« 天地玄妙・菊地哲男 | メイン | オンライン個展 »

2020年5月12日 火曜日

五月虫前半の15連発!

 自宅近くで虫達が姿を現す凄い場所がある。今回はほとんどそこで撮った虫たち。ところが二、三日前からパッタリと虫たちが姿を見せなくなり、コガネムシなどの死骸が転がりだした。普通、虫は死ぬとアリが来て片付けてくれが、そのアリもいない。誰かが殺虫剤をまいた。

 多分、キアシドクガの幼虫が現れるのを嫌ってのことだと思うが、それは自然の摂理であって実害は何もない。しかし嫌いな人にはそんな言葉は通じない。根本は芸人は政治的発言はするなと言う考え方と一緒だと店主は思っている。好きか嫌いかでしか判断ができないのが今の時代。だから会話も成り立たない。そんな時は何も考えずに店主はひたすら虫撮りをする。
 
 で、西国分寺五月虫前半の15連発!

 
 
 200506_2_5948.jpg

 (C) 石塚善雄・クロヤマアリとハグロケバエの死闘。ハグロケバエはもう少しするといなくなる

 
 
 200506_3_5952.jpg

 (C) 石塚善雄・モモブトカミキリモドキだと思うけどちょっと自信がありません

 
 
 200506_4_5955.jpg

 (C) 石塚善雄・ホオズキカメムシの幼虫かな・・・これも自信なし

 
 
 200506_5_5976.jpg

 (C) 石塚善雄・多分、ダンゴムシの交尾だと思うけど、姿に似合わず激しそう

 
 
 200506_6_5966.jpg

 (C) 石塚善雄・いつ見てもたくましそうなホソヘリカメムシ

 
 
 200506_7_5986.jpg

 (C) 石塚善雄・いつも後ろ足を伸ばしているヒゲブトハナムグリ

 
 
 200506_8_5994.jpg

 (C) 石塚善雄・小さな花に止まるクチブトゾウムシの仲間

 
 
 200506_9_6005.jpg

 (C) 石塚善雄・マガリケムシヒキは大きくして見ると迫力があります

 
 
 200506_10_6014.jpg

 (C) 石塚善雄・ヘビイチゴの花でくつろぐハナバエの仲間

 
 
 200506_12_6141.jpg

 (C) 石塚善雄・今年はやたらと姿を見せるキクスイカミキリ

 
 
 200506_13_6130.jpg

 (C) 石塚善雄・3ミリぐらいなのに模様が綺麗なヒメマルカツオブシムシ。虫は細部にこだわる

 
 
 200506_14_6135.jpg

 (C) 石塚善雄・均整のとれたホソハリカメムシ。名前がホソヘリカメムシと似ているが面倒

 
 
 200506_15_6124.jpg

 (C) 石塚善雄・滅多にないことなんだけど、生まれたばかりなのか、あまり美しさに息を飲んだツバメシジミのオス?

 
 
 200506_16_6118.jpg

 (C) 石塚善雄・こいつも小さなガの仲間なのですが、見とれてしまいました。名前はわかりません

 
 
 200506_17_6043.jpg

 (C) 石塚善雄・セスジユスリカだと思うのですが、前足が真ん中の足の上まで折れているのにビックリ!ユスリカってこんな格好で止まるのか


 
 
  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者 店主 : 2020年5月12日 18:57