« 2012 山椒は小粒展-その2(五円玉では買えません) | メイン | 2012 山椒は小粒展-その3 »

2012年1月 2日 月曜日

七転八倒改め七転八起

 本日、初詣に大國魂神社へ行ってきました。大國魂神社は大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)を武蔵の国の守り神としてお祀りした神社です。

 ホームページを見ると、【大昔、武蔵の国を開かれて、人々に衣食住の道を教えられ、又、医療法やまじないの術も授けられた神様で、俗に福神、又は縁結び、厄除け・厄払いの神として著名な神様です。】とある。

 120102_1.jpg

 参道は凄いにぎわい。ズラッと露店が並び、ワクワクするような新年の気分を味あわせてくれます。テキ屋の親分の挨拶も偶然に聞いたりして、お正月気分を楽しませてもらいました。

 120102_2.jpg

 初詣までにかなり時間がかかりましたが、露店、出店のおかげで飽きる事はありませんでした。で、本殿に入ると、青空に国旗がはためいて、これも見事でした。二拝二拍手一拝。
 
 120102_3.jpg

 で、その帰り道にある露店へ引き寄せられるように立ち止まりました。店主の指先には細かなものが並べられ、何か呪文のような言葉が・・・恵比寿様、大黒様、サイコロ、カエル、ひょうたん、小判、南天、タヌキ、破魔矢、そしてだるま。

 120102_4.jpg

 これは小さい小槌の中に納められる開運縁起物の名前。それをピンセットで小槌の中に入れておりました。小さくてよく見えない・・・では、アップでどうぞ。ちょうど南天の代りの赤い玉を入れるところです。フ〜ム、山椒は小粒展の前にいいものを見せてもらいました。これは初詣からついていると、ついついこの開運の小槌を買ってしまいました。

 120102_5.jpg

 自宅に帰ってから、そっと大入り袋を開けてみると、開運の小槌の由来がかいてありました。最後のだるまのところには「七転八起」と・・・そうか、だるまさんは七転八倒をやめて、七転八起にかえろと、伝えているかのような気分。この言葉に気がついたら、何やらフッと気持ちが楽になりました。で、またここで五円玉が登場。打ち出の小槌、かなり小さいでしょう。何やら良いことがありそうな予感をいただいた今日一日でした。

 120102_6.jpg
 (C) 石塚善雄


 **************************
 小さいモノ大好き展覧会・「2012 山椒は小粒展」
 今回は作家が16名と大人数です。(@o@;)
 海の森(ミニチュア&ビーズ)/茶柱 立太(ちまちま動物)/hiro(切り絵)/しっぽ(軍手人形)/きゃす(おゆまるアート)/米倉 睦美(小物)/ぴか☆うお(ぴかぴか動物)/ニアリーイコール(ミニチュア)/くりもと かづこ(クレイキャラクター)/田中 良平(切り絵)/福江 綾乃(小物)/ちぎり屋 さゆき(ちぎり絵)/阿部 未来(陶作家)/斉木雄太(怪獣作家)/米倉 麻奈美(陶芸・コモノ)/ムギトレイ(ミニチュア)
 期間 : 2012年1月5日[木]〜1月22日[日] 12:00〜19:00 火曜定休(最終日17時まで)

 パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます。

投稿者 店主 : 2012年1月 2日 20:37