« オリーブの涙・その1 | メイン | オリーブの涙・その3 »

2014年1月30日 木曜日

オリーブの涙・その2

 ビリン村の公民館で大道芸を披露するアメリカ人の芸人。娯楽の少ないパレスチナの子どもたちに笑いや驚きを提供してまわる。これも「連帯」のひとつ、と芸人たちは話す。オリーブ収穫の季節には、様々な催しがあるのも、子どもたちにとっては楽しみのひとつ。

 140230_2.jpg
 (C) 高橋美香(写真・文 場所・ビリン)


 週に一度、金曜日に行われる分離壁反対デモ。2005年ここビリン村から、パレスチナの分離壁への反対、非暴力抵抗運動は始まった。壁の前に集まり、占領反対を訴える丸腰の人々を、イスラエル軍兵士はそれ自体に殺傷能力のある高速催涙弾、口径の小さな実弾、実弾に薄くゴムのコーティングされたゴム弾などを発射して弾圧する。人口1800人ほどのビリン村では、デモ開始以来、数百人のけが人を出し、二人が亡くなっている。

 140230_1.jpg
 (C) 高橋美香(写真・文 場所・ビリン)


 **************************
 高橋 美香 写真展《オリーブの涙》パレスチナの日々
 難民キャンプで暮らす彼女はオリーブの実を拾う
 干からびて皺になった、木の持ち主には見向きもされない実を
 地表の棘に刺されながら...
 故郷を失った難民は、
 オリーブの実を摘む日を夢見ることさえ許されないのだろうか
 期間 : 2014年1月29日(水)〜2月3日(月) 最終日は17時まで


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者 店主 : 2014年1月30日 19:08