ、油断はできません。
 しかし、ヒマなのは店主にとっては、ラッキー。空いた時間を利用して、九月十日からはじまる秘密の花園「虫展」の作品の準備をようやくはじめる事ができました。
 お店の事や裏の仕事をやっていると、なかなか自分の時間がとれないので、今日のような日は、きっちりと利用しないといけません。
 来週の前半にお休みが少しあるのですが、その休みもほとんど予定が詰まっているので、作品作りは何とか今週中に終らせないとマズい事になります。

 さて、どんな虫展になるのか楽しみです。

 090831.jpg

 秘密の花園「虫展」 福田 紀子・菊地 哲男・地球の玉手箱・木村 大介
           ごのい 雪・岡野 慶子・小林 秀昭・石塚 善雄
 9月10日[木]〜9月21日[火]12:00〜19:00(最終日17:00)水曜定休

投稿者: 店主 日時: 18:31 |

2009年8月30日 日曜日

投票所に行列が!

 お店の開店前に投票に出かけた。指定の小学校に行くと、何と投票所に行列ができている。
 今の投票所に行くようになってから15年以上になるが、行列ができていたのははじめて・・・
 台風の接近が早めの投票行動となったのかもしれないが、それにしても、すごい行列。
 今晩の選挙速報が楽しみ。

投稿者: 店主 日時: 11:50 |

2009年8月29日 土曜日

植物散歩(BS Japan編)

 暑い!!!本当に明日、涼しくなるのか?。
 それに歯が痛い。最近、疲れてくると歯が痛くなってくる。困った、弱った・・・

 で、そんな事は関係なく、店主の「植物散歩」が、BSジャパンというところのデータ放送で流される事になった。なんでも、「ぶらりメディア」というところの「ぶらりギャラリー」というところらしい。
 らしい・・・と、言うのは、店主、もともとテレビはほとんど見ない。ましてや、デジタル放送となると、皆目見当がつかない。それはテレビみたいなものですか?などとバカな事を聞いてしまう。(^_^;
 企画書にはデータ放送778チャンネルと書いててあるから、今どきのBS放送はそんなにチャンネルがあるのかと、仰天したりする。実態はどうなっているのか、説明を受けてもわからない。(@o@;)
 放送期間は9月1日から30日まで。時間は昼の11時半から一時間と、夜の11時半から一時間。一日、二回流されるらしい。しかし、流されても店主には確認できない。妙な事を引き受けてしまった。
 でも、空から店主の植物散歩のデータが降ってくるのかと、想像すると、妙にうれしい。
 たぶん、この放送は静止画で、90秒ごとに植物の絵が変わるようなスタイルではと、想像している。もし、見る事ができる人がいたら、感想を聞かせて下さい。(^_^;

 で、これが「ぶらりギャラリー・植物散歩(BS Japan編)」の画面イメージです。
 090829.jpg
 
  BSジャパン - ぶらりメディア(データ放送778チャンネル)「ぶらりギャラリー」

投稿者: 店主 日時: 19:30 |

2009年8月28日 金曜日

新作

 遅い夏の影響か、ここ二週間ほど地下室が蒸し暑い。地下室には、エアコンも扇風機もない。あるのは換気扇。なので、ひたすら夏が終わるのを待っている。噂では、アト二日ほど涼しくなるらしい・・・

 で、今日の新作は浜野 浩子(切り絵Tee)さん、新作切り絵。この切り絵、大きさが8cm角。気の遠くなる職人ワザ。まいどの事ですが、凄いですネ。
 下のものも浜野さんが作った小物入れ。これも人気があります。
 090828.jpg

 切り絵Tee 

投稿者: 店主 日時: 19:00 |

2009年8月27日 木曜日

フ〜〜〜ッ

 ハ〜〜〜ッ、フ〜〜〜ッ・・・ようやく、面倒な事がカタがついた。長かったナ。組織との交渉は大変です。
 何の話かは、裏の仕事なので、聞かないで下さい。m(__)m
 で、 久万 幸子さんの個展「りゅうのひざまくら」は、順調なスタートです。(⌒-⌒)

投稿者: 店主 日時: 20:03 |

2009年8月26日 水曜日

愛や恋について

 最近、休みになるとYou Tubeで、まず、ザ・タイガースの花の首飾り探して聴く。そして、そのアトは、関連動画に出てくる懐かしい曲を片っ端から、クイックリストに入れて聴いている。
 今日の場合は、まず花の首飾り・ケメ子の歌・モナリザの微笑・翼をください・いとしのジザベル・サルビアの花・銀色のグラス・誰もいない海・君に会いたい・私は泣いています・港のヨーコヨコハマヨコスカ・雨あがりの夜空に・揺れるまなざし・・
 愛や恋の歌はせつないげど、いいよネ。聴いているだけで胸がキュンとなる。店主の場合、歌を聴いていると悲しい記憶、楽しい記憶、ほろ苦い記憶が次々蘇ってくる。で、不思議なのはイヤな記憶はほとんど蘇らない。
 たぶん愛や恋の記憶は、相手を信じるところから始まるのが良いのかもしれない。たとえそれが悲しい結末をむかえたとしても、相手を信じられれば、キズは深くならないですむ。
 しかし、今の世の中、仕事をする時などは、まず相手を注意深く観察して、信じられかどうかを考えなければいけない。特に組織として動いている人は要注意である。実に面倒でイヤなことである。
 でも、相手が個人場合は、案外と悩まないですむ。ビタミンTeeはほとんどが個人の作家さんが相手なので、イヤな思いはしない。
 それでも時々、ほんの少しだけ悲しい思いはします。まぁ、少し愛して、長く愛して・・・と、言ったところでしょうか・・・(^_^;

 で、連想ゲームのようにして懐メロを聴いていたら、突然、モップスの「たどりついたらいつも雨ふり」の関連動画のところに、「モービル石油 気楽に行こうよ」という動画が現れた。(正確には「モービル石油 旅立ち」だと思う)
 ちょっと感傷的な気分になっていた店主、その文字を読むと、突然、目頭が熱くなって涙がポロポロと出てきた。原因はすぐに判った。杉山登志である。

 店主、学生の頃にこのCM界の天才・杉山登志にもの凄い憧れを抱いていた。彼のCMはむさぼるように見た。その杉山登志が1973年12月12日に自殺した。
 その時の記憶には、何で!何で自殺するの!という思いが心の中に強く残っている。店主、今でもその時の新聞記事を大切に持っている。
 世の中のことなんゾ何も判らない若かった店主は、この自殺によって「CMの世界には近づかない方がいい」と、考えるようになった。

 杉山登志の遺言書には、次のようなことが書かれていたと言う。

 **************
 リッチでないのに
 リッチな世界などわかりません
 ハッピーでないのに
 ハッピーな世界などえがけません
 「夢」がないのに
 「夢」をうることなどは・・・とても
 嘘をついてもばれるものです
 **************

 この言葉を読むと、この人、本当に人間を愛していたんだなと、思ってしまう。
 
 で、せっかくの機会だから彼のCMをリンクしておきます。「モービル石油 旅立ち」は60秒のモノもあったのですが、画像、音が悪いので、30秒のCMにしました。

 Mobil ガソリンCM 1971年
 

 資生堂サンオイル 1969年
 

 資生堂化粧品デー 1973年

 さて、気分転換にたまらん坂にでも行ってみようかナ・・・アッ!買い物が先か。(・・)/"

投稿者: 店主 日時: 13:56 |

2009年8月25日 火曜日

無事終了&仕込み

 関根 庸子さんの「青猫展」無事終了。ありがとうございました。
 今日は、ギャラリーの終了間際にお客さんが見えて、バタバタしてしまいました。

 それから、3時頃に茶柱立太さんがお店に来ました。で、スッと出したのが、十一月から茶柱さんの個展の案内。どの案内状にも、小さな妖怪が憑いております。怖いですネ・・・(^_^;

 茶柱立太個展「化けの市」・11月21日〜29日まで(水曜定休)
 090825.jpg
 しかもこの案内状、住所、連絡先、電話などはいっさい入っておりません。ただビタミンTeeと入っているだけ。フフフッ・・・怖いですネ。(・_・?)
 茶柱立太さんのブログ・茶柱模様
 
 で、明後日、木曜日からはじまる、久万 幸子 個展「りゅうのひざまくら」、これから仕込みです。
 それから明日は、定休日です。m(__)m

投稿者: 店主 日時: 18:55 |

2009年8月24日 月曜日

爺放談

 最近の世の中、何やらとても不気味になっております。で、気になった事をアップしてみました。

 まずは、楽天。
 ・・・他社サイト履歴、楽天が広告利用 「勝手に収集、気味が悪い」・8月21日7時57分配信 産経新聞
  楽天が同社の検索サイトにアクセスした利用者のパソコンから、他社サイトにアクセスした履歴に関する情報を収集し、広告配信に利用していることが判明し、行政や消費者団体なども巻き込んで問題視する声が強まっている。・・・・
  他社サイト履歴、楽天が広告利用 「勝手に収集、気味が悪い」
 これは困りますネ。店主、結構Hなページを見るので、それが勝手に収拾され、楽天のページにいくたびに、Hなコマーシャルを見せられるのかと想像すると、ゾッとします。H系は匿名で見る事ができるから楽しいのです。まぁ、これは楽天に近づかなければいい問題なのですが・・・


 次は、今日の東京新聞に最高裁裁判官国民審査「憲法の番人」9人に審判・という記事が載っておりました。
 で、裁判員制度に期待すること、というところでは、最高裁裁判官の皆さんのご意見は、この制度には反対はしていないようです。
 店主は裁判員制度には反対なので、結論的にはこの九人は最高裁裁判官としては「×」・・・ところで、この時期にこんな事を書いて良いのでしょうか?こんな事も判らない店主も、きっと裁判員の資格はあるのでしょうネ。


 最後はセブンイレブン。
 ・・・セブンイレブン、コンビニ店主契約切りに反響・8月18日10時0分配信 サーチナ
 弁当などの値引き販売を不当に制限していたとして公正取引委員会から排除命令を受けていたセブンイレブンは、排除命令の受け入れを表明。しかし、値引き販売を行っていた都内の加盟店オーナーに契約解除を通告していた。
   セブンイレブン、コンビニ店主契約切りに反響
 この事の詳細が今日の東京新聞の特報に載っておりました。
 この人たちが頑張ったから、弁当などの見切り販売が可能になったワケですが、読めば読むほど、大手企業の高圧的な人を見下した態度には恐ろしさを感じますネ。
 問答無用、こちらの言う事をきかなければ、従業員や家族がどうなるか試してみろ!・・・という脅しが透けて見えてきます。これを報復と言わずに何を報復と言うのでしょうか。増田さん、大手の横暴に負けないように頑張って下さいナ。


 おまけ(お負け)
 ふらふらしていたらこんなブログを見つけてしまった。何と、自民党が作った民主党中傷ビラ。噂には聞いておりましたが、現物の画像は初めて。これって本物ですよネ・・・
 【デタラメはどっち?】自民党が民主党中傷ビラ。小沢さんに石を落としたイラスト入り。
 で、これもブログに書いていいのかな・・・Ψ(`∀´)Ψ

投稿者: 店主 日時: 18:37 |

2009年8月23日 日曜日

売れた人

 今日のお店は、とくに変わったことはありませんでした。久万幸子さんが、来週から個展の打ち合せでお店に来たぐらいです。
 で、それではつまらないので、昨日、今日と作品が売れた作家さんの名前を上げてみます。
 まずは関根 庸子さん。これは個展をしているので当然ですネ。
 ダ〜ッと名前をあげると、菊地 哲男さん、茶柱立太さん、かわかみ味智子さん、渡辺のぶえさん、カワシマミワコさん、斎藤 雨梟さん、松本 冴里さん、猪上 絵理さん、柴田 亜樹子さん・・・・・アッ、バニラさんのお祭りTeeシャツを忘れておりました。
 さすがに土日は、いろいろな人の作品が売れました。作家の皆さん、少しずつですが、売れましたヨ。(^_^;
 で、お買い上げ頂いた皆様、ありがとうございます。m(__)m
 

投稿者: 店主 日時: 19:31 |

2009年8月22日 土曜日

八重咲きのギボウシ

 今日、深津真也さんから残暑見舞いのメールが届きました。
 その内容が、You Tubeにアップした八重咲きのギボウシの映像。深津さんは絵も描きますが、ギボウシの交配家?としても、その世界ではかなり有名らしい。
 今回の八重咲きのギボウシも深津さんが交配して作ったものです。

 で、これが深津さんが交配した八重咲きのギボウシです。
 

 この映像はどうやら菊地哲男さんが撮ったらしい。その菊地さんは、9月10日からの「秘密の花園・虫展」に参加してくれます。(^_^;

投稿者: 店主 日時: 19:30 |

2009年8月21日 金曜日

トンボ玉

 夏バテ?夏休みボケ?何やら覇気のない店主。八月いっぱいはこんな感じなのでしょうか・・・イヤ、もっと頑張らなくては!

 で、今日のお店の新作は、広垣彩子さんのトンボ玉のストラップ。キノコの形のトンボ玉は、店主もはじめて見ました。
 090821.jpg

投稿者: 店主 日時: 19:51 |

2009年8月20日 木曜日

青猫展

 夏休みあけにしては、まぁまぁの一日。でもまだ、目は虫を求めているようです。
 で、関根 庸子 作品展「青猫展」は好調なスタート。皆さん、可愛いネコ、ちょっとお茶目なブルドッグの絵を見に来て下さいナ。さて、明日も頑張りますゾ。

投稿者: 店主 日時: 20:10 |

2009年8月19日 水曜日

夏休みは終り

 夏休みは体にいい。何が体に言いって、タバコの本数が半分以下になること。
 自然がいっぱいあるところでは、店主、タバコを吸わなくなる。虫を探したり、花を探したりしていると、時間が瞬く間にすぎ、気が付くと自然にタバコの本数が減る。
 ストレスもないし、人のことも気にしない。のんびりと、虫を求めて歩く。空気も旨い。
 たぶん、夏休みを一ヶ月もとると、タバコを吸わなくなるのでは・・・本当かナ。

 で、夏休み最後の一枚。昨日の渓流で出会ったサンショウウオ。まだ10cmもみたない子供。山の冷たい水の中で、何を食べているのかナ・・・
 090819.jpg

投稿者: 店主 日時: 17:22 |

2009年8月18日 火曜日

オオオッ!

 昨日、こんな渓流で遊んでいたら・・・
 090818_1.jpg

 こんなデカイ茸を発見。直径15cmはあった。
 090818_2.jpg

 で、その茸の足元をよく見ると、巨大ナメクジを発見。(@o@;)
 090818_3.jpg

 名前はヤマナメクジ。自然は本当に凄いネ・・・(^0_0^)

投稿者: 店主 日時: 18:46 |

2009年8月17日 月曜日

虫撮り

 今、店主が遊んでいるところは、種類を問わなければ色々な虫がいたるところにいる。
 しかもみんな東京ではなかなか見る事ができない。本人からすればほとんど新発見の連続がおこっているようなモノである。

 で、これが昨日の今日の収穫。

 ザトウムシ
 090817_1.jpg

 アカハナカミキリ
 090817_2.jpg

 フキバッタ?
 090817_3.jpg

 アケビコノハ(幼虫)
 090817_4.jpg

投稿者: 店主 日時: 20:00 |

2009年8月16日 日曜日

蝶を撮る

 今日、アサギマダラという蝶が山奥にいっぱいいると言う話を聞いて、その山に出かけた。
 店主のカメラはコンパクトカメラ。ほとんど望遠は使えない。理想は接写で撮る事。しかし、いままでにこのカメラで蝶がうまく撮れたためしが無い。
 蛾はわりと逃げないが、蝶はヒラヒラと落ち着く事がない。まぁ、撮れなくて当たり前と思って出かける。
 そこはクマザサが生い茂る凄い場所。行って驚いた。そこここでアサギマダラが舞っている。
 しかもどのアサギマダラもヨツバヒヨドリという植物の花にとまりにくる。これはもしかしたら撮れるかも・・・

 で、こんな写真が撮れました。

 ヨツバヒヨドリにとまるアサギマダラ
 090816_1.jpg

 飛び立つ瞬間のアサギマダラ
 090816_2.jpg

 ようやく撮れた羽を開いたアサギマダラ
 090816_3.jpg

投稿者: 店主 日時: 18:09 |

2009年8月15日 土曜日

朝の珍客

 朝、庭の植物に水をあげようとベランダへ出ようとした時、目の前のツタに珍客が現れた。
 その珍客、まるまると太って、大きさは店主の人さし指ぐらい。朝食に夢中なのか、顔を近付けても知らん顔。
 食欲は旺盛で、ツタの葉っぱをもりもりと食べる。さて、どうしようかと考えたが、ここまで大きくなったのだから、しょうがない、好きにすればいいと、放置することに決めた。
 どうせ今日から店主も遊びにいくので、その前に意味のない殺生はしたくない。まぁ、バリバリと食べてせいぜい大きくなっておくれ・・・(^0_0^)

 朝の珍客・・・-09.08.15

投稿者: 店主 日時: 07:44 |

2009年8月14日 金曜日

ヤク切れ

 店主、ある意味、仕事中毒という病いをもっている。仕事から離れても、いつも仕事のことを考えている。
 水曜日から休んでも、寝る頃になると仕事の気になり出す。あれはどうしようか?あの返事はあれで良かったのか?案内状はみんな届いているのか?・・・と考え出し、眠りが浅くなる。禁断症状である。
 休みにあれこれと考えても、仕事はしないと決めているから、実際には何の行動もおこさない。しかし、頭は仕事のことを考えようとする。下手の考え休むに似たるである。
 何でこんな仕事中毒になってしまったのか、自分でもわからない。それでも、休日二日目になると、自分の心に変化が出てくる。意識が仕事以外のことに向いてくる。
 これ幸いと、庭に出てあれこれとやり始める。汗をダラダラとかいて、夢中になる。身体がぐったりとして、シャワーをあび、第三のビールをクワッと呑むと、自然に眠りが深くなる。
 店主の場合、植物の中で身体を遊ばせてやるのが一番良いようだ。特に身体を動かすと、脳みそもその行動に手を貸してくれる。
 身体も仕事というストレスをかかえているから、仕事から解放して、全身で遊べば自然にヤク切れからの苦痛から開放される・・・かな?
 さて、明日は今日もよりも良い日になりますように・・・┗(・o・)┛

投稿者: 店主 日時: 11:43 |

2009年8月13日 木曜日

劇画

 劇画という言葉は今はもう使われなくなった。店主のように、マンガ=劇画という世代にとって、時代はドンドンと変わっていくのだから仕方がないと思っても、この言葉が消えて行くのは、やはり寂しい。
 しかし、今の若い人がコミックという世界に憧れをもつように、店主にとっては劇画という言葉の響きは、今もって色あせることがない。
 それだけ強烈な憧れをもっていたいたのだから、当然、その当時に劇画という世界をもっと知りたいと願うのは当然の流れである。
 実は店主、小池一夫劇画村塾の一期生でもあった。(劇画村塾に関しては、詳しくは下記のページを見て下さい)

《ウィキペディア・劇画村塾 》

 この一期生には、高橋留美子・山本貴嗣・工藤かずや・あかねこか・狩撫麻礼・たなか亜希夫・さくまあきら等凄いメンバーがゴロゴロといた。
 店主が一番記憶に残っているのが高橋留美子。彼女の積極性には舌をまいた。実に熱心で、課題の他に自分の作品を、これでもかと描いてもってきていたように記憶している。
 こんな凄いメンバーの中で、店主が残れる可能性はほとんどないと悟るのにたいして時間はかからなかった。まぁ、そんなことはどうでもいい。
 当然、劇画に強い執着をもつ連中が集まっているのだから、熱い議論がおこる。中でも、宮谷一彦に対する評価はかなり面白いものであった。
 小池一夫塾頭は、漫画家というプロを育てたいという意志をもっていたので、宮谷の描く独自な世界観と、気ままな作品発表の仕方には、あまり好感をもっていなかったように思えた。
 それでも宮谷一彦がまともに描き続ければ、確実に劇画という頂点に立っただろうことは、この当時、飛ぶ鳥を落とす勢いの小池一夫塾頭でさえ否定はしなかった。
 この時代に劇画に少しでも関わっていれば、宮谷一彦の作品を否定できる人間はほとんどいなかったのではないのか。
 それほど独自の劇画を宮谷一彦という人間は描き続けていた。しかし、時代は冷酷である。いつしか時代は流れ、劇画という言葉も使われなくなり、マンガは違う価値観を求めて動いていった。
 そして先日の【ガロ・虫干し展】で、少ないそう層であるが、宮谷一彦がいまだに若い人たちに読み継がれていることを知った。フ〜〜〜〜ム!である。
 で、店主の秘宝展第二弾をやるかどうか、今、迷っている・・・
 ちなみに店主が宮谷一彦の作品の中で一番好きだったのは「青いとかげの街」である。

投稿者: 店主 日時: 11:32 |

2009年8月12日 水曜日

夏休みモード

 日記を書こうと思うのだが、夏休みに入ったとたんに、仕事脳が停止。まだ、雑務があるにも関わらず、気持ちはそんなもん知らんと拒否。
 昨日まではギリギリと張りつめていた緊張感が、フニャフニャに溶け出している。まぁ、そんな気分が夏休みなのかもしれない。
 いろいろと心配事があっても、それをウジウジと考えても、何も良いことはないと身体は知っているようだ。
 今は久しぶりの夏休みをいかに面白く、怠惰にすごせるか、そのことに神経を集中して見ようと思う今日一日でした。

投稿者: 店主 日時: 20:42 |

2009年8月11日 火曜日

無事終了

 【ガロ・虫干し展】無事終了。ありがとうございます。
 今回はいろいろと勉強になりました。やって初めてわかることが、沢山、ありました。
 これからも、ムチャなことをするとは、思いますが、見捨てることなく、お付き合いをお願い申し上げます。m(__)m

投稿者: 店主 日時: 20:06 |

2009年8月10日 月曜日

ガロという記号

 【ガロ・虫干し展】も明日、一日となった。ギャラリーの前を通り過ぎる人にとって、ガロと言う言葉は何の意味もない。知らないまま人生を終っても、何ら問題はない。
 しかし、ある種の人間にとっては、ガロと言う言葉は、特別な意味をもつ。どんな意味かと問われても答えようがないが、ガロをめぐる冒険について話しだすと止まらなくなる。
 今日、ギャラリーにガテン系の若いお兄さんが来た。ニッカポッカをはきヘルメットを抱え、リュックを担ぎ、コンビ二袋には、でかいペットボトルが入っている。
 そのお兄さん、このガロ、売っているのかと問うた。そこから、店主と若いお兄さんの冒険がはじまった。で、いろいろと話すと、宮谷一彦の話になった。店主も宮谷一彦は大好きだった。
 昔、タッチという雑誌があった。その本は、タッチ社と言うところから昭和46年に出された月刊である。発行は三崎書房。このタッチという雑誌は四冊出てつぶれた。そこで宮谷一彦が連載していた。安部慎一も初期の何編かをここで描いている。
 で、そのお兄さんにその話をすると是非、見たいと言う話になった・・・・・・地下室から探し出し見せると、彼は静かにギャラリーにしゃがみ込んで、読みはじめた。

 出会いは幻という言葉がある。彼との出会いも幻かもしれない。しかし、ガロと言う記号は、時に不思議な出会いを造り出す。この出会いが幻だったとしても、店主の記憶には、ガロの記憶の中に新たに、彼のことが深く刻み込まれたのである。

投稿者: 店主 日時: 20:04 |

2009年8月 9日 日曜日

風の詩

 店主、最近はいろいろと辛い気分を味わっている。理由は言わぬが花。ただし「ビタミンTee」での問題ではない。
 なのでそうしたストレスは、極力忘れようとつとめているが、なかなか思い通りにはならない。
 そんな気分を救ってくれるのが、お客さん。遠くからわざわざお店まで足を運んで下さる。本当に有り難く、うれしい。そんなお客さんと話していると、ポッと心があたたまる。

 今日も、そんなお客さんが遊びに来てくれた。しかもお土産付き。Mさん、ありがとうございます。
 そのお土産、そんじょそこらで売ってはいない・・・と、思う。(^_^;
 お土産はお菓子。「風の詩」というタイトルがついている。店主、こんなお菓子は初めて見た・・・(@o@;)

 THE ALFEEの「風の詩」というお菓子が今回のお土産。
 090809_1.jpg

 中身はこんな感じ。THE ALFEEのポストカードが一枚そえてあった。
 090809_2.jpg

 フ〜〜ム、ネットで調べたら、高見沢さん、店主より年下とは知らなかった。
 で、味を知りたい人は、【ガロ・虫干し展】に来れば、味わえます・・・w(゜o゜)w

投稿者: 店主 日時: 17:44 |

2009年8月 8日 土曜日

来年のブッキング

 今日はお店が案外ヒマだったので、バニラさんと来年のカレンダーを睨んで、ギャラリーのブッキングをはじめました。
 少し早いような気もしたのですが、来年はかなり計画的にお店を運営したいので、早めに動き出しました。
 早めに計画を立てて、Teeシャツの企画やショップ側の企画に時間をさくようにしようと思っております。
 で、予定を作る上で、一番難しいのが、まだ出会えぬ作家さんをどんな形で取り込むのかという問題。これも、ここ一年半でかなり学習したので、うまく想定できそうです。
 新しい出会いは、ギャラリーにとってもっとも重要な要素。もっといろいろな作家さんや、お客さんと出会えるように、頑張って計画を練ります。

投稿者: 店主 日時: 19:27 |

2009年8月 7日 金曜日

お店計画-その40(アイデア)

 「ビタミンTee」のお店を作ってから一年と五ヶ月が過ぎた。しかしまだお店は完全に軌道にはのっていない。まだいろいろなことを実験している段階である。
 アイデアはほとんどの場合、頭の中で考える。通常、モノを作る人は、アイデアが生まれると、そのアイデアをすぐに形にする。形にして、それを眺めてまたアイデアを練る。
 アイデアを形にするには、どんな人間でもこの繰り返しはやらなければならない。やればやるほどに、問題点がいろいろと浮かんできて、次のアイデアに生かすことができる。
 だからアイデアを頭の中やPCの中でいくらねっても、そのアイデアの実行プランは出てこない。
 店主も店をオープンしてから一年五ヶ月もやっていると、自分のアイデアが如何に狭い範囲のことを考えていたのか、判ってくる。作品を見る目や感性も、作家さんやそのお客さんから学ぶしかない。
 これはどんな形態のお店でも同じであると店主は思っている。基本は似ているように見えるが、お店はほとんどすべて違っている。
 今回の「ガロ・虫干し展」も、そんな一つの実験である。こんなことをして本当にお客さんが来るのか?来ないとしたら理由は何か?40年間という時間では、人は呼べないのか・・・こうしたことのことの答えは、実際にやってみて考える以外に方法はない。
 だから、最近の店主はいろいろな人に個展、グループ展、イベント展を勧めている。
 いくら考えても、ある程度煮詰まれば、後は実行するしかない。失敗したら失敗したで得るものは必ずある。うまく行けば、儲けもの・・・と、思い切って行動をおこす。これが肝心。
 座っていては、見えるのは自分の作品だけ。作品は人に見せることで、初めて世の中に生まれでてくることになる。
 作品をとおした出会いが、また新しいものを生み出す。お客さんが来てその作品にいろいろな注文、リクエストをしてくる。人、作品、人、人、また作品と連続する。
 この連続を生み出す為の、最初の一歩を店主は皆さんに勧めている。

投稿者: 店主 日時: 18:59 |

2009年8月 6日 木曜日

急な打ち合せ

 急な打ち合せが、閉店後に入ってしまいました。
 で、場所は東中野のムーンロード。ここは東中野東口のディープゾーン。どんな打ち合せになるか、楽しみです。(@o@;)

投稿者: 店主 日時: 18:59 |

2009年8月 5日 水曜日

裏の仕事

 今日の裏の仕事は、有名なフルーツパーラーの仕事。データを見るとロゴタイプが新しくなっていた。すっきりとした判りやすい形になっている。
 送られてきたデータもきれいに出来上がっていた。プロの仕事は明快で気持ちがいい。
 カットデータを作り、マシーンで切り出し、取り付けやすいように加工。発送の準備まで済ませ、今日の仕事はここで終了。
 Teeシャツを作るのとはかなり違うが、やっぱりモノを作るのは楽しい。疲れるがストレスは何もない。何よりいいのが、仕事のアトのビールが旨いこと・・・(⌒-⌒)

投稿者: 店主 日時: 20:34 |

2009年8月 4日 火曜日

新作のお知らせ

 子どもが夕方、ギャラリーの前に立ち止まって一言。「アッ!幽霊がいなくなった」・・・子どもにとっては、幽霊は実在するのでしょうかネ。ガロにも水木しげるさんの怖い話が載っていますが・・・(^_^;

 で、今日は新作のお知らせです。

 神崎 詞音の新しいパワーストーンです。
 090804_1.jpg

 090804_2.jpg

投稿者: 店主 日時: 20:00 |

2009年8月 3日 月曜日

読書ギャラリー

 「ガロ・虫干し展」の仕込み完了。明日からスタートです。
 で、年代順に並べてみたら、二年分ほどが行方不明。どこに消えたのか?まだお店の奥底で眠ているのか、今のところわからない。
 時間があれば家捜しをしたいのだが、その時間がない。とりあえず、今あるものでスタート。
 夏の暑い午後、ビタミンTeeのギャラリーで読書なんて言うのも、いいかもネ。皆さん、遊びに来て下さいナ。m(__)m

 「ガロ・虫干し展」
 090803.jpg

投稿者: 店主 日時: 19:49 |

2009年8月 2日 日曜日

「妖怪風流」無事終了

 東雲 騎人さんの「妖怪風流」盛況のうちに無事終了。最後まで、お客さんが途切れる時がありませんでした。雨の中、ご来場下さった皆様、本当にありがとうございます。
 ところで、今回の展覧会、売れた点数ではダントツのトップ。(おみくじも一枚一点として)なので、バニラさんはかなりヘロヘロになっております。バニラさん、お疲れさまでした。
 で、明日はお店は営業しますが、ギャラリーはガロ・虫干し展の為、準備中となります。今週は展示の準備がまったくできなかったので・・・m(__)m

投稿者: 店主 日時: 19:58 |

2009年8月 1日 土曜日

妖怪と盆踊り-2

 東雲 騎人さんの「 妖怪風流 」本日はかなりのお客さんが見えました。作品も快調に売れております。ありがとうございました。
 もしかすると、一日の動員では最高記録かも・・・(^_^;

 で、東中野本通りの盆踊り大会、道路を止めて、夕方六時からスタート。
 090801_1.jpg

 商店街の方が運営する射的。
 090801_2.jpg

 輪投げ。
 090801_3.jpg

 ギャラリーはお客さんが増え過ぎて、外にはみ出しております。狭くてすいません。m(__)m
 090801_4.jpg

 で、東雲 騎人さんの「 妖怪風流 」は明日が最終日となります。

投稿者: 店主 日時: 20:21 |