« 好きに生きる | メイン | 冬虫色々 »

2020年1月 2日 木曜日

冬の八国山

 正月二日目はお天気も良かったので冬の八国山を見たくて出かけてきました。ここ八国山では冬でも生き物の痕跡がそここにあり、豊かな自然を満喫させて頂きました。

 と、言っても、ここでも手入れという名の元にふたつ池の周りの木々が何本も切られ風景が一変しておりました。またタラの木の原っぱではタラの木がバサバサと切り倒されておりました。本当に人は破壊するのがうまいネ。

 それでもかなり広いスペースをもつ八国山の自然は、そんなアホな人間の傍若無人さに耐えて、見事な冬景色を作り出しておりました。冬の日差しの中、探せば幾らでも生き物の営みの形が残り、春が待ち遠しくなる今日の徘徊でした。
 
 
 200102_1_1464.jpg

 (C) 石塚善雄・そびえ立つ木の上の鳥の巣
 
 
 200102_2_1454.jpg

 (C) 石塚善雄・木の実をついばむシジュウカラ
 
 
 200102_3_1425.jpg

 (C) 石塚善雄・もう使われなくなったスズメバチの巣

 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者 店主 : 2020年1月 2日 21:38